29日 AM5時? 大潮


朝日で目が覚め、「やっぱホームの海はいいなー」と再認識し、敢えて下海岸へ。
森町で撃ってから移動も考えたんだが・・これからも通う事になるだろうし、やっぱシーズン終盤に差し掛かってきたヒラメ釣りたいなぁって思ったもんで日浦&釜谷&小安をランガン。


が、フグの猛攻にあい話しにならないのでハードルアーをセットしようとトランクを覗くと入っていない・・どっかに忘れてきたらしい。散々だ。ってなことで納竿し、函館へ。


大人しく休もうと思っていたがルアーを購入しなおさなくてはならないことを思い出し釣具屋めぐり。やっぱホームはいいっすねぇ(笑)町並みや海を見るとホッとするw


色々回って、ショッピングモールの本屋に立ち寄りルアー雑誌を購入し、手芸屋さんのまえを通過すると・・・色んなカラーや色んな材質の様々なサイズのビーズがある!ってなことで周りの奥様たちに変な目で見られながらもスワロフスキーのガラスビーズを購入。正直めっちゃ高いっすw


1個200円とかザラですものw


でもスワロフスキーといえば高級ガラス製品で有名。絶対ブラス音もいいはずだ!と根拠もないことを考えて大人買いしちゃったのよねん。気分はまだ旅先なんで金銭感覚が麻痺してたんでしょう・・。



まぁ、そんなこんなで長旅を終え感想としては、「全然満足できる釣りしてねーぜ」ってことくらいかしら(笑)でも色んな海や川や磯やダムや大自然を見てきたことは絶対に無駄じゃないハズ。そして道南ってのは釣りに恵まれた環境なんだなって痛感しました。近距離に様々な海があるって幸せなことです。



旅路 019



「心を癒す旅だったんでしょw」と秋さんに先ほど言われ、妙に納得しちゃいましたわ(笑)




鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←また頑張るぜい♪
28日 7時? 大潮


長旅の疲れが残るものの帯広市は雲ひとつない快晴。


ホテルの朝食を食べて、今日は風もおさまったようだし釣り満喫してやんぜ♪と出発。道東の釧路や根室を目指すか悩むが、仕事ややらなくてはいけない事があるのを思い出し、函館に向いつつ釣り場を探そうと決意。ナビでルートを探してると・・


「千歳サケのふるさと館」なるものを発見し、昨日は水中のサケを拝めなかったので・・いっちょ向ってみることにw日勝峠を抜け、よさげな川やダムを狙いつつ千歳に向う。


するとアホみたいな豪雨(笑)ワイパーが最速でもカバー出来ないほどの雨に遭遇し、頭から釣りの文字が薄れ始める。まぁ、まずはサケでも拝んでみんべ!とふるさと館に。日曜とあってかスゲー混んでる・・がスゲー感動しちゃいましたw

旅路 079
(久々に見たカラフトマスw)

旅路 083
(日本最大の水槽)

旅路 087
(何故かヒラメや黒ソイやシマゾイもw)

旅路 088
(千歳川を側面から観察できる窓)


その他、サケムービーやサケに関する知識、道南の海流、見たことがない魚、などなど"学ぶことが充実してる"水族館って感じっすかね。近くに行った際には是非見て頂きたい観光名所です。
(千歳川でも遡上するサケが少なく、営業的にも深刻な問題になってるようだ。)


運よくサケの遡上姿も見ることが出来、そのまま南下し苫小牧や白老町へ。天気はいいし風は若干強いけど出し風になってるので撃たない訳には行かないシュツエーション♪が、日曜ともあって釣り人が多々いらっしゃる(笑)ので河口でランガンすんべと川に出ると鮭のブッコミの竿がズラリw


なのでスルーし、室蘭や伊達方面に車を走らせるとちょうど夕まずめ。


旅路 093

本命の礼文華まで急ぎ気味で向いエリアを徘徊するがベイトっけが無い(笑)ものの1時間もしないうちにロングドライブのツケが回ってきて睡魔に襲われ納竿w


一気に函館を目指し、森に差し掛かると・・・無風♪
しかし気温がめっちゃ低い・・・悩む・・・タイドグラフをみると丁度ド干潮。


悩む・・・・悩む・・・・ご就寝となってしまったw






鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←目指せトップ10w
27日 5時? 大潮


夜が明け、周囲の物音に目を覚ますとAM5時。

asanosake2008.jpg
(↑港内・港外にびっしりw)


寝ぼけ頭で外に目を向けると昨夜より大幅に増えた鮭釣り客。取り合えず様子みんべと寝起きでカレーパンを食べてると港内にて鮭が2連打。身体も暖まってきたことだし準備しようかなと思ってると、何だかそれ以降釣れていない様子。


しかも高波が防波堤を乗り越えて危険ぽいので、すぐさま襟裳岬に向う。到着して思ったことは・・


「風が半端ねー(笑)でも超スゲー♪」

erimo2008.jpg



車から降りた瞬間に、ロックも投げも無理だなって感じ・・。だもんで襟裳岬の左側にある漁港の様子を見て見ると・・強風。全く満足の釣りができねーじゃんか!とプリプリしながら広尾町に向うと風がない!がここも鮭釣り者によさげなポイントを抑えられている。


ここで鈴木の何かがハジけ、「観光してやる!」と帯広に向かい観光を満喫。したっけ、ある観光場所で1つのパンフレットを目にする。


"魚道観察室 ととろーど"

十勝川の魚道を水中から観察できるとゆう建物らしく、鮭は釣ったり泳いでるのは何度も見てるが水中から見たことはないので興味津々で早速行ってみた。が、鮭の姿はなくニジマスとヤマメの子供がいただけ。

旅路 060
(魚道を真横から見れる)

旅路 059
(川の中に頭を入れて見るような感じ)

niji.jpg
(唯一いたニジマス)



9月2日を皮切りに133本の鮭が遡上したらしいが、最近に入って全然遡上しなくなったといい、原因は十勝沖の水温の上昇が原因と言っていた。温暖化は道南だけの問題ではなく、全道に及んでいたんだなぁと再認識。


そんなこんな遊んで夜は帯広の居酒屋にてまたお魚に再会し、美味しく頂戴しましたw





おぉ、まるで観光サイトみたいな日記だ(笑)







鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←積丹いけば天気良かったのかな?
9月26日 16時? 中潮


「道南から飛び出した釣り」に憧れ昔から様々な場所に挑戦してきた。


今回は個人的に未知なエリアの道東。道南の天気は雨で、道東は晴れの予報。ウキウキ気分でまずは森町の蛯谷漁港を目指す。が台風のような雨風。


旅は長いと豊浦町の礼文華を目指す。またも強烈な雨風。予報では豊浦あたりから晴れるはずだったのだが、あいにく行けども行けども雨。様々な漁港に立ち寄るも少々厳しい。初日だからと距離を稼ぎたいのもあって襟裳へチョロチョロ寄り道しながら向うも雨風はおさまらず、気がつけば様似町。


素晴らしい条件が揃ったような釣り場を発見し、夜磯に入ろうとするも素晴らしい高波w


命の危険を感じ穏やかな漁港に向うと、満潮前にも関わらず大潮にて漁港が浸水状態・・。しかも滅多にお目にかかれないような激濁り。ある意味貴重な経験をさせてもらった(笑)

hennna.jpg


念願の襟裳ロックを夢見てえりも町に向かい、寄り道のお陰で着いたのは深夜1時だったので、パーキングで車中泊でもしようとするとパーキングがない。ので岬近くの漁港に行くと素晴らしい程の車とテントの数。「なんじゃこりゃ」と思って車を止めると前の車の下には大きなタモ。


雨こそ降ってないが風速10m近い状況&高波にも関わらず全部で50名を余裕で越えるほどの鮭釣り客(笑)タカノハガレイを狙うつもりが大幅に予定が狂う。ので夜明けまで仮眠することにした。







鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←ドンドン降下中w
おかげさまで北海道函館近郊釣り情報サイト「釣猿」は、今日明日にも20万アクセスを達成しそうです。


これもひとえに皆様のお陰であり、大変感謝しています。


そこで、釣猿のスーさんってのはどんな人なんだろう?って思う方も多々いらっしゃるかも知れないので自己紹介してみます。


名前・鈴木 一之助
年齢・30歳
血液型・O型
出身地・函館市
趣味・釣り、音楽、映画、スポーツ、読書
釣り歴・24年
自己最高釣魚・シーバス93cm(北陸・九頭竜川)

?スーさんの釣りの歴史?

小学生入学前に両親とチカ釣りに行ったのがデビュー戦。しかし、動かない釣りが退屈になり投げ釣りを覚え、西部地区の埠頭にてハゼ・アイナメ・カレイを釣り、サビキではチカ、カワハギ、サンマ、サバなどを釣り3年生くらいから立待岬にて磯デビューを果たしイシダイやカジカなどに魅了される。

しかし小学6年生に釣りの本を読んでいてルアーに興味を持ち、詳しいことも知らずひたすら漁港でキャスティングするも何も釣れず半年ももたずに挫折。少し川釣りに走るが、蚊や虫の多さに嫌気がさし、また投げ釣りに戻る。

高校に入学した15歳の春に浜ちゃん爆釣王などと出会い一緒に釣りをし15名くらいを集めた釣り大会を始める。これが釣猿のルーツであり、この出会いが無かったらココまで釣りをしていたかはわからない。

年に2?3回は釣り大会などをし様々な場所へ釣りに行くことを覚える。高校を卒業し、社会に出てから大明神さんと出会い、江口洋介の釣り姿に憧れてたもんでルアーフィッシングやロックフィッシングを教えてもらい日中はダムでのトラウト、夜は海でソイを追いかける。

様々な場所に行った後に一本の映画と出会う。ブラッドピット主演映画「リバーランズスルーイット」・・主人公はフライフィッシングが趣味とゆうシナリオで、もろ影響を受けてフライに走るがうまく出来ずに2、3ヶ月頑張るものの「ルアーのほうが楽しかった」と心に言い聞かせ挫折。また投げ釣りに戻り、投げ釣り&ロックフィッシングとゆう釣りスタイルに定着する。

この頃からWEBで釣り仲間で「爆釣会」とゆう釣りサイトを始めるが、惚れた腫れた、結婚する、転勤するなどメンバーがバラバラになってきたので浜ちゃんと新たな釣り会を作ろうかと試行錯誤するも鳴かず飛ばずの日々が続き、気楽にやってた「爆釣どうでしょう」とゆう携帯サイトにガンジャ兄さんネゴ兄さんなどが頻繁にきてくれるようになり、釣りクラブ「釣猿」として再結成。

北海道にある数々の釣りサイトの運営者などに話をし、「全道大会」を企画し”北海道の釣り”の編集者の方も面白そうだと食いついてくれ期待は高まるが浜スーの2人で100人を越える人数をまとめるのが困難になり自然消滅してしまう。


ここで釣りクラブとゆう考えは荷が重く、好きな釣りに没頭できないことを覚え情報を集める「釣り情報サイト」として釣猿を歩ませる。この後、ネゴ兄さんからベイトリールをもらいずっぽりロックフィッシングにはまってしまう。昔は釣具屋に置いてることもあまりなく、諦めていたのだが念願かなってバックラに明け暮れる毎日。2006年は投げ釣り・2007年はロックフィッシング・2008年はロッドクラフトや川釣り再開・2009年は遠投キャスティングなど目標を持ち様々な釣りに挑戦していく決意をする。


そして秋さんと出会い、年に数回しか休みがないにも関わらず月25日以上釣りに行ってることを知り、「釣りネタ集めてるサイトの主が、人の情報におんぶにだっこじゃダメだ!」と年間180?200くらいの釣行数に増える。


そして、気がつけば釣猿は1日500アクセスもある釣りサイトになり、これも皆様のお陰であり、努力が報われたなとシミジミ実感しています。年に半分以上もの釣行、HPのまめな更新。ほんとバカじゃないと出来ないなと客観的に考えても思います(笑)


長年やってたのもありスーの携帯のアドレス帳の中の釣り仲間グループには141名の連絡先があり、これって1番の財産なんじゃねーかなって思います。ほんと幸せものです。


釣猿はジジイになるまでやってくつもりですのでこれからも長いお付き合い宜しくお願い申し上げます。





そして、20万アクセスの記念として・・・鈴木は明日から全く知らないエリアでの完全アウェー釣行の旅をしてきます。2?3日くらいと短いですが、自分は何処まで出来る子になったんだろうか。そう考え、事前調査は一切せずに自分の腕で自分の勘を頼りに爆釣してきてみせます。まぁ、釣り場知らないんで漁港ゲームになりそうですが(笑)




吉報を持って帰れるよう善戦してきますのでお楽しみに♪







鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←札幌はスゲーなぁw

木曜日?日曜日までの雨予報だった道南ですが、ガラッと変わり好天気に恵まれそうですな。


寒冷前線のお陰で北海道の気温は急降下し、初雪も観測されたようで。今まで温かった水温も下がり個人的には潮もよさげな感じで今週末に鮭チャンや産卵アイナメ太郎が期待出来るんじゃねーか・・って思ってます。


特に下海岸の鮭はまだ川に上がってるのは数が少なく、釣れても1日1?2本とのことなのでこれを機に鮭軍団が川を目掛けてブッコんで来てくれるを祈ってる次第でやんす。でも去年も下海岸の鮭って遅かったし、数もあまり上がらなかったんですよね。ん?今年の海はほんとよくわからん。



さて今週は笑う人が多いか・・泣く人が多いのか・・楽しみでやんす(笑)
だってスーは出陣しませんもの♪



--------------------------------------------------------
■告知

第2回 Angler Cup in 函館湾

日時 11月2日 PM7時半?10時半

集合場所 函館中央船だまり トイレ前

エリア 入船漁港?港埠頭

参加費 500円

スーの友人ののんびり氏主催の釣り大会。今年の春に第1回が行われたのだが、その際にはよっぴーくんの50upアブラコがあがり優勝。今回も目立った結果が出るか楽しみな大会。

35363842_90.jpg


しかし、まぁのんびり氏も何故この日をチョイスしたのか・・とゆうのもご存知、ロック系の釣具屋「インパクト」さんの釣り大会と同じ日なのである(笑)恐らくエリアも被るっしょw全く知らないで決めたんだろうが、春の大会も偶然同じ日だったもんで・・・ある意味スゲーww


前回同様、主催者がイカ釣りに走らない事を切に願う(笑)





鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←また急降下w
9月23日 13時?17時 小潮

------------------------------------------------------------
【ノッコン】・・ラグビー用語で前にボールを落とすファールのこと。
------------------------------------------------------------


急遽、前日に休みになったスー。祝日だってことで浜ちゃんも休みらしく、二人で某釣り具屋さんに挨拶に行く予定だったがNGになり「また釣りの写真撮りにいくべ」とお気楽フィッシングすることに。


やっぱ写真は磯がいいよな?などとバカみたく話していたが素晴らしい強風w


まぁ下海岸なら出し風になるし、日浦でも行けばどっか風をかわすだろうと出発。「釣り具の二番」にてイソメを500円分だけ購入し、下海岸へ向おうとすると「亀八(亀田八幡宮)で御参りしねぇ?」と浜崎。


kame 002
(何故、この時点でベストを着てるのかは不明w)

kame 005
(何故、正座してるかも不明w)


お告げを聞いたらしいが、果たして結果はでるのやら。まずは、恵山町の原木川の河口を調査するが素晴らしい波と風。来月のサケ釣りに何処に入るかなど検討し、通称「日鉄桟橋」まで向う。


着いたら風もそんなに強くなく、波もそこまでハードではないことから磯まで歩きスタートフィッシング♪下を見ると結構釣り客の残したゴミがあり、軽く拾いながら「結構、人が入ってるみたいだから渋いかなぁ」などと話しながら準備。


浜ちゃんは投げ竿2本&ロック。スーはロックのみ。といった感じで開始し、ランガンするとショートバイトがチラホラ。(多分、小さいハゴトコだべね。)

kame 014


しばらく、バイトらしいのもなく浜が飽きてきたのか早巻きでワームを回収してると手前の昆布ワラあたりでゴン!

kame 016
(38cm?40cmくらいの微妙なサイズのアブラコ)


ここから浜崎のトークスイッチが入り、「亀八の恩恵だ!」「アブラコはココにいる!」「Gパルはすげぇ」「今日は若干濁ってるからチャート系だ!」などと根拠もないウンチクをグダグダグダグダ・・・ごっつぁんゴールのくせにw


そしていつも右から左に流れている潮が若干逆に流れ「潮動いてきたな」と浜に伝えると投げ竿に明確なアタリがあり・・

kame 018


ちっこいハゴトコが3連チャン。そして事件は起こった。




ロック竿にバイトがないので、気を抜いてキャストしてると浜の投げ竿の竿尻が跳ね上がり危なく海に持っていかれるところ!浜は磯の上を軽快にダッシュし、竿を押さえると素晴らしいアタリ。と、急にラインがふけたので合わせを入れる。




浜「のったでぇ!本日浜崎デーだ!」と息が荒いw




しかし、アブラコ特有の首振りダンスもなく「なんだか引かないで?カレイやカジカじゃねーか?」と二人。だが、竿は半端なくしなっている。そして海面に浮いてくると・・カレイだ!ん?いや、アブラコだ!デケー!!!!と騒ぐ二人。カレイみたいにスゲー太くてデカいアブラコなんす。


「キター!自己記録更新だ!」と片手でガッツポーズする浜崎。


手前には余裕で50up確定のアブラコ。あとは引っこ抜くだけだったその時・・我を忘れた浜は引き潮の時に引っこ抜こうとしてバラし、尻餅をつく(笑)

















「ああああああああああああああああああーーーー!」



無常にも浜の悲鳴は恵山町にコダマし、アブラコ様は海にお帰りになられたw
亀八で賽銭入れなかったからだ・・・・と落胆し、「餌ももう無いっけや・・・」と無口になってしまったので納竿ww


浜は大物のアブラコを目の前でバラしたのが3度目であり、毎度冷静さを欠いた為に手にする事ができないため本日付けを持って「ノッコンキング」と命名(笑)だってさ、波に乗せて引き抜けばいいだけなのに、自己記録更新だ!とか騒いでるのがいけないのよねん♪釣ったあとに騒げばいいのにさw



「記録には残らないが、記憶に残るプレーだった」と自分に言い聞かせる浜崎であったw






ま、スーはボウズっすけどねΣ(゚Д゚)










鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←12位まで再浮上♪m(__)m
日曜だってのに、風も緩く釣り日和だってのに、仕事。


仕事でちょっと戸井方面まで行ったので、同僚に「ちょっち待ってて!」と原木川を見てきたんですが、全然といってイイほどサケが上がってない。河口にはチラホラ釣りしてる人も見かけたでやんすが、釣れてる姿は見ませんでしたわな。


今年は日本海より先に噴火湾にサケが来たんでもしかしたら下海岸ももう行けるんじゃないかなーっておもってたけど見当違いだったみたいっす。


今年はなーんかサケ熱が出ないんだけども、たーさんもんすけ兄からサケルアー貰ったからには数本釣って「お礼のイクラ」を・・・と考えてるんだけど、どうなることやら(笑)


これからの季節、川も行きたいし、投げ釣りもしたいし、サビキ釣りもしたいし、ロックもしたいし、サケ釣りもしたいし・・・ん?いい季節の到来っすな。恐らくダービーもドンドン更新されて行くんでしょう(笑)もう追いつけないほどに。



でも、あと数ヶ月もすれば雪が降り釣りに行くのもおっくうになるんだべな・・。

---------------------------------------------------------------------


話は変わりスーが管理させて頂いてる、北海道函館市近郊・釣り情報サイト「釣猿」がお陰様で1日のアクセスが550アクセスを越え、過去最高の数字を叩き出しました。それだけじゃなく、目立って荒れることもなく今まで続けてこれたことを非常に嬉しく思い、これからも頑張ろう!そう思いました。



この場を借りて皆さんにお礼を申し上げます。



これからも釣猿を宜しくお願いしますm(__)m



hitasura.jpg
(↑浜崎流の土下座w)






鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←でも上には上がいるw
9月20日 20時?23時


めだか塾主催の第2回大会。


先日の日記のメンバーより6、7名増えて合計23人でナイスな魚を釣りあげてくるとゆう熾烈な争い。松葉杖から復帰したみったんやら、よっぴーくんの友人やら色々来ているよう。しかし、浜ちゃんとスーの二人は「めだか塾に寄付する感じでいくべ」と気楽スタイル。


それもそのはず、浜はGパルのみ。スーはGマレットのみ。二人ともヘッドライトも持たず・・と道具から手抜き(笑)何故なら今大会中は"夜釣りをしてる写真を撮ろう"とゆう全く違う目的があったからでして。


到着すると、めだか塾ステッカーを貼った車がチラホラ。

YK.jpg


かなりの強風の中、大会は開始されライトリグは使えないような状況。
バクは向かい風の中、ベイトタックルでキャストし何回もバックラしてたほど(笑)開始早々、教頭からメールが入りエリア制限を解除します!と。


この時点で「そうとう渋いんだべな」と笑いながら写真を撮ってあそんでいる浜スー。

hama1.jpg
(アワセのフリをする浜崎w)


様々な写真を撮りたいので漁港などを転々とし、みんなに話を聞くとやっぱ渋いようだ。結構濁りあるし、ゴミは浮いてるし、風は強い・・・・・大会には相応しくない(笑)が、魚を持った写真を撮りたかったのでGマレットでヘチを真横にカーブフォールさせてるとバイトは結構あるのよねん。でも乗らない。で即諦めて写真に走るw

jyukucho1.jpg
(静かに釣りする塾長w)

kajihama.jpg
(テトラ際をエロく狙う浜崎w)

su.jpg
(恐らく初公開の鈴木w)





・・・なんて遊んでばっかりいたら終了時間。





計測タイムにはいると・・・・キーパーが4人しかいない(笑)なんと、クリッパくんが手ぶらで帰ってきた。そうとう厳しいコンディションだったんだろうと納得。キーパーはかめきっちゃんが30cmの黒ソイ。投釣師のもんすけ兄がドンコを3本、ビガーさんが小ソイ2本、そして予想通り秋さんが対象外の魚、ウグイ2本とアジを1匹生かしたまま持ってきたw



個人優勝は文句なしで、かめきっちゃんに輝いたw



ってか、23人がやって黒ソイの30upが1本ってw
まぁ、メインは交流な訳なんで楽しかったからいいんですけどねん♪


しかーも、嬉しいことにもんすけ兄さんから「俺、サケの浮きルアーやんねーから上げるよ」と浮きルアー4セットとブラーなどの未使用釣具を頂き、大幅な黒字(笑)ありがとうございました♪あと、念願のふっとりくんに会えたこともスゲー嬉しかったっす。森町から遠い中来てくれたことにも感謝です。



大会の最後に塾長からの挨拶があり、大会には参加しなかったけど釣猿めだか塾を見て挨拶をしに来てくれた人も数名居たそうな。(挨拶できなくてスミマセン。次回は是非、参加して一緒に釣りしましょうね♪)


みんな盛り上がりながら話をしてる輪から離れた場所で、それを眺めながら塾長と二人でシミジミ話しこんだんだが、「やっぱこうゆうのって嬉しいよな」と共感してしまった。最後に浜スーが残ってた方々に、ちょっとサプライズ報告させて頂き(後々、正式にwebでも発表します)、明日も仕事な二人は帰路についた。





釣りには結果も必要だけど、面白いかったと思えることが一番なんだなって再認識させられた夜でしたわ。




■おまけ■
1mokko.jpg
(「これが俺の釣り竿だ?」と騒ぐ浜崎。バカでしょ?w)









鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←トップ10入りは険しいなぁw

明日はめだか塾主催の第2回釣り大会。


取り合えずルール等をおさらいしてみよう。


■日程 / 9月20日・土曜日
(荒天時、10月始めに延期)

■時間 / PM8時?11時。

■場所 / 集合場所・新湊漁港
エリア・松倉川河口?石崎漁港まで

■会費 / 500円

■対象魚
サケ、マス、ソイ(マゾイ、ハチガラ含む)、アイナメ(ドンコ含む)、カジカ、ヒラメ、カレイ、タナゴ、など。
ヒラメを除きキープは25センチ以上とし、ヒラメは35センチ以上とする。

■ルール
投げ、ルアーによる釣り。 投げは2本まで ルアーはソフト&ハードで。 ブラーもあり。


投げ釣り、ルアー釣り問わないルールでありドンコの50cmでもいいようだ。
こりゃイカゴロのっつり撒いたり、チカやオオナゴを餌として使う投げ釣りのほうが有利かもしれん。この時期、優勝狙える魚種としては黒ゾイ・アイナメ・ヒラメでしょうな。

さすがに50cmのドンコは出ないでしょう(笑)


そして気になる参加者はコチラの方々。

塾長
主催者の意地に賭けてもボウズは有り得ないだろう。

教頭
何かやらかしそうな予感。

沼ちゃん
女性アングラー初の栄冠なるか。

タレ子さん
ドンコハンターとの噂の実力はいかに。

ジャイくん
侮れない実力のロックマン。岩登りのw

よっぴーくん
春先の大会での50cmアイナメは記憶に新しい。

ビガーさん
大会で餌にクワガタを使うのか見物!

もんすけ兄
ホームとも言える下海岸!優勝候補。

つっちぃさん
投げ釣りで意地の一発に期待!

クリッパくん
優勝大本命。彼はホントーに侮れない。

カレーさん
バラしたビッグソイをリベンジできるか!

かめきっちゃん
行動力では大会でもピカ一の存在。

秋さん
今回も対象外の魚を狙うこと間違いなし。

マサイくん
今大会、最年少。1発ありそうな予感。

浜ちゃん
ガルプ信者はどこまで食い込めるか!

スーさん
あえて手釣りでの挑戦が今始まるw



やっぱクリッパくん・もん兄・よっぴーくんあたりが上位に間違いなく食い込んでくるでしょうなぁ♪





※参加したい方は気軽にスーまたは塾長までご連絡下さい。みんなで楽しくやりましょ♪













鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←最高12位まで行きましたm(__)m謝々
9月17日 20時?24時 中潮

昨年から「会おう、会おう」とメールこそしていたが、ずっと時間が合わずに会えなかった「投げ釣り大好き」とゆう携帯釣りサイトの管理人・武さんから連絡があり、コラボフィッシングすることに。


ちょうど、武さんと面識のある「めだか塾」の塾長とも連絡を取ってたところだったので3人で武さんが発見した某川の河口に向うと現地に武さんのHPでもお馴染みの山ちゃんが到着済み。


挨拶を交わし4人で仲良く釣り開始。


ファーストフィッシュまで時間がかかったものの、遠くで何かが釣れたようだwスーと塾長の竿にはショートバイトしかない。広域にバラバラになりランガンしてると、山ちゃんが34cmのナイスな黒ソイをゲット♪しかし、1度だけ気を抜いた状態でリフト&フォールを繰り返していると、素早い反応が出来ずに潜られ、バラしただけで1匹も上げてない・・・焦るw



一人で遠くまでランガンし、バイトがないので戻ってみると3人ともそこそこ釣れてるようだ。「何故だ?」と呪文のように頭で繰り返していると武さんが「スランプだねぇ(笑)」と一言。



意地でも釣らなきゃ、武さんに気を使わせてしまう。と考えたスーは、静ヘッドにパラマックスとゆう定番リグにしてボトムを超デットで巻き巻き。したらこれが正解。28cmのソイ様。しかしバイトが遠のいたので一番潮の流れがある場所に移動。


恐らく時間帯的に潮が動くはず・・・と思ってキャストした3投目。ハッキリとわかるくらいに潮が逆に動き始めた。チャーンス♪と言わんばかりによさげな場所を通してやるとゴン!

33.jpg

33cmの黒ソイ。これが口火を切り3?4本追加。


しかーし、頭にチラつくのはやっぱヒラメwだもんで「こんな小さいワームじゃダメだ」とBTSの4・1/2に付け替えキャスト?♪したっけ、根掛り。・・・・・と思ったが若干生態反応が!思いっきり竿をあおってやると浮いた!ってなもんで潜られないようゴリ巻き。

ちょうど塾長が来たんで「なんか違う・・黒ソイじゃねぇ」などとハァハァしながら言いニマニマしながら浮かせてくるとハチガラ様。

20080917231507.jpg





内心・・元気なヒラメであってくれ・・とゆう思いは魚神様に届かなかったようだw


しかし、それを機にバイトは遠のき気付けば武さんと山ちゃんもそばに居たので雑談を開始し納竿。


久々に満足する釣りになったのもあるが、新しい交流が増えたのが何よりの収穫でした。
平日にも関わらず・・・・・感謝っす。






鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←やっと20位台に浮上w
親友兼、長年の釣り仲間の浜ちゃんが会長を勤める「函館海の会」の秋季釣り大会の日程が決まった。


10月25日夜?26日朝。


今週末の「第2回・めだか塾釣り大会」もそうなんだが、今の自分には釣れる気がしない。昨日の帰路でチカーノと話をしてたんだが、ここ最近型モノを釣ってない事に気づいてしまった。

ヒラメばっかり追いかけてれば仕方ない部分でもあるのだが、それにしても不甲斐ない思ってしまう。



「何故こんなにも釣れないのか?」



飯を喰ってても、タバコ吸ってても、脳裏にはその言葉だけがリピートしている。自分が未熟だから・・そう言い切ってしまえば簡単に解決しちゃうんだけど(先日のヒラメをバラシたのが痛いw)、他にも絶対に何か理由があるはず。



いつを機に不発が続いてるかと考えてみればお盆あたりからのような気がする・・。
お盆・・と考えたら答えは簡単に見つかった。


キラー氏の呪いのせいだ。間違いない。


8月15日の日記にも書いたのだが彼には不思議な力がある。

スーの友人の中で一番メンタルが強いとゆうか、諦めの悪い男(笑)
釣猿も、今年で16年目であるが彼は毎年恒例の釣り大会で13年連続で最下位とゆう魚に最も愛されないやつで、仲間うちからは彼が来ると潮が止まったりベタ凪になることから「海神様」・「ポセイドン」などと呼ばれ、彼と釣りに行くと1ヶ月は釣れなくなるジンクス(呪い)とゆう逸話まである。
(日記から抜粋)


この1ヶ月ホントーに釣れなかった。


でもそろそろ呪いが解ける時期(笑)←結局、人のせいw


爆釣はもうすぐだぜ!




追伸・先日釣れなかったチカーノは神頼みに走り亀田八幡宮でおみくじを引いて大吉だったらしく「次は爆釣ですよ!」とメールが来ていた。





お互い・・バカだなぁ(笑)




鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←みんなどうなんだべw
16日 AM0時?AM7時半 大潮

翌日が休みと条件が重なったチカーノと懲りずにヒラメを求めて出撃。出発前に行こうと狙っていた釣場で44cmのヒラメを釣ったとふっとりくんが釣果報告をしてくれてたので、ハードルアーまで準備してたスー。


しかし、誰かが何処かで釣れたとゆう話を聞いて翌日行っても釣れないのが「釣りの醍醐味」の一つ。とゆーことで、自分らで予想し朝まづめ前までは砂原町の沼尻方面で撃ってみるべ!と向う。


到着し港内ライト周りをジグヘッドにエコギア・パラマックス探ると・・反応がない。


なので船道あたりに移動し、キャストするとフォール時にバイト!

usujirisoi.jpg

ここから何連荘かわからないだけ小ソイが続く。外海を狙おうとしてみるが・・何故かスーのLEDヘッドライトが壊れるとゆうハプニングがあり、さすがに危険なので暗闇テトラを移動できず・・移動を決意。


目当てのポイントに移動しAM2時到着。
(ポイントを発見した方の為に非公開でスミマセン)


若干、朝まづめは早いが相手はヒラメ様。夜でも関係ねーぜ!といきなりGパルを投入してキャスト開始。またもここで小ソイ。しかし1匹だけでノーバイトの時間が続く。


スレないようにと意識し、休み休みポイントを変えながら撃ってると空が明るくなりはじめ静ヘッドにエコギア・パワーシャッド"ヒラメレッド"を装着しキャスト。フォール時にゴン!28サイズのソイが2連。


今まで出なかったサイズが出始めたので期待し、海面を見ると小魚が跳ねまくる跳ねまくる!チカーノとホドリながらキャストをしてるとチカーノが小ソイ(笑)水を注された気分w


チカーノはランガンを始め、離れて撃ってるとスーにコツンとバイト。Gパル・ホヤカラーをチョイスしてたのだがワームのテールが無くなってるので、ドキドキしながら同じポイントに通してやるとコツン。一端、ワームを持って行かせて電撃フッキング!



・・・・アブラコちゃん。



その10分後くらいには海面の小魚祭も終わりAM6時。おぉ・・期待が薄くなっちまった・・と思ってサーフでランガンしてみっかなと思ったらチカーノから「アブラコ狙いにシフトして移動しません?」ってゆーもんで思い切って茅部の磯に移動。もう、スーのパワーゲージは10%くらいしか残っていない。


「磯みたら復活しましたよ!」とアゲアゲのチカーノ。


1時間後・・・・・・


「暑いっす。もうダメっすね」とすっかり心が折られてやがるwんで納竿(笑)


まぁ、完全に日が出ちゃってたから、そう簡単に釣れないわなー!とか、数は釣ったな!とかポジティブに考えるようにして帰還。


帰ってから携帯みると・・・・


秋さんの青物。
aomono.gif

ゴメちゃんの磯アブ。
54.gif

ふっとりくんのヒラメ。
44ひらめ





心のパワーゲージは0%になり、釣りパワーを溜めるためしばらく釣り禁止を決意したのだった。




投げ釣りとサビキにシフトすっべかなぁーw










鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←釣りって釣れないから楽しいの?w
9月14日 AM0時?AM7時 大潮

久々に相棒の浜ちゃんとの釣行。

まぁ釣行って言っても、10月の函館海の会主催・秋季釣り大会の下見っすねん。去年、一昨年と10月くらいからブレイクする森漁港の先行調査が目的。まず釣れないだろうけど、色々と浜とは話し合っておかなければならないことがあったので「ついで釣行」って感じ。


森漁港を目指し、車を走らせ車中では熱く討論。


しかし、着いたら寒い。もう本格的な秋が始まるんだなぁと痛感し月を眺め十五夜ならぬ十四夜ロックの開始。まずは港内の二人が「爆釣ポイント」と呼ばれるところで撃つ。ショートバイト連発(笑)やっとの思いで乗せると15cmくらいの黒ソイ。トップでバンバンアタックしてくる。

さすが大潮だけあり活性が高い。が、目的はアブラコなのでボトム周辺を探るも小ソイのアタックは止まない。そんな時に秋風にお腹を冷やされたせいか急激な腹痛に襲われる!




コンビニに行くまで一刻の猶予もない感じ。




ティッシュを持って漁港内のトイレに駆け込む。しかしライトがない。ヘッドライトをつけたまま用を足すと持っていたティッシュが微量しかない。ピンチだ・・。


パンツを殉職させようと思ったが、OXYだかギャッツビーだかわからんがクールフェイスペーパー(顔を拭くとスースーするやつ)を持ってたのを思い出し、無事生還。しかしケツがスースーしやがるw


戻って浜に様子を聞くとアブらしいバイトは1度のみとのこと。浜はガルプ信者。常に全色持ってるほどの男なので、ここはダメだなと第2爆釣ポイントに移動。また小ソイラッシュ。小ソイと戯れてると、アカハラやボラ・イカなどの回遊が多々見られる。



したっけ気付けばアブラコをゲット出来ぬまま、朝を迎えAM5時半。


心が折られ始めていた二人は蛯谷漁港へヒラメ&アブラコ&タカノハを目指し蛯谷漁港へ移動。30分だけやんべ!と外海を撃ち始めて2投目、浜ちゃんタカノハをあっさりゲット。さすがGパルなどと言ってると、どうやら開封直後の1キャスト目だったらしい。


ほんと、開封後の1個目って釣れるよなぁ(笑)


って話をしてる間もなく浜ちゃんメジャーも当てずにあっさりリリースwまぁ微妙なサイズだったけどアブラコしか頭にないようだ(笑)





その後、予定より30分長く撃ったが音沙汰なく終了。





「ん?まだ早いな。鮭行けば良かったな」と苦笑いしながら釣行を終えた(笑)
-----------------------------------------------------------------------


したっけ、同時刻頃にニオイくんが・・

52-9-14.gif


磯ロックで52cm釣っちゃったってさ♪




参ったなw










鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←釣り上手くなりたいw
エコギアやノリーズ、餌などでご存知のマルキューさんからお荷物が届きました。

marukyu.gif

特船オキアミ。ワームみたいな素材で、匂い付きらしい。冷凍保存しなきゃダメなんだけど、何かロックにも使えそうw


そもそも、何だコレ?って正直思ったんですが、そういや先日マルキューさんでモニター募集してたので、応募しちゃってたのよねん。すっかり忘れてたので得した気分(笑)



対象魚はブリ、マグロなどらしいけど・・アブラコなんかも狙えちゃうでしょ?



うふふ♪新しい楽しみが出来たぜい(笑)



9月20日のめだか塾主催・釣り大会で試してみようかしら♪











鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←1位はダントツだなぁw
12日 PM10時?13日AM3時 大潮


キャス練を終え、帰宅し違うリールを持って数年前は頻繁に一緒に釣りに行ってたJ太郎さんと久々にコラボし、下海岸ランガンツアーへ。


目指す場所は先日Jさんの友人が66cmのヒラメを釣った某漁港。


1時間様々撃つも二人とも小ソイらしきバイト3回しかない。ってなことで汐首漁港へ移動。またもノーバイト。不思議でしょうがない状況・・。もうひたすら誰かに撃たれたあとだったんべかな?と話をしながら小安漁港へ。二人でハッチーポイントで撃つもノーバイト。ガルプを投入してもノーバイト。ちょい戻りーの名前も知らない河口や斜路で撃ちーの、でもノーバイト。


うーんこれはドラマチックな釜谷漁港に掛けるべ!ってなことで移動。


何かわからないけどベイトがめっちゃいるし!!とハァハァいいながら開始。開始そうそうスーが7gジグヘッドにアメリカンなワームをつけて小ソイを難なくゲット。Jさんはノーシンカーとゆう悪魔みたいなリグを投入した途端、20?28cmくらいの黒ソイを3連荘。


「今日もソイゲームかぁ・・」と思っていると海面のベイトが騒いだ。その瞬間下から目の前にヒラメちゃんの姿が!



キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━!!!!



速攻、静ヘッドに4インチ・パラマックスを装着してキャスト♪ヘチ際でコツン。ワーム殉職。BTSにしてヘチボトム上をスイミング・・・コツン!またワーム殉職。もうピキピキ状態(笑)


喰わぬなら喰わせてみせよう!ガルプ汁!


同じポイントにフォールした瞬間、ヌン!すかさずフッキングし浮かせてくると40前後のヒラメ様!タモを持ってってなかったので引っこ抜こうとした瞬間暴れてバレた!!!!!!!





念願のヒラメサイズが・・・。




その後、そのエリア近辺をネチネチと狙うもダメ。したっけイカの群れが入ってきてワームはボロボロ。Jさんから「俺、明日の仕事早いから先に帰るぞ」と凹み顔だったもんで納竿し終了。



タモ持っていってればなぁ・・・刺身が・・・・









鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←みんな凄いっすよんw
今週も花の週末がやってきた。


仕事を終え、帰宅すると先日ゲットしてたNEWリール「TICA タロス」が届いていた。(何故タロスを?ってツッコミはやめて下さいwマニアックなリール探してたもんで♪)こりゃ試運転しなきゃダメっしょ!ってなことで立待岬に一番近い漁港でキャスティング練習がてらランガン。

タロス


うーん。癖が強いw


慣れるまでにちょっと時間かかっちゃいましたわ。


ソルト向きではないかな?って感じをバリバリ感じながらもひたすら練習。慣れてきた所で、ブレーキゆるゆるにしてキャスト!


向かい風の影響もあり、久々の大バックラ!



終了・・(笑)さて次は何を買おうかしら♪











鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←みんな凄いっすよんw

仕事の合間にたーさんと密会し、鮭ルアーをプレゼントして頂きプチお喋りしてると・・ウズウズw

この方、その気にさせるのがウマイっす。夜にちょこっとロックの予定だったが仕事終わって我慢出来ずに久々にロンリー遠征。

狙うはヒラメのみ!ってなことで10Fのスピニングロッドだけもってゴー♪


あっちゃ行ったり・・

2008-09-11-3.jpg

こっちゃ行ったり・・

2008-09-11-2.jpg

そっちゃ行ったり・・

2008-09-11-4.jpg

んで、結局サーフ行ったり・・

2008-09-11-1.jpg


お腹いっぱい迷走してきました。


結局は、ソイ4本&小アブ(スレ掛りw)のみでヒラメちゃんらしきバイトは皆無でした(笑)まぁ別にいいんす。やっぱ一人はツマラナイって痛感したもんで。


でも一人だと集中出来るのも再認識出来たかなっと。


それと自分の中でソイにゃ強いなと思える組み合わせが、今日で「間違いねーぜ!」って確信したので、まぁ収穫あったかなと。



しっかし・・最近の海は渋いっすねぇ(笑)


サビキ釣りにしとけばよかったかなぁ・・









鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ←みんな凄いっすよんw
7日 夜9時? チカーノと一緒に本気ランガンin津軽海峡。

出発前にショータ兄が下海岸ロックしてるのを知り&調子が悪そうなのをわかってたので、最近あまり噂が出ない津軽海峡ラインに絞って出陣。

tido.gif


タイドグラフを見てもわかる通り、満潮時に出発。

これが大きな間違いだった(笑)


夜9時から早朝7時まで寝ないで、小谷石漁港?涌元漁港?発電所裏サーフ?中の川漁港?札刈漁港?釜谷漁港?当別漁港?函館市有川埠頭までランガンしてきましたが・・・えぇ最悪の結果です。


ボウズではないのですが、潮位はない、目立つホドの潮の動きもない、水温は高いとイイトコなしです♪ライトリグでもガルプでも・・魚神様は微笑んでくれませんでしたw


涌元ではヒラメっぽいバイトがあり、のったものの途中でバラしてしまったので正体はわかりません(笑)







トータルして考えると・・・

はい、作戦ミスですね♪



これもいい勉強です。何故、朝方に満潮を迎える茅部エリアや森エリアに行かなかったのか・・失敗でしたねぇ(笑)


20080907222755.jpg


小ソイや小ハチガラさんは遊んでくれたのですが、表層でのアタックは皆無で全てボトムばっかり。よほどダルかったんでしょう。



本気でやってたのでダメージがデカク、しばらくお休みしようかと思っちゃったぐらいです。



はぁ・・・・



早く本格的な秋が来ないかなぁ・・








鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ


まぁ、バカなんで2日もすればまた竿ふってますけどねw
スーがリスペクトする釣り人秋★釣さん

最近、早起きして・・

hirame4.gif

hirame2.gif

hirame 1

小型ですが毎日のようにBFでゲットしてます。


雨でもカッパきて、月に25日くらいは釣りしてる方です。
彼がサンデーアングラーになる日は来るのでしょうか?


謎ですw









鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ ←ポチっとな♪

ゆる?い釣行

2008/09/05

何かまったりとした感じがする最近。


釣り仲間のチカーノがNEWベイトリールを買ったがイマイチ飛ばないから見て欲しいってなことで、ゆるい釣行へ。ほんとにユルユルで・・ワームなんちゃ数種類しか持って行ってない感じ♪


取り合えず、明るいトコでリールやフォームみながらやんべってなことで入船漁港へ。イカ釣りや穴釣りの方々がたくさんいましたね?。で、ライト下にてキャスト開始なんぞしてると、海面にはサヨリやイワシがうじゃうじゃ。ソイっぽいショートバイトが1回のみ。また見てみたらケッツからかじられワームが切れてる・・・イカだべね♪って感じで移動。



夢見るシノリ漁港へ。


先端から新湊側にキャストすること3投目。


明確なバイトはない。しかしのっこり重い。半分「ゴミだべな」とゆう気持ちと「もしかしたらヒラメちゃん?」と夢を抱いてると途中でバレる・・すると対岸からチリンチリンと鈴の音。




向かいに投げ釣りの方いたんすね(゚ー゚;Aアセアセ

スミマセン。ってなことで移動。移動。移動。


結局、スーが25cmのソイ・チカーノが金魚サイズのソイをゲットして終了(笑)

20080905003851.jpg

ね?写真の撮り方すらいい加減でしょ?
気合が足りないっすねぇ自分(笑)


チカーノのリール問題も難なく解決し(初めて触れるタイプのリールだったからって話w)、気楽な釣行を終えた。

--------------------------------------------------------------

■今日のNEWエントリー

ニオイくん/タカノハガレイ41cm

41-1.gif

エビちゃん/ヒラメ40cm

080903_1918272.jpg




お二人ともオメデトウゴザイマス♪








鈴木

にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ ←勇気を下さい♪
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail