10月25日発売のima初のジグミノー「Rocket Bait95」のサンプルが送られてきた。


△iBORNにも似た形状のリップが。でもジャンルはジグミノー。

■ ima Rocket Bait 95のスイム動画(YouTube)

まずはスペックについて。
[全長]95mm
[重量]22g
[タイプ]シンキング
[レンジ]5~100cm
[アクション]タイトローリング
[フック]ST46 フロント#6 リア#4
[リング]オリジナル#3
[価格]1,800円(税別)



シーバス用で開発されたものの、海アメや海サクラマスで充分使えそう。そして前作のiBORNに酷似したリップがついているのだが、iBORNってね・・めちゃくちゃ飛ぶルアーなんだ。なのでリップ=空気抵抗=飛ばないって図式は成立しない。そりゃリップレスと比較すれば多少劣るかもしれないが、飛距離に拘るあの辺見さんプロデュースだもん「飛距離とアクション」のいいバランスが取れたところが着地点だったはず。


下の写真はロケットベイトの内部が見やすいカラーのやつ。ボディの後ろに重心があるのがよくわかるでしょ?これとリップの角度を見て、なるほどなって感じた。




そして腹部はフラット形状。絶対リーリング感が面白いはず!





個人的にミノーやクランクが好きなボクとしてはジグミノーってスカスカした感じがして物足りなく思っちゃうんだけどロケットベイトは何か良さそうな予感♪次は実戦での使用感をupしまーす!






鈴木

あとがき。

2015/09/29

実は今回のシーバス釣行は二匹ともクーラーに入れてキープしてきました。食べてみたいって思ったのでキープしましたが、結論から言うとめちゃくちゃ大変(笑)




船内で神経〆や血抜きをしてもらい、クーラーに入れて持ち帰ったが滞在時間が長いので氷が溶ける度にクーラーから水を抜いたりせねばならないし、袋を買おうとしても大きな袋は驚異的なプライスでしか売っておらずでね~。途中で内蔵を取り出さないと寄生虫が居た場合良くないんじゃないか?と、途中で捌いたりと凄く手間がかかったのだ。


ま、美味しかったら報われるんだろうけど・・・ボクが釣ったシーバスは寄生虫だらけでした(泣)人体には害のない寄生虫らしいけど、流石に刺身は食べる気になれず・・火を通して見たけど視覚的にちょっと厳しい(ブログ用に写真も撮ったけど気分的にupしなかった)。様々な人がフライを薦めてくれたのも、こういうのを懸念してだったのかな?でもあれだけグロいのを見てしまったら・・食べれないな。しゃぶしゃぶや刺身を期待してただけにちょー残念!!


だが決して無駄にはしない。
虫が居るからって捨てるのは失礼。今回お世話になった人たちに唾を吐くような行為は出来ん!ってなことで全て鮭釣り用の餌にしてやった♪出遅れまくったので鮭釣り行くのかわからんけど(笑)



と、ここまで書いてNAOKIんのはどうだったのかと聞いたら・・




真鯛に続き、シーバスも意地悪な魚だということがわかりましたとさ(笑)





鈴木
28日。


AM3時、温泉施設「ユーランド八幡」にて起床。とにかく眠いし身体が重い。しかし、寝てるのは勿体ないので2人でオロナミンCで活気づけ出発!目指すは八郎潟ブラックバス。男鹿半島の釣行に行こうかと考えてたのだが、やはりバスにも会いたいとNAOKIさんに我が儘を言い向かう。


△まずはお馴染みの鉄板ポイントからスタート。


鉄板ポイントで3度バラしノーフィッシュ(1度はデカいのにライン切られてしまった)、NAOKIさんもノーフィッシュと散々なスタートであちこちのポイントを打つも・・「月曜日って厳しいな」ってのが率直な感想。ワームなんかでネッチリやれば釣れるんだろうけど、北海道から来てわざわざそんなチマチマしたバス釣りしたくないし~と青森野池でフロッグゲームやろうと秋田県を後にする。


と、その前にimaテスターの藤谷さんの住む角館に遊びに行く。といっても内陸部なので車で一時間半コース。のらりくらり向かってると武家まんという文字に釣られ・・お馴染みになりつつある観光モード(笑)


△お世辞抜きでめちゃくちゃ美味かった!また食べたい一品です。


角館の街並みを見てテンションが上がる二人。武家と言う言葉がマッチする景観。藤谷さんの職場に遊びに行き、観光スポットなど様々なお話を聞かせて頂き来年ヤマスズキ釣行の確約も♪話し込みたい所だが仕事中に長居するのも失礼なのでお別れし観光へ。


△藤谷さんにきりたんぽ貰っちゃった!ありがとうございます!

------------------------------------------------


まずは角館武家屋敷へ。


△屋敷通り。春はしだれ桜になるそうです。


△6つの屋敷が公開されており、全部回ると時間が足りない(笑)


△藤谷さんオススメのゴマソフトクリームと従業員さん。


そして「武家そばって書いてるど!」とNAOKI。折角だから食べて見る。


△麺は普通だが、油あげに衝撃の味が!旨い!


この時点でPM1時過ぎ。
クニマスで有名な田沢湖も見たいので、後ろ髪引かれつつ田沢湖へ。しかし雲行きが怪しく田沢湖についた頃には雨。


△たつこ像とNAOKI。でもこの時土砂降りです(笑)


この時、青森の天気予報を見る。
雨と風で野池釣行は厳しい状況なので、釣りは諦めゆっくり見ていくことした。お土産を買いに神社に行くと「魚のえさあります」の看板。


△御守りやおみくじなどが売っている。

おばちゃんに話を聞くと田沢湖にいるウグイにやる餌とのこと。すると「お金いらないからやってみて♪」と餌を二袋くれたのでやってみたら・・ウグイの数が半端じゃない!!(笑)




△写真拡大すると見えるかな?色がグレーがかってる部分全てウグイ。


そしてボクらがやってるのを見て、次から次へと来る観光客が魚の餌を買って行くのを見て「おばちゃん商売上手だな」と気づかされる(笑)また会いたい人だ^^ 北海道も広いけど、秋田県もめちゃくちゃ広い。更にもう一人、釣友野人スーさんにも会いに行こうかな?と脳裏をかすめたが更に南にある横手市に住んでるので下手すれば帰れなくなるかも知れないので断念。ホウレンソウソフトクリームを食べて一気に青森を目指す。


△緑色だったらよかったのになぁ~。そこは少し残念。



△不安になるような山道を越え・・



△紅葉が色付きはじめてる山頂付近。



△キャメルマートはお土産や100円小説が販売されてる。



△スーパームーンらしいが走行中のスマホじゃ撮れないと判明(笑)


青森に到着したのは午後6時過ぎ。青森は風と雨も落ち着いた頃らしいが寒い。無理して風邪引いてもしゃあないので釣具屋巡りをして旅は終了。


車内の中でも話が出たのだが、秋田県の人は穏やかと言うか温かい人が非常に多かった。特に内陸部はお店の従業員、ガソリンスタンド、道を尋ねた人、皆が皆なんというか優しかった。また行きたいと思わせてくれる街だと改めて感じた。






・・そして帰宅後、釣具を片付けビールが飲みたくなりコンビニに向かうと近所の公園にキツネが。何だか旅の終わりを知らせてくれたみたいだったな。







鈴木



27日。


NAOKIさんと青函フェリーに乗り込み秋田県に向かう。自身、十代の頃に北陸で餌釣りの外道としてシーバスを釣ったことはあるもののルアーで釣ったことはなく、今回は何としても結果を出したい所。

------------------------------------------------
☆おさらい記事
・2015秋田遠征編①
・2015秋田遠征編②
------------------------------------------------


今回は天候に恵まれたので午前9時に秋田県の釣友NAGAさんが船を出してくれる予定。午前3時半に青森到着。ご当地名物の「工藤パン」の新作イギリスフレンチトーストを食べながら秋田に車を走らせるのだが、これがめちゃくちゃ美味しくてUターンしたい勢い。


△名物イギリストーストより200キロカロリーも低いが旨い。


5時に秋田県に突入し、出船まで時間があるのでウォーミングアップとして八郎潟でブラックバスを狙う。前回はクランキングの早い釣りでいい思いが出来たので今回も巻きまくるが反応ナシ(笑)でもNAOKIさんはパターンを掴みきっちり結果を出す。


△バス釣り2年目とは思えない成長っぷりのNAOKI。


ボクはノーフィッシュ、NAOKIさんは4匹と彼の好調ぶりに嫌な予感を残しつつ八郎潟を後にして秋田県雄物川へ向かう。途中で秋田市の「釣り具の館」で氷と足りない釣り具を購入。スタッフの方に最近の釣果を尋ねると、シーバス情報は殆ど無いらしく、また嫌な予感。そして雄物川でNAGAさんと合流すると早朝に船を出してたらしいが四人でシーバス1本のみとのこと。あまりの貧果ゆえ遊漁船もお休みしてるとの話まで出て来て・・・またまたまた嫌な予感(笑)


地元のアングラーが厳しい思いをしてるのに素人のボクらに釣れるのか?という思いはあったが、せっかく来たのだからとことんやり込もう!と開き直りいざ乗船。


△2014 ima オフィシャルブロガー NAGAさん

------------------------------------------------


「まずは何を選べばいいだろう?」


そんな事を考え始めた矢先(船が動き始めてから30秒くらい)にNAGAさんが「はい、やってみてクダサーイ!」と言うので2人は「えぇ!?もう!?」と急いで準備。先に準備を終えたNAOKIさんに「先投げてていいよ~」と言うと「いきなり釣れたらウケるよね~(笑)」・・・・






「いきなりキター!」
と。ノッてる男は怖い。内心、この変な展開にネガティブになり今日はダメな日になりそうと覚悟したんだ。でも反対にNAGAさんは安心したことでしょう(笑)


△彼と知り合って八年になるが、こんな笑顔は見たことがない(笑)


ボクは最初からimaの新作「iBORN 98f」のボラカラーを投げ倒す。そして少しずつボートで川を下り、河口が近くなった所でカラーをグリーンゴールドに変えキャスト。目の前までルアーを巻いてきたところルアーの下に八郎潟の野鯉のようなデカい魚影が現れ静かにUターン。・・!?あれ?もしかしてあれがシーバスか?と気付くのに5秒くらい要した。でも、不思議と次で食ってくるようか気がして再度同じコースを流せるようきキャストするとドン!!!そしてiBORNをハーモニカ食いしたシーバスが・・


バババ!!と水面でヘッドシェイク!

「遊介くん!ランカーだよ!」とNAGAさんがネットを持ってサポートしてくれ内心バフバフ(笑)心を落ち着かせバレないようにバレないように慎重にやりとりして・・






念願のシーバスをget!!


△82cm 3400g!感無量すぎる一匹はiBORNで!


NAGAさんとがっちり握手を交わし、込み上げる思い!シーバスたまらん!(笑)と、ここで肩の荷が降り第2の目標でもある「北海道にはいない魚を釣る」のミッションを果たすべく沖合へ。しかし西風が強く船が流されるのが早い。キジハタを狙おうとするも・・なかなかボクらには釣れずNAGAさんがやるとキジハタ×2、ガシラ×1。


△ハゴトコみたいなカラーのソイ?と聞きたくなるガシラ。


そして風が強くなり、沖の空には竜巻が出来そうな竜の尻尾の姿。なので川に戻るが反応もなく撤収!NAGAさんも「風さえ無ければいい場所に連れて行けるのに」と「釣らせよう!」って気持ちが凄く伝わってホントありがたい。周囲で全然連れてない中、この結果は出来すぎなくらいだし気分よく終われた。


そして3人で秋田の重鎮アングラーの篤さんの会社にお邪魔する。


△やっぱり篤さんは温かい人!しかも日本酒貰っちゃった♪


様々な秋田の釣り話を聞かせてもらい、これから夜釣りを計画してると話すといくつかポイントを教えてくれたり次回ウェーディングシーバスのガイドの確約も。そしてここで解散となり函館組は夜のシーバスへ。


△ロケーションだけで、何だか胸いっぱいでした。


地元の餌師の方はクロダイの浮き釣りをやっており、北海道との違いを目の当たりにしダメもとでルアーやワームで狙って見るもノーフィッシュ!明日もあるしと温泉施設に向かい、就寝するのであった。


△また今回も「釣りキチ三平」を読み始め2分持たずダウン(笑)



様々な出逢いに感謝。
とても充実した一日でした。
皆さんありがとうございました!


☆Hit tackle
Rod / tailwalk NorthernRock S76ML
Reel / shimano エクスセンスBB 4000HS改
Lure / ima iBORN 98f
Line / Yamatoyo レジンシェラー 1号



続き→■シーバスの帰り道 編




鈴木

出発。

2015/09/26

前回は悪天候の為に満足に釣りすら出来なかったシーバス。リベンジに燃えるNAOKIさんとボク。この日の為に鮭釣りとも距離をおいてた程♪



では、行って参ります^^




鈴木
シルバーウィークも残り1日。


やはり、完走しきるより最終日はゆっくりしたい人が多いのか町を見ても車は前日に比べ少ない。彼岸なのでお寺に行こうとしたが、ちょっと函館市港町ふ頭にブラッと立ち寄って見て・・ちょっと衝撃的な光景を目にした。


約50名の釣り人がおり、誰一人としてライフジャケットを着用していなかった。こういうのはナンセンスな発言かも知れないが気持ちはわからないでもないんだよね。確かに面倒くさい。ボクも若い頃はしてなかったんだけど・・ある日考え方がちょっと変わったんだ。


『命を助けるもの』ではなく『収納が沢山あるウエア』として見たとき着るのが当たり前となった。ベストタイプのライフジャケットはポケットが沢山あるし、バッグを持ち歩く必要が無くなったのである意味軽装になった訳。




確かに有名メーカーのものは高い。
2万円前後が当たり前だからね~。でもメーカーに拘らなければ5千円前後で購入出来る。


http://item.rakuten.co.jp/komodesign/safety33/13



http://item.rakuten.co.jp/fishing-you/4582356490521/35



http://item.rakuten.co.jp/fishing-you/4582356490538/37


http://item.rakuten.co.jp/auc-ena/12153212/44


2千円から買えるんだもん、持ってて損はないんだがねー。便利な上に万が一の際は命まで救ってくれるんだもん、どんな釣り道具より優先してもいいと思うんだ。そして、これからの時期この手のライフジャケットは防寒としてもかなり役立つ!


ブログに書くことにより一人でも多くの人がベストの着用してくれたら、何より嬉しいです。









鈴木
秋の真鯛遠征釣行!


メンバーはO氏ニワちゃんリョーくんエディさんNAOKIさんとボクの計6人。シルバーウィークで混雑する青函フェリーに乗り込み四時間船に揺られ青森の遊漁船「シードラゴン」のお世話に。船長に会うのはNCV「釣りバカZ ~浜スーの休日~」ぶりで挨拶はほどほどにし「今日も爆釣ですか?(笑)」と聞くと「潮が良くないので朝方2時間勝負かなぁ・・。昨日もボウズ船が結構いたんだよね」とのこと。


釣り方は春のジグパターンとは違い秋は一つテンヤ。さぁ、秋の戦いの幕開け♪








各々が様々な想いを胸にいざ!


と開始早々にO氏が30cm前後の通称「足の裏」サイズをゲット。しかし・・後が続かない。珍しいほど外道の反応もない。流れを変えるべくご当地パンを食う!(笑)




しかし!流れは変わらない。
とゆーか、魚探に魚はうつってても全然食わない。真鯛ってやつは食わない時はとことん食わないので、そこを如何に食わせるかというのが経験値の乏しいボクらには厳しい。船長も周囲の遊漁船と無線であれこれ情報交換するも、パッとしてないらしく皆の口数も少ない。
(おしゃべり男のO氏だけは喋りまくっていたw)


勝負所の2時間を過ぎ・・3時間した頃にボクの心はポキッと折れてブラー&イソメパターンに移行。小さくてもいいから何とか真鯛の顔を拝もうとしたら!


プルプルッ・・



upする気にもならないような微妙サイズのアジ。ドンドン心が蝕まれ・・波に揺られてウトウトしてたら「キター!」とエディさん!





微妙サイズに一同のテンションは上がらない(笑)本人も鯛らしくない引きだったのもありいまいちテンションが上がってないぐらい。その後も釣れても外道のフグだけで・・本来ならばタイムアップなのだが、あまりのダメっぷりに船長もサービス延長。泣きの30分!とした矢先にO氏がまたも足の裏サイズ。その後もドラマは起きずに・・




終了~(笑)





まぁ、こんなもんだ^^
毎年シーズン初回の釣りはダメなことが多いので悲観的にはなってない。今回はO氏とシードラゴンの船長に会うのが目的だったしね♪しっかり修正して次の戦いに備えたいと思います^^





しかし、相変わらずいい船やったわ~♪










鈴木
今日はオタポッポ釣行!


なんてのは嘘!最初は渓流行ったけど10分で見切りつけたの。足跡だらけで。






で、やっぱりオタポッポだ!と、砂原から恵山まであちこち様子を見て歩くが、時折大粒の雨が降ったり強風が吹いたりちょっと残念な立ち上がり。急遽、立ち寄った漁港で女性アングラーを見かけたので話しかける。

ス「釣れてますか?」
女「何て名前の魚かわからないけど、息子が今これを・・」


と、見せて貰うとなかなかの黒ソイ。「頑張って下さい^^」とその場を離れ、少し離れた場所で釣り開始。開始一投目から黒ソイ!二投目に蝦夷メバル!と好調な出だしだが本命ではない。すると男性アングラーから「どうですか?」と聞かれ「じぇんじぇんダメっすよ(笑)」と話してるとオタポッポ発見!!すぐにダイワのニューアイテムで炸裂♪











まだまだー!まだまだー!!


と気がつけば三桁超え。先ほど話した男性アングラーが帰ってきて「どうですか?」と聞くので「オタポッポ爆釣ですよ!」と伝えると・・「テレビ出てません?いつも見てますよ!」とカルピスくれた。謝々!!



でも車は他県ナンバー。
新手のドッキリか!!(笑)

※ホントご馳走様でした(_ _)
------------------------------------------------


そしてオタポッポは・・




ボクの糧となりました♪

いやーシルバーウィークって感じの海で、人はいても釣れてないパターンでして魚の居場所を探すのが難しい(笑)平日なら人の居る場所=オタポッポ祭なんだけどね。

シルバーウィークも後僅か!
楽しみまくってやんぜ♪






鈴木
今日はNCV「サンデーマーケット」。
NCV社屋でAM9時~PM0時30分まで行われ会場には様々な催し物や、ご当地アイドルやご当地ゆるキャラ、移動販売車、キッズ向けのゲーム、地元の野菜店や雑貨店などが集結♪ボクらの参加は・・2回目か3回目(笑)








ボクらは釣りバカのテントで、ブラー作りをレクチャーするというもの。先日のイエローグローブイベントで大量に(株)フジワラがブラー提供してくれたので配りまくるのだ♪




勿論、フジワラ社員のマキやんにもお手伝いに来てもらい・・振り返れば沢山のお客様に来てくれ、マキやん無しではさばけなかったほど。そして折角足を運んでくれたにも関わらず、お話出来なかった方も結構いたのでそこは申し訳なかったなと。


△子供達の視線が熱い!!


年々クオリティが高くなってきているNCVサンデーマーケット。是非、来たことが無い方は一度遊びに来てください!結構楽しいっすよ^^


△最後は視聴者とみんなで記念撮影♪


・・まぁ、ボクらが次回呼ばれるかわかりませんけど(笑)




☆ Twitter
蘭越町 ゆるキャラ 「シャケ武士」
https://mobile.twitter.com/shake_busi

札幌発 アイドル「星田すずらん」
https://mobile.twitter.com/suzuranseta

北斗市ゆるキャラ ずーしーほっきー
https://mobile.twitter.com/hokuto_chara

NCV キャラクター チャネルヒカリ
https://mobile.twitter.com/hikari_ncv

☆当日の様子
みやたんブログ

えりさんのブログ










鈴木
予め先に言っておきますが、松前に行ってマグロをバンバン釣って「お祭りじゃーい!」って意味ではありませんのであしからず(笑)



------------------------------------------------

今まで日曜日に休みということがなく、各地のイベントなど行ったことが無かった自分。しかも天候も微妙とのことで釣りを見送り今回は松前町のマグロ祭りに行ってみる事にした^^でも、もしかしたら天気に恵まれるかも知れないとロッドは積み込んだけどね(笑)


会場に到着すると雨。
(さすが雨男!)


すると、2年ぶりぐらいに釣り仲間に再会し・・話を聞くと今は魚関係の仕事をしているらしく「一般の人が直売店のマグロ見たら安いってなるんだろうが、釣り人から見たら高いよな(笑)」と釣り人あるあるを話すと「今回のマグロ祭りのこれ、マジでかなり安くしてるんだよ」とのこと。関係者が言うんだから間違いないのでオススメです♪


と、お話してたらマグロ解体ショー用の松前産のマグロ(70キロ)が登場!




そして解体ショーを軽く見て昼食!
やはり祭り来たならマグロでしょ♪とマグロカツバーガーとマグロのお寿司^^




そして食ったら運動!と、松前町の街並みを散策。病み上がりなので軽くだけどね♪





で、何の気なしに川を覗いたら40upのニジマスと2尾の子供が。海から100mもないような場所なのに居るもんだな~流石松前!



と、ここで終了。





で、帰り道に・・






横綱記念館見て~







青函トンネル記念館見て~


木古内のイエローグローブでリールカスタムに使う工具を買って、新しい木古内駅を見て、新函館北斗駅を見に行くつもりだったが・・流石に病み上がりだと疲れたので函館に帰る(笑)



でも釣りするの忘れてきたから夜釣り行こうとしたら雨。何かモヤモヤするわ~(笑)







鈴木
体調はお陰様ですこぶる悪いです!


しかし、ちゃんと治療を受けたのでこれから回復する見込み^^ そんな中、明後日の20日(日曜日)にNCV社屋で「秋のサンデーマーケット」がありボクとらにも、お声がかかりましたので当日会場におります♪


※サンデーマーケット詳細はこちらから


お時間ある方は是非ご来場下さればと思います♪会場には北斗市のゆるキャラずーしーほっきーも来るそうなので、がっぷり四つで絡んでみたいものです(笑)

------------------------------------------------


先日、特に深い意味もなくオークションを覗いてて「落札出来たら儲けもん♪」程度にいくつか入札していて・・気がついたらリールが格安で落札^^ そして体調不良時にリールが到着し、布団の中で「ハンドル変えたいなぁ」とスマホと睨めっこ。



ヤバいよね(笑)



熱で頭が朦朧としてる時にそんなの見るもんじゃない!そして確かに便利な時代になったけど、スマホ一つで何でも買えてしまう恐ろしさ。クレジットカードにビビってたのが随分可愛く思えてしまう^^; 買い過ぎ注意だ。






鈴木
3時に発表。



函館の津波の予想は1m。
ウェーディングしてたら確実に足すくわれます。
明朝、チリ沖地震の影響で津波が来るとのこと。明日の函館は満潮が朝方で、それとリンクするような時間帯で津波が来ると見込まれている。




ボクと似たような世代の方は知らなくて当然なんだが、昔チリ沖地震による津波で函館にも津波が来てたことがある。これは子供の頃にうちのおかんから聞いた話なんだが、その時の津波は函館湾から市役所の電停の所まで来てたそうだ。


そう、東北大震災のあの津波と同じレベルなんだ。


そして今は鮭釣りシーズン。水に立ち込んで釣りをする人もいるでしょう。津波は普通の波とは違う!波1Mと津波の1Mは雲泥の差だと言うことを今一度思い出して欲しい。決して釣りに行かないでとは書かない。明日しか行けない人もいるかも知れないし、諸事情によりやむを得ず行かなければならない人もいるかも知れない。だからこまめに気象庁の情報をチェックして行動して欲しい。そして行くなら日本海に行って欲しい。



ただ、これを読んで釣りに行くのを自粛し・・明日が爆釣デーだったと後に知るとしよう。そしたら悔しいと思うのではなく、たかが1日と割り切ろう。ボクを恨むなら恨んでくれても構いまへん!何より安全第一だとボクは胸張っていえますから。釣りに対しいつまでもモラリストで有り続けたいですから。







鈴木
人生で一番咳と鼻水に襲われています。


肺炎になるんじゃね?と思うほど咳き込んでおり、遠征も控えてるだけにちょっと心配になるので大人しく映画観賞^^


2011年 イギリス


※砂漠でサーモンフィッシング(wiki)



ざっくりあらすじを説明すると、イエメンの砂漠に国家プロジェクトとしてサーモンを!というもの。タイトルで「間違いなくB級映画だろう。だけどユアン・マクレガー主演ならなぁ・・」と思って見ていたのだが、まぁヤフーの映画採点でも5点満点で3点というのも納得のB級でした(笑)ただ、道南は正にいま鮭釣りシーズンに突入したのでみてて鮭釣り行きたいなぁ・・と思ってしまった。


釣りシーンはあまり無いのだが、イエメンの国王(?)と釣りに行くシーンはちょっと面白かったな。


函館市の何処かのお金持ちが亀田川に大量の鮭を放流してくれないだろうか。と思ったが・・亀田川河口の堤防やら宇賀の浦中学生の裏のテトラ帯に人がわんさか集まると思うと無しだね(笑)鮭釣りは楽しいけどモラルやマナーをもっと考えないといつか「鮭釣り禁止」ってなるかもね~。







鈴木
現在38℃!

ということで何処にも行けないのでリールのオーバーホール!(笑)特にtailwalkのエランPG①は酷使していたので酷い。いくつかベアリングが錆びていたので交換し、ハンドルガタが再発していたのでクリアランスを取り・・




と、勢いがついて・・エランPG②を含む五台追加!(リールって単位は台?機?個?)





そして、カルコン51のフルオーバーホールへ。ベアリングを総取替え、ギアも取替え生まれ変わって頂きます♪通常時にハンドルを回しても特に違和感がないのだが、負荷が掛かるとゴロ感がある場合は大体このハンドル付け根のベアリングがやられてる場合が多いのです。




今までは13S-ARCのベアリングをオープン仕様にしてブッ込んでいたのだが、最近はあまり出番がないので15S-ARCのシールド付きに変える。(ミネベアのベアリングもいいけど、シマノの13年製以降のベアリングは高いけどホント良質)


全て交換してハンドルを回すとシルキーな巻き心地にうっとり♪






カッコよすぎる!!


カスタマイズしておいて何だが、やっぱり使いたくないな。・・観賞用だな(笑)







鈴木
午前10時頃・・


通りかかった函館湾の海の色を見て『あれ?いい色だぞ?』と思い、フラッと竿を出してみる。とは言え水温も高いだろうし広範囲で活性高い魚のみを探し出すべくimaのメタルジグ「市松 30g」をキャスト。使用するタックルはtailwalk northern rock2の76MLで、ロッドには『Lure weight Max 20g』と明記してあるが全然問題なし。むしろ小径ガイドのお陰で振り抜けが良く、テンポよくキャスティングしていける。


開始一時間ノーバイト。


やはりまだ水温高いのかな?とフジワラMUGENヘッド1/2にワームをつけて再度ランガン。時折いや~なバイトがあり『フグだろうな』と思いつつも打ちまくる。・・が、途中で『何故フグは外道なのだ?ルアーで狙えるターゲットフィッシュやんけ!』と敢えてフグ狙いにシフト(笑)


3.5gジグヘッドにimaトライトバイトMで『子フグじゃなくて大きいの狙ってやる!』と再ランガンして・・ガツン!からの走る魚影♪


△個人的に函館湾レコード(笑)


走る引きに『鯖か?』と思ったほどで、このサイズが狙えるなら面白い♪再度本気で狙うもフグとは言えどがっちりやると釣れないものである(笑)ワームをSサイズに下げて何とかミニマムゲット^^




・・と、いったところでお昼になり止めようとしたらエディさんから『昼飯いかねー?』とTEL。合流してから宮前町の食堂へ♪


※大衆食堂うれしや 【詳細】


魅力的な定食が沢山あったが、壁に貼ってあった「ロースカツのせキーマカレー」の言葉にやられ注文すると・・めちゃくちゃ旨い!




やはり天気のいい日の釣行後の飯は格別やね!そして、時間があったので鮭の遡上を数カ所調査しにいくボク♪鮭の姿は見られなかったけど、数人の釣り人を見て少しずつテンションが上がる。あと数日もしたら本番突入だろうし、準備だけはちゃんとしておかなきゃな~!



・イエローグローブ
・天狗屋

の2店で鮭ダービー受付中です。
興味ある方は是非♪






鈴木
楽しかった釣行を終え気分が良かったものでアジングでも・・と考えてた折りにマキやんから『今、大門で飲んでるからおいでよ』とTEL。ちょうど話したかった事もあったので二つ返事で了承し、大門の焼鳥屋「ごんちゃん」へ。



マキやんから同席してたリアルオベーションのテスター・ナベさんを紹介され釣りトークに華が咲く。
http://fishing-fujiwara.com/realovation/

特にリアルオベーションのジグの塗装についてはとても興味深く、以前フジワラからリリースされたリムセスプーンを引き合いに出し『今回のも塗装弱いんじゃないの?』と聞くとナベさんが『恐らく塗装に関しては他社と比較しても圧倒的に強い』と製造工程の話を教えてくれた。ナベさんも本業は作り手の方なので、発言がとても力強い。


一方、マキやんって男は何事にもストレートに発言するが故に敵を作りやすいタイプなのだが熱血漢なのでボクからしたら相談しやすい存在。何事にもズバッと言ってくれるしね。そして本題を切り出し熱いトークが繰り広げられ・・


『後輩、金の心配はするな!』


と次のお店へ。




初めて来たのだが、クラフトビールなどを取り扱うお店らしくマジマジと店内を眺めてたら以前ネットで発見した幻ビールの空き瓶が!!



アイアンメイデンのビールである!
※アイアンメイデンとは・・。
マニアなら狂喜乱舞しそうなものだが、マスターが『え?知ってるの?うち特別に近々入荷するよ!』とのことでこりゃまた来なきゃ行けないな♪と鈴木が思ってた頃、マキやんの酒量が進み暴走モード!



ナベさんは目が空いてない(笑)




・・そしてマスターが店閉めるから違う店行こう!と言うので3軒目に向かうがAM3時を回っており脱走をもくろみニヤニヤしながら帰路につこうとしてると『何処にいるのよ!早く来い!』とマキやんからTEL。諦めて3軒目に行くとナベさん居ない!やられた!(笑)


と、ここらへんから記憶が曖昧で帰宅したのが5時。一人がトイレの便座と仲良しになったのと、マキやんらは4軒目に向かったのまでは覚えているが^^;

------------------------------------------------


まぁ、何だかんだととても楽しい夜でした(笑)そして本来の目的でもある話し合いも有意義なものとなったので、これをご覧になってくれた皆様!これからちょっと面白い企画やるので楽しみにしていて下さい!



最後に・・
マキやん先輩ゴチになりました!!







フジワラテスター 鈴木(笑)
今日もNCV『釣りバカZ』の収録を予定していたが台風の影響で中止。となれば当然の如く暇人になってしまう(笑)ウオツ模型店に行ってリールカスタムのパーツなんか模索しようと思ったが・・微妙に晴れ間が見え釣りに行きたい衝動にかられる。


だが台風の影響で海も川も濁りが厳しい。となれば管理釣り場しかないなと思い大沼公園内にある釣り堀太公園にお邪魔してみた。ワカサギ釣りぶりの訪問だが支配人川村さんが笑顔で出迎えてくれ何だか心が温まったのだが『何しに来た?(笑)』と先制パンチ^^

□大沼公園内 釣堀「太公園」
種類:へら鮒・鯉
料金:
鯉釣り(竿餌付き)1時間500円
へら鮒釣り(竿・餌付き)1時間700円
備考:営業4/下~11/下




餌とカーボンの延べ竿を受け取ると「2日餌やってないからかなり釣れるはずだぞ」とのこと。早速やってみると海で言うところのフグばりにクチボソの群れが餌を啄んで行く(笑)だが川村名人にコツを教えてもらい・・


鯉ゲーッツ♪




延べ竿おもろい!!とても新鮮^^
しかし最先いいスタートだったのだが・・何だかんだうまく行かずに苦戦。向かいに座を構えている釣り師は立て続けにヒット。「何が違うのか・・」と頭を悩ませるが、実はこの時が一番楽しいのだ。竹竿に持ち替えてみたり、長いカーボンの竿に持ち替えてみたり。





すると、高価な竿はどのように違うのか知りたくなり川村名人の私物を見せてもらう。沢山ある竿を一通り見せてもらい「これ頂戴!(笑)」と冗談混じりで指を指すと・・






「しゃーないなー(笑)」



と、根負けしたのかゲットー!

竿春工房 響 11.1尺





竹竿でありつつもティップがカーボン?グラス?とのコンポジットらしく竹竿みたいな反発力が少ないらしい。今後は海も川もダメな時だけじゃなく、ヘラブナも少し気合い入れてやってみようかと思う♪だって面白いもん(笑)浮き釣りって新鮮!



ヘラブナ大会いちて!w







鈴木
台風の影響で連日ニュースで流れている鬼怒川。



そして東京都内での5弱の地震。
やはり自然は怖い。

自然と対峙し遊ぶボクらとしては・・軽く見たらあかんなと強く印象づけられた。いつも本州での災害はどこか対岸の火事のような気がするんだけど、それじゃあかんよね。


自然相手にボクらが出来ること。
・ライフジャケット着用
・勇気ある撤退
・いのちだいじに


特にライフジャケット着用は必須です。ライフジャケットで助かったケースはいくつもあるし、仮に亡くなったとしても遺体は高確率で見つかる。遺体が見つからないってのは遺族にとってとても辛いこと。自分の為だけじゃなく、周囲のみんなの為にも着用を!









鈴木
オフショア、バス釣りなどロッドを複数持ち込む時にいつも感じていた『ロッドホルダーがついたバッカン的存在が欲しい』という悩み。いや、正確にはimaオリジナルバッカンを所有しているのだがサイズが大きいので個人的にはマッチングしない。


ならばと色々探してて見つかったのがメイホウ バケットマウスBM-7000^^



横に別売りのロッドホルダーが装置出来るし、何より頑丈。通常の小型のバッカンタイプだとサイズは良くても本体が計量するが故に安定感が^^; ということで函館市内の釣具店で探してみた。(インパクト(net)、イエローグローブ、天狗屋、ナカシマ釣具)


何処もBM-9000タイプばっかり・・。あってもVS-7070なんだよねー。


ちょっと残念だな。どなたかここにあったよ!って情報ありましたら宜しくお願いします(_ _)






鈴木
ふと、おもむろに釣りに行こうと考える。でも近年ターゲットが減ってる感じが否めない。いや、正確には減ってるのではなくマンネリ感で燃えなくなっているんだろう。唯一ボクに火を着けられるのはトラウトなんだが・・スズメバチのお世話になりたくないしと敬遠してしまう。


夏と言えばオフショアなんだが、函館山裏沖のブリもパッとせず・・新しい釣りを模索してた時に横浜フィッシングショーでお会いしたエコギアプロスタッフ折本さんの言葉を思い出した。


『函館のイカメタルゲームなんてどう?面白そうだけどね♪』


その時は「イカ釣り飽きたじゃ!(笑)」と思っていたのだがこれだけ燃えるターゲットが居ないとなるとやってみないでナシだと決めつけるのはナンセンスだなと思い始めて来た。ちょうどtailwalkにも専用ロッドあるしね♪


http://tailwalk.jp/salt/ss/metalika/


話は少し脱線するが、八年やってるNCV釣りバカZで、「次は何の収録をするか」とスタッフとの間で話し合われるのだが毎年3月オンエアと9月オンエア分は頭を悩ませるのだ。何の釣りをするにも中途半端なんだよね~(笑)


収録で頭を悩ませるんだもの・・プライベート釣行が充実してないってことなんだわな。『9月といえば○○釣りだべ!』と言えるような新しい何かを見つけたいものだ。







鈴木
昔、シボレーのタイフーン欲しかった。結局キャブテンシートの魅力に負けてアストロに走ってしまったんだが・・買わなかった車って未だに未練あるわー(笑)




ということはさておいて台風が日本海と太平洋にWで来やがった。今回は相当酷くなるらしいので・・しばらくは自粛だなー。皆さんも無理しないように!





鈴木

to be is to do。

2015/09/07

真鯛遠征を控え・・





「めだか製作所」にロッドをリメイクしてもらいに行く。以前、真鯛用に作ってもらったんだがたいそう気に入ってるので更に使い勝手を良くしたい訳だ^^


早くいちてー!





鈴木
NCV『釣りバカZ』の収録。


しかし東からの強風の為に、出船中止とのことで暇。暇なので浜崎とブラブラして大森浜に行ってみたら沖には船が!とにかく何か釣りをしたいボクら(笑)函館山裏なら大丈夫じゃね?と金龍丸・瀧川船長にTELするとちょうど陸にいるとのことで駆けつける。


浜スー『船長、いこ!』
船長『マジで行くのか?沖かなり時化てるぞ!?』
スー『え?船長酔うんですか?』
船長『酒には酔うけど船は大丈夫(笑)』
浜崎『じゃ、行きましょう!(笑)』
船長『真面目に行くのか?(苦笑)』


と言う流れで沖へ♪





開始から三時間後にはジェットコースターみたいな波!しかし!船には滅法弱い鈴木が全く酔わない!酔わないどころかキャッキャしていた♪


こりゃー完全に克服しちゃったね(笑)
もう酔う気がしない!!こりゃー今まで酔うからと断ってきたマグロ遠征や松前小島も視野に入っちゃったわ♪


2015年、鈴木レベルアップです(笑)







鈴木
懐かしいですなシャ乱Q^^




と言うことで渓流へ。
ルアーマンにゃ厳しい時期だが、虫パターンならハマるだろうとimaTroutのinsectシリーズのルアー達を持って行ったのだがハマらねぇ(笑)小さいイワナやヤマメが歓迎してくれたけど、デカいのは皆無。と、割り切って大幅に移動しサイズを求め下流域を攻める。

Northima IKURI53 でナイスな虹鱒がヒットするもバレてしまい・・結局ここでも小さなヤマメ(アメ?)で終了。


ただ、空を眺めに行っただけだもんね!(笑)





鈴木
そろそろ道南も本格的な鮭シーズン。


シーズン前にリールを新調しようと物色^^ ボク的に・・鮭釣りにいいリールはいらない。安くてドラグが使えればOKと思っているので予算もかなり低い。というのも浮きルアーでの釣り方だと餌も使うので高価なリールだとハンドル臭くなりそうなので何かね(笑)


まぁ、魚が魚だけにいいドラグのリールを使うのがベストなんだろうが個人的にはそこにお金かけるなら違う釣りにかけたいと思うから。


で、ピックアップしたのがokuma フィスカー3000♪よく『okuma~?安すぎるもんすぐ壊れるんじゃないの?』とか聞かれたりするけど、値段には不釣り合いなほどいい仕事してくれます^^ 自分でオーバーホール出来るのであれば、かなり使い勝手のいいリールに化けるんですよ。




ただ、3000番クラス(シマノの4500番くらい)なのにハンドルノブがIタイプってのがナシ(笑)これは商品が届いてから知ったのでハンドルを確認しなかった自分のミス!このままじゃ使えないしと・・壊れたリールなどから部品を取り加工したりして・・生まれ変わった♪




マシンカットハンドルにTタイプノブ♪さらにグリスだらけのボディをオーバーホール!そしておなじみのベアリング(めちゃくちゃストックあるし)を要所に追加♪



とても4000円アンダーなリールには思えない仕上がり(笑)今年はこれで鮭ちゅりするぜ~^^






鈴木
安定のラッキーピエロで昼飯。
偶然、札幌アングラーのナッツくんに遭遇♪札幌から来たらやっぱラッキーピエロなんだね(笑)


そしてついつい昼飯を食い過ぎた!




と言うことで食ったら運動せねばならん。休日だったV氏に『行ったこと無い渓流にガイドしてけろ!』と連絡したら快くお付き合いしてくれ・・







見事にボンズ!

いや、正確に言うと魚は掛けたんだけどドラグがゆるゆるになっててバレちまいやした。いわゆるヒューマンエラー(笑)まぁテキトーに行ってテキトーにやったもんだからこんなもんでしょう。


今度はガリっと渓流行きたいもんですわ^^





鈴木

遊び心。

2015/09/02

最近、鮭関連のメールを沢山頂く。
まぁ・・否定する訳じゃないが、まだボクはスイッチ入ってないので全く興味ありません(笑)ただ、そんな時でも準備だけはしておいた方がいいかな?ってちょっと感じておりましてスプーンの入った箱を倉庫から引っ張り出して来たんだが・・やはり準備する気になれない(笑)


今年はプラッキングで釣りたい気持ちが湧き出てるからなんだろうけど。


そんな中、ある一人の釣り仲間がFacebookに粋な写真を掲載してたのでご紹介♪




これは本当センスがいい!!

これ市販されてたら絶対買っちゃうもんね(笑)改めて釣具とは魚を釣る前に人を釣らなければならないんだなと感じました。人を釣った上で魚が釣れなければすぐ干される訳で・・開発者ってホント大変な職業やね!







鈴木

人を釣る。

2015/09/01

imaのフィッシュグリップ。



上が最新モデルで下が一つ前のモデル。


上のモデルは魚の口を開けやすいようにグリップ先端に突起物がある(通称ユニコーンヘッド)ので、スタンスとしては実戦向き。理にかなってる。下のモデルはユニコーンヘッドは無くごく一般的なものだが、デザインが秀逸。


共に数量限定品なのだが、下のモデルはとても人気が高く未だに欲しがる声も多い。使いやすさは上のモデルなんだがね。これが正に人を釣るってことなんだろう♪正直、ボクもどっちが好きかと聞かれたら下のモデルなんだよね^^


ただ、こういうデザインの問題は価値観はそれぞれなので一概には言えないけど、やはり釣具にしたってウエアにしたってオシャレなのがいいと思うんだよな。昔と違って選択肢は沢山あるのだから♪





鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail