今夜はストロベリームーン♪


ネーミングからして真っ赤な月かと思いきや、普通の満月っぽい。それとも時間で赤くなるのか?と思い、それならば海で見るべきやと釣りに出掛ける。勿論、相棒はNAOKIN




またもハピソンの『かっ飛びボール』での可能性を模索するのがテーマ。やっぱり新しいことに挑戦するのは楽しんだよね^^ 狙いはメバルなので地磯にエントリー♪

仕様は以下の通り。

ロッド 9フィート6インチ
リール 3000番
ライン PE0.8号
リーダー フロロ4号
かっ飛びボール SS
ジグヘッド 1.5g
ワーム 2インチ

参考までにメーカー推奨はコチラ。




自分がチョイスしたのは、かなり大物スペック。というのもこの道南に現れるメバルは全国的にも珍しい大型個体が多いのでね!まぁ、スペックを上げるが故に釣れないという事もあるかもわからんが取りあえずやってみないことには始まらない。



地磯の右側にボク、左側にNAOKINというフォーメーションでスタートさせると開始一発目からマゾイが登場♪




ワームを丸呑みされてたのでフロートが干渉する分、反応が遅れた感が否めない。気を取り直してアレコレやってるとエゾメバルやクロソイが果敢にアタックして来る。磯なので潮の動きを計算してワームの位置をイメージする・・エギングに似てて頭を使うので非常に面白い♪



尺オーバーの黒ソイも出たしと満足してたらNAOKINが何か騒いでおる。まさかメバルが出たのかと駆けつけると





『四角い!角田ナゴだ!w』

ですと(笑)




確かに四角いが、角田信朗さんに失礼だべ♪


フロートのウエイト、ジグヘッドのウエイト、ジグヘッドの形状、潮の強さ、潮の流れ、ワームの種類・・この釣りには色んな組み合わせがあり答えはまだまだ見つからない。けどそれが楽しくもあり難しくもある。まだまだこの釣りは始まったばかり!とことん楽しまないとね♪



んで帰り道。




月がベラボーに綺麗でした。



【余談】
ストロベリームーンとはアメリカの先住民が季節を把握するために各月の満月に名前をつけていく中で、イチゴの収穫時期にあたる6月の満月を「ストロベリームーン」と呼んだからといわれている。







鈴木
12日


NAOKINと新しい可能性を模索しようとハピソンの『かっ飛びボール』を持って函館港湾へ。


http://www.hapyson.com/furotorigu/index.php

簡単に説明すると光る飛ばし浮きなんだけど、飛ばし浮きと違うのは沈むという点。沈む速度は4タイプあり・・ナオリー(エギ)のシャローとかディープとかあるでしょ?あんな感じ^^


ボクは魚種問わずあれこれ新しい事に常に挑戦したい性格なので、試さずにはいられない♪





飛んでいくかっ飛びボールの光を見ながら2人で『鮭釣りみたいで綺麗だな~(笑)』と笑いながら深夜まで可能性を話し合う。これは使い方次第で化けるね絶対♪夜の鮭釣りなんかはマストアイテムになるんじゃないかな?また南の方ではエギングでも使用されたりしてるみたいなので、秋が楽しみになってくるねぇ!

my tackle
ROD / fujiwara ブラースティック タイプB
REEL / シマノ アルテグラ2000HGS
LINE / Yamatoyo ストロング8PE 0.6号
LEADER /Yamatoyo フロロリーダー 10LB
LURE / NAOKINから貰った変なワーム




13日


札幌から元気なジジイとババァが遊びに来たので、@しまんちょくんと四人で夜な夜なメバリング♪店番終わりから合流して22時前からのスタート^^

外海はうねりが入りゴミだらけなので港湾で遊ぶことにしたが、まぁ・・・厳しい(笑)ならば小ソイに癒してもらうしかないな~と深夜まで♪


△ほんとタフなS川パパ♪


△ほんとうるさいS川ママ♪


せっかく来て貰ったのに貧果だったので、明日はキッチリ釣ってもらうべく実績ポイントを教えて解散。しまんちょくんと帰り道に『こんなに釣れない夜もねーよな~疫病神だなあの2人w』とボヤきながら帰宅。



すると、ベロベロに酔っ払った友人から電話があり話に付き合うこと一時間^^; 踏んだり蹴ったりな1日だったわい!(笑)








鈴木
今日は店番早上がり♪


なので夜にTWITTERメンバーとメバリング。メバルを釣った事がないというメンバーも居たので、先に行っていい場所を見つけておこうと寒い中ダウンを着てランガン。




こんな夕焼けから釣りをするのは久しぶりだな~とボヤき、取りあえずima COLLET45であちこちやってみるが、日があるうちはエゾメバルしか相手してくれない。ただ収穫が無かったのではなくいい潮流が見つけられたので、その潮の当たる面に移動。


コレットを水平にフォールするようにテンションを時折抜きながら誘ってるとドゥーーン♪



いきなりの満足サイズのシロメバル♪ドラグの音が心地よかったねぇ^^ そしてまたいい場所は無いかと移動を繰り返す。





エゾメバル・シロメバル・クロソイがたくさん釣れるが、シロメバルの良型がなかなか出ないでもがいてると@しまんちょ@花音さんが到着。ここからはお気楽な感じで3人並んでメバリング♪


しかし・・だ。


今日はめちゃくちゃ寒い(笑)風が冷たくダウンを着てても鼻水が出て来る^^; なのに@くいだおれさん@のりしおさんコンビは23時到着予定だと言う(笑)@kawaguchiくんも残業だと連絡が入る。デカいヤリイカが回って来てキャッキャするものの寒くてならん(笑)結局、22時までは待ってたが寒さの限界!!


『ワシ帰るからw』


とか細い声で帰宅宣言し納竿(笑)


my tackle
ROD / お気楽な安い竿
REEL / お気楽な安いリール
LINE / Yamatoyo アディクトフロロ 4LB
LURE / ima COLLET、mebaCALM、mebaKOSUKE



その後、のりしお&くいだおれが到着した時メンバーは誰も残っておらず寂しくマゾイをキャッチして帰ったそうな(笑)





鼻水出なくなるぐらい暖かくなったらまたやりましょね♪








鈴木
「納得が行かん!!」


先日のネイティヴ合宿を終えての感想。ならば納得行くまでやり切るしかないので・・夜10時にNAOKINと合流し北上♪因みにこの時点でNAOKINは【渓流→仕事→青森真鯛→ネイティヴ釣行】というスケジュールなのでヘロヘロしている(笑)




止水系の釣りはホントに修行。
ダムなどもリザーバーより湖の方が遥かに〝難しい〟というか、広い分だけ魚を探し出すのが難しいんだよね^^; でも簡単に釣れる釣りより難しい釣りの方が燃えるのも事実!懲りずに挑むのであります。


ただ道中でオシャマンベを〝ながまんべ〟と言う彼は相当疲れてる模様(笑)到着して45分の僅かな仮眠を取り水辺へ。




ヘロヘロでもクタクタでも一匹釣れれば全てが吹き飛ぶ。これはそんな釣り。その一瞬の感動の為に今日もロッドを振り始める!


すると開始2投目にNAOKINが「今、ジグミノー巻いてたらドーンって当たった!!」と声を荒げたので、ボクもミノーからジグミノーにチェンジ。表層では当たらないのでレンジをドンドン下げて行くと・・「ヌンッ♪」としたナイロン特有のバイト!サイズは小さいけど・・




「チップ(姫鱒)だ!!」


と、ネットにランディング。




・・・ん?


これ山女魚やん(笑)尺越えだけどやけに細いし・・何だかモヤッと。パーマークも消えてるし綺麗だけど、何だかモヤッと。なので再びロッドを振る。





気がつけばNAOKINはノックダウンしたみたいで爆睡中。心は折れているが起こすのも可哀想なのでとことんロッドを振る。




スプーン・ミノー・シンペン・ジグミノー・ポッパー・蝉・ペンシル・スピンブレード、兎に角ありとあらゆる手を使ったが跳ねも含めトラウトの姿は皆無(笑)先週とは打って変わって静かなもの。


△水中写真って難しい!




んで、結局なーんもなく終了。
往路5時間はキッツイなぁ(笑)


my tackle
ROD / tailwalk KEISON Runsbuck specN S90MH
REEL / shimano Twin Power C3000HG
LINE / Yamatoyo FAMELL スーパーソフト 8LB
LURE / 色々使いまくり
NET / 工房遊喜 トラウトBIG NET




この釣りはしばらくお休みです(笑)








鈴木
女王様に会いにNAOKIN48と渓流へ。女王様と言ってもドSな女性ではなく山女魚ね♪ドSにゃ全く興味ないし(笑)


△あるのはドMのこいつぐらいだべw





ちゃんと渓流に行くのはとても久し振りなので、テンションは高い。何よりネイティブ合宿で心がやられたので癒して貰いたいのさ(笑)止水系の釣りってホント手ごわいんだから是非ドMの方は挑戦してみて下さいな♪






AM 5:15


渓流に到着し準備をして渓に立つ。
NAOKINがなかなか準備を済ませないので、待ってる間にダウンでima sukari50ssを流すと幸先よく魚が姿を現してくれた。




今日は2人とも渓流ベイト。
ピンスポットでバシバシと打ち上がっていくのは気持ちがいい♪ボクがサクサクと釣り上がりNAOKINが後ろをフォローして釣り上がっていく。





渓は気持ちがいい。

木々の音や水の流れる音。
鳥の鳴き声にもつい耳を傾けてしまう。





sukari50ssは基本的にはダウンで使用するルアーなのだが、ロッドアクションで激しく飛び回るように動くのでアップでも魚のリアクションバイトを拾いやすいのが特徴。ただ巻いて誘いたいならissen45sの方がオススメ♪ただ、今日は秋に発売予定の新カラー4色を試したいのでsukari50ssばかりを使ってた。




今日は、この〝オータムイワナ〟ってカラーが妙に強い。いつもならシングルフックに変更するのだが、今日は久し振りというのもあって手持ちのフックがなくトレブルのままなんだけど・・トレブルだとゴミ拾ってストレス半端ないね^^;


で、淡々と釣り上がる。


中間地点に差し掛かった所でやっと女王様の良型登場♪



「やっぱり山女魚はうっとりするぐらい美しいな~」と、しばし鑑賞タイム(笑)年を重ねると魚の美しさだったり情景の美しさだったり心に染みるようになるね。20年前ならここまで感動せんかったもの^^;



もうここで大満足なのだが、もう少し登れるので釣り上がる。



ここからはNAOKINに先行してもらいボクがフォローする形に。するといきなりNAOKINがissen45sでヒット♪




すかさずボクもissen45sの岩の裏に打ち込むと着水ヒット♪この流れはたまらんかったねぇ^^




美しい魚を美しい情景で美しいネットに収める。だから個人的にゃサイズなんてどーでもいいんだよね♪それが癒しなんだろうな。


my tackle
ROD / tailwalk KEISON Runsbuck C510M
REEL / shimano カルコン51 Avail tune
LINE / Yamatoyo ナイロンブラスト 12LB
LURE / ima sukari50ss、issen45s MAX
NET / 工房遊喜 トラウトBIG NET



日ごろ様々な釣りをしてると、色んな人から「スーさんって一番好きな釣りって何なんですか?」と聞かれる事が多いんだけど実はこの釣りが一番好き。今は多岐に及び手を出しているが、自分が60才になったころに想像出来るのは渓流で楽しんでいる自分なんだよね^^


ただ、まだ山に籠もるには早い!


まだまだ色んな釣りを模索していくぞい♪









鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ