またも仕事終わりからLIGHT GAME!


NAOKIんと合流し出陣^^ ライトゲーム三日目ともなると少しマンネリ感が出て来てしまうので大幅に場所を変えて挑戦することに。道中では頻繁にコンビニに立ち寄り「やみつきホルモン」を探しつつ魚も探す(笑)





まずは小手調べと入った漁港でまたもサバ!ここ最近釣った中では大きいほうかな^^ 表層高速リトリーブでのヒットはたまりません♪




で、ここから各地ランガン。
どんな魚が出るかわかないのでワクワク感が寒さも吹き飛ばしてくれる!








サバ・フグ・黒ソイ・蝦夷メバルと4種達成!あとは・・アレしかねーべ♪とあちこち撃ち歩きしてると大きいマイワシの群れに遭遇!1gジグヘッドにアジ用ワームを何度も通すが魚が全く興味を持たない。何でやねん!と半ば投げやりにロングキャストしたら・・




落ちパクでアジった(笑)


0時間近にも関わらずNAOKIんと「この鋭角的な引きがたまらんな!!」とボルテージMAX!アジ量産体制へ突入する^^ ガチキャストを繰り返す二人!


Rod / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66UL
Reel / okuma NEW INSPILA 2500S
Line / Yamatoyo フラッシュレイズ 3lb



久し振りにアジングらしい釣りをしてるうちにアジングはやっぱフロロだよなぁとナイロンラインを巻いたリールを持ってきた事を悔やむ。フロロだったら倍はキャッチ出来たはず^^; でも今年から使い始めたジグヘッドの「AW Lock head」が秀逸だと気付けた事が収穫!




針はしっかりしてるし、刺さりはいいし、ワームをホールドするキーパー部も良し!理想的とも言えるジグヘッド♪キーパー部がグローになっているので、クリア系のワームを装着すると内蔵がボンヤリ光るのだ。ミクロ系の小魚は捕食した時に内蔵が光ると聞いたことがあるので、よりリアリティを追い求めたらこんな感じになったんだろうね^^ 実際ダメなジグヘッドだとバイトあっても乗らない。ここ数日間、4種類のジグヘッドを使い分けてたがコレが一番自分の求めてたもの!





やっぱ現場は色んな事を教えてくれるね^^



しかし連夜釣りに行ってるもんだから流石に疲れてきたので明日はお休み♪今度はデイのライトゲームも挑戦するZ!







鈴木
コンビニに行くつもりがフラッと寄り道♪


港湾で豆イカが現れ始めたと聞いてたのでエギで広範囲を探るつもりが“イカネットワーク”の異名を持つハッシーくんに遭遇しイカはどうなのか尋ねると




「台風来てからダメだね!」


と、鼻をほじりながら返答(笑)

それでも折角来たからにはエギを投げてみようと試すが明らかに「魚」がアタックしてくる。魚ならば!とワームに切り替えて見たらサバ!




するとスタンドメンくんが登場!3人で雑談しながらロッドを振ってると相変わらずサバ(笑)少しサイズアップしたけど例年のサバと比較すると小型が多いんだよな~^^;




で、ゴツンと黒ソイ♪




黒ソイが捕食後に自分の付き場に戻ろうとする引きがたまらんのよ!強いラインだとピンと来ないだろうけど、ライトラインだとそれが如実にわかるので面白い^^ で、ここらへんでポツポツ雨が落ちてきたので移動!


どこにいってもサバが煩い。
アジやタナゴなら大歓迎なんだが、サバは簡単に釣れちゃうから面白くない。


移動を繰り返し黄金ムラソイをゲッツ!やっぱ引きはダントツだね^^





で、雨が強くなって来たので〆。


Rod / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66UL
Reel / okuma NEW INSPILA 2500S
Line / Yamatoyo フラッシュレイズ 2.5lb



ライトラインで25cmほどの黒ソイを釣った時、オフショアでデカい黒ソイを釣った時の衝撃に襲われた。それ以来、ライトゲームは通常のロックフィッシングとは別物と考えているし実際やってみるとレンジなどよりシビアなんだよね!騙されたと思って一度試してミソ!(笑) 2lbあたりだと色々痺れますよ♪

------------------------------------------------------------




そして帰宅したら安室奈美恵の引退発表したとニュースが!安室奈美恵は同じ歳なのでSWEET 19 BLUESなど思い出深い曲が沢山なんだよね~。


「a walk in the park」なんて19歳の頃に何度聞いたか(笑)


残念だけど残り一年頑張って・・いや、楽しんで欲しいものですわ!respect!!







鈴木

LIGHT GAME♪

2017/09/19

仕事終わりからNAOKIんとアジを求めてぶらり旅^^ とは言え台風の影響で海は大時化激濁!向かう車内のテレビでは日高方面での竜巻注意報が連発してるので「少しでも危ないと思ったら納竿」という形。




前回アジをキャッチした場所に真っ先に向かうが激濁!それでも常夜灯の下にはいいサイズの黒カマスの群れ!アジング用のリグで狙うも見向きもしない(笑)アジがいないなら・・と濁りがない場所を探しランガン。


明暗部にタナゴが居るので狙ってみるが、なかなか口を使わせられず^^; 水面直下しか反応しないのでレンジを下げると釣れない。でも軽くすると爆風なので飛ばない!この天気でやることじゃねーか(笑)と移動。


そしてここからライトゲームの真骨頂♪








Rod / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66UL
Reel / okuma NEW INSPILA 2500S
Line / Yamatoyo フラッシュレイズ 2.5lb



大きい個体を狙うのもいいけど、敢えてライトゲーム。この繊細さがホント癖になる^^ 気温は低いし風は強いのについつい深夜までやりこんでしまった(笑)本命のアジは留守だったみたいだけど、濁りが抜けたあたりでまた遊びに来るZ!






鈴木
シフトにより仕事が早上がり♪




とは言え、公務員の皆さんと変わらぬ帰宅時間帯なんだけどね(笑)帰宅して飯食ってNAOKIんと合流してぶらり旅♪ロック&ヒラメ&ヤリイカでも狙いましょうと出向いた先には釣り人がいっぱい!^^; 台風による影響で波はあるし風も強いのに・・みんな釣り好きなのね(笑)


いつもより始動が早いし折角だから少し足を伸ばそうと人生三度目となる秘境のポイントへ^^ すると・・海が荒れていて釣りにならずあちこち近場を見るが話にならん。Uターンして某漁港へ行くと誰も居ないがのぞき込むと魚の姿が見える。とりあえずima B-太を投げてみると高速でチェイスしてくる魚が!



サバ?タナゴ?
常夜灯の灯りだけではハッキリわからない。


と、ここでNAOKINにスイッチが入りアジングスタイル!強風なのに0.8gのジグヘッドなどを用いて狙っている^^ ボクはB-太を投げ倒して居ると「大変だ!事件だ!!」と騒いでおりキャッチしたのはアジ!





急いでアジングすべくNAOKINにリグを貰い挑むもロック用のタックルだったので、バイトはあるが弾いてしまいキャッチ出来ない^^; ラインは太いし風強いしロッドは固い・・負の三暗刻!(笑)なので今日は大人しく撤退し後日リベンジに来ようと納竿。それに薄着だとめちゃくちゃ寒いしね!




帰り道・・



やっぱ釣りは現場だなと。
心からそう感じた。



歳を重ねる毎に「効率的じゃない」「今じゃなくていい」「近場で釣れるし」など無駄足を避けるようになってたが、ただ何となくでも足を運んで得られる事も沢山あるんだなとこの歳になってまた学んだ。






キラPが作ったこのよくわからんルアーも、きっと意味があるんだろう(笑)何事もトライ&エラー!現場じゃなきゃわからんことは必ずある。コタツに入るのは定年までお預けだな^^






鈴木
前回悔しい思いと難しさを痛感した渓流ガイド。前回のリベンジを果たすべくAnglers Desine 上田代表が来函^^


なるべく魚が出やすいであろう場所を考えて居たのだが予想外な事が二つ。

・上田さんが場所を指定
・当日はなかなかの雨模様


場所を指定してきたのはロッドの長さ等からによるもの。ただ指定してきた場所はかなりのタフコンディションが予想されるので厳しい戦いになるだろうなと感じながら入渓。




フライフィッシングの上田さんに先行してもらい、後を追うようにボクが後ろからルアーを投げて上がっていく。ただ空模様が怪しいと感じたら切り上げるつもり。大場所をいくつか撃って感じたのはここ数日でかなり叩かれてるなということ^^;




デカい奴らは物陰から頭を出すだけなのでかなり神経質になっていると思われる。撃ちまくりながら後をついていくが、上を攻めている上田さんも悪戦苦闘中。魚は出るが大物は現れず・・とあるポイントに差し掛かった時に「出たけどダメだった!」と悔しそうな表情でこちらを見ている。


結局天気が回復し16時までフライとルアーであれこれやってみるが、上田さんが何とかグッドサイズのヤマメをゲットしボクは60クラスが二度アタックしてきたがフッキングに至らずという展開で終了。終始小物ばかりで後ろを撃つならビッグミノーで攻めるべきだったなと反省^^;



で、函館に戻り・・



函館海鮮料理 海寿で宴♪ここからはNAOKIんと秋田県のリバーシーバスをガイドしてくれた藤谷さんを交えてみんなでわいわい^^ 藤谷さんは函館に観光に来たので、どうせならみんなで飲みましょう!と相成ったのだ。


△またサービスだってこんな豪華のを!


△函館と言えば活イカ!



勿論、藤谷さんと上田さんは初対面であり自分を通じて新たなお付き合いが生まれた訳でこっちとしても何だか嬉しい限り。疲れから来る酔いが心地良く、釣りはいまいちだったけど最高に楽しい夜となった♪上田さんも「来年も来るから宜しくね」と言ってくれたしね(笑)



楽しい場所を提供してくれた海寿さんにも感謝!しばらく飲んだくれるだけお酒飲んでなかったので、気分も超リフレッシュ出来ましたわ♪やっぱ自分にゃ釣りしかないのでブレずに突き進むまでじゃい!








鈴木

唯一ノンアルコールだったナオキン。酔っ払い3人の相手は酷だったべね(笑)お疲れ様!

ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail