皆さんは戦国時代のお話は好きですか?
ボクは大好物なのです♪


以前、NCV釣りバカZスペシャルの収録で山形に行った際なんかは歴史ある街に降り立っただけでテンションやばかったんですよ(笑)相棒の浜崎と直江兼続グッズやら前田慶次グッズを沢山購入したもんね^^; 甲冑が保管されている施設が改装工事だったらしく拝むことが出来なかった事だけが未だに心残りだけど(笑)




そんな戦国時代が好きで、釣りが好きな人なら好きになるであろう釣りメーカーがあるのはご存知でしょうか?その名は・・


BOZLES!(ボーズレス)


http://bozles.com/


ボウズ+レス=ボウズレス=つまり、釣れる。という意味合いのメーカーネーム^^ 自分は2年前の横浜フィッシングショーにてimaテスターの木下さんに『ボーズレスって面白いメーカーあるんだぞ~♪』と教えてもらいチェックするようになったのね。で、肝心の何が特徴的かという所なんだが、ボーズレスのジグは全てタングステン製。オフショアの釣りをしていて「もっとシルエットを小さくしたい」と思うことが多々あったのね。それはフォールスピードとベイトサイズから来るもので、もどかしさを感じたもんさ^^; で、どんなルアーがあるのかチェックをしていて気付く。


ルアーの名前が全て武将であることに!


イエヤス・ノブナガ・ヒデヨシなどワクワクさせられるネーミングばかりなのだが、チャチャという名前が加わり痺れてしまう(笑)歴史を知らない人の為に付け加えるが、茶々とは信長の妹の子供であり秀吉の側室だった方。自分の中では歴史を変えた一人の女性という認識で、戦国時代好きにはたまらんネーミング!


まぁ、興味ない方にはどーでもいい話かも知れないのでこれ以上は書かないけど(笑)で、ネットをチェックしてもらえたらわかるけどタングステンジグの200gと鉛の200gを比べるとサイズって全然違う。勿論お値段も高いんだが、釣りにおいて痒いところに手が届くってのは有り難いこと!水深100mの所に5cmのジグを送り込みたいと思っても鉛では不可能な訳で、使い分けするのは全然アリでしょ♪


んで、ここからが本題。
ボーズレス初のトップウォータープラグがリリースされ今、西日本を中心にバカ売れしているとのこと。ネーミングは何だと思います?







ザビエルだってさ!


相変わらずネーミングセンスが素晴らしい♪釣りは遊び。ネーミングにも遊び心を取り入れるのってセンスいいわ~!色々使ってみたいところですな♪







鈴木
YGオリジナルカラー発売^^


ベースはReal Ovation / Survant!(30g)
サーバントには最初からヘッド部にフック搭載されておりますが、YGオリカラでは初心者でも気軽に挑戦出来るようにリアフックに仕様変更しています。




まずはザッとカラーをご紹介。YG名物スタッフのサトーくんが考案した奇抜な逸品!

『ゴールデンボンバー』





ゴールドベースにブルーとレッドを組み合わせた派手さが特徴。ボクが知ってる限り同じカラーのキャスティングジグは発売されてないと思います。イメージ的にはヒラメ狙い等に効きそうだなと♪




次はYGの重鎮takaさんが考案した手堅さが垣間見える一品!

『チカチカGTO』






何やらコンセプトがあるらしいのですが、詳しい話はわかりません。日中のダレた時間などに使いたくなるカラーですね^^ 日中はどうしてもナチュラルカラーに手が伸びがちだし(笑)





そして最後にワタクシ。半年前から「いつか何処かでリリースしたい」と熱望していたカラーを実現!

『オリーブオイル』






背面にはオリーブ、腹部は白とナチュラルテイストなカラーを取り入れつつボディには禍々しいオイル調を取り入れることで一味違う感じを演出。また昨年のオリカラ「リリックゾンビ」と同様、全ての模様がバラバラなので一つ一つがオンリーワンとなっています。


このオイル調のカラー、Fujiwara製品ではサーモンブラーやオフショアジグ「グラッツ」でも使われており「キャスティングジグのベースに使ったら面白いのにな」と思っていたので今回取り入れる事にしました^^


△サーモンブラー


△Real Ovation / グラッツ



全てのカラー各色100本YG金堀店限定商品となっていますので、お求めの方はお早めのご来店宜しくお願い致しますm(_ _)m





鈴木
防寒安全長靴。




冬のオフショア釣行の際、いつも足が冷たくなるので昨年ソレルのブーツを購入したのだが・・船釣りで使うのは何だか勿体ない!貧乏性だからね(笑)日頃何かないかなぁとアンテナを伸ばしてたら運命的な出逢いが♪


お値段なんと504円!!w


YGでは只今・・靴類が全て半額!
(※釣具コーナーは対象外)


在庫処分品として激安価格に陳列されている商品も半額なのだからビックリ。ボクが購入したやつも定価4500円くらいのが在庫処分として1008円になっており、それも半額なのだから赤字間違いなしですわな。スニーカーやら防寒靴やら長靴など「今必要じゃなくてもいずれ使うであろうモノ」という考えがある方ならこれを機に大人買いも悪くないと思います♪


実際、ボクもスニーカー×2、ブーツ×1、サンダル×1、長靴×1、安全長靴×1と大量購入したが1万円もかからなかったしお得感満載です^^


お知らせまでに。


------------------------------------------------
■ 派手好きな奴


アングラーズナイトで協賛品の中にあったふっとりくんが提供してくれたZippo。誰に当たったのかなぁ~と思ってたんですが身近に当選者がおりました。




兎に角派手なものが大好きなYGスタッフのサトーくん。「これは大当たりだ!」と大喜びしてました(笑)他にも協賛品は様々ありましたので今回のように少しずつ紹介していきますね♪





鈴木
函館アングラーズナイトに実はReal Ovation / リリックの限定カラーが協賛品として忍んでました^^



既製品には一つもラインナップに入ってないグリッターカラー♪3本のみだったので当たった人はラッキーでしたね。因みに全て微妙にデザインが違うのでこの世に一本のオンリーワン仕様です^^ このような遊び心を取り入れてくれる地元企業に感謝です。


そしてジワジワと噂になってる「D社が一番食いついた」という新素材ZAMSで作られたリリック♪




こちらテスターのオヌマン氏が作ったカラーなんですが・・綺麗なエメラルドグリーンにうっとりします♪残念ながら発売までにはもう少しかかりそうなんですが、楽しみに待ってて下さいまし!!ボクは対海桜鱒用ジグには「リリック・サーバント・FOXTAIL・GUN吉」の4本柱構成なんですがZAMSリリックの仲間入りも間違いないですわ♪


んで、ついでに最近フジワラの工場にて発見されたリリックのボツカラー。ボクの考案したやつなんだけどね(笑)




------------------------------------------------
■ 過去最高!!


tailwalkから新しいキャップが送られてきた。



ワークキャップとメッシュキャップの2種類。tailwalkを愛していても、帽子というものにこだわりが強いボクは気に入らんモノは正直あまり着用しない。そりゃ全く被らないことはないけど、頻度がどうしても低くなる。それはtailwalkだけじゃなくimaにも言えること。


そして今回のtailwalkのキャップは・・両方かなり気に入った^^ まずベースとなるのがOTTO製!頭の大きな人でも深々と被れるタイプだし風が強い日でも心配無用♪

★メッシュキャップ
http://tailwalk.jp/goods/cap/hicrown/


★ワークキャップ
http://tailwalk.jp/goods/cap/workcap/


そして気になるプライスが定価2200円と2400円とかなりリーズナブル!!タウンユースで使用しても釣り色が派手じゃないのでオススメですよ~^^







鈴木
今日はラインのお話。


桜鱒・鮃・鮭・など大体陸っぱりの釣りはPE1号を使うボク。メインラインは山豊テグスの【ストロング8】。




8本縒り・視認性の高いイエローと、とても使いやすく文句の付け所は無いのだが時折ラインの縒りが解ける時がある。それはキャスティング時に指をかける部分の劣化から来るもの。暖かい時期はリーダーを長くとる方なのでスプール内部までリーダーが入る為に問題ないのだが、冬季はリーダーを短くするのでどうしてもPEに直接指をかけてしまう。冬って指先が手荒れしてガサつくのでどうしてもラインにダメージを与えちゃうんだよね。(かと言ってフィンガーガードは好きじゃない)


なので稀に4本縒りの【レジンシェラー】に巻き替えたりするのだが、この作業が意外と手間で、テンションのかけ具合などにも拘るようになり・・効率良くライン交換する為にもと遂に第一精工のリサイクラーDSを購入。


http://www.daiichiseiko.com/1866


お値段なんと23760円!(笑)


ネットなどで探すとまだ安く買えるんだろうが、高額商品をネット購入で何度か痛い目にあってるので額面通りに購入。高いけど・・YGで酷使してるだけに耐久性には申し分ないのがわかってるので勇気を出してみました(笑)


なかなかメインアイテム以外で高額商品ってあまり手を出さないでしょ?リールやロッドは高いのを買うけどウェアはそこまでお金かけない!みたいな釣り人あるある。でも最近はこういう今まで買うのを躊躇してたアイテムに目を向ける事にしてみたのだ。


悪天候でもリーリング出来るし!
・・と思ったけど変態丸出しですな(笑)







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail