海に飽きて来たのもあり、休みだったもんで昼から爆釣王と川釣りへ♪


川に関してスーは全くの初心者。
中学生の頃に川に行って蚊の襲撃にあってから、敬遠してたんですが今年は「川釣り覚える!」とゆう目標があるんで爆先生にレクチャーしてもらおうかと。今年はこれで2回目。全開ボウズ喰らってるんで今回は頑張ろうと意気込んで森町の鳥崎へ。


鳥崎川は何度かブラウン釣りにきた経験があるもんで。駒ケ岳ダムにはお世話になったもんです。


今回は駒ヶ岳ダムの下の川に挑戦。

開始早々スプーンでさっくりイワナを2本ほどゲット。中々楽しい(笑)何より新鮮なのよねん。


フライで頑張る爆先生から「こっちにデケーのいるぞ」と呼び出され行くとサックリと30upのブラウンをゲット。デカイのがチェイスしてきたけどスレてしまい場所移動。


鳥崎砂防ダムへ。めっちゃライズしてるし(笑)


ってなことで撃ってみると・・さっくり2本。


でも熊臭がスゲーしてきたんで逃げ、ダムへ。(立ち入り禁止?)


チェイスしてくるものの・・高すぎるためうまくルアーを動かせない。


したっけ60鉄板サイズがライズ!燃える二人!
でも暗くなってきたので納竿。







川・・オモロー♪









鈴木
先日の釣行で32cmのソイを釣って少々満足気味だったスー。

ゆぅちさんから今、熊石で釣りしてます!とのメール。でもマナーが出来てない釣り人が居たからすぐ帰ってきたとのこと。軽い気持ちで「どうでした?」みたいなメールを返信すると「40overのソイと20cmくらいのハゼが釣れましたよ」と。


エーーーーーーーーーーーーーーーー!


スーならお祭り騒ぎなんですけどー。まず函館じゃ簡単に目に出来ないじゃないっすか。それを「ブラーにイソメで釣れますよ」だってさ。スーも熊石に住みたいもんです。



ここ2日間で40upのソイの話を聞いたのが2回目。
(写真を掲載していいか問い合わせ中っす)

こりゃ熱いのか?まだ早いんじゃないかなー。って思ってたんすけどねぇ。こりゃ行かなきゃダメっすなー本気で。




やれやれだぜ(笑)





鈴木

祝日の火曜日。チカーノと共に、市内ロックをしようと企んでいた。何とか最近は結果がちょぼちょぼ出るようになってたのもあり楽しみだが、風が強いのが少し痛い。

チカーノと合流し、”今日はベイトリールに挑戦するからライン買いに行きたいんす”と。なので釣具屋「インパクト」にお邪魔し、まずは昨夜カレーさんが45cmのカジカを上げた"中央埠頭船だまり"へ向う。


その前に先日ゴメちゃんが48cmのアブラコを上げた万代埠頭に向う。するとおっちゃん達の竿が8本+ロックマン1名。おー、まいったねこりゃ。


とりあえず狙ってた場所に爽やかロックマンがいたので話しかけると「朝方に54cm筆頭に4本あげたよ」と笑顔。遅かった・・。「先週は6本あげてサクラもここで釣ったよ・・ワームで。」と言う。やっぱり先週現れた魚はサクラだったんだ♪とゴメちゃんに報告メールを送信。


しかし、ライトリグのGパルスで塾長ばりのツンツンスタイルでやってる彼を見て、朝からコレやってたんならここじゃ釣れない気がするな・・と中央へ向う。


チカーノくんが初めてのベイトでバックラの洗礼を受けていると、強風&突風。なのでポイントを移るかとさっきの場所にUターン。祝日だから立ち入り禁止区域の方に入っても大丈夫だなと勝手に判断し、警備員とか来る前にてっとりばやく結果を出したいからGパルスのパンプキンで狙う。が、ノーバイト。


したっけ浜ちゃんから電話。朝方の状況などを説明すると「今から行く」とのこと。







浜ちゃん到着。しかし、ノーバイトの状況は続き・・風は向かい風・・「立待なら風裏になんじゃね?」と浜ちゃんの発言から移動を決意。直後に爆釣王からも連絡があり参戦。ゴメちゃんからも連絡があり参戦。



5人いれば2本は出るべ(笑)とチカーノと笑いながら立待に向うも変な風だと判断し、穴澗に変更。皆が来るまで手前のラビットビーチ周辺を調査。

RBR.jpg



ここで皆、集合したんでスーは上に戻り雑談してると「地震あったの知ってた?」と。「震度4らしいぞ」、「津波あるんじゃね?」などと話していたがチカーノは何も知らずに海辺でバックラを直していた(笑)


穴澗に移動し、フェンス前で準備してると一人の登山家風なオジサンが現れた。


登山家 「何狙うの?」

浜 「アブラコですよ」

登山家 「マグロかい?(笑)」

浜 「そうそう、この竿で」

登山家 「いいポイントあるよ崖降りていけば」

浜 「崖は得意なんで」

登山家 「いやー小便垂れちまったわ」

※話が全く噛みあわず、隠れて笑う皆。

登山家 「けっつビチャビチャだでホラ。」

※リアルに小便垂れたのか?と引く5人。

登山家 「ワカメ獲ってたら尻餅ついてさー(笑)」



なんだ。転んだだけじゃん(笑)つーか、登山家じゃねーのかって。



登山家 「ワカメ30キロ獲ってきたから、分けてやるぞ持っていかないか?」と親切な方。でも明らかに30キロもねーし、これから釣り行くのにワカメ持って行けるかっつーの(笑)


謎のおじさんに別れを告げ奥に進んでると爆釣王が「未来の浜ちゃんはあんな感じの親父になるべな(笑)」と囁く。かたや浜ちゃんは「あんなキャラクター強い親父にあったら釣れる気しねぇ」と既に心は折れかけている。が、ランガン開始。





約2時間・・ショートバイトのみで全然ダメ。皆ボウズ。




「どんな魚でもいいから魚の引きをあじわいてぇ」と浜。

「じゃボラでもいく?」とゴメちゃん。


一同で港町に向う。が、チカーノとスーは一時離脱し万代埠頭へ。朝とは違い釣り人がいない。ので、狙ってた場所でネチネチ攻めるとバイト!が乗らない。あの手この手を試し、Gパル投入。カーブフォール中にゴン!魚体を見ると40cmくらいな気がしたが上げてスケールを当てると45cm。ファットボディが印象的。(写真じゃわかりにくいっすけど)

SU45.jpg



その後、チカーノが「スーさん!スーさん!」と呼ぶので50出たか!と思い海を覗き込むと・・

DHT.jpg


ドザえもんな鳩っす。もう釣れる気しません(笑)

チカーノがその後1本バラスし、ゴメちゃんに電話すると「浜ちゃんが浮かれてるわ。」と。後ろで60だロクマル!と騒いでるバカが・・。早く来いなどの催促電話がうるさいので港に向う。


したーっけ、ボラ終了し港埠頭に突入するとのこと。チカーノはここで帰宅し、4人で釣り再開。ゴメちゃんがソイをちょぼちょぼ、スーが30ちょいのアブちゃん、浜は1バイト、爆釣王がノーバイト(笑)


爆は「今日、ボラ1本しか釣ってねぇ・・」と肩を落とし解散となった(笑)








さて、アブちゃんの写真をみんなに送信すっかなとおもって携帯をピコピコしてると・・

SU45-2.jpg







・・・・・・・・・45cmより大きいソイの写真が・・







がっくり肩を落とした昭和の日でした(;_;)






鈴木
気まぐれアーミーの中ちゃんが札幌から帰還するとゆうこともあり、浜ちゃんバクと4人で釣りに行く事に。

今日の風は南東気味の強風。大成や熊石なら風をかわしながら出来るはずだと日本海を目指すことにし、”天狗屋七重浜店”に14時集合。投げ釣りをやらないバクが「気軽な投げ竿買うかな」とゆーのでスーがセレクトし、いざ日本海へ。

江差・乙部・・・・風が半端ない。


「熊石まで行けば風向き変わるはずだ!」と強気に向うとビンゴ。鮎川のサクラを眺め・・うねってるなってなことで北上。関内漁港を見たらまた風が・・。こうなったらトコトン太田神社まで行っちゃうべ♪と大成へ。太田神社下につくと鳥山が出来るほどのホッケ爆釣モード。

釣り場にいたオバサマに「今、釣れ始めたんだよ早くやりなさい(笑)」とせかされ周囲を見たりして悩み「ホッケならそんなにいらねぇよな」とあくまでマゾイ&ハチガラ&アブラコスタイルを貫き通し、旧道へ徒歩で向う。

20080426172904.jpg


いくつかのトンネルをスタンドバイミー気分で越えよさげな磯に入釣しスタートフィッシング。



まずはスーがロックロッドでホッケをゲット。すぐ直後にバクが子アブラコを3連打。次に中ちゃんがアブラコゲット。しばらく時間を置いて浜ちゃんがホッケ。時間は18時、ここから深夜12時までの6時間ホッケラッシュ。


合間に浜ちゃんのアブラコ36cm。
(本人は40cmあると豪語したがw)

20080426223335.jpg



バクの38cmカジカと35cmのホッケのWプレー。

20080426232117.jpg



終盤にバクがハチガラ25cmと27cmの2連打。

20080427002631.jpg



中ちゃんは完全に風邪を引いた様子で「寒い寒い」と連呼。しかし浜ちゃんは「爆釣だで♪」とお祭り騒ぎ。ホッケなんだけどね(笑)型より連打の方が好きみたいだ(笑)


潮も止まり、穏やかになってきたらポツポツ顔にあたる雨。

天気予報では明日(日曜)の天気は雨70%だったのもあり即退散。




釣りすぎて肩いてぇ・・とニヤケ顔MAXの浜。
スーのチョイスしてくれた竿は幸先いいで♪とバク。
調子が悪く片目半開きでアタったような顔の中ちゃん(笑)


いやーこうゆう気楽な釣りもいいもんですね。




だってスーは投げ竿出してないのに・・・・・・


20080427043853.jpg



コレだもん(笑)家族大喜びっす♪






鈴木

パフューム

2008/04/25

どうも。懲りずにダラダラとブログを書くスーです。

今、繁華街をプラッとしてたらとてもいい香水の匂いを垂れ流しているおばあちゃんとすれ違いました。

釣りバカ度数8のスーは、ここであることに気が付きましたね。

ガルプは香水なんだと。アブラコが大好きなガルプは魅了するパフュームなんだと。

(↓ガルプ知らない人の為に写真3枚)

877_1.jpg


848_1.jpg


598_1.jpg




仮にスーがアブラコだとしましょう。さっきのおばあちゃんですら反応しちまった訳です。これが色気たっぷりのレディーだったらチェイスしちまうんじゃねーかと。

まぁ、でもアブラコ(鈴木)だって理性やら立場があるわけで、それはリアルアブラコだって同じはず。ではどうやってその理性をぶっ飛ばすか。



「アクション」なんでしょうね。リアルアブラコはヒラヒラが大好きらしいっす。ヒラヒラ落ちてくるものに我慢出来なくなるわけです。鈴木アブラコもケツをプリプリさせてるパフューム全開のレディーを発見したらリアクションバイトしちまうはずです(笑)



そう考えると、ガルプ汁ってのはシャネルばりなんじゃねーかと。シャネルもガルプも高いしね♪


ようは何が言いたいかってゆうと…魚も人間も大して変わらんってことっす。ガヤガヤしてる場所が好きな人、そうじゃない人、アブラコだって同じはず。


きっと今頃誰も撃たないような場所でのんびりしてるアブラコが必ずいるはず。

そう思うと毎日釣りしたくなってしょうがないんすよねー♪





きっと何も匂いのしないワームにアタックしてくるやつは、汗の匂いが好きだとホドる変態チックな野郎なんでしょうな(笑)



※根拠も何もありません。ただこうやっていつどんな時も釣り妄想してるのが好きなだけです♪








鈴木
仕事がちょい早く終わったんで日没前のアブラコを狙いにゴメちゃんと、昨日50upのアブラコが釣れたとI氏から報告のあった中央埠頭へ。


どうも空気が違う。釣れなさそう。何となく雰囲気判断なんすけど(笑)


で、港方面に行こうとしたら万代埠頭の昔話になり、よさげな場所を発見したので撃ってみることに。スーは"ゲリヤマさんとこのワーム"で、ゴメちゃんは手っ取り早く"ガルプ・スイミングマレット"で開始。

様々なワームで撃つもノーバイト。したっけ気がつけばゴメちゃんの左手にアブが・・。

GOM.jpg



フッキング時に「ライドオーン♪」と掛け声をする約束だったのに(笑)笑顔がこぼれるゴメちゃんは写真を撮っては様々な釣り仲間にメール送信。


気にいらねぇ(笑)


諦めずに撃ってると極小ワームで2本目を狙ってるゴメちゃんから「ここでバイト(あたり)あるよ♪」と余裕のお知らせ。試しに撃ってみたら・・








ギラッ ギラッ・・!








スー「シルバーボディーの魚だぞー!」


再度撃ってみると・・ギラッ!今流行りのボラちゃんか?それともちょっと前までブレイクしてたシートラか?ってな感じでハードルアーに変えて再度キャスト。スプーン目掛けて顔を出した!(スーと目が合ったはず)。ボラじゃねぇ・・目が違うしウロコも違う・・。


ゴメ「サクラじゃん!!!」


サクラにはピンクでしょ!とミノーを振るとまた出てくる!



二人は興奮し、ルアーをひたすら投げる。その姿をスーは何となく見てたらあることに気がつく。


お揃いのグローブ、二人とも黒のメッシュキャップ、二人ともヒゲつら、こりゃハタからみたら「ゲイフィッシュマン」って感じなんだろうな(笑)




まぁ、サクラもアブラコも釣れずに心は折られ、サクラだと再認識する為に港町方面へボラ釣りに向うことに。スー2本、ゴメ3本と難なく雄雌キャッチし確認すると、やっぱ目が違う。まぁルアーを追いかけてくるからマス系なのは間違いなかったが・・信じるか信じないかは貴方しだい(笑)



んで、港埠頭でロックすべく歩いて行くとロックカップルが。どうですか?と訪ねると「釣れてますよ^^」と好感触なお返事。「アブラコ30cmとか釣れましたよ」と笑顔。ここで鈴木のテンションダウン。(笑)



しかし諦めずに奥まで行き開始1投目にスーのロッドにヌンヌンした引きの魚が。


黒ちゃん32cm♪(バークレー・ガルプじゃないパルスワーム)

32soi.jpg






もう満足(笑)狙いはアブラコなんでね。






したっけ離れた場所にいたゴメちゃんが来て「リグロストしまくる!」と不機嫌そう(笑)即、移動。




港埠頭の違う場所に行くと秋さんがちょうど遊びにきた所で、3人で撃つことに。秋さんはハードルアー、スーは再度ゲリヤマ、ゴメちゃんはガルプ。





はい、チビゾイ(22?25)がゴメちゃん連発。挙句の果てには"コンタック"とかってリールまで釣っちゃう始末(笑)

その姿に秋さんが「ガルプってスゲーなぁ・・リールまで釣れるんだ(爆)」と♪




アブラコさんが現れないのでスーの心は折れ納竿、ゴメちゃんも仕事なので納竿。秋さんを残しアブラコ狙いの釣行を終えた。






帰宅後、ゴメちゃんから「アブさばいたらお腹の中カニだらけだった」と電話。あーガルプにカニワームあるなぁ・・と思ってたら今日のゴメちゃんのアブはガルプ・スイミングマレット、昨日も45cmも同じワーム、先日の穴間のチカーノが釣ったアブはガルプパルス・ホヤカラー、ニオイくんが先日釣ったアブ2本ともガルプ・シュリンプ。ラビットビーチで出た53cmアブもガルプパルス・ホヤカラー。





結局、行き着くところ・・
ガルプには適わないんすねー。







鈴木








★余談★

今月ぱらこがクロソイを釣ったとのこと。

chibi.jpg


チビゾイGPではなかなかの記録サイズじゃん?また大物ルーキーが現れちまったw
仕事が若干早く終わり、先日のんびりから受け取ったロッドをチカーノに渡すべく連絡し、チカーノと合流。

昨夜の疲れが抜けてないので釣り行くつもりは無かったので少し早いハーフパンツ姿のスー。ちょい最近の釣り状況の情報交換してると「軽く行きませんか?」と悪魔の誘惑。




行っちゃいました穴澗海岸。



最近好調なラビットビーチにまず向いネゴ兄さんに電話し車を停めていい場所を聞くと「今から行く」といきなり来てくれることに。雑談しながらロック開始。


最近の釣りはどうすか?みたいな話をしてると「遠投覚えるんでしょ?彼女用に買ったけど使えないみたいだからあげるよ」とVIP発言!謝々(笑)
しかもベイトリールも貰ったのあるけど使ってないから上げるよと!

(嘘です。くれるってのはスーの願望ですw)

しかし海が汚い。なんか緑のコケみたいなのが浮いてる状態。したっけスーのロッドが重い。

「海草引っかかったんだべな」と思って巻いてるとゴンと更に重くなり「え?魚?」と思い合わせるとバレちゃう・・しかし魚はいるようだ♪と諦めずに撃ってると近所の子供たちがワラワラと。



子供が苦手なスーは逃げるようにチカーノを誘い、入船漁港へ。しかし釣り人が多く出来そうな場所がないので、穴間に行こう!と再度移動。



バイトがあるも乗らない。何故だ?とか思って心が折れかかってたら・・チカーノくんったら45cmアブラコちゃんをゲッツ。

abu.jpg


■シンカー/waterland ブラスイエロー
■ワーム/パルスワーム・ホヤカラー


びっくらこいた?びっくらこい?た?♪



何にビックリってwaterlandのイエローシンカーっすよ。なんかエロい(笑)ホヤカラーとのコーディネイトっぷりが!ノーシンカーばりにエロい釣り方っす♪でもやっぱ1本出ると士気も違い撃つ撃つ!しかしノーバイト!


ってなことでスー、ボウズでした(笑)慣れっこですけどね下手っすから♪




キャストして巻く。
これが好きなんです。
ホントっす。
釣れなくていいんです・・・・・・。





鈴木





チカーノおめでとう!次は負けないぞ♪
函館海の会の春季大会が諸事情により来月に延期になり、テンションが下がっていたスー。

一方、"北海道のつり"の日本海特集を読んでホドり珍しく一人釣行をして久々に平モノをゲットしていた浜ちゃんから釣りオファー。

目指すは積丹半島!ってなことで重い足で土曜夜7時に函館を出発。函館海の会の方々も日本海を目指し現地合流することに。しかし今日の鈴木は気分が乗らない。最近どっぷりルアー関係に走ってたのでカレイ熱がイマイチなのだ。しかも浜ちゃんがノリノリモード。

大体こんな時は釣れない(笑)

ので、お気楽ロッド1本のみ持ってお気楽スタイルで参加。まずは浜ちゃん"釣り具の二番"でイソメを2千円分購入。まぁいつものように餌を残すだろうなと笑いながらいざ日本海へ。


乙部の各漁港を上から観察しているとネゴ兄から入船のアブラコ状況の電話が入る。・・・アブラコ釣りてぇ・・しかし浜ちゃんはクロガシラしか頭にねぇと豪語(笑)


更に走り、熊石の様子をみてみると熊石の関内漁港周辺にイカ釣り船のような漁火が。

20080420034611.jpg


お陰であたりがよく見えるので漁港をみると10組を超える釣り人が。港内の釣り人に様子を聞くとクロガシラ・黒ゾイ・タナゴをキープしている。その頃もんすけ兄からメールが来たので現状を伝え、大成か瀬棚を悩んだあげく瀬棚へ。

しかし、何だか情報収集するとどうやら北上してもパッとしてないとの事なので悩む。するともんすけ兄さんは大成に入釣したとの報告メールがあったので大成に戻る。・・と・・何だか「関内じゃねーか?」と去年のチカーノとの関内ロックを思い出して関内に座を構えることに。

したっけ漁港先端に入釣していた二人組みの方が戻ってきたので聞くと「寒いから車に戻る・・。」とのこと。先端はイマイチなのかなぁとか思いながら座を構えスタートフィッシング。

浜ちゃんは先端からテトラ越しに遠投。スーは去年ソイと戯れたポイントをワームで狙う。しかし・・ノーバイト。開始20?30分したころに二人のおっちゃん登場。


「ここでやってもいいかい?」とゆうのでスーのロック場所だったが他に竿を出す場所も無さそうなので快く場所を譲る。気さくな方達でガンガン話しかけてくる(笑)したっけ酒臭い(笑)話し込んで行くと札幌から4時間かけてバスできたらしく今日は某釣り会の大会だそうだ。


しばし投げ竿にあたりはなく4人で釣り談義。焼酎やらおつまみを頂きながら♪したっけゲンさんの竿に33cmのメタボ全開クロゾイ。スゲー。とか思ってたら(自称)名人さんの竿に30cmのキツネメバルが!

ロックで探ってたスーの立場が・・(笑)とかいってると浜ちゃんがホッケ。浜ちゃんがギンポ(笑)浜ちゃんがアブラコ。名人がカジカ。名人がクロゾイ。名人がホッケ。スーさんがクロガシラ(浜ちゃんから釣り竿を1本借りた)。とスゲー寒いんだけど車に戻れないホドにポツポツ釣れてる。更に名人ホッケ、ゲンさんホッケ・・・etc。

20080420051146.jpg


20080420051915.jpg


アメマス泳いでんじゃん♪とか思って見てると・・

デカイあたりが浜ちゃんの竿に!2本同時!いや3本同時に!






って思ったら三脚が倒れそうになり船にラインを持っていかれた事に気がつく・・が時既に遅し。ばっくりライン切られて納竿決意(笑)釣り場の皆さんに挨拶をし、関内漁港を後にする。



乙部の磯や江差の漁港などを偵察し江差町椴川河口のサーフに入釣。目的は・・仮眠(笑)したっけついでに出しておこうと出したばかりの竿に35cmクロガシラ。眠れねー。

20080420130525.jpg



が、気がつけば2時間ほど寝てた。が、魚はその後釣れずに移動決意。

20080420141656.jpg


20080420141707.jpg


20080420141719.jpg



桜咲く上ノ国・松前・福島と軽く釣りをし北斗市へ。したっけゴメちゃんから「今夜松前いきやせん?」と連絡が。





え?Uターンっすか?(笑)ってな感じでお断りし疲労全開で函館へ。したっけキラーから岩内釣行の写メールが来てた事に気が付く。

b714c1.jpg


「俺にしては上出来だ」だって。




虐待サイズじゃねーかバカヤロウ(笑)



まぁキラーにしては釣れたほうなんですがね。なんかとーーーーっても疲れた22時間釣行でした。



22時間で下痢4回。新記録。天気いいからパピコちゅーちゅーしちゃいました(笑)




鈴木




(22時間もあると書ききれないので手抜き気味になってゴメンナサイ)

ムカつく朝

2008/04/19

朝、目を覚まし携帯を見ると浜ちゃんからメールが。

3f3a63.jpg


朝から気分が悪くなる(笑)最近、釣りに行けてないだけに尚更。何故こんなに気分が悪いかと言うと今夜から明日にかけて日本海に釣りに行く予定だったのだが、"北海道のつり"を読んでホドったアイツは「今の俺なら釣れる」と豪語してたのだ。カレイなんちゃ砂原釣友会と皆様と船釣して以来釣ってないくせに・・3年は釣ってないくせに・・有言実行しやがった。


何故にあいつは運がいいんだろうと腹がたつのです。

これで今夜釣れなかったらまた天狗になるからたまったもんじゃないんですけどー神様(笑)


まぁ、スーが教えた釣り仕掛けだったみたいなので複雑な気分♪なんですが。さて明日のおかずはカレイの刺身なのかホッケの塩焼きなのか・・はたまたアブラコなのか・・楽しみで仕方ナイス。

一方、日中に釣り行けたら一緒に行こうと言ってたゴメちゃん&塾長。スーは行けずに二人は日中ロックに。すると1投目で40ホッケ。とメールが入る。


おいおい、今日は何だ?とか思ってると「凄いイルカの群れが(泣)」とまたメール。釣れなくなるから嫌なんだけど・・聞いたら半端ない数みたい。メルヘン鈴木・・超羨ましいと思っちゃいました(笑)イルカの群れなんか最近の函館じゃ滅多に見れないし。昔は大森浜でバンバン跳ねてたんすけどねー。


ここ約1ヶ月。
目覚めると様々な方から・・

396571476_247_20080419172155.jpg


200803141550000.jpg


080320_1108~0002


200802191135000_20080419171717.jpg


このような写メールが届いてる朝を迎えています。
(ほんの一例っす・・。)





明日の朝はスーの爆釣写メールでみんなを起こしてやりてーなと企んでる釣行前のブログでしたとさ。




鈴木
色々と仕事やら用事やらあり忙しい日曜。

本来なら福島あたりでエンジョイしてるはずだったが、泣く泣く諦め釣りをしない予定だった。が、しかーし!バクから夕方に「軽くロックんね?」みたいなメールが来たので強風だけど、ちょろっとロック。

まず、先日アブラコが釣れた場所。

強風だし干潮。しかし撃つも小さなバイトがあったのみ。二人とも結構頑張ったけど、釣果は出ずに撃沈。

↓落ちてたカジカの死骸。7cm。

20080413170432.jpg


スー「ボラゲームでも軽くやっか?」
バク「俺、ボラ触りたくねぇ」
スー「確かにくせぇしな」

ってな感じで納竿。


その後、ちょい用事を足してすっかりもう夜の8時過ぎ。塾長にも用事あったんだが明日にしてもらい気がつけば11時。


やっぱここはソイ狙うしか無いっしょ♪


ってなことで先週に30upのソイが上がった函館市の某所。風は緩く、いい感じなんで早速開始。開始2投目に20cmくらいのミニカジカゲット。

20080413221624.jpg



本日のボウズ回避成功(笑)幸先いいと思ったがライトなるものを一切持って行ってなかったので冒険も出来ず、ただ時間は流れ終了。



先日キラーが函館に一時的に帰ってきてたので本町で浜ちゃん・スー・バク・キラーの4人で平日にも関わらず朝まで飲んだので「キラーの呪いだ・・。」と釣果の出ない結果に肩を落とす(笑)


一方その頃、呪いを忘れてる浜ちゃんから「今週マゾイ探しにいくべ」とメールが(笑)



フライフィッシングもやるバクが「川も海もダメなら何処行けばいいんだべ」と迷走し始めた夜ですた。




鈴木
急遽、明日仕事が入り密かに企んでいたもんすけ兄さんとのカレイ狙い釣行を断念し、魂の抜けたようなスー。

朝からタイヤ交換をし、ボーっとしていると腹が減るもんでハマりまくっているスープカレーのお店「吉田商店」にお邪魔する。したっけ、肌寒かった気候なんか気にもならないくらいにHOTになり、何となく空き時間にWEB素材用の写真を撮る為にお散歩。


まずは西部地区の"縁結びの神様"こと護国神社に巨大な魚に巡り合わせてくれるようにお参り。

DSCN0681.jpg



ここまで来たら函館公園の桜の状況でも拝んでおこうと足を延ばす。公園にはウォーキングする熟年夫婦。聴こえてくる声に何か聞き覚えが・・

DSCN0691.jpg



浜ちゃんパパ&ママだった(笑)。


挨拶をして函館八幡宮まで足を延ばそうとすると雨。雨宿りしながら桜を見ると・・

DSCN0692.jpg


まだ花見には程遠い状態。つぼみすらない。ってなことで雨もあがり本命のアイツに会いに公園の階段を下る。すると見慣れない鳥がスーの目の前に現れた。

DSCN0694.jpg


"インド孔雀"とゆう名のカッケー孔雀が♪許されることなら盗んで帰りたいくらい。羽を広げるのをしばし待ったが広げなさそうなんでアイツに会いに更に階段を下りる。




獣臭が漂うエリアの一番奥にいた!

・・やっと会えたぜ太郎。

DSCN0695.jpg



先日、ゴメちゃん塾長と釣りに行った際にクマの冬眠跡を見つけたり、その数日後・北斗市の"釜の仙鏡"にて熊に襲われ死亡者が出たと悲しいニュースがあっただけにヒグマの怖さを認識しておきたかったのだ。


いやーデカイね・・。もしかしたら勝てるんじゃねーか?と思ってたスーの考えは吹っ飛びました(笑)まず顔でけーし、2・3発入れたらクラクラするんじゃないかな?とか考えてたのがアホのようです。しかし・・万が一、遭遇したりした場合の為に弱点は無いかと探しているとエゾヒグマの太郎は


「ウォ・・」


「ウォォ・・」


とうめき声を上げて、白い液体を吐きやがりました・・。












超弱ってんじゃん!(汗)



こんな状態のヒグマにビビってたんなら冬眠明けのヒグマになんか絶対勝てないっすね(笑)今後、熊を見たら全力で逃げることにします。闘ってみようかな・・とかバカな考えは起こしません。


んで帰宅すると、のんびり氏こと、のんちゃんが竿を持ってきてくれて熊の話をすると「ゴメちゃんやスーさんなら勝てそうな気もするけどね(笑)」と。


熊を舐めてやがる!


喰われちゃえばいいのに(笑)





鈴木
最近、周囲でボラが空前の大ブーム。

確かに凄い走るんで、釣ることに関しては凄い楽しいのはわかるんす。しかも雌なんか雄と比べ物にならないくらい太い。数年前にスーも知内町でハマりました。その頃は近所のおじさんが釣れたらくれってゆうので魚介類を食すのが苦手なスーはホイホイあげてたんです。


しかし、今年のボラブームでちょっと調べてみたんですが・・どうやら海のボラは旨いってゆうのは本当のようで「たかだかウグイや鯉に毛生えたくらいだべ」と思ってたのは違ってたみたいです。

刺身がうまいとか。

こりゃ釣りに行かないとダメだなーとか思ってるとよっぴーさんのボラゲットの写真が。

0e1944.jpg



うーん・・。

やっぱなんか美味しくなさそう(笑)

釣ったときのあの匂いが今デジャブのように思い出しちゃいますわ。



誰か騙されたと思って食べて教えて下さいネ♪


まぁでも何故こんなに今年はボラが多いんでしょ。カレイも例年より早いとよく聞くし、ホッケも久々にいい感じの年になりそう。やっぱ温暖化とか関係あるんでしょうかね?


ヒラメも早いといいっすねぇ



鈴木

函館市でボラが・・
函館市で34ソイが・・
函館市でシートラが・・

そんな話が多々耳に入っちゃうと落ち着いてられないスー。

ってなことで仕事が終わってからゴメちゃんチカーノくんと合流し、まずサクッとボラ狙い。しかーしゴメちゃんばっかり釣れてスーとチカーノには釣れない。

様々なルアーを試すもダメ。ってなとこで秋さんが急遽合流。塾長が作ったベイトロッド「ベイトレンジャー」でルアーを振るが釣れない。いやーダメっすねー♪様々なルアーを試したけどダメ。ゴメちゃんばっかり。

秋さんはナカシマで買った凄いデカイルアーを投げて遊んでる・・ってなことでスーとチカーノは港埠頭にてロック開始。ワームを追いかけて海面まで来るアブラコ。向かい風のなかガルプ・スイミングマレットをキャストするとバックラこいてしまうスー。

ライン直して巻くとワームのケッツがない!


なんじゃここは!魚いるやんけ!で本気で開始。するとゴメちゃんから電話。




「ボラ18本♪」って。





なんて大バカ野郎なんだ(笑)あんな臭い魚(笑)しかも薄暗いのに半袖。つえーよやっぱコイツは・・と思いながらロック再開してるとゴメ到着。3人で撃つ。



海面まで追いかけてきた時と同じワーム・バークレーなんちゃら(ガルプじゃないやつ)にして誘うも、何だかダメそう。したっけゴメちゃんが「対岸にキャストしてヘチ狙いだ!」とギリギリキャスティングして楽しそうなんでスーもキャスト精度を磨く為に真似してみる。




ボトムとってリフトフォールしたらすぐゴンって。きっちり合わせて乗っちゃった♪巻いてる最中「バレればいいのに・・」と悪魔のような声を投げかけるゴメちゃんをよそ目に無事ランディング。



39cm・・。微妙なサイズのアブラコ。

20080407175414.jpg




ってなとこでタイムアップとなり納竿。なんか久々にアブラコ釣った気がするスー。もしかしたらこの場所いいかも♪ってなことで次に繋がる有意義なプチ釣行でした。








鈴木
今日はスーと同じく釣りサイト「めだか塾」を運営してる塾長と釣りバカが集まる「bar Gomez」のマスターゴメちゃんと3人で先日訪れた"石井観光"の管釣りにまたもモンスタークラスのイトウを求めて出発。


行く途中で七飯町の釣具屋「アポロ」に立ち寄りレアなグッズがないか下見しに行くと・・めずらしいワームやロッドが!数年前のリールなども新品で販売されていて興味津々。

リーダーを探していたゴメちゃんだが何故か100ポンドのラインしかない。スゲー店だ♪函館じゃまず目にしない夜行ラインまで置いてある!エコギアのグラスミノーが2袋で500円とか・・まさにパラダイス。



まぁ寄り道はそのくらいにして現地到着。受付をしますと何故かダッシュしてポイントに走る塾長。スーはBIGイトウしか視野に入ってないのでバリ堅ロッドで挑戦。ゴメちゃんもデカいルアーをチョイス。



いざ、開始ってな時にゴメちゃんいきなり30クラスのニジマスをゲット。


塾長は小さいルアーで小さな魚を5?6匹ゲット。スーも負けじとアポロ産ルアーを降るも追いかけてもこない・・。したらばデッカいルアーじゃい!とチョイスして着水したらいきなりゴン。

40クラスのイトウ。しかし、先日に比べて何だか渋い。


あちこち見るとルアーが木の枝にぶら下がってたり、沈んでたり・・。誰か来てたんでしょうね数日の間に。まぁ諦めずに売って飽きてきたとこで昼食。2004年のメーター級のイトウ新聞記事を読んで、あれから4年・・今は何センチなんだろうな(笑)とゴメちゃんと微笑む。


んでまた再開♪しかしバラしが多く中々釣れない3人。スーはこりゃ今日は暖かいから動きたくないんだろうな・・


したらルアーを動かさないでやる!と待つこと数秒。ゴン!見事に合わせると・・BIGなイトウ。しかし走らない(笑)すんなり上げれちゃう。ロッドやラインを強いのにしてるせいかな?と思いながらも無事ランディング。

20080405140414.jpg


スケール当てようかなと考えたけど・・何かグッタリしてる。

itou80over.jpg


ので、スケールを大体で当てると80cmオーバー。違う・・こいつじゃねー。とか思ってると塾長が口からラインが出てることに気がつく。ルアー飲んでやがった(笑)そりゃ弱るさ。ってなことで取ってやりたいが弱ってるから無理も出来ない。


なーんか悲しいっす。

元気なコイツとバトルしたかったぜ!と思いながら再開。しかしパッとしないんで管釣りは終了して、塾長が「レインボーあがってる場所あるんすよ」と言うので某川へレッツゴー。




途中、大沼を通るんでヘラブナ釣名人ののんびり氏でもいないかなーと偵察。いねぇ。鯉の釣堀もまだ営業してねぇってな感じの寄り道をしながら向うが、場所がいまいちわからないのでクリッパくんに電話。


したっけ後ろでクリパパの「いいニジマス上がってるぞ」との声にトキメキ3人は向う。しかし到着して見た川は・・汚いし臭い(笑)上流に行けば大丈夫だろ!と移動。橋の上から見下ろすと川のそばに黒いパンティーらしきものが!


ロッドを取り出す塾長。



釣る気か!とか思ってると川に下りていく(笑)しかし「この川は汚いし、ここじゃ釣れるわけねって!」とゴメちゃん。通りがかりの人に聞くと「ここじゃないよ」と。更に上流へ向う。しかしまだ川は汚い。しかも狭い。

20080405161512.jpg


とりあえず派遣社員の塾長を調査に向わせる。

20080405161412.jpg



で、近所の子供に「ここ魚いる?」って聞くと「いないよ?」と明るい声。派遣社員を呼び戻し、「どこの情報だ?」とネタもとを聞くと「道新のみなみ風です」と。










掲載になるまで何日かかると思ってやがんだコノヤローは。




その後、赤井川にて釣行するも塾長が小さなお魚を釣りあげたのみでダメダメ。したっけ熊の巣を見つけたゴメちゃんの手には爆竹。



あ?こりゃ塾長に食らわせる気だな(笑)って思ってると正解。飛び跳ねる塾長(笑)




「まさかゴメスさんがやると思わなかったですよ?」と泣き言を吐いたので本日終了。






みなみ風
ネタに釣られて
踊る塾長  (字余り)







鈴木




最後に・・
臭い川で頑張る塾長(笑)

20080405161350.jpg
仕事が急遽休みになり、前日の夜から「釣り行こうかな・・でも雨だしな」ってな感じで悶々とした昨日を過ごし、目覚めるとやっぱ雨。つまんねーなぁとか思ってネットサーフィンとかしちゃってるとゴメちゃんから「釣りいこー♪」とメール。

色んな釣りサイトとかに書込みしてたから暇なのが伝わったんでしょーね(笑)

しかも・・石井観光に行こうってな話。管釣りはトラウトをやらなくなってからだから・・7年ぶり。しかも7年(6年かな?)前にルアーを試すのに通ってた大沼の管釣りは無くなったんでスゲー楽しみ♪雨振りのなかゴメちゃんといざ七飯町へ。

初めての場所で何が釣れるのかわからないし、トラウトやるようなルアーは持ってないし・・マジ新鮮♪ゴメちゃんにスプーンを借りてキャスト!しかーし、長年やってないとヘタクソ全開!(笑)ベイトのごっついタックルで豪快に海でキャスチィングするのに慣れてしまってたんで、狭いエリアでの釣りに手こずったスー。

しかもスピニング。しかも柔らかいトラウトロッド。





あっちゃこっちゃ飛んで行きます(笑)したっけコツンって小さなアタリあったもんで合わせてみたら30cmくらいのニジマス。



おぉ・・・ちっちぇーじゃんか。

目の前では化物みたいなサイズのチョウザメやイトウやニジマスがいるのにさ(笑)しかし魚が居るってわかると心は鋼鉄のようになり折れない。雨なのに全く折れない♪


すぐさま、さっきよりはるかにデカイあたりがあり、合わせて乗るがバラしてしまう。ゴメちゃんもパッとしないってことで"必殺ミノー"をチョイスしすぐさま68cmのニジマスを釣り上げる。

5656898.jpg

(ルアーは秘密っす)


でけーのなんの。

一気にまた元気になったスーは「こんなデケーなら12cmのミノーでもいいだろ」とタイドミノーをキャスト。力加減がわからない鈴木のバカは木にルアーを提供することとなった。


そのころゴメちゃんバカバカ釣ってやんの。腐りはじめてきたスーは大人しく「必殺ミノー僕にも貸して下さい」と頭を下げ、無事に50クラスと小ぶりながらも人生初のイトウをゲッツ。

20080403154938.jpg



浮かれてニヤニヤしてるとゴメちゃんのリールのドラグがマグロでもかかったみたいにジーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!って鳴り止まない。「バケモン(メーター級)みたいなイトウだ!」と。しかし・・ばらす(笑)


その後チョロチョロ釣って終了。店員さんに「オープンして何人か来た?」と聞くとどうやら今回で二組目らしい。これから混雑してくるとスレちゃうんだろうな?。と思いながら石井を後にし、"Fishing shop ナカシマ"へレッツゴー。

店内でリールを見ながら「じゃんけんステラやるべ」とゆうと「俺、グーしか出さないから」とプレッシャーをかけるゴメス(笑)色々、珍しいアイテムないかと探したり何かとっても満足した1日ですた。



釣れない釣りも面白いけど・・管釣りでもやっぱ釣れればもっと面白いや(笑)



鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail