YGの園芸コーナーで面白いものを発見!第一ビニール(株)の「トッテロック」




何が便利かと言うと下記画像を見て貰えればわかるかと思います。(※サムネイル画像は荒いのでクリックしてくれれば見やすくなります)




魚をキープした時、袋に入れておくのだが釣りの最中だと正直邪魔でしかない。ひたすらランガンする人はわかってもらえるかと^^; 袋に入れて持ち歩くのは持ちにくいしなぁ~とか思ってた矢先に見つけたトッテロック。これからヒラメシーズンともなると海水入れてヒラメ入れてランガン・・やはりしんどい。


けどトッテロックなら手間は手間でも【持ち運びがしやすい!】のです。約20キロまでは対応出来るとの事なので余程じゃない限り壊れる心配はないし・・何てったって定価250円と言うリーズナブルさがたまりません♪ライフジャケットの背面ポケットに入れておけば邪魔にはならないし普通にお勧め出来るのでブログに書いた次第です。早速買っちゃったしね(笑)



■ スタッフ310情報!


「もうコツみたいなの掴んだので釣れる気しかしません!」と豪語してたYGスタッフサトーさんですが見事に撃沈してまいりました。サクラマスはそんなに甘いもんじゃないですからね(笑)



ジグで貝を釣るところは凄いですが(笑)



今年の鱒は大型が多く(板鱒)例年の20倍という収穫量らしいですが、釣れた話の何倍もホゲた人がいることを忘れてはいけません。釣れた人は声高らかにアピールするけど砕け散った方はあまり言わないですからね。だから釣れたらラッキーぐらいの心構えで挑む事をお勧めします^^


竿が振れるだけで幸せ。


怪我と病気で我慢してた日々を思うと釣果なんてオマケみたいなものだと四十にして気がつきました。でも出来るだけみんなに釣ってもらいたいので、迷える方は是非YGまでお越しください^^ 売場を見れば必然的に何が売れて何が売れてないのか・・それを見るだけで“今”の答えが出るはずですよ!









鈴木
長年の釣友であり、ボクの専属スタイリストでもあるクリッパくんがやらかした(笑)



なんと・・
5キロupだとさ!!(笑)


いや~今年の桜鱒は異常ですね^^
沢山雪が降って釣りが出来なかった分、神様がプラマイ0にしてやろうとしてくれてる気すらする今シーズン。板鱒を狙うなら北に行くのがセオリーなんでしょうが・・北に三時間かけて車を走らせるなら青森から南に三時間走ってシーバスやりたい自分もいるので毎日が葛藤です(笑)


そして何が許せないって・・




こんなデッケ~図体して小さいジグ喰ってる所にイラッとする~(笑)ま、何はともあれクリッパくんおめでとう♪自分のことのように嬉しいわ!!これでみんなの目標が6キロに設定されたことだろうし、キチンと責任とってよねw




一方、我らがエースのサトーさん。先日の60upのサクラマスで御満悦だったが周囲でボコボコと大きいが出るもんで「完全に僕のサクラマス霞んじゃったじゃないですか!!」と御立腹し旅立ちました。


果たして結果や如何に!!(笑)









鈴木
わしらが生まれるから発刊されている道民雑誌クオリティ。


【ウィキペディア】https://ja.m.wikipedia.org/wiki/月刊クォリティ


お堅い雑誌ってイメージ^^;
子供の頃に通ってた床屋さんに並んでて、子供達は“週刊少年ジャンプ”を読み、大人達はクオリティを読む、なんかそんなのを思い出す。その大人が読んでた雑誌にこの度ちょい出(笑)





ありがとうございますm(_ _)m
蔦屋書店で買って帰ります(笑)






鈴木
今年の目標に掲げてた「サーフでミノーを使って海桜鱒60up」!遅ればせながらやっと達成したので釣行模様を振り返ります。


先日、悪天候の為にNCV「釣りバカZ」の収録が延期と決定。NAOKINよしくんに「収録が中止になったのでサクラマスだな!」と言うと悪天候にも関わらずノリノリな2人(笑)雨降りなのでAM3時に緩い気持ちで出発。




どこに行くかと議論し「磯なら大きいの狙えるけどな」という話になるが、目標からかけ離れてしまうのでサーフにしようとすっかり明るくなった頃に選んだ場所に到着。ザーザー降りを予想してたのだが、意外と持っているようなのでチャチャッと着替えて海辺に立つ。


3人がそれぞれの場所に立った時、先釣者が一本キャッチしたのが見えた。サイズは大きくないようだが、取り敢えず魚は居ると釣りを開始^^ ミノー中心にあれこれローテーションさせるが桜鱒どころかアメマスも姿を現さない。すっかり明るくなった頃、気持ちが折れかけたので“カニ歩きランガンしかない!!”とima ko130Sでひたすら歩きながらキャストを繰り返す。このやり方は個人的に最終兵器みたいなものでコレで反応なければ諦める訳^^; (※昨年もko130Sに関してちょっと書いてるので読んで貰えたら幸いです。)


【昨年の記事】http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2813.html



50mぐらいランガンしNAOKINの近くまで歩いた時、リールがストップ!根掛かりか?と思ったがkoはリトリーブスピードによるが大体20cm程度しか潜らないので「違う!!!」と気付きロッドを横に寝かせると明らかな魚の引き!ドラグを出されるも何と言うのか・・意外と冷静な自分がいて桜鱒が華麗なジャンプをして抵抗見せるも難なくキャッチ。






N「60あるか無いかくらいだべ」
ス「2kgあるべかなぁ~」
N「体高あるけどな~」
ス「リリースするで」


とか緩い会話をしてたが・・持ってみると鮭ぐらいの重みがあるので計測すると




67cm・3607g!(笑)


今思えば頭の中にシーバスがいるので何でも小さく見えるんだろうな。こりゃ記念撮影しなきゃならんと一枚♪




するとNAOKINが「サクラマスは水の中に入って写真撮るものですよ(笑)」と言われ初冬にNAOKINにやらせたし因果応報だと雨降りのなか入水させられ・・寒い寒いw






で、移動。




次なるポイントでは投げ釣り師がおり、挨拶がてら話を聞くと鱒の跳ねはないし入れ替わり立ち替わりルアーマン入ってるけどすぐ帰って行くよとのこと。目当ての場所まで歩いてると小さなのが跳ねた。跳ねた事を2人に伝えた直後に大きいのが跳ねる!!


すかさずima kosuke110Sの“ブラック&ブラック”を投げるとブリブリとケツを降りながらデカいやつがチェイス!波打ち際でストップさせたらUターン(泣)サスペンドやフローティングタイプのルアーだったなら喰ってたんじゃ・・と悔いるがルアーチェンジしてる間は無かったから仕方ない。





さらりと書いてるけど、ウェアを浸透する程の雨ですからね!(笑)



んで移動。



NAOKINとよしくんもよく心折れずにやるよなぁ~とか思いながらkosuke110Sのままランガン。磯際を攻めると着水直後の1アクションでガン!となるが磯側に走られフックオフ。完全に喰わせた感があったので痺れたんだけどなぁ~残念!ここらへんでちょっと思ったのだがブラック&ブラックはトラウト系に効くような気がする。昨年の鮭のミノーイングといい今日の反応もそうだし、ここ最近を振り返っても他のカラーと比較しても効いてる気がするので今後はこれをちょっと煮詰めたいところ。
(現時点ではカラーなのかローリングアクションなのか・・判断が難しい)



↑このカラーね^^




んで、少し小休止をして今度はまた違う海辺に立とうとすると風向きが変わり身体もすっかり冷えてしまってたので納竿することとなった。残念ながら全員キャッチという目標は達成出来なかったが個人的な目標はクリア。更にハードルをあげて5キロの桜鱒をキャッチ出来るように頑張り鱒♪


my tackle
ROD / tailwalk MOONWALKER S106M-ti SURF
REEL / shimano エクスセンス 4000MXG
LINE / Yamatoyo レジンシェラー 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 20LB
LURE / ima ko130S




ブログでもFacebookでもTwitterでも釣れた時はルアーの名前を記載してるけど、魚に一番近いのがルアーだから書いてるだけでロッド・リール・ライン・ウェア・全てのタックルのお陰で1匹と巡り合えてると思っています。でもね、タックルも大事だけど同じくらい大事なのはこうやって一緒に釣りをしてくれる仲間なんだよね^^ 彼らが居なかったら今日の釣果も無かったもん。


全てに感謝。
この気持ちを忘れないよう明日からまた頑張るぞ~^^









鈴木
imaからシュナイダー18のサンプルが到着。




北海道だとね~バイブレーションってあまり馴染みがないんだけど、釣れないんじゃなくて“ただ使わない”とか“馴染みがないだけ”だけだと思う。バイブレーションに対して絶対的な対象魚が居ないんだから仕方ないけど、ロックフィッシュ・フラットフィッシュ・オーシャントラウトも釣れるんですよ^^


北海道において強いて何か一匹だけ絶対的なものを上げるとするならばホッケ様。ホッケにはバイブレーションはハマる事が多い。無理強いする気はないですが、こんなルアーが発売になるよってお知らせでした♪







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail