店番早上がり!




うん。お空が怪しいぞ?w


今夜は19時より【長良丸】に乗船しイカメタル釣行。メンバーはカギせん亀ちゃんしまんちょくん花音さんアワビ兄さんスキンヘッド専務NAOKINにボクを入れて計8名。何だかこのような企画モノは久し振りなので楽しみなのである(笑)


自分は全員と面識はあるが、皆は無い訳で・・そこをどう繋げて楽しんで貰えるか。個人的なボクのテーマ^^ 出来ることなら『楽しかった!』と言ってもらいたいしね♪



19時函館港を出港?  


日中よりヤマセの風が吹きつけ波風が怪しいなぁ・・と少し思っていたが山裏なので楽観視してた訳。・・それが的中し、今回のイカメタル便は残念ながら



“中止”



となってしまいました(泣)まぁ安全第一なので仕方ないんだけどモヤモヤしちゃうよね。そしてこれから数日間出港出来るか怪しいというので仕切り直しの予定も組めず。こんな時、ボクを癒せるのはお酒か高橋メアリージュンしかないw アワビ兄に飲みに連れてけと言うと、大人しく寝れと言われる始末。


救世主の登場


すると、釣り新聞などで記事を書いてるダイワ大好きまつけんくんが知ってか知らずかワインを差し入れてくれました♪ホント謝々!!




今日は釣り番組でも見ながら飲んだくれるわい(笑)







鈴木
“オーシャンⅡ”の船長よしくんからまたも緊急召集!津軽海峡のマグロ(40kgオーバー)を確保せよというミッションがあり、アホな奴らがネギを背負って集まる(笑)


メンバーは“顔面凶器”ことマサキくん・“トラウト馬鹿”の440くん・“腹黒王子”のNAOKIN・“耳が遠くなってきたおじさん”ことエディさんに爽やかスーさんの計6名。




うねりが落ち着いたAM5時に函館港を出て実績のポイントへ船を走らせた。


ポイントまでの移動の間、奥尻の話をしてたら「ボクサー?ボクシングやってたの?」と意味のわからない話をするエディさん。奥尻とボクシングを聞き間違えたみたいだけど・・年齢から来る劣化が否めないな!w


ポイントに到着し周囲を見渡すが鳥も居なけりゃナブラも無いのでジギングでマグロを狙うことに。何の反応もないまま時間が過ぎてきた頃に船長が魚探を見ながら「下でマグロの反応出た!」と言って間もなくNAOKINがヒット!




ファーストフィッシュだから確実に行こう!と皆竿を上げて固唾を飲んで見守ってると大ナブラ発生(笑)「やんや!早く上げてまえや!w」とヤジを飛ばされつつも無事キャッチ♪






ヒットルアーはBOZLESのノブナガ150gのシルバーゼブラ。ただ、サイズが微妙なのでリリース♪ここで気を良くしたNAOKINがトップで遊んでるとシイラの群れを引き連れてきてよしくんにヒット!なのに何故かマサキくんが記念写真w




そんなことやってると・・


マグロのナブラがあちこちで発生し、440くんに船首を預け打ちまくってもらうとヒット!バラし!ヒット!バラし!と負のループ^^; 悔しさのあまり船上で何度吠えてた事か(笑)まぁ、一度はボクのルアーが絡んでしまい解いてる間にバレちゃったんだけどさw


んで・・


ジギングはハイピッチで反応が全然得られない為考える。そーいや、昨年“蝦夷八”ナマラジグのオンジジグがハマってたとオンジジグにチェンジしスロージギングにして何度かチャレンジしてるとフォール中にジグが落ちて行かず「あれ?」と思いロッドを煽るとラインが横に走っており強烈にドラグが出される。底潮と根掛かりかな?と思ったけど「あ、これマグロやん」と気付いた瞬間にバレる(笑)




犯人はNAOKINが作ったフック。
スッパリ切られてるので文句を言うと「あれノドグロ用だもの!切られるさぁ(笑)」と逆バッシングされる始末w



したっけ・・間もなく

耳の遠いおじさんにヒット♪




「動画回して!」と懇願するも誰も撮らない(笑)でも釣って欲しい気持ちもあるので皆でエールを送るんだけど・・何だか引きがおかしい。「まさかマグロじゃねーとかダメだぞ!」とヤジを飛ばすんだが結局ブリで苦笑いw


「完全にケチついたなーw」



と帰り道へ。マグロの跳ねを探しながら帰ってるとバシャバシャ跳ねる激アツタイムにばったり遭遇!!しかも今日見たナブラの中ではイイ型!急いで440くんに激アツだぞ!と伝え船首に行かせキャストすると一発^^





自分が釣りたい気持ちも当然ある。ただ、自分はいつでも出来るのよ。440くんはこれからあまり釣りが出来なくなるのを知ってるだけに・・掛けた瞬間自分のことのように嬉しかった。と、同時に矛盾するようだけど「何で俺のルアーは喰わないねん!(笑)」という悔しさも^^ 釣り人の性やなw



慎重に慎重を重ね・・





やっと形に♪ただ、審判よしくんは「80lbに満たないからリリースなさい!」と^^ 本人は釣っただけでかなり御満悦だったから良しでしょ♪


で、結局その後はナブラも何もなく終了。


今日はみんなでわいわいキャッキャやれ、オフシーズン(夏)を満喫したような気分。めちゃんこ楽しかったぜい♪




my tackle -JIGGING-
ROD / テキトーなやつ
REEL / shimano ジガー1501HG
LINE / Yamatoyo PEジギングエイト 4.0号
LEADER / Yamatoyo フロロショックリーダー 80LB
LURE / BOZLES ノブナガ、太閤ヒデヨシ・蝦夷八 オンジジグ・tailwalk グレートバリア等


my tackle -CASTING-
ROD / tailwalk クロシオOC S80H
REEL / tailwalk クロシオHGX 43HGX
LINE / Yamatoyo ジギングエイト PE 4.0号
LEADER / Yamatoyo ショックリーダー 70LB
LURE / ima BIGSTICK、バネット190F・BOZLES ザビエル










オフシーズンも残り二週間。
9月からは気合いの入る釣りが待っているんだが、それまではのらりくらりした釣りで楽しみますわ♪さ、明日はイカメタルや!








鈴木
オーシャン2のキャプテンよしくんより・・





と連絡が入り急遽津軽海峡の黒マグロを追いかけに行くことに。船員はジギング班にNAOKIN、キャスティング班にボク、エビングなどを視野に入れたマルチ班に440くんの計4名。


天気が微妙だったのだが急に行けるかも?いうことになった為、バタバタした召集になってしまったが・・ぶっちゃけ波風の予報を見るとボクは釣りが出来るコンディションではない(笑)なのでアネロンを飲んで就寝。



決戦の刻!


AM 5時 出港。


函館山裏は風裏になるので割と穏やか。ただ少し先の海は白波が立ち、よしくんも「ここまでが限界かな?」という場所で止まる。魚探にはベイトの反応が出てるのでジギングで探ろうとなるのだが外は雨。




それでも取りあえずやってみようと各々が試行錯誤してみるも黒ソイのみ。ブリやシイラでもいいんだよな~とボヤいてみても何の反応もない。すると若干波が落ち着いたタイミングを見計らい船長がフルスロットルで深場へ移動。



アネロンを飲んでいるので吐き気は無いが、強烈に目がチカチカする(笑)



ポイントに到着し「さ、やっていいですよ~」とよしくんは気軽に言うがチカチカ病のボクは船室から出たくないw でもまぁ来たからにはとima バネット190Fを投げ始めたら440くんがジギングにてヒット♪




「やった!これで帰れる!」と思ってたらマグロで火が着く船長は440くんに大声で激を飛ばす(笑)そう普段は穏やかなよしくんでも急に取り憑かれたように人が変わるんだよマグロに関してはw NAOKINとキャッキャと笑いながら見てたら魚が船底に入り込み残念ながらラインブレイク。船首に立っていればキャッチ出来てただろうに勿体ない1尾となった。キャッキャしてサポートしなかったボクらも悪い・・マグロはチームプレー大事だからね^^;




チカチカラッシュ!


そこからチカチカ病が悪化したボクは船室でウトウト・・





・・・( ゚д゚)ハッ! 





あれ?






再びウトウト・・



・・・( ゚д゚)ハッ! 



いつのまに!!






再びウトウト・・





・・・( ゚д゚)ハッ! 



目を覚ましたら鳥山明です。
カモメが狂喜乱舞しているじゃあ~ありませんか。チカチカも少し治まっていたのでデッキでプラグを投げ倒してみるも、440くんと「これ青物ついてるんだろうか?」と首を傾げる程に無反応。そして再び強烈な雨がやってきて終了。



いや~・・改めて思うけど船酔いしない身体が欲しいわ(笑)いつも船首に立ちたがるのに今日は全く立てなかったもんな。吐き気で苦しむのもイヤだけど目が痛いってのも結構キツいもんだね。今度は波が穏やかな時にリベンジ出来たらいいな~皆さんお疲れ様でした^^




PS.シイラはYGスタッフ佐藤さんの晩御飯になりました(笑)食レポは本人にお聞きください♪








鈴木
以前より@しまんちょくんより「嫁をオフショアに連れて行きたい」という話を聞いてたのでライトジギングでも行くかという流れになっていたのだが、数日前に突如「tailwalkのイカメタルのロッド2本注文して下さ~い」と来たもんだ。


http://www.tailwalk.jp/salt/ssd/metalika/



先述したライトジギングとは別にどうやら2人の会話の中でイカメタルがやりたいとなったらしく・・


「せばライトジギング止めてイカメタルにするか!」


遊漁船 長良丸 福井船長にTEL。福井船長は急なお願いとかあってもニーズに応えてくれることが多く助かる存在^^ 3人でもイカメタルで船を出してくれるか聞いたら快くOKしてくれただけでなく出発時間も任せるよとのことで、折角だからとイカ大好きなNAOKINGにも声を掛け4人で出港という形となった。



PM 9:30 出港


かれこれ5年前、釣りビジョンで頻繁に見かけるようなプロアングラーの方から「函館でイカメタル流行らないかな?一緒にちょっと仕掛けない?」という話を頂いた事があるのだが、当時のボクは「イカ多過ぎるからゲーム性に欠ける」と言う理由でお断りした経緯があり、どちらかと言うと否定的立場だったのだが・・年々イカの数が少なくなってきており今なら楽しめるのかなと今回真面目に取り組んで見ようと思った訳さ。


それはNAOKINも同様で出発前から「釣れ過ぎれば萎えるから程々がいいな」と呟いていた。





あとの問題は@しま嫁が船に酔わないかが心配(笑)早速乗り込み水深50m前後のポイントへ♪もう少し先の方で漁り火の灯りがとても眩しく夜釣りという感じがしない。





とは言っても天の邪鬼なボクは「レンジ合わせれば簡単に釣れるんじゃろ?」とイカメタルではなくBOZLES トウキチロウ80gにイカジグカンナを付けてトライしてみる。(イカに飽きたら魚を釣ろうと思ってたしw)




開始早々にしま・ボク・NAOKINがヒット♪ポンポン数を伸ばす。







自作ジグカンナで問題なく釣れる事がわかったが・・若干の修正点が見つかったので封印しyamashita 錘スッテ25号にチェンジ。本日のパターンを探ってたら背後より@しま嫁がノーヒットというのが耳に入る。こりゃ釣らせないとあかんと竿を置いてアドバイスした直後にヒット♪良かった良かったとポジションに戻ったら背後より・・


「あんたの教え方が悪い!!」


と夫婦バトル勃発(笑)なのに@しまは「そのリールだとパワー不足でしょ?新しいの買った方がいいと思うんだよな~(笑)」と釣具の催促をしているw イカメタルのいいところはみんなでワイワイやれるところなんじゃないかなと感じた瞬間。これみんなでやったら楽しいやろね♪


船が海を明るく照らすからサバやダツなんかも水面にウヨウヨしており、飽きたらサバとかやって遊んでもいいしね。


(アベレージサイズ。50cm級も居た)





開眼の刻!


そして飽きてきてたNAOKINが早いワンピッチジャークでイカを連発。そこからヒントをもらい開眼♪出来れば上のレンジでキャッチ出来れば話は早いんだけど、サバがうるさ過ぎるので(スッテを丸呑みするから手返しが悪くなる)30~40mのあたりをハイピッチでシャクリ上げフォールを入れた直後にヌーン!ってパターンが一番ハマり量産体制(笑)




ボクとNAOKINは色々試行錯誤を経てスッテ単体でやってたのだが、@しま夫妻はドロッパーを用いたこういうのを使用。こっちだとWヒットもあるしアピールも強い。


(※tsuri-huck様から引用)


ただ、スッテ単体の方が手返しはいいかな♪ヒット~イカを外す~イカをイカカッチャ器で〆る~発砲に詰めるという一連の動作をチャチャチャとやらんと数伸ばせないからね(笑)





で、結局1時半を回った頃に・・


「もういいんでね?(笑)」


となり、船長にお腹いっぱいの旨を告げ帰港。イカメタル・・蒸し暑い夏の夜の涼み方としては最高なんじゃないだろか♪ボクはやっぱりルアーアングラーで有りたいから電動リールでやる船釣りより楽しかったっすわ!ただ、今回はライトジギングタックルで挑んだんだけど@しま夫妻のタックルでちょっとやってみたら・・イカメタル専用ってやっぱりいいわ(笑)今度は自分も専用ロッドで挑む事にしようと決意したのでした。サバ用のライトタックルも勿論ねw


my tackle
ROD / tailwalk SSD Light Jigging C63ML
REEL / shimano オシアカルカッタ301
LINE / Yamatoyo スロトング4 PE 1.0号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 16LB
LURE / BOZLES トウキチロウ、yamashita 錘スッテ、DUEL EZ-ベイトメタル等



店番が終わったのが20時半、21時半に乗船し、帰宅したのが2時半、そこから道具の片付けやらイカの処理やら・・気がつけば外は明るくなっておりクッタクタ!でも気持ちのいい疲れだったなと♪この釣りは再度トライする予定ですので興味ある方は是非ともボクまで連絡頂けたらなと♪

(Gmail・Instagram・Facebook・TwitterどれでもOKです)



そして、今回出船までバタバタだったのでなんとライフジャケットを忘れて来た。「あぁ・・オレンジのやつ着ないと駄目なのかぁ」と思ってたら福井船長がスミスのライフジャケットを貸してくれました。なかなかオシャレさんね(笑)





□■□■□■□■□■□■□■□■

☆長良丸
福井船長 090-8270-2135
函館中央ふ頭 船溜まりより出船
※イカメタルだけでなく様々な釣りも可能!
まずはご相談を♪


□■□■□■□■□■□■□■□■




夏はやっぱりイカ刺しとビールだなw







鈴木
数日前にSNSで刺身で食べれそうなチカを見かけた。本人に「どこで釣れました?」なんて野暮なことは聞きたくないので、ふらりと探しに行ってみる♪


目指したのは茅部方面^^


鹿部から各漁港を覗いて歩くが、安浦漁港でまともなサイズを二匹目視出来た程度で全然話にならん。地元の友人より朝&夕に入ってくるし、更にそれに青物がついてるとは何となく聞いてたんだけど・・昼間は全くダメなのかしら(苦笑)アホみたいにエゾメバルは釣れるんだけどさw




今年はサビキの釣りがいまいちなのがよくわかってるんだが、キッズ達の夏休みシーズンだろうしファミリーが楽しめるべくいいネタを提供したいので“釣具店スタッフ”として情報発信源になろうと出来る限りランガンして見た。


が・・ドコに行っても小さいチカばかり。時折、チカを追いかけ回してる鱒が居るものの今回はそういう主旨じゃないのでスルー♪


(釣れるのは5センチに満たない)



鹿部~恵山~湯の川と各方面全ての漁港を見て歩いたがサビキ釣りをしてるのは5組程度で全然釣れておらず・・ならば函館の埠頭はどうかと中央埠頭を覗いて見ると




12~15cmぐらいの鯖が簡単に釣れる♪サヨリを追い掛け回すサバ達なのでスイッチが入ってるのか撒き餌ナシでバンバン釣れるのさ!使用してたサビキはこれ。



Hayabusa チカ専科
オーロラハゲ皮 3.5号




んー、そうだな。
こういう気楽なのも悪くない^^


この炎天下の中うごいた1日が誰かの参考になり、笑顔を生み出してくれたら嬉しいわな!とか聖人の如く書いてるけど実はルアー持って行けば良かったとめちゃくちゃ後悔しとります(笑)








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ