「ロック行かねーか?」



28日夜に突然の浜ちゃんからの打診。風邪のおかげで釣りから離れた数日間だったが重い腰を上げていざ出陣。僕も好きもんだねまったく(笑)


合流するとゴメスからメールが来て「朝、原木に行かない?」と鮭釣りオファー!鮭竿もウェーダーも持たないで出陣したが、まぁ何とかなるべと原木川へ下見。


待機する釣り人が多いからめんどくせぇ!ってなことでスルー(笑)


来月の噴火湾で開催される函館海の会主催の釣り大会に参加する浜スーは下見がてら噴火湾ロックすることに。




・・砂原漁港に到着。


道具を用意し、お得意のポイントで夜アブを狙いに行くと風がハンパなく吹き付ける。寒い。。しかし来たからには打つべと開始!


右岸テトラから撃つと1キャスト1ヒットで25?クラスの黒ソイが釣れるが風が冷たく寒すぎるので森漁港へ。


白い小屋エリアで撃つと3人の若者フィッシュマンあらわる。しかしまたも同型のソイとガヤばかり。すると浜ちゃんが尺サイズの夜アブをヒット!


直後にチカーノくんからヒラメゲットのメール。










・・負けてられないと力が入るが釣果は延びずに港内を攻めるがダメ。サイズが変わらんす(笑)


ってなことで森新港へ!更に型が小さいガヤばかり(笑)

すると若者フィッシュマン三人もこちらに移動。話しかけると網走から来たらしい・・脱帽ものである(笑)スーなら黙って網走で釣りしてるっすね♪


案の定、小ガヤをみた浜ちゃんは就寝。つーことで頑張るがアブは姿を見せずガヤのお祭り状態。テキサスリグのシンカーのストック(釣り予定じゃないのであまりなかった)が無くなり、心折れてきたのでジグヘッドに変えてベイトのキャス練かねて投げまくる?♪



いい感じに飛ぶのでブレーキ0にしてフルキャストするとバックラ!


完璧に心が折れて昼に用事があるのも考慮し朝日を待たずに納竿(笑)




函館に着いた時にスーのベイトロッドが無いことに気づく!どうやらどこかに忘れてきたようだが…往復2時間かけて探しに行って見つかる保証もない。

悩んだが激安で購入したし、次なるステップに進むにはあの竿じゃダメなこともわかってたので、泣く泣く諦めることに。。。。。



もし竿を見つけた人は大事に使ってあげて下さい。・スーがベイトをやるキッカケにもなった思い出の竿なんでm(__)m




思い出をありがとー!!(笑)


鈴木
PM9時。

沖提ロック大会を中止したので、久々に超本気でやるかと話てた浜ちゃん、スーさん、のんちゃんの三人。

結婚式に出席してた浜ちゃんから連絡があり狙うぜ一発!とゆうことで遠くの鮭を確認するのに必須なアイテムの眼鏡スタイルで出陣するスー(笑)


狙うは鹿部方面。


常呂はコミコミだろうと大船に狙いを定める。近場の漁港で夜ロックやろうと大船漁港(第1?第2?)へGO!


合流すると若干寒い&ズボンに穴が空いてたのでウェーダーを履いてみるスー(笑)

スーは最近どこでもヒラメを狙いたがるヒラメ依存症なので10フィートの竿と13フィートの長めの竿しか持ってきてない・・がまぁ何とかなるだろうと準備開始。




先端に入釣しいざ開始!


するといきなりのんちゃんが28センチの黒ソイ。


幸先いいなと言ってると32センチとサイズアップ!おぉ・・・・今日は熱いじゃん!とか言ってるとのんびり師匠は「いやー満足・・」と余裕タイム。


浜ちゃんも得意のガルプで12?28センチの黒ソイの数を上げ「さすがガルプ」とかテンションあげあげ(笑)

・・しかしスーは泣かず飛ばずの状況。
ヒラメは居ないと見切りをつけて、ソイを狙うも何故か釣れない。


初めての状況・・。


スーなりに色々釣れない理由を考えた。



どれだ?(笑)


竿が長いから小さい当たりに鈍いのか、シンカーが大き過ぎるのか、ワームはバークレー社じゃなきゃダメなのか、リーダーラインが太すぎるか、リールが大きいからか?眼鏡だからか?とか様々考えていると、1つの疑問に気がつく。


ウェーダーじゃないか?と…。


このウェーダーは爆釣王から貰ったもの。そして今年の5月、川釣りに行った時にあのミスターボウズ王のキラー氏に貸したとゆういわく付きのウェーダーなのだ(笑)

(※彼が釣り場に現れると、荒れた海でさえベタ凪になると釣り仲間から恐れられている呪いの発信源なのだ。)



呪いだから試しに脱いでみれ!と茶化す余裕気分の二人。


心は折れ、浜ちゃんからガルプのワームを1つ貰い投げるとすぐ28くらいの黒ソイ・・。ガルプってスゲーなぁと思いつつ、移動して違う場所で撃ったりしてると三時。


準備やら雑談してたら日も出てきてそろそろ行くかと大船の右岸300メートルの磯へ。

a925051b.jpg




しかし跳ねもないし、誰も釣ってない。こりゃねーなと場所を変えるもそこは鮭が釣れたあと。


ここで常呂部隊のクリッパくんに連絡すると1本あげたと写メつきメールが!


近場だし顔出しがてら見に行く事に。

のんちゃんマシンはタイヤの空気が抜けてた為にスタンドへ。浜スーは常呂橋の上からクリッパくんを探す新しいゲーム「クリッパを探せ!」をしていたが見つからない。

したら川そばの石に腰掛けてタモを持ってるおやんづ(おやじ)発見(笑)



タモを洗ってるのか鮭をねらってるのかわからないが、とにかく大物だな!と浜ちゃんと笑いながら見て、クリッパくん探しを諦めてメールすると民家の影の左岸側に居たらしく歩いて着てくれてる。


途中、鮭でも跳ねないかなと海を見てると、カモメにウキとルアーが引っかかって暴れている!!!!!!!!


誰か切れたラインのやつに引っかかったんだろうなと浜ちゃんと悲しい気持ちになってると右岸側のオシャレな釣り人の竿が左岸側に向かってアーチを描いてる。



どんだけ?!!


とか思い見ているとどうやらカモメをかけてしまったのは彼のようだ。ライン切ってやればいいのに・・それだらカモメ弱ってしまうとか言ってると空には仲間のピンチに駆けつけるかのようなカモメの群れ。


どうすんだろと橋上から見てたらどうやらカモメを一度、岸にあげてウキとルアーを外そうとしてるらしくカモメは徐々に暴れながら岸に。


その時、川辺に居た^おやんづ^がおもむろに河口に歩いて行きタモでカモメをキャッチ!


暴れるカモメの足を掴み十字架のようになるカモメ。二分ぐらいしたらカモメは無事に飛んでいき、気づけば橋の上から拍手する浜スー!!!!!


したらおやんづは


(´ω`)ノ


みたいな感じで拍手に応えてくれる粋な方(笑)


リアルに感動し、二人は今日はこれ見たら鮭釣れなくても満足だな!と言ってるとのんびりくん到着(笑)感動シーンは見れずに納竿となった(笑)


クリッパくんの初鮭は見事にでっぷりとした鮭で祝福し解散となったのであった。



鮭釣りで引っかけや密漁、ミノーでのトリプルフック使用時のいざこざなど耳にしますが、ウキルアーだから大丈夫とかウキルアーのライン切れは不可抗力だと思わずに、まめなラインチェックは怠らないようにしなきゃなと思う1日でした。


だって浮きがたくさん海に浮いてるんですもの(笑)全部、潜って回収したら何年浮きルアー買わなくていいだろうとか思えるぐらいに・・。



んぢゃ まづ

(´ω`)ノ
9月22日PM13:00

昨夜のスコールのような雨でモーニング鮭釣りの士気が下がり、昼からの出陣。

昨夜は浜ちゃんから「サチ子が鮭釣りたいってゆーからやらせてみるべ」とハナから難しいテーマを言い出してたのだが、ちゃんと鮭竿を持って浜ちゃんと合流する。


久々に投げ釣りをしようとゆうのもあり、竿ケースには投げ竿2本、13ftの鮭竿1本、10ftと7ftのルアーロッド、6ftのベイトロッド、予備のリールなどを詰め込んだら重い重い(笑)


特に投げ竿。こんなに重たかったっけ?と最近のライトな釣りに慣れてた自分に驚きながらもいざ出発!

浜ちゃんが「天狗屋いちて」とゆーので、店に寄ると「ふっとりくんがベストの話題振ってたよなー?」とフローティングベストコーナーへ。



したっけ浜ちゃんの目がキラキラ(笑)

それ似合ってんなー!とかヨイショしてると早速購入(笑)



いざ森町へ・・。


ついたら海は白波が立ち、風は強く、雨のように波しぶきが頭上にかかる。


噴火湾エリアの砂原やいくつかの漁港見るもダメ。これじゃ釣りにならんな・・。と天気予報を電話で聞き予想を立て、いざ下海岸へ!


着くとまた風の登場。


カレーヌードルを食べながら悩むと大間漁港なら風かわすかも?と移動。



ビンゴ!やはり風すくなっ!


てなことで夕まづめだしロックでアブラコでも狙うかと開始。すると浜が「なんか当たりあるな?ホラまた来た!」と竿先に確かに小さな当たり。

ワームを見るとガルプのパルスワームのケツ部分がごっそり無くなってる(笑)

犯人はフグ容疑者で間違いない(笑)あいや!これじゃ話にならんとスーさん一人でベイトリールでキャス練開始!するとのんびりくん到着。


すると風向きが変わる(笑)


しばし雑談し、どーせフグいるし話にならないなとか話してると「知内いっか?」とバカなことを言う浜。森→恵山→知内…道南旅行か!(笑)ってな感じで風向き変わったしてなことで、また森に戻る。


んー長い・・・・。何キロ走るんだ?(笑)


PM 7:00過ぎ到着。


森漁港は相変わらずの風。夜アブやソイの種類が豊富な場所だけに森でやりたかったが風を考慮し鷲の木漁港へ!

ん?マイルド♪風は緩い!


とここで大体のメンバー、みったん&リトルみったんクリッパくんどかちん&ハニーちゃんさっちネゴ兄チカーノくん&チカッパニーZEROさん、が集まり談笑したり釣りしたり・・。



・・目立った釣果も無く気温と戦いながら寒い寒いと言いつつ竿を振る。したっけ先日チカーノくんが購入した気楽竿用の竿が折れるハプニングがありながらも気づけば24時過ぎ。

風が穏やかになったので、時間に余裕と気力がある人だけ頑張ろうと森漁港へ!


途中、サッチが道に迷うとゆうハプニングからコンビニで食材を買わせる浜スー(笑)



スーさんはカレーうどん、浜ちゃんは天ぷらカレー丼を食いながら森を見てあるき大丈夫そうなんで釣り再開!

スーは白い小屋先端のライト下にワーム竿だけ持って行く。ここは冬になると巨大なアブラコやカジカが頻繁に出る場所。

1投目から小ソイラッシュ!(笑)満潮まで二時間。活性が高くソイやウグイが跳ねてる。まぁベイトリールの特訓がてらひたすら投げると1投だけ引きが違うやつが??


ソイっぽいけど何だろと思って見ると海面にはイエローなソイ!わぉシマゾイ!
aea4ca69.jpg


それから向かい側に居たのんびりくんが、ハチガラを上げテンションあがってると・・


「ヒラメ(ソゲ)みたいなの居るわ!」とエール!


スーさんに火がつき更に投げるも27センチを越えるソイが出ない。ランガンを繰り返し皆の居る場所に3時半くらいに戻ると全員爆睡中(笑)

スーも寒さに耐えれず爆睡。



気づけば「鮭やらないの?」とイビキ王のサッチに起こされる(笑)

小さいくせにイビキだけは大きいやつだ・・とサチ子の顔を見たら腫れぼったくなってやがる!(爆笑)







携帯を見たら・・・・6時・・?


取り合えず皆を起こしラルズ裏へ。


いやーもうダメだってなことで森の工事中の新港に入ると鮭を発見!

頑張るがダメ。

スーはカレーざんまいで腹痛を起こし心が折れ納竿。明日に賭けるべと約束し初日の釣行は終わった・・。。


《後編につづく》
ども。ゴメスです。
47fedc6a.jpg



?鮭釣りの餌について?

鮭は補食行動でルアーを追いかけてる訳ではなく、結局は威嚇行動で口を使う……ってのは皆さんご存じだとは思います。


んで、なんで赤かと言うと、鮭・鱒系は赤系の色を攻撃したくなる訳なんですね。闘争本能をくすぐっちゃうんですよ。「あぁ!?テメーやんのか?」とか、「ウゼーなぁ…」みたいなね。

だから、目の前は勿論、チョイと離れてても「待てゴラぁ!」とアタックしてくんですよ。
鮭・鱒系のルアーでは赤系が定番なのは納得ですね。


あと、タコベイトや青物系や、裏ハンマードやアワビのキラキラ!これも奴等にしてみたら実にウザイ!
人間も目の前でキラキラされたらウザイし、手で払い除けたくなりますよね?
しかし、魚類には手が無いから追い払ったり攻撃するのに口を使います。
それで釣られちゃうんですね?(笑)


そう、結局は魚目線でウザくすればいいのです。

前にスーさんが石崎で
「結局奴等は餌を食いに来てる訳じゃねーんだから、タコベイトに餌やらワームば付けてお祭り騒ぎにしてやればいいんだべ?」
と、言ってました。
正にそのとうり!
しかし、何故皆やらないか?と言うと、ルアーの泳ぎが極端に悪くなるからなんですよ。
同じ車でも、ゴムボート載せたトレーラー引っ張るのと、24fの船を載せたトレーラー引っ張るのとでは、フットワークが段違いですよね?


要は、とんだけルアーとタコベイトを動かしてウザく出来るかが肝なんですよ。
それに付随して、ルアーが発する不快な振動や音等も関係してくると思います。

実際、去年揚げた33本のうち、餌無しで揚げたのは3分の2以上です。

では何故餌を付けるか?ってーと、針掛かりを良くするってのも勿論あります。

ただ一番の理由は、付加価値って言うか、更にウザく!だと思います。

しかし生餌だと、餌持ち等のコスト面や、匂いや手間の問題が有ります。その点、ワームであればコストは合格。手間はかからないし、匂いはガルプ以外で有れば、合格かなと(笑)


では、フカセはなぜ釣れるか?デスが、ウザく!の理由は一緒なんですが、発想が全く違うんです。

ルアーは鮭を「威嚇する」ですが、フカセは鮭を「邪魔する」なのです。
まぁ、罠ですね。

フカセは潮流でのタコベイトの動きを良くする…って観点から餌を付ける人が居ないのも上に書いたら事を読めば頷けますね♪

まぁ、魚類全般に言える事デスが、餌釣りや一部のワームは別として、ハード・ソフト両ルアーとも補食を狙ったルアーってのは少なく、釣れる魚ってのは、結局威嚇行動が大半を占めると思うんです。
この意見に関しては、諸説諸々有るし皆さんの意見も有ると思いますが、少なくても俺はそう思います。

「リアルベイト!」や「リアルアクション!」ってのは飽くまで人間目線であって、あんなにピヨピヨ動くベイトや虫等は居ません。
むしろ、のべーっと泳いで補食されそうになると、クィっと最小限の動きをするルアーの方がよっぽど「リアルベイト」や「リアルアクション」だと思います。
しかし、そんなルアーが無いのは、魚がルアーを補食する瞬間が見えなかったり、そんなアクションが非常に難しいからです。(サイトフィッシングは別です)
だから、威嚇でのバイトをさせる為に、魚目線での常に過剰な動き、常に不快な音、常に不快な振動を出すルアーが多いンですね。
パルスワームやバイブレーションの振動。クランクの振動と音。ホッパーによる水飛沫での音や振動。ペンシルによる動きと振動。ミノーのトゥイッチによる平打ちでの動きがそれに当たると思います。

とまぁ、長々と書きましたが、結局のところ、そんなことを考えながら釣りをしていれば、ルアーやワームをどの様にアクションさせればバイトしてくるか?ってのに繋がりますよね?。


ホント、釣りって奥が深いッス(笑)


※釣猿HPの掲示板にて力説してくれたので消えて行くのは勿体無いと思いここに転載させて頂きました。

スーが今日は大人しくしておこうとサッカー番組「やべっちFC」を見ていると爆釣王(バク)から連絡があり鮭行かないか?とのこと。


悩んだが、「雨上がりで鮭爆釣だべ!」との一言に踊らされ急遽、出陣決意(笑)


合流すると「見市川だな!」と爆の字。まるで先週のデジャブを見てる錯覚を覚えながら出発し着くとAM2時。


しかし車が1台しかない・・。


まぁ気楽に待つかと、さまーずのDVDを見ながらウトウト。んで誰か鮭行ってないかなーと思って携帯を見るとクリッパくんが鹿部町の常呂川に出陣してるとのこと!



い、嫌な予感・・(笑)


今日は常呂デーじゃねーか?と談笑しながらウェーダーを着用しスタンバイ!


薄暗い中、約20名強の方々が竿を振るが1本しか上がらず地元のおじさん達は今日はダメだと早々切り上げる始末。


すぐ相沼川へ移動。


するとこちらでは2本。クリッパくんに連絡すると3本は確認したとのこと。あわよくば常呂まで走る気だったがヤメ・・。二人とも初鮭は上げただけに石崎にも行く気になれず六時納竿(笑)


石崎も網直ってから釣れてないし、何よりフカセの方が釣れるからルアー派にとっては面白くないし・・ まぁ帰りに川やダムに行く案も出たが空模様が怪しく素直に帰還。ちょい投げしかしてないので釣りした気にもなれない1日でした(笑)


しばらくは下海岸に鮭来るまでお休みモードですな。


※画像はクリくんが送ってくれた常呂川の釣行模様
bde75533.jpg
オフ会を終え、知内に走る二人。

すると木古内ローソンでばっくりカマ掘られたパトカー発見プレミアです(笑)もうレアなもの見たら爆釣気分で知内涌元漁港を目指す。


先日の日記で書いたが今日はチカーノくんのタックルのデビューの日。是非ヒラメで魂を入れてもらいたいもの。


着いて準備しいざ先端へ!


軽いあたりばかりでヒラメらしきものが無い。しかし時間は四時。明るくなる頃だなとハードルアーをセット!キャストするとヤマ○トのラインはグシャグシャになり話にならず、竿を変えたり、ベイトロッドに持ち変えて底とったり今日のスーはいつもより気合いが!


したっけ今日はいつもより船の出入りが激しい。めんどくせーってなことで発電所前のサーフへ♪あたりすらない・・。


つーことで知内高校裏へ♪


河口にたくさんのカモメさらに軽い濁り。鮭規制あったっけ?とか思いだれかに連絡しようとしたが6時半。微妙な時間・・。


迷惑だべなと思い函館方面に向かいながら場所探すかぁとダメダメムード(笑)そういえば当別でこの前出来なかったから行こう!と当別へ。この選択が今思えば正解だったのだ♪


当別に到着し先端に入ると投げ釣人が沖に向かい遠投してて「どーですかー?」と聞くと子鮫3に良型マコ1枚。


まぁ撃ってみるかとセットしてあったハードルアーで撃つ撃つ!


あれ?この川は規制あったかいな?とか思いながらも撃つ(笑)


すると、100mくらい沖で何かが跳ねた!
ん・・?と思ったらもう一度!

ここでスーさん考えた。
スーの知ってる魚で跳ねるやつ・・。


鮭、ウグイ、イトウ、サクラなどなど考えてたら・・「フクラギ???」と閃いた!


確かにさっきから手前に泳いでくる小魚がパニックで腹見せてる状態。これがあそこでも起きてれば…





と根拠ゼロの推理をもとにメタルジグに変えて沖へGo!!(笑)


見事、跳ねがあったポイントより少し奥へ♪やはりフルキャストは気分がいい。



一度底を取り様々なアクションを加えてるとあたりがある。しかし乗らない。ルアーを見ても傷らしきものがない。

ヒラメちゃんじゃないのか・・とすっかりフクラギやら鮭やら頭になく釣りたいのはヒラメ(笑)


もう一度同じ場所へと投げると風に乗り更に沖へ♪


・・最高に気持ちいい(笑)


したら・・ゴン!!!!!!!!!


うりゃっ!と電光石火のフッキング!乗ったぜ!

しかーし・・ヒラメらしくない。


なかなかの重さだが元気。ヒラメこんなに暴れないだろ。と思ってたらチカーノくんが気づき「おぉ!」と歓声を受け「ヒラメすか?」と聞いて来る。


「ちょいドラグ出たからデカいけどヒラメじゃないな!フクラギでも鮭でもない…鮫でもない・・わからん(笑)』とスー。




しかし沖目で乗ったから巻き巻きが長い(笑)と思ったら手前で暴れた時に重さが!もしかしたら???と目が輝くスー。

















丸っこいボディのアブラコ(笑)
11aa6e0b.jpg


サーフなので、すっかりアブラコの存在忘れてた。計ると49センチ♪これまた微妙(笑)あと1センチ・・・



しかし、折れないスーはまたキャスト♪

同じような場所でまたヒット!しかし重い!と思ったら動かない。

なんじゃこりゃ根か?と思い生体反応を探るべく強く煽ると目の前でラインがプツン・・・・・・。





えぇー!!!アホか!!!と思ってリールみたらほとんどラインがない。


とゆうことでスーは諦めてチカーノくんに場所を教えるもやはりテキサスじゃそこまで飛ばない。ってことで「諦めも肝心ですね」と心が折れたようで(笑)


とゆー予想外な結果となりました(笑)

まぁハードルアーでアブラコ釣ったの初めてだったから楽しかったけど、針外すときに暴れたアブラコのせいで指と爪の間に針が刺さり今まだ腫れてます・・。




いやーでもこれこそが海の醍醐味だなと改めて思う一日となりましたとさ。

結局あれは何が跳ねたんだろ?
釣猿でもお馴染みの、のんびりくんが花火大量にあるからオフ会やろうってなことで開催された花火大会。


19:30分集合だとゆうのに私用で遅れたスー。着いたら、のんちゃんクリッパくんみったんどかちんくんハニーちゃんが既にBBQのスタンバイ中。

遅れてスーさん、チカーノくんゴメスが合流し、久々のノンアルコールBBQ開始(笑)最近の鮭事情や釣りトークやみったんいじりしながら肉食うみんな。


したっけ秋☆釣さんネゴ兄ひろ姉ラッシュくんサモハンなど続々登場!


キャスティングしたり小ソイなんか釣ってみるかとワームやったり、釣れなかったけど気がつきゃ深夜1時まで話まくり♪


新しい顔ぶれの方々と交流出来たのが、とても楽しくいいオフ会となりやした♪しかーし問題は結局花火やってない!!話したり肉食ったり釣りしたりしてたらスッカリ忘れてた始末(笑)


スーに至っては秋☆釣さんの下ネタに嫌々付き合わされて大好きな焼きそばを食い逃してしまう(笑)



帰りに掃除しながら・・



スーさん「これから知内でヒラメあげてくるっちゃ」

のんびり「なまらでっかいの期待してるから(笑)」

ネゴ兄「張り切れば釣れないぞ(笑)」

秋さん「今日は潮悪いから釣れないって(笑)」

等とスーさんには無理無理!みたいなトークざんまい。鮭で勢いがついてるスーは・・・


「真夜中でも写メ送りつけますからね!」と豪語し、オフ会をあとにしチカーノくんと知内に向かった。

15da3aaa.jpg




※今回のMVPは「二度と主催しねっ!主催側は疲れる」と最後に疲れをぶっちゃけたのんびりくんが初受賞となった(笑)
7時10分、石崎到着。


すると目の前をいきなり鮭軍団が群れで通過!

こりゃアチィ♪っつーことで早速準備し覇者さんにスーの服装を伝え、気軽に話しかけて下さいな(笑)とメールし釣り開始。

通称「ネット前」あたりで浮きルアーをやるも港内はフカセ釣り客ばかり。

不安は募る。でも山越えポイント側では、まだまだ釣れてる!平日とゆうこともあり右岸防波堤先端側にチラホラ帰る人も出てきて、先端に爆釣王が向かう。

すると覇者さんからメール。








「近く通りましたが、顔怖かったんで話しかけられませんでした」と。


生まれつきです(笑)


まぁ無理させることもないかと苦笑いしながら先端上から河口に向けてキャスティング開始!爆が「跳ねあるしそこそこ釣れてるみたいだ」とゆうのでうきうきしながら巻き巻き♪



しかし釣れね(笑)


河口右岸側から沖に向かってキャストしてる人(Aさん)が一番釣れてるな・・と閃いたスー。まぁ全開で投げればAさんが投げてるポイントに届かない距離じゃないだろうとマックスキャスト!(笑)

したっけAさんの浮きの横1Mくらいに着水♪さすが俺♪とか思ってたらいきなり・・

ガン!!!!!


愛竿、パシフィックファントムをしらなせ電撃フッキング!

はい、乗った♪

やっぱ遠いとこで釣れると楽しい♪引きが堪能できるし(笑)けど横では「バラすなよ」「あ、これじゃタモ届かねーな」「ぼっこ1段忘れてきた」「頼むぞ!バラすなよ!」とうるさい爆の字(笑)

まぁよく私、語ってる時にバラすスーさんなんで注意してくれたのだろうシェイシェイ。



したっけスーと同じレアなシーバスロッド持ってた人が隣に居たんだけどタモ借りて来てくれて見事ランディング♪

銀ピカの雌鮭♪
4b550dfd.jpg



まぁぶっちゃけ2年前に小さい鮭釣った時に雌だか雄だかわからない時あったので多分メスだな?くらいな曖昧な感覚(笑)そして河口に居た人達もも釣れてるから鮭は放置して再びフルキャスト!!エンジン全開モード!


・・けど釣れない。


まぁ銀ピカ釣れたし気楽に煙草吸いながら爆釣王を応援(笑)したら鮭放置してたの忘れてたら「蠅にレイプされてるからウジわくど」と言われ車に持っていこうとしたら弁当買ってきて★とパシリ扱い(笑)



まぁ機嫌がいいスーは素直に弁当買ってきたら、もうダメだ・・・。と心の折れてる爆。11時過ぎに納竿し帰路につく。



明日も職場の先輩と鮭釣り行かなきゃダメなんだよな?と爆釣王(笑)石崎はやっぱ遠い!と思わせてくれた1日となった。着いたら2時過ぎだったし・・。



追伸・後でわかったのことだがどうやら同じシーバスロッド持ってた人が覇者さんだったらしい(笑)人見知りするそうな♪


※釣り場でスーを見かけたら気軽に声かけて下さい♪怖い顔してますが、生まれつきなんで気にしないように(笑)


追記:

港内に激しく群れが入ってきた時に爆はスーさんに一言。

「見える鮭は釣れねぇよ」と。


しかし1時間後に見える鮭にアピールしようとルアーをちらつかせた爆釣王だった(笑)

熊石で鮭釣れたおじさんが逃げそうになる鮭でパニクって追いかけてる最中に持ってた竿で頭を叩かれそうになった爆釣王が今回のMVPでした(爆笑)
密かに爆釣王と企んでた鮭ツアー・・

しかしこうゆう日に限って「BAR Gomezいきやせんか?」と塾長からメールが入る。ここ数日、漁師の網がぶっ壊れて好調な上ノ国石崎漁港。それだけに「今日はダメだわ」とメールを返し、誘いにグラグラしながらも出陣!

サケ釣りは場所選びが重要。熊石はスレてて釣れないとの情報もありスーの心は石崎に向かっていた。


また、今回はHPにたびたびレスしてくれてる今季末覇者さんも明朝、鮭釣り行くってなことで、同じ場所なら会えるなぁとも考えながらスーは爆釣王に一通のメールをした。

石崎○
熊石△
原木×
鳥崎×
常呂×


と・・。

しかし爆釣王と合流すると「熊石いっか!」とゆーので、混んでるのがあまり好きじゃないスーは、まぁいいかと同意し熊石に向かう。途中で石崎にいく覇者さんにメールしたが音沙汰ない(笑)



着いた先は見市川。

すでに竿振ってる人もいたので二人は準備しスタートフィッシング!
1ce456da.jpg


誰も釣れることなく朝を迎えるが跳ねもない。15人近くいるがブナ鮭が4?5本釣れた程度。




んーつまらん。。。!



てなことでウェーダーを着用したまま相沼へ移動・・!


したら現地の笑顔が可愛い釣りおじさまが「あそこに溜まってるんだよ♪」と指さす先には鮭がチラホラ!聞くと河口では一人で4本釣った方もいるそうな。しかし場所がない・・。

で石崎部隊の覇者さんにメールすると爆釣モードらしい!!!


したっけ爆が「今日は釣れるまで帰さん!」と万年ボンズ男のキラーばりに騒ぐ(笑)挙げ句の果てには「何で出発する時に石崎行くべ!ってゴリ押ししなかったのよ!」と人のせい。


スーは「石崎○」ってメールしたのに(笑)


もはや6時半、釣れないオーラ全開で石崎に向かった。


次の日の日記につづく…
台風も落ち着き予想外の晴れで、先日の釣行で『22日まで釣りにいかね!』と吠えていた浜ちゃんから『鮭いかね?』とまたもいきなりのオファー(笑)


何やら鰈を釣った夢を見たそうで火がついたらしい。


先日チカーノくんもヒラメ釣った夢を見て台風の中ウズウズしてたみたいだし夢ってのは麻薬みてーなもんだなと思い出し笑いながら合流。


したっけ釣具の天狗屋に出向いてた浜ちゃんはゴメス&塾長に会ったらしく「上ノ国石崎事件」(鮭が前日に爆釣した真相)を聞き、スーに会うなり上ノ国行くべ!と浜ちゃんノリノリ(笑)


上ノ国に向かう中、ゴメスから後で行くとの電話もあり、いつものことながら車内爆笑トーク全開だった時にロックフィッシュ専門店『インパクト』でお馴染みのマキやんからメールが入り熊石にいるとのこと。



悩む二人…。



まぁ爆釣王が来てから決めるべ!と言ってたら爆からメールが。



『今日・・・手を火傷して竿振れないから行けない』との言葉に対し"海で手冷やせばいいじゃん"、"軍手買ってやるから取り合えず来い"等とイケイケな二人(笑)



しかし拒否られ、断念。


時間まで暇だから上ノ国ロックやるべと竿を振りはじめると、キャスティングした瞬間・塾長からメール。見事にスーのベイトリールはバックラし、塾長を恨みながらも直すのめんどいので黙って石崎漁港へ(笑)



11時過ぎに到着すると強風なのに、もはや約40台の車。熊石行きを悩むが一通り見て歩くと知り合いがいて港内で1匹あがったよ!とのこと。


またまた悩む二人。
ビールが飲みたい二人。


取り合えず港内は満員御礼なのでスーが漁港先端に場所をキープし濁り凄いしどーするか話し合うか?と車に戻ると竿をセットしている浜崎。


まぁ、取り合えず様子みとくかーと車で爆笑トークしてると次から次へと車が!
7e9a8f33.jpg




3時頃に数えた時点で100台弱。これだけ居れば浮きルアーもやりにくいなぁとか思ってたらマキやんから「寂しいの・・」とメールが(笑)



また悩む。


しかし浜ちゃんがお祭り状態な漁港を見て今日は必ず釣れると頑固モード。



軽く仮眠して、諦めて竿を準備し先端に向かう。夜も明るくなりはじめてスーの2投目に足下で鮭跳ねる・跳ねる・跳ねる・の3連チャン・しかし釣れない(笑)


港内ではぽつりぽつり釣れてる。

『もう飽きてきた』と心が折れてきた浜ちゃん(笑)


手抜きで投げたルアーは狙いを外れて右側に飛んだら、それが浜ちゃんいきなりヒット!

またミラクル(笑)


その直後にゴメス到着!すると港内入り口あたりでなまら釣れてるよと。士気が下がる一言(笑)




仲良く釣れない時間を過ごし、やっぱ初物には強いんだ俺は♪と豪語する浜ちゃん。



ここは釣れないし中に移ろうぜ・・と戻るとみなさんの後ろには鮭・鮭・鮭(笑)一人3本?5本くらいな感じ。


また場所選びミスったでー!ってな感じで心がポッキリ折られた浜スーはゴメスを残し納竿。


得意げだった浜ちゃんも帰り道は大人しく『ほとんどブナだし、ここまで来る価値ねーな!』と負け惜しみを言いながら帰りましたとさ。


追伸・その後粘って3本あたり3本バラしたゴメスは本日のMVPとなった(笑)
先日、掲示板のロックスレでベイトリールに何のラインがいいか?とゆう話題からフロロやめてナイロンにしてみようと巻き変えてたベイトリール。

ヒラメ会いに行こうか悩んだが、ベイトリールの練習でもしようといつもの練習場へ。着いたら満潮近く。そして小魚が泳ぎまくり!とりあえず10gのジグヘッドにてキャスティング練習開始♪


久々に投げたら新鮮!


バックラすることもなく小ソイをキャッチしてると、サーフでヒラメを狙ってたのんびりくんから連絡が来て合流し小ソイと戯れる。


二人でベイトリールの練習してたがゴミばっかり釣ってた、のんびり師匠は"これじゃ燃えない"と(笑)

で、何となくワームでハモでも狙うか?と旧カクタス前へ。

3a2f4061.jpg



したら師匠いきなり重いけど浮いてくる・・かなり重たい・・!と巨大ヒトデを思わせる竿のしなりが。師匠のラインが切れ「死体か?」と疑惑が出てスーも同じ場所に撃つと同じく重たい!!!!









はい、ロープ(笑)



んで携帯みたら釣猿のHPにたまさんが31のソイ釣ったと書いてる!まぁキャス練気分のスーは1日バックラしないで撃てたしナイロンの使い勝手最高♪ってなことで納竿。


のんびり師匠は今頃30upのソイを求め下海岸を攻めてるだろう(笑) トーク中心の釣りだったけど、たまにはこうゆう練習も必要だなー。って思った1日ですた。


追伸・夏の終わりの花火大会企画が師匠から発案されたので近日アップします!
昨夜、夜にファッションが似てる釣り仲間のチカーノくんに履いてない新品のズボンあげるよ♪と以前言ってたらオフ気分でまったり過ごしていたスーに「今から行ってもいいですか?」と(笑)

チカーノくんにズボンを手渡すと「これよかったら聞いて下さい」とナイスセンスなCDを貸してくれて、先日の遠征で疲れていたスーはコレ聞いてまったりしようとしてたら悪魔の一言…



「これから行きませんか?」



来週の悪天候予報が頭の片隅にあったスーは我慢出来なくなり出陣を決意!


二人はいざヒラメを求め新湊漁港へ♪準備し2?3投するとスコールのような雨・・。


どうやらこれは下海岸に向かう雲だな、ってなことで北斗方面へゴーゴーゴー♪(笑)


すると北浜町あたりを通過した時に浜ちゃんから釣りに行かないか?との問い合わせメール。電話すると「釣具の二番」で餌買ってたで!とゆうから合流。


下海岸は雨じゃねーか?ってなことで函館海の会の大会を踏まえて噴火湾調査に行くか!と言うことになり森町民の仲間ウエッティに電話。すると雨らしい。


こりゃゴメスたまさん情報をたよりに当別だなとゴーゴーゴー! 着いたら風ビュービュービュー(笑)


ここまで来たならホーム(勝手に)知内に行こう♪とのことで向かい、チカーノ&スーはAポイントへ。浜ちゃんはソイ狙いたいとBポイントへ。


ひたすらテキサスで撃つスー。小ソイばかり釣れるのでジグヘッドにチェンジしてる所に浜ちゃん登場。どうやら一人は寂しいらしい(笑)


「どんだー?」と隣に座り込み話をしながらスーはワームを8月11日の大会でゴメちゃんから貰ったパルスワームもどきをセットし、ちょろっとアクションを加えたらバフッときた(笑)


合わせて乗ったなと思っているが浜ちゃんは気づかず爆笑トークを一人でしてる・・。
目の前でロッド曲がってんじゃんよ?(笑)



当たりからして恐らくヒラメだがドラグが出ないのでソゲだろうな?と思ってたらハイ正解39センチ止まり。
d46f0333.jpg



その後、ヒラメいるんだなー・・と騒ぐ浜と黙々フィッシュマンのチカーノくんと3人でひたすら撃つもヒラメは出ず小ソイばかり。


磯でも行くかと移動!
だが浜ちゃんの投げ竿にワンハンド小アブだけしかかからず移動(笑)


Cポイントに向かう。


行くとヒラメフィッシュマンが居たので期待は高まる!ので3人はまた撃つ。朝方の暑い中、撃つ! けど釣れない!!

ってなことで納竿。


帰りにいろいろ語りながら帰ると木古内でゴメスらしき人物が!



しかし話しかけるのは野暮だと帰還。


チカーノくんは初対面だった浜ちゃんに対し「わやウケる人ですね!世界陸上で日本新記録出たから、自分も釣りに行かなきゃって発想が凄いですよ(笑)」と(笑)


新しい交流が出来た1日になりましたとさ。




「スーさん ヒラメ戦」
13戦 6枚 全部ソゲ(笑)
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail