Zちゃん。

2013/04/02

連日のZネタw
別にゴリ推しではありません^^;


昨年、ふた海屋のソイ釣り収録で釣り上げたソイが家に着いても生きていた。そのころ、我が家には海水用の水槽がありカレイが住んでたのだけども(電気代ハンパなくて撤去済みw)、そのソイを水槽に入れたがひっくり返ったままで正常に泳げなくなってたのだ。しかしこの一年ただ指を加えて過ごしてた訳じゃない!w


どーだ!ボクのZちゃん!^^




現在はとあるお店の水槽にて飼育中(笑)


今年は帰宅した時点でこいつを含めて3匹生きてたのだが、水槽に入れたら2匹はひっくり返る病だったところ・・お腹のある部分に針を刺して空気を抜いてやると元気に復活♪とゆうことは、八雲沖のソイを持ち帰り元気になるまで飼育して函館湾に逃がしてやることも出来るわけだ!



可能性の話ねw
絶対やらないよ。だって可愛いペットだもん^^




鈴木
世間はエイプリルフールかも知れないけど・・


そんなことはお構いなしで普通に行きます。


今回Zの収録でお世話になった遊漁船「ふた海屋」の船長がテンヤを使った根魚釣りに関して以前ホームページで書いてたので、昨日そのことについて軽く聞いてみた。昨年テンヤの釣りを初めて挑戦したときに漠然と「これボートロックとかでやれたら楽しそうだな」と遠征メンバーで話をしてたのだが、「北海道でやったら何号のテンヤよ。そんな重いテンヤ売ってないだろ」とゆう話で結論が出てた訳。


△テンヤ王!再び登場w


しかしふた海船長の話だと8号くらいあれば行けるんじゃないかと。従来の餌釣り客と乗り合いではなく、全員がテンヤで釣りをするなら4~5号で行けると思うとの見解^^ 秋の真鯛でしか出番の無かったボクのテンヤ達に光が射してきた♪w


収録中に浜崎の釣り上げたクロソイが口からエビを吐いた時、「キタ!!!w」と思ったもん。新たな可能性を模索するのは何と楽しいものだろう♪コレは何としても挑戦せねば!!これがある程度の実績が出る楽しい釣りだと認知されれば北海道の釣具店にもテンヤが陳列される。そうすれば真鯛の釣具買うの凄く楽になるんだよなー^^




鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ