宅配のめがねやさん》にお借りしてるタレックスレンズの使用感を確かめるべく、水の綺麗な沢に出向く。


早速のぞき込むとハッキリと魚の姿が確認出来、今日こそは釣ったる!と張り切るボク♪tailwalkトラウティア&ima issen45sでサクサク釣り上がる。が、透明度が高いせいかかなり離れた場所の魚たちがボクの姿を見て逃げる。なので近い所からのアプローチは出来ないと判断し、離れた場所から狙うが・・チェイスはしてきても食わない(笑)食わない奴は食わんでいい!食う奴を探してやる!とサクサクあがると、プール状になってる場所があり・・40センチ前後の魚影が10匹ぐらいいる!!


1投目に・・





よりによって小さいのが釣れてしまう(笑)そして大きいルアーに変えて投げると・・お魚たちに気付かれてしまい解散!w 肩を落とし、釣り上がるも魚が出ない。テンションも下がり・・少しイライラし始める始末(__;)


珍しく座り込み、しばし休憩。
周りを見渡し自然を堪能。今までのボクはこうゆうことやったことなかったので、少しピュアになる(笑)

---------------------------------------------

「やっぱりissenじゃ!」とイワナカラーに変えた1投目。




そして最後の場所で・・




やはりトラウトは綺麗だな!とイライラも吹き飛び早めの納竿。ルンルンと歩いているとガチで迷子になった!(笑)焦り始め、道無き道を下り・・川に何とか辿り着く。



「ん?ここやったことないぞ?」


と帰りのルート確保は二の次にして、まずは撃ってみることに。日差しも強くなっており、ヤマメカラーやイワナカラーじゃ視認性が悪いためイブキカラーに変更。←個人的にルアーがどこ泳いでるのを知りたい派^^


これが功を奏したのか・・釣れまくる!








極めて小さいのも合わせて20匹くらい釣れてしまい、後はサイズだけだなーって思ってたら大場所登場。結果はどうあれ帰り道を探すことを考えるとここで最後にしよう!と決意!


そして水が超クリアなので、姿を見せないよう隠れ気味にキャストする。


1投目に単純なスローリトリーブ。
2投目に早めのリトリーブ。
3投目にスロー&トゥイッチでブブブッ!!!




かーらーのー!






着水でライドオン!!





もひとつオマケにイカポッポ~♪



■tackle
ROD / tailwalk Troutia 55ML/C
REEL / カルコン51 avail tune
LURE / ima Trout issen45s
LINE / Yamatoyo N,アディクト10lb
LENS / TALEX トゥルービュー




余は満足じゃ!!^^



まぁ帰り道めちゃくちゃ大変だったし、もう一度ここに行けと言われても正直悩む(辿り着くかも曖昧w)ような場所だが・・楽園は確かに実在した!(笑)


明日からゴールデンウイーク。
皆様も怪我なく楽しい釣行を!
see you!






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ