北海道知内町の小谷石で絶景矢越海岸をクルージングする船“矢越クルーズ”さんでキャスティングゲームに挑戦してきました。


【URL】 https://www.854.jp/


数年前よりクルーズ船の噂を聞いており“青の洞窟”ってフレーズに心を奪われいつか行ってみたいと思ってたのだが、ひょんなことからキャプテンの村田さんを紹介してもらう機会があり満を持して挑む事となったのだ。




やんや!生憎の強風!


「夕方には風が落ちそうなので15時~16時に出船しましょう」と言ってたので、NAOKINとのんびり船が停泊してある小谷石漁港へ向かう。南西の風なので途中の木古内町や脇元地区の海は穏やか^^ しかし脇元漁港のトンネルを越えたらなかなかの風!出船に不安を覚えたまま小谷石漁港に到着。






まだ風が強いので船長に「のんびり準備してま~す」と連絡を入れ、港内でヒラメなんぞ釣れないかなとルアーを投げ始めたら船長すぐ到着(笑)そして「残念だけど矢越の方は海がガチャガチャなので今日は洞窟行けないと思います・・」と。ま、そんなのは想定内♪


「そこらへんで遊びましょ♪」といざ出航。







イカリカイ裏!





小谷石漁港を出港してすぐ目の前にあるイカリカイの地磯。陸からの景色は見慣れたもんだが、イカリカイを裏側から見るのは初めてで既にこれで二人は感動(笑)今日はジギングではなくルアーキャスティングで遊びたいと思ってたのだが・・風が強い為、重めのバイブレーションプラグkoume90 heavyで釣り開始。NAOKINは唯一持ってたメタルジグ30g。


開始早々にエゾメバル(ガヤ)を釣り上げるNAOKIN。すると船長が「上から5メーターぐらいにデカい魚が通過!何の魚かなぁ?」とハラハラドキドキさせてくれる発言!アドベンチャーだわ(笑)



△ファーストヒットはアイナメ!


風落ちないかなぁ・・と思ってた頃に船長が少し浅い所に行きましょう♪と移動することに。しかし思ってたのと方向が違い、矢越方面に向かっておる!ここからはもう絶景のオンパレードさ^^ 二人して口を開けたまま景色に心奪われてたもんね(笑)




しかし釣りの方は苦行が続く。


ホントに全然反応がないのよ。メタルジグやワームだったら手の打ちようはあるけど、持ってきてないのでね(笑)でも釣れなくてもいいのだ。だって景色が半端ないもん♪




いや、釣れないから景色を見てるんじゃなくて景色を見入ってしまってるから釣れないんだな(笑)鳥が飛んでるだけでマジマジと見てしまうし、熊でも見れないかなぁと思っちゃってるしさ。





そうだな~。

矢越海岸を見て真っ先に思ったのは映画「ロードオブザリング」みたいな景観だってこと。それだけホント素晴らしい。



遂に風は落ちた!


完全に風が落ちたので、ここからが本番!とは言えこれまでにも沢山アイナメが釣れ「ロックフィッシュ狙いでワームとかでガチンコでやったらスゲーなここ」というぐらいのポテンシャルがある秘境。


△またアイナメかぁという声が(笑)


徐々に魚の反応が良くなってきた頃、船長がおもむろに船を走らせポイントについた直後にマゾイが現れ・・





黒ソイが顔を出すように♪






で、船長が「ここは大きいのが必ず居る場所ですよ~」というポイントへ。着いて2キャスト目ぐらいにボトムの少し上でスコッ!と吸い込み系のバイトから青物と勘違いするような走りでドラグが鳴る!あれれ?デカいぞ?と笑いながら上がってきた魚を見てタモを要請w



△堂々の50cmオーバー♪



△ブラックバスみたい♪



キャスティングはジギングとはまた違う楽しさがあり、ターゲットは同じでも全然違う感触がたまらん♪



んで・・念願の洞窟へ。





残念ながら時化後なので、今日の海は青くはないがやっぱり男の子なもんで洞窟ってだけで目がキラキラしてしまう(笑)洞窟内はヘルメットを着用しないと入れないので、洞窟前からキャスト!



・・



・・



・・・






一面ガヤだらけ(笑)
ガヤから逃げることは出来ない。


逃げられたと思ったらサイズダウンw




この他にもサメや水草ガレイなどが相手をしてくれ、釣りも景色も大満足^^





船長はいい人だし船は綺麗だし・・文句の付け所がないわ(笑)結局暗くなるまで付き合ってくれ本日の釣りは終了。




my tackle
ROD / tailwalk SSD BAY BOATER S68ML
REEL / tailwalk SPEAKY 3000HGX
LINE / Yamatoyo ジギングブレイド8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 20LB
LURE / ima koume、スピンガルフ、シュナイダーなど




アドベンチャー最高♪


最後に・・当ブログを通じて乗ってみたい!と思った方へ。矢越クルーズはあくまで本業は矢越海岸へのアドベンチャークルーズであり本格的な遊漁船ではないので、釣り人への優先度は低いです。なので船長の都合のいい日しか対応出来ません^^;


まぁ、なのでそこらへんは要相談です♪


2人から出船可能でジギングなら4人まで、キャスティングで3人までといった感じかと。今日、釣りをしててちょっと思ったんだけど船も綺麗だし、夜は船もライトアップ(7色に光るんだぜ!w)されたりするのでデートとかでの利用も有りなんじゃないかなぁ^^ 釣りだけじゃなく観光といったテイストもあるしね!




一人でチャーターして一眼レフで景色の写真を撮りながらゆっくり釣りするのもいいし、色んな可能性を感じさせてくれたいい1日でした。YouTubeなどにもツアーの様子などもupされており、アドベンチャーツアーで改めて来るのも面白いなと♪


帰りの道中、NAOKINとの話は尽きなかった。それが答えだよね~!






854 315!!

(矢越最高~!)




村田船長ありがとうございました♪
また必ず行きますね~^^








鈴木
あの日の事が忘れられない^^

http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2561.html


という訳で、むっつりやり込むべくロンリーアジング♪今日は複数のリール(ラインの種類が違う)を持ち込み色々と試すのが目的。


なのに開始早々に釣れてしまう。
考える間もくれません(苦笑)




使用したのはジグヘッド0.8gにエコギア・アジマストの“艶シラス”カラー。


1キャスト1ヒットで釣れてしまうのでテストも何もあったもんじゃないじゃんね(笑)サイズはいずれも15~18cmぐらいので、レンジやルアーを変えても20cm越えには至らず・・ホントは食べたいからキープする予定だったけどクーラーを忘れてきたのでオールリリース^^;


ここに大きいのは居ないと見切り場所移動。




人があまり居ない場所がいいなとテキトーに選んだ場所なのに・・釣り場についたら驚愕の光景!一面カタクチイワシ群れがおり、所々で補食音が聞こえる。これだけベイトだらけだと厳しいんじゃないかなと思ったが案の定、まーったく手持ちのワームには反応してくれず納竿。


my tackle
ROD / tailwalk SUPER AJIST TZ “60/STT”
REEL / tailwalk SPEAKY 2000HGX 等
LINE / Yamamoto ライトゲームフロロ 等
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 6LB
LURE / エコギア アジマストなど



近くでサクラマスのいい話も全然ないし・・そろそろ黒メバルも視野に入れとくかな~^^ 強い太陽の日差しを浴びると腕や手に日光湿疹が出てしまうので、これからは夜がメインになりそうです。


あ、でも夏のオフショアキャスティングは行くけどねw









鈴木



PS.令和2年7月豪雨で亡くなった方々へのご冥福をお祈り申し上げます。
今日は早上がり^^


なので、ふらっと函館湾へ^^
微妙な天気だから短時間勝負。


ぬる~い堤防で一投目からヒット♪




今日はアクションを付けないと食わないパターン。でもアクションを付けてるが故にバラしも多発^^; あまりにバラすのでワームやらジグやら変えてみるもバラしまくるので変だなと思ったら犯人はコイツ。




港湾にこれだけカタクチイワシが入ってるとなると、青物なんか来たら面白そうなのになぁ♪ブリサイズと贅沢は言わないからフクラギ・ワラササイズの登場を願っちゃうわ^^ まぁでもアジ居なくなるのはイヤだなw


my tackle
ROD / tailwalk LIGHT GAMER TZ S66UL
REEL / shimano ストラディックCi4+ C2000S
LINE / Yamatoyo レジンシェラー 0.6号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 6LB
LURE / エコギア アジマスト




さ!チャチャと帰って刺身食うちゃるぜい♪






鈴木
「一人で探検に出ようと思ったんですけど、釣り行く予定ならご一緒してくれませんか?」





とストイック釣りガールの萌ちゃんから連絡。「女の子一人で釣りするのは危ないべ~」とNAOKINにも付き合わせ函館港の夜の海へ^^ 狙いはイカとアジ。時化続きだったので果たして状況はどう変わったのか調べる目的も。



まずはイカから


まずは萌ちゃんが到着するまでNAOKINとエギを投げ倒すが、ま~ったく反応ナシ(笑)最終兵器と呼ぶナオリーの古いモデルを出しても反応を獲られず心が折れたのでアジングに変更!そしたら萌ちゃん到着。イカを釣らせたいが・・なかなか厳しいのでアジングからやってもらうことに。


レンジを徐々に下げると鯖は絡む。
大きい鯖なら喜べるが微妙なサイズばかりだし、言うほど釣れないのでボトムまで探ってやっと本命登場♪


△アジマストは信頼出来るやーつ!


NAOKINにイカを狙い続けてくれと指令を出してたが、バラしてばかりでやっと釣れたかと思ったら2センチぐらいのイカだしどーもならん!!と3人でアジングに全集中♪




ここでCMですw


普段、ボクがライトゲームで使っているロッドはtailwalkのライトゲーマーTZ S66UL。


https://www.tailwalk.jp/product/lightgamer-tz/


一本でエギング・アジング・メバリング・ロックフィッシュ・ウルトラライトショアジギングなどマルチに使えるんです。全てのジャンルに対し「使えなくもない」というのではなく「使える」=ちゃんと右腕として活躍してくれるんです^^ アジングロッドだとエギングは厳しいし、エギングロッドでメバリングはフィットしないなどもどかしさはあるのだが、このロッドはあくまでライトゲーム全般に高次元で対応出来るのでオススメですよ~♪



悲願の全員キャッチ


釣りをやるうちに「どーせ私のスキルじゃ釣れないんだ」と、どんどんネガティブになる萌ちゃんに何とかアジでもサバでも釣らせようと魚の溜まってる場所を見つけ出し何とか初アジングに成功♪




やっぱり最初は1g前後のルアーを投げるだけで苦戦してたけど、後半はドンドン上達したので釣れて何より。こっちも嬉しいもんだ^^


「アジってこんなに綺麗なんだ~!」とキャッキャ言いながら写真を撮ってるのを後目に、NAOKINもきっちりキャッチ。結果的に一時間半ぐらいで3人で10匹ぐらい?まぁぬるい場所でこの釣果なら良しやね^^ んで気分がいいから帰ってビール飲みたいと言うので解散w




ボクらの夜はこれから


萌ちゃんが離脱し、ここから大人な時間帯。ターゲットは海タナゴ♪NAOKINと海タナゴは産卵期に入ってるのか確認するべと車を走らせる。


んで・・盛り上がる二人w
来年も海タナゴは安泰だなと優しくリリース。




釣り場に到着して5分は魚の反応を獲やすいんだが、すぐスレてしまう魚なのでこの難しい所を如何にキャッチするかがタナゴの面白い所♪まぁ変態にしかわかってもらえないわな~^^; 1gのジグ単を表層高速リトリーブで引ったくっていく衝撃・・マジでたまらんのに!


my tackle
ROD / tailwalk LIGHT GAMER TZ S66UL
REEL / shimano ストラディックCi4+ C2000S
LINE / Yamatoyo レジンシェラー 0.6号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 6LB
LURE / いろいろつこた



何気にここでもアジがチラホラ釣れた。
サイズは良いとは言えないが今年はアジが多い印象^^ 10匹も釣ればナメロウや南蛮漬けが食べれるだろうし是非チャレンジしてみては如何でしょ♪








鈴木
NAOKINと朝チョコ!


ただ今の時期は夏至が過ぎたとは言え、日の出が早過ぎて寝不足必至^^; 五つ候補を挙げ向かう車中で場所を決めようと思ってたが、予想してたより海が荒れてるので直接見て判断する。


んで選んだのは地磯。


いい感じの潮と水の濁り具合。光量が増した頃が激熱だべ!と釣りを開始したが結果としてNAOKIN3本、ボクはミニガヤ1匹のみ。コテンパンにやっつけられた!!(笑) 開始早々に鳥がラインに絡んだ瞬間“今日は俺の日じゃねーな”と思ったもんねw


んじゃ夜にアジングでリベンジだ!


と言ってた雨。




いや、朝も雨だったんだけどね。
心折られました(笑)


my tackle
ROD / tailwalk KEISON 海SAKURAMAS 106M
REEL / tailwalk SPEAKY 3500HGX
LINE / Yamatoyo ショアジグ8PE 1.2号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 20LB



やっぱり噴火湾行くべきだったか?w









鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ