朝の一発勝負!


と鮭を狙いに行ったらスプーン一式を忘れた事に気付き、ロックフィッシュに切り替えるもテキサス用フックとラインカッターも忘れておりプラグかジグヘッドしか出来ない。しかもリーダーが切れてしまったらそこでゲーム終了・・。


まぁ、気落ちしたりイライラしても仕方ないので取り敢えずima K-太77でランガン。ソイ・エゾメバル・カジカとポコポコと魚をキャッチ。カジカは1本だけ40upで他はミニマムばかり。


明るくなってから久しぶりにワームでアイナメを狙うも「こりゃ~小さいのしかおらんな」と言った感じ。6~7本釣っても40upは0^^; ん~・・やる気になれん!と早々と撤収。何か釣りした気分にもなれずモワモワしてるとYGスタッフのタックハーシーさんから一枚の写真が届く。



タカノハ59センチ!(笑)


そりゃ~こんな笑顔にもなるわな!




FUJIWARA 蛍光ブラー3gに佐藤印のエビ塩イソメとのこと。タカノハは旨いからねぇブラーやりたくなっちゃう♪(笑)殆ど同じ時間帯に似たエリアを攻めてた二人だったが明暗を分けた1日になりましたとさ!






鈴木
腕と腰が痛くて目覚めたAM8時。5時間寝れたのだが疲れが抜けてる感じはない(笑)でも最終日なので楽しんで行こう!とサーフ中心にランガン。




天気はいいけど風が北西に変わり気温が低下。前日より8℃も低いがNAOKINは着くなり小走りでサーフに降りていくほど心は熱い(笑)デイゲームは厳しいとのことだったので、リアクション狙いで今日もimaハウンドでジャークジャークジャーク^^


まぁ、そんな上手く行かないわな。
するとNAOKINが「釣れなくてもいいから来年に繋がるような釣りがしたい!」と恐怖の磯マルゲームへ。この日は北西風速12メーターで磯場はサラシが出てるので、警戒心が薄れたシーバスを狙いやすいのだ。




ハッキリ言って怖い。
こういう状況って写真ではなかなか伝わらないもの。北海道の釣り人からしたら慣れてない風景^^; 波風ハンパないし磯際で写真撮ったりする余裕ないんだよ(笑)それでもバカだからね・・高揚感が勝ってしまいサラシの中をミノーで狙う。


荒磯で生きていけるんだから出ればデカいっしょ!


昨日NAOKINはそんなことを真顔で言ってた訳さ!しかし無情にも磯際のサラシから出てきたのは30~40cmくらいのチーバス(笑)残念ながら波に揉まれバレてしまったが、やってたことは間違ってなかったんじゃないかと少しだけ頬が緩んだ。





そして三日間付き合ってくれたロッドに感謝し秋田を後にする。夕まずめをやってしまうと帰りのフェリーに間に合わなくなってしまうかも知れないので、日本海の綺麗な夕日を青森県の深浦で見て〆ようと車を走らせた。









道中、助手席でビールを飲み上機嫌モード!TUBEを聞きながら深浦に向かうがすっかり雲に覆われ撮りたかった写真が取れず。「夕日の町」深浦にはこのようなモニュメントがあり・・




手に持った輪っかの部分に夕日が入るようになるらしいんだよね!




そんな最高な一枚を撮りたかったけど、来年に持ち越しだな~(笑)と、のらりくらりしつつ青森到着。





半年は秋田遠征はお休みとなるので何だか失恋したようなセンチメンタルな気分でフェリーに乗り込み2017年の遠征は終了となった。3日間、一度も代わることなく運転してくれたNAOKINに感謝!快くガイドしてくれたimaスタッフの武さんに感謝!素晴らしいフィールドの秋田県に感謝!



さぁ、明日から地元の釣りも楽しんで行こう♪お疲れ様でした!



my tackle
ROD / tailwalk KEISON海SAKURAMASU S90ML
REEL / shimano 16 'Vanquish 4000XG
LINE / Yamatoyo Strong8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー20LB
LURE / North ima ハウンド140F ファング


















・・。





帰宅後、最後の磯で自分らの後に入った方が4本キャッチしたとのこと。ヒットパターンがあったらしく、どうやらボクらは間違ったアプローチをしてたんだなと。悔しいなぁ・・半年もお預けなんて長いわ!(笑)








鈴木
今日も暴風!(笑)
ボクらの遠征は基本的に天気には恵まれない。でもそんなの関係ないもんね~と比較的ゆったり目の二日目スタート。




サーフに行くが何となくNAOKINと共にスイッチが入らない。ホント何となくなんだが、釣れるオーラが感じられないのでアチコチぷらぷら見て回る。晴れてるけど風強いから慎重になるんだよね~去年怪我してるだけに^^;


何となく入った場所でimaロケットベイトで外道をゲット♪




見たこと無い魚は二人のテンションを上げてくれる!すぐにググってみるとどうやら正体はアミモンガラという魚らしく「アミモンGETだぜ♪」とキャッキャしてたら夕まづめ。




するとimaスタッフ武さんから連絡があり「これから行きます」とのこと。誕生日なのに釣りを取るなんてよっぽど釣りが好きなのね~(笑)


で、ポイントにつくと既にシーバスのボイルが始まっておりサヨリやアジが逃げ惑っている!鼻息を荒くし2投すると武さん到着。3人仲良くやってるが、今日はkomomoに全然反応しない。なので昨夜購入したima スケアクロウ130Sをキャストして・・



「イッパーツ!!」




ナイスサイズのファーストヒットで御満悦(笑)しかし次第に雨雲がやってきてピカピカ光る夜空。流石に危ないとなり一時間の車内待機を余儀なくされる。周囲には避雷針というものが無いので仕方ないのだが、魚が居なくなってしまうんじゃないかと心が落ち着かない。


一時間後、雨も雷も落ち着いたので外に出るとシーバスの姿はなく武さんも用事があるので帰るとのこと。しかしスイッチの入ってるNAOKINは帰してくれるはずもなく釣り続行。個人的にはもう満足なのもあって、丁寧な釣りから大雑把な釣りにシフト。North ima ハウンド140Fをジャークしてたら目の前に良型のシーバスが!!フッキングには至らなかったが「このパターンも有効なのか」と二人はビックリ。


そして反応が無くなったのでランガンの旅へ。


いくつ場所換えしただろう。流石に眠くなってきた23時半!NAOKINがキャッチしてくれれば眠りにつけるのに・・と思ってジャークしてたらドーン!!(笑)





咄嗟にまさがよ!!と突っ込まれるが、数分後にNAOKINとドラグが鳴り「これで寝れる(泣)」と思ってたらバラしやがった(笑)今夜は徹夜だなと覚悟したがガス欠になりそうだったので、深夜に24Hのスタンドを探すも秋田市まで行かねばならず強制終了。


早い段階で油入れようと促したのに「大丈夫でしょ」と油断してたので自業自得だな!



最終日泣いても笑っても悔いの残らないデイゲームに挑戦だい!^^ 今夜も旨いビールでおやすみなさい。



my tackle
ROD / tailwalk KEISON海SAKURAMASU S90ML
REEL / shimano 16 'Vanquish 4000XG
LINE / Yamatoyo Strong8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー20LB
LURE / ima ロケットベイト、ima スケアクロウ130S、North ima ハウンド140Fファング








鈴木
2017年最後のシーバス遠征!
集大成ともなる旅なので絶対コケたくない。今回もNAOKINと朝2時出発の青函フェリーに乗り込みGOGO!




朝6時に青森県に到着し、そこから秋田に向かって車を走らせる。車内では今回の遠征に対し目標を持とうと「いかなる状況でも最低1日1本」と決め心を引き締めるが・・いきなり雨(笑)




今回、三日間滞在のうち1日はimaスタッフの武さんにガイドをお願いしてあるのだが武さん曰わく「河川も日中のシーバスも厳しい」と聞いていたので日中は適当な場所で適当にやってみようと自分らで模索することに。



で、秋田に到着したので適当に秋田港でシーバスを狙ってみるが釣れないどころかシーバス狙いの釣り人も皆無。秋田って街はホントびっくりするぐらいあちこちに釣り人がいるので、人が居ないと期待は出来ないのではないかと思えてくる。なので取りあえずシーバスで有名な雄物川河口に移動してみるが南西風10mと大荒れ!波は3~4mぐらいの感じ。ここも誰もいないけど・・


「行くど!!」


とNAOKINに声をかけるが「デイだと出ないって~(笑)」とやる気スイッチが入っていない。まぁ本番はナイトゲームなので一人でサーフをランガンすることにし、河口でima ロケットベイト95のイワシカラーをキャスト。というか、ミノーとか投げれる風じゃなかったからね(笑)するといきなりガツン!とヒット!


高波強風の中、表層を引いて出るとは全く思ってなかったので片手でロッドワーク片手でスマホを取り出しNAOKINに電話しようとしたら波打ち際の高波に飲まれフックオフ^^; でも・・かなり興奮(笑)そこからNAOKINとアチコチ撃ってると武さんから連絡があり合流。





ここから本番。


場所を男鹿方面に移動しナイトゲームの始まり。「この時期は難しいのでボウズで帰る人もザラにいますよ~(笑)」と武さんに言われてたにもかかわらず、風と波にルアーを乗せ流してたらあっさり一本目をゲット♪


△ヒットルアーはima ロケットベイトライト!


で、魚が続かないので移動。


ポイントに到着するとちょうど先釣者が一本キャッチしてたので、話を聞くと目の前でシーバスがボイルしているがベイトもウジャウジャいるのでルアーにはなかなか反応しないとのこと。それでもシーバスいるならやるしかないでしょ♪と隣に入らせてもらい・・ima komomoSFで追加弾!




武さんから「そのカラーって何のですか?見たことないんですけど(笑)」と揶揄されるぐらい昔の物。このルアーで1匹キャッチ出来たのは嬉しいなんてもんじゃない!ミスバイトも多いが何より反応してくれる魚がいるこの状況にNAOKINとニヤニヤが止まらないんだよね~(笑)するとNAOKINが開眼!!


△同じくkomomoSFのレッドヘッド!


悔しいが良型!
するとパターンを掴んだのかまたも良型をキャッチしやがった。細長いけど(笑)





そこから反応がなくなったが、もうこの時点で二人は大満足。釣ったじゃなくて釣れたといった感じにご機嫌モード(ガイドしてもらってるから正確には釣らせてもらっただなw)。今思えばまだ粘れば魚は釣れたんだろうが、寝不足&初日&明日は武さんの誕生日ということも考慮し3人でラーメン食べに行き〆。


で、ここから明日の為の買い出し。遅くまでやってるリサイクルショップで必要となるであろうルアーの補充。





その後はお馴染みの八橋ユーランドホテルで熟睡。今日は最高に旨いビールが飲めたけど、明日も旨いビールになるか楽しみです。



my tackle
ROD / tailwalk KEISON海SAKURAMASU S90ML
REEL / shimano 16 'Vanquish 4000XG
LINE / Yamatoyo Strong8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー20LB
LURE / ima ロケットベイト、ロケットベイトライト、komomoSF








鈴木
寒いと言わずアクティブにNAOKINと函館湾でエギング!アヒージョ作りの為の豆イカ30杯捕獲釣行。


最初のポイントではNAOKINが小さいエギでポツポツ釣るがアジャスト出来てないのかこっちは反応無し。なのでわがままなボクは「移動!!」と促し大幅に場所移動。が結果的にコレが当たり・・



△豆イカ×30杯。


△ヤリイカ×1杯。


△スルメイカ×1杯。



1.5号の表層パターンで豆・ヤリ・スルメの三暗刻!!ノルマも達成したので一時間で満足♪というか明日は朝から収録の為、夜更かし出来ないので早く帰ってイカ刺しにビールだなと^^ スルメイカ釣った時点で心満たされ適当な釣りになっちゃってたしね~(笑)



my tackle
ROD / tailwalk ビートリックグラッシー52
REEL / DAIWA エクセラー 2004H
LINE / Yamatoyo フラッシュレイズ 4lb
EGI / ナオリー、まめ助




と、上記タックル書いたけど風が無かったりイカが渋い時は細いPEに出来るだけ感度のいいカーボンロッドの方がこの釣りには向いてますのであしからず!







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail