明日予定してたオフショアジギングが中止!ならば天気が穏やかなうちにと夜な夜なイカ調査♪今年の函館湾は豆イカの姿が見えないがコウイカがポツポツと釣れてるみたいなので当然エギングとライトゲームの二本立て^^


あ、外海ではヤリイカやスルメイカはいるみたいだけど外海はやらないのでね!
(あ、コウイカといってるけど正式にはエゾハリイカね!通称名では他にも墨イカとか呼ばれるらしいけど個人的には今後もコウイカと呼びますのでお知らせまでに)


△コイツね!


過去の経験上、イカいるならここだろっていうマイナーポイント(メジャーなところにはあまり行かない)を幾つか回ってみたけど2時間完全ノーバイト。目視出来る個体もいない。こりゃ~コウイカは深場にしか居ないんだなと割り切りライトゲームにチェンジ。


アイマのissen45 姫鱒チューンモデルで近所をランガン。


△湾の黒ソイは独特の匂いあるよね!


テキトーにやってもポツポツと黒ソイが姿を見せてくれるが出来ればアイナメ・カジカ・ハチガラあたりを釣りたい訳さ!ライトタックルだから引きを堪能出来るし^^ 今夜は寒くないからストイックにイケるのさw


程々ランガンして心が折れかけてた時に手前で何か影が動いたのに気付く。「カジカか?」と影の動いた場所にルアーを叩きつけるようにキャストしたら飛び出して来たのはハチガラ♪やっぱりリアクションに弱い子だね~^^


△ルアーを抱いてるみたいで萌えw


そのままルアーは変えずにランガンしてても魚が出る。


恵まれた海だわな。


潮がやんわり動いてる場所を見つけコースを考えながらルアーを通すと引ったくって言ったのだが・・。


△アイナメでも可愛すぎるサイズw



そして時折、遠目にイカ波が発生するのでこっちに回って来ないかなとリーダーを組み直しながら待つ。


なかなか来ないのでスマホいじりながら待ってようと思ったら通信制限がかかってしまい暇潰し出来なくなってしまった(笑)インスタグラムとフェイスブックは容量食うんだよなぁ^^; パソコンのみでしか見ないようにしようかな~などと思いながらランガン再開。


アイマのissenは本来渓流用のルアーなのだが、姫鱒チューンは従来のモデルより軽くゆっくり魅せる事が出来るしカラーリングも派手なのでライトゲームにはピッタリ。最後の一尾もスローに沈んでってる最中のバイト♪




ドラグが出され引きを堪能!
大満足で納竿ですわ♪


my tackle
ROD / tailwalk LIGHT GAMER TZ S66UL
REEL / DAIWA 月下美人AIR 2002H
LINE / Yamatoyo PEライトゲーム 0.4号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 6LB
LURE / ima issen45姫鱒チューン
EGI / yamashita ナオリーRH 各種




年を重ねるうちにダイナミックな釣りより繊細な釣りの方が楽しくなって来てるような気が(笑)そのうち淡水のタナゴとかに手を出すんじゃないべか^^ でもルアーじゃないと燃えないか~w


さて、イカが薄いとなると明日は何しようかな。







鈴木
タイトルは過激ですが下ネタじゃないよ!どうも鈴木です。


めちゃくちゃ寒い中、眠たい目をこすり早朝から誰もいない場所を探す。というのもボクらはミノーで鮭を釣りたいので混雑した場所は選ばない^^ スタンダードな釣りを否定するんじゃなくて、あくまで理由は天の邪鬼だから♪いや、ただの変態か(笑)






そして実は今回はテーマがあるのです。


今週末に秋田県でのショアマダイという企画があったんだけど、残念ながら爆弾低気圧とドンピシャな訳。とは言え諦め切れない気持ちもあってここ数日葛藤の日々を送ってたんだけど・・煮え切らないのも性格上好きじゃないので



「今日、銀ピカの鮭が釣れたら強行しよう!」


と天に託す事にしたのだ(ボクらの一存で決められる事じゃないのにねw)。婚姻色が出た黄色い鮭やブナ鮭が釣れたら今週末は断念するという取り決めをして、ベイトタックルでミノーを投げ倒す。しかし全く反応がなく「鮭いるんかいな?」という状況。これじゃー話にならんなー今週末はどうしようかな?などと思いながら粘る。



ミノーは一通り投げ倒したのでノーザンライツのグリッド18g(カラー名は知らん)を投げたら一発でやんのw




黄色い雄ワニが^^;


しかし・・PE6号だったのでゴリ巻きで余裕でしたわ(笑)



この展開だもん当初の取り決めにより「中止にしよう!」と只今、先方と交渉しながらこのブログを書いている所です。悪天候だろうがやろうと思えばやれるんだけど、釣り人にはやっぱりモラルも大事だと思うので無理は禁物!先方にも迷惑かけられないしね^^


my tackle
ROD / tailwalk WIDEPOWER BOW 80
REEL / tailwalk WIDE BASAL 81L
LINE / Yamatoyo タフゲームPE 6号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 8号
LURE / ノーザンライツ グリッド18g





そして此を以て今年の鮭は終了。
次はエギングだな^^







鈴木
NAOKINと夜な夜なハピソンのかっとびボールとプニイカウェーブを持って鮭探し♪


鮭どころか根魚も釣れない(笑)


今年の鮭はもう諦めた方がいいのかなと思ってた頃にNAOKINのリールからドラグ音が聞こえ・・不快感たっぷりです♪




仕事終わってから釣りに行くのは苦じゃないのに朝早くに起きるのはしんどいお年頃(笑)でも流石にボウズだと心がモヤモヤするので明日の朝にリベンジだなw






鈴木
今回は斯く斯く然々あって・・釣りバカ6人が集結!メンバーはよしくんしまんちょくんNAOKINアワビ@潤さんアワビ@りゅーさん&ボク。アワビブラザーズの二人は真鯛初挑戦なので何とか釣って貰いたいところ。


深夜に集合し津軽海峡フェリーにて青森県に向かおうとすると「法定点検の為、次の便は3時です」と言われ一同唖然(笑)




「何で確認しないのよ!」とNAOKINが総ツッコミされてると津軽海峡フェリーのスタッフの方から「青函フェリーさんだと2時出航のがありますけど」と促され青函フェリーへ。ただし、到着するのは6時なので朝一番の激熱タイムは釣りが出来ない訳でいきなり波乱の展開となったのである(笑)





揺られること3時間半


青森に到着するとフェリーターミナルに今回も御世話になる遊漁船「シードラゴン(海龍丸)」の木村船長が嫌な顔ひとつせず笑顔で待っていてくれた。青森県の真鯛釣りにおいて遊漁船は三桁に及ぶぐらいあるのだが、ボクらがいつもシードラゴンに乗るのは船長の人柄なんだよね^^ ほんとスマートな人なんだわ♪


船長の車で青森マリーナに向かい出船!





今回のフォーメーションは右舷の前からアワビじゅんさん・NAOKIN・しまんちょくん、左舷の前からアワビりゅーさん・ボク・よしくんという布陣。一番釣れる可能性が高い船首側にアワビブラザーズにやってもらい隣でボクとNAOKINがサポートする形。


今回はテンヤ釣りということで、餌にはエビを使用。普段あまり餌釣りはしないんだけどこの釣りは好きなのだ♪勿論、テンヤはima レンジセッター


https://www.ima-ams.co.jp/products/snapper-soul-range-setter



さぁ、釣りの開始だ!



パターンを掴め


ポイントに到着してレンジセッター3号(カラー・魂虫)で落として間もなくいきなりヒット!しかし何だか引きが違う(笑)そして水面に上がってきたのは元気な黒ソイ♪外道でもリズムを掴みたいのでオーケーオーケー^^


な・・はずなのに皆あたりはあれど乗せられない苦しい展開^^;


十分に日も高くなった頃、魚の活性はすこぶる低いと判断しボトムからテンヤを離さないよう凹凸に添うようレンジを合わせてるとコツコツと小さなバイトが!しかし針掛りしてないのがわかるので合わせずに待ってるとどんっ!!とロッドが入ったので会心のフッキング!心の中で「鮫じゃありませんように・・」と何度も祈りながら無事ゲット♪




真鯛が浮いてくる時に見せる魚体の色はたまりませんわ♪


そして間もなくアワビじゅんさんにヒット!





だけどガヤだったのでカットねw そしてまたヒットさせロッドの曲がり具合から期待したもののまさかの座布団クラスのイシモチガレイ(笑)初めて見る大きさに船中大爆笑!







が、その直後にまたまたヒット!今度こそは真鯛でありますよーにと願いつつ見守り・・無事ランド♪




念願の真鯛おめでとうございます!


あとはアワビりゅーさんが釣れば・・という展開なんだがNAOKINもよしくんもしまんちょくんも苦戦している様子。しまくんは鮫連発だもん!ある意味開眼してるわな(笑)


△船長優しいから外してくれる図



NAOKINは飯蛸釣ってはしゃいでるしw




そして空気読めずに追加するワタシ。



そして追加するアワビじゅんさん。すかさずNAOKINが記念写真撮っちゃってるけどね(笑)




そしてエビでマコガレイ釣る奴(笑)





魚種が豊富


真鯛・黒ソイ・エゾメバル・飯蛸・カナガシラ・イシモチガレイ・マコガレイ・サバ・サワラなどバラエティーに富んだ顔触れに真鯛を釣りに来たのかテンヤで遊びに来たのかよくわからん展開(笑)魚探には真鯛も見えてるんだけど全然食わないんだよな~。途中から爆風となりテンヤの操作性が悪くなってるのもあるだろうけど。


そして寒さでアワビりゅーさん小休止(笑)




「遠征シリーズで坊主は一度も無いっすよ!」と豪語してたヨシくんも寂しい雰囲気だしてるし!(笑)それでも折れる事なくみんなトライし続けてる。ぶっちゃけボクが一番サボってたかも^^;





あと残り30分を切った頃にNAOKINがようやくゲット!食べて美味しいサイズだけど釣り味としては物足りないわな。







そしてドラマが起こる。







諦めず・折れず・騒がず、黙々と釣りをしてたりゅーさんがキタ!!と声を出した瞬間にロッドが弧を描く!一同「りゅーさんやった!!慎重に!」「大事にいこ!」「これはいいサイズだぞ」などとエールを送りみんなが祝福ムード♪こういう一体感ってオフショアのいいとこなんだよな~と思ってたら





「あっ・・」




という、りゅーさんの一声で祝福ムードから沈黙ムードへ(笑)痛恨のバラしだったなぁ。同じタイミングでヨシくんもしまくんもバイト多発してるのに乗せられず。それでも船長が「あとラスト5分!」「あとラスト5分」と気持ちを汲んで延長してくれてたんだけど残念ながらタイムアーップ。




my tackle
ROD / tailwalk SSD BayBoater S68ML
REEL / DAIWAのテキトーなやつ
LINE / Yamatoyo レジンシェラー1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 3号
LURE / ima ・真鯛魂レンジセッター




アワビブラザーズの二人がキャッチしてくれれば何よりって気持ちは強かった今回の釣行。釣果云々より二人とも明るい性格なので道中賑やかで楽しかったのが一番の収穫かな^^ よしくんの初黒星も見れたしw また来年リベンジお待ちしております♪お疲れ様でした!








鈴木
メタルジグを投げてヒラメを狙ってたらスレ掛かりで秋鮭。タックルが強いのでグウの音も言わさずにランド!釣って10分後ぐらいに亡くなりました。




プールを作って生かしておいたつもりが、全力で生き尽くしたんだろうね・・。しばらく亡くなった魚体を眺めてた。てめー何を語ってんねや!と思われるかも知れないけど、力尽きて鼻先が真っ白になった鮭を見て思うんだわな。


こいつ一生を謳歌したんだなーと。


魚から学ぶことは沢山ある。


そしてこれを書いてる今、PCから横道坊主の「タクシードライバー」が流れる。人も魚も全力で生きたいわな^^


my tackle
ROD / tailwalk WIDE POWER BOW80
REEL / tailwalk WIDE BASAL CA81L
LINE / Yamatoyo FAMELL JIGGIG 8BLAID 2号
LURE / North ima ・FOXTAIL 30g(プロトカラー)
FOOK / Real Ovation アシストフック (シングルM)



病んでるんだべか?w
冬が近付くとメンタルやられるもんなー(笑)


トバにして食って元気を取り戻したる♪






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ