スパイスオブライフ!
何か心に響く言葉。




スパイスの効いた釣りがしたい!と雨上がりの渓流へ。あまり見かけない虫がウロウロしてたのでフライやテンカラをまたやりたくなってきたな~と思いながらルアーでバシバシ撃って下る。




ima issen45S(インセントカラー)で魚は沢山出るが、終始小さなトラウトとウグイばかりで刺激がなく終了。虫系じゃなくて魚系の方が出るサイズはいいのではないかと自問自答しながら帰路へ。見えるトラウトが全て小さかったのも疑問。


まぁこれから1ヶ月間はストイックをお休みし、のらりくらりやっていきますわ♪







鈴木

鬼やな。

2017/07/30

もはやロッテが憎くなってきた(笑)





聖闘士星矢ならまだしも・・JOJOとコラボなんかしたら、破産しちゃうよw とかいいつつ、ゴールドセイントはコンプしとかねばならんなと変な使命感(笑)でも、北斗の拳でもそーだったが原作そのままは頂けない。


ビックリマン画風じゃないとさ^^;
という夏のボヤキでした。






鈴木

鮭男爵~

2017/07/29

今期初登場の鮭スプーン
jackson 鮭男爵!



YGでも8月1日より発売になります。jacksonの営業さん曰わく昨年、テストを十二分にしたとのこと^^ テストエリアは道東らしいが果たして道南では通用するのでしょうか?


ただ、問題は道南で釣れるとわかった頃には・・多分もう既に売り切れているかと。鮭は上の方から釣れ始めるので道南で人気が出た頃にはメーカー欠品起こし取り寄せも出来なくなってしまう。正にギャンブルだよね~(笑)


さて、皆さんはどうするのか楽しみです♪







鈴木
今年も長万部フィッシングカップの開催が決まりました^^


http://www.oshamanbe-shokokai.jp/fishingcup/sp/


町おこしとして商工会が主催で釣り大会をやるのは、ホント素晴らしいと思う。今回も盛り上がってもらいところだし行きたいのだが・・参加出来るかは微妙^^; この時期って釣りや仕事に忙しいのよね。何とか時間を作れるようにしたいところだな~とか考えながらフライヤーと睨めっこ。




・・!?





・・!!


フライヤーのいいポジションのとこにマキやんが!・・ぜってーいがね(笑)


と、冗談はさて置きフィッシングカップは受付開始すると応募が殺到し数時間で締め切りになってしまいますので興味ある方はwebをこまめにチェックしておいたほうがいいですよ♪


因みに今年からマルキューの蟹やパワーイソメも使用可になったので、お知らせまでに♪因みに昨年はスコールのような大雨に見舞われたのでレインウェアの準備もお忘れなく。






鈴木

JR。

2017/07/27

JRに乗る。




腰が痛くてたまらんす。


もうグリーン車じゃないと無理なお年頃(笑)今月はあちこちに行ってたので、疲労も溜まり腰がバキバキ^^; しばし安静が必要かも。


しばらくは函館でまったりしてようかと思うところです。ハゼやサバや鰯などのライトゲームを楽しもうかな♪






鈴木
ビックリマンとキン肉マンのコラボ商品「肉リマン」のマイブームが終焉。アホのNAOKIんから一枚の写真が届く。





わい~!
キン消しは・・ヤバい(笑)


しばらくは節約生活をしようと思ってたのに煽るんだもんな~あの野郎!しかしメーカーさんもターゲットを子供達から大人に目先を変えてるのが見え見え。まんまとやられちゃいそーだわ(笑)







鈴木

from 仙台。

2017/07/25

仕事中・・


一人の女性を見て「どこかで見たことある顔だな」と思った2秒後「今年も来ちゃいました~(笑)」と笑顔を見た瞬間に思い出した!

http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2598.html


昨年、来てくれた際に「自分が休みだったらどーするんですか!」と言ってたのにも関わらず今年もアポ無しで遊びに来てくれたのだ^^

「居る予感がして(笑)」


と、笑う奥様。どんな直感やねん(笑)お子さんも昨年より背が高くなってるしこうやって顔を見せてくれるのは何だかとてもとても嬉しいものです。 社交辞令ではなく、ホントにまた遊びに来てくれるんだから・・参ったわ^^; 来るってわかってればこっちも昨年のお礼にと手土産の一つも用意するのだが、逆に今年も頂いてしまう。





手渡された時にひんやり冷たかったお土産。どうやら要冷蔵らしいんだが、仙台からクーラーか何かに冷やして持ってきてくれたんだなと思うと胸が熱くなります。要は気持ちだからね!こうやって来てくれる方がいるってだけで、番組やってて良かったって本気で思う。

----------------------------------------

番組を見て釣りを始めた。
番組を見て釣りに興味を持った。
二人の釣りは楽しそう。

-----------------------------------------

これがボクと浜崎が一番大事に考えていたところ。テクニックとかそんなん伝える番組じゃないんです。そりゃ楽しむ為にもウンチク垂れたりするけど、叩かれようが蔑まされようが心折れずに続けていられるのも、こういう一言があるからこそ。


やってて良かった。


そう感じた日のビールは格別に旨い!今夜はお土産を肴に飲んだくれたいと思います♪ありがとうございました!また来年も宜しくです(笑)







鈴木


営業時間外に髪を切ってくれるクリッパくんもいつもありがとん♪
2月頃からYGにてお問い合わせがあったリアスのサーフウェーダー。3月の札幌フィッシングショーでリアスのブースに行きコクワ親父さんにサーフウェーダーは?と聞くと・・


「スミマセン!
今回持ってきてない!」



と憎めない笑顔(笑)で、斯く斯く然々あり、この度YGで試着出来るようサンプル品を展示することになりました♪


http://www.fishing-rearth.com/rearth_product_fwd0100.html


まずサーフウェーダーって何だ?と思う方も居ると思うのでざっくりと説明。通常のウェーダーってゴムの長靴の上に胴長がついてる感じですよね?サーフウェーダーはとても柔らかい足袋の上に胴長がついてる感じ。長靴と足袋の歩きやすさを想像するとどっちが楽かすぐわかりますよね^^


でもやっぱ履かなきゃわからないでしょ?ということで今回このような形になったのだ。








また足袋と呼んでるブーツ部には2タイプあり、今回試着用のは左右別々タイプが取り付けられてるのでどちらが自分好みかすぐわかるのも嬉しいところ。ある方は、試着して快適だとウェーダーを履いたまま飛び跳ねたりし大変驚かれてました(笑)因みにサーフウェーダーも数種類があるので、自分好みなモデルを見つけてみて下さいね。


ウェーダー・アパレル・サングラスなどは身につけてみないとわからないもの。是非、この機会に試着してみて下さい!






鈴木
色んな方に「YG行ってもスーさんいつも居ない」と頻繁に言われます。週末だと忙しいだろうからと平日に来てくれる方によく言われる傾向があるのですが・・


11時15分~12時30分は不在です。




呼び出してくれれば売場に戻りますが・・この休憩時間に皆からの連絡に返事したりブログ書いたりレポート書いたりしておりますので、出来れば上記時間を外してくれると助かりますm(_ _)m


----------------------------------------
■ 諸々嬉しい事!


めだか製作所に頼んでたロッドのリメイクが完成♪ロッドは知る人ぞ知るFISHMANのジギングロッド。ただ昔の竿なので使用感が重くバット部の軽量化を依頼してたのだが、作業の途中で所長?塾長?より「ちょっと遊んでいいですか?」と連絡が来て任せたところ・・



要所要所に白いスレッドを巻いてくれた^^ このFISHERMANはロッドにスペックが書いてない。一体どのくらいのルアーがマッチするのか、釣り人の判断次第といった感じがしてとても好きなのだ♪好きなロッドが更に好きになるリメイクって考え方・・どうでしょ^^


めだか製作所ありがとう!!

https://blogs.yahoo.co.jp/ytfmp895
※更新にムラあります。有りすぎます(笑)






そしてもう一つ。
YGによく来てくれる真っ黒に日焼けしたおじさんから、素晴らしい物を頂いた♪





偉そうな額縁に入った一本の針。
スマホと比較してみると大きさがわかって頂けるだろう。(※スマホはARROWS M02)





「ありがとうございます!店に飾ります!」と言うと「そんな勿体ない事すんなよ(笑)家に飾ればいいでしょ」と有り難い言葉を頂いたので玄関先に飾ることにしました^^


先日の釣りキチ三平のカレンダー然り、沢山の釣具然り、ドンドンとマニアの館になってる気がするけどね(笑)




こんな自分に良くしてくれる皆。
昔からホントーにクソみたいな男ですが、釣りにだけはいつまでも紳士で有り続けますので今後とも宜しくお願い致します!







鈴木

水は怖い!

2017/07/22

秋田県各地が大雨で大変なことになってますね^^;


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000021-jij-soci


秋田の友人らが心配です。


ボクらも秋田遠征を後5時間延ばしてたら帰られなくなってたかも知れないと思うと恐いものです。藤谷さんから「先日のポイントが決壊し川幅も3倍くらいになってる」と連絡があり、NAGAさんからは「仲間の船が5艘沈んだ」と写真が。




知ってる人ならどれだけ水位が上がってるかわかる一枚。本来、目の前の木の下に船に降りるスロープがありそこに船があるのだが・・3メートル以上水位が上がっている。


兎に角みんなの無事を祈り、1日も早く笑顔になれることを願ってます。







鈴木
AM 3時起床。


身体がバキバキ。
NAOKIんを起こしに行こうとしたら5歳くらい年くったような顔でボーッと突っ立っていてビックリ!自分より年上だし、運転もしてくれているので疲労度は彼の方があるだろう。それでもイヤとは言わせずに出発!(まぁ、言うとも思えないが)


目指すは昨日にシーバスをキャッチしたポイント。というのも夜にコケたのもありNAOKIんが「朝はどうゆう状況になるのか確認したい」とのこと。彼とはここらへんの価値観が似ているので話が早い。


釣り場につくと朝から蝉がうるさく、本州だなと感じさせられる。




昨日はウェットゲーターでの入水だったので快適だったが、今日はウェーダーを履きウェーディングについても色々確認。腰までウェーディングすると全然違うものでゲーターの方が楽なんだよね。ウェーダーで上流へ歩いて行くのは酷なものなんだなぁと今更ながら。





正直今日はNAOKIんがキャッチ出来れば個人的にOK。言葉にはしなかったがヒシヒシと感じていただろう(笑)ポイントにつき、まったりとスタートしてみたが・・蝉と鳥の鳴き声しかなく静かなもの。





日も高くなり始めた頃、NAOKIんの目の前でシーバスが狂ったようにベイトを追い掛け出した!昨日とは比にならないほどバシャバシャやるが、ルアーには全く反応せず。腰までウェーディングしてたNAOKIんも一歩また一歩と前に行き始め「それは行き過ぎだ(笑)」と促す。


結局、一度のバイトもないのでこのポイントを見切り違う場所にいくもルアーに反応したシーバスが寸前で食うのを止めたのが一度あったのみ。うだつが上がらないし暑さで心が折れ釣り終了。


身体はコタコタなのでこのまま帰るのは危険!少し寝ようと宿に帰る途中で見つけたそば処 吉野家に立ち寄る。本州は見慣れないものがいっぱいだね(笑)




で、暑い時は・・プシュ(笑)





思いっきり爆睡した後、男鹿半島のお土産屋の社長に会いに行ったら時間がパツパツとなり急いで青森に戻り今回の遠征は終了。





尻すぼみな展開だったが単純に今回の遠征は少し暑過ぎ!。次回はもう少し涼しい時にやらんと身体にも良くないなと。今朝、起きてトイレに行った時に小便が少ししか出なかったけど今思えば軽い脱水症だったのかなと思うしね。


バカも程々にって事ですわ(笑)


----------------------------------------


そして・・帰って来て知る。


この時期は暑さでシーバスの活性がすこぶる低いので地元の人でもデイゲームで一本釣れたら上出来らしいと。そう考えると藤谷さんのガイド様々だったって事だね!魚を釣るのが楽しいって気持ちはあるけど、ボクは釣りを通して色んな人に会える方が断然楽しかったりする。


様々な出逢いに感謝です。
これを糧にまた明日から精進するのみ!藤谷さん!また会いに行きますね^^ お疲れ様でした。










鈴木
今回挑んだのは通称「山鱸」。


なんだソレ?と思う方の為に“山鱸とは”について説明します。


あれは2年前の出来事。

http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2284.html


当時imaテスターの藤谷さん(今はテスターを卒業)に会いに行った際、「今度、山鱸やりにおいでよ^^」と言われ一緒に秋田を訪れていたNAOKIんと首を傾げつつ話を聞くと秋田県を流れる大河川“雄物川”は堰堤というものが上流まで存在せず、鮎を求め鱸(シーバス)が何十キロと上まで遡上するとのこと。そんな山々とした景観でシーバスを釣ることに対し「山鱸」と呼ぶのだそうだ。


また海で釣る個体は身体が傷付いてるシーバスが多く(写真参照)、上流に登り居着いてる個体は綺麗な事が多いのも特徴的とのこと。





と、言うわけで“綺麗な景観で綺麗なシーバスを釣る”べく藤谷さんとコンタクトを取り秋田に向かうボクとNAOKIん。自分らが住む道南では大きな川も無いので、どんな釣りになるだろうと車内ではテンションがいつもより高く話が絶えない。24Hガソリンスタンドがやってなかったり、インターチェンジがETC専用だったりと不慣れな土地でトラブルが相次ぎ待ち合わせ場所に到着したのはAM7時を過ぎた頃。「日中は暑くて釣りにならないので狙い目は朝夕」と言われていたにも関わらず既に朝のチャンスを逃してしまった(笑)




それでも藤谷さんは苦い顔もせず笑顔で出迎えてくれ2年ぶりの再会。待ってる間に色々と頭を捻りめぼしいポイントの下見をしてくれていた。いつもは自分らで釣り場を見つけ出し結果を出すので、ガイドがいるとこんなにも力強いものかと思えてくる。



まず最初に案内してくれたのはご挨拶みたいな感じのポイント。まぁ正直、何を投げたらいいかわからんのでima koume60(クロキン)をキャスト。流れを読もうと思って角度を変えたりしてたら4投目にサイズは小さいが本命をあっさりゲット(笑)


Rod / ima shibumi IS810MC(ベイト)
Reel / Shimano カルコン101HG
Lure / koume60
Line / Yamatoyo レジンシェラー 1号
Leader / Yamatoyo 耐磨耗リーダー 20LB



「居ると答えは早いですよ」と藤谷さん。名手の一言は安心感が違う。一方、NAOKIんは「ヒットしたけどバレちゃったが多分・・サクラマス(笑)」と二人のニヤニヤは止まらない。次なるポイントは藤谷さんが景観では一番のお気に入りという場所。ポイントの説明を受けているとランカーサイズが目の前で跳ねる。鼻息荒く川に降り立つが、釣果なんてどうでもいいと思わせる景観に感無量!





ここから暑さとの戦いになるのだがウェーディングしてると涼しいので長時間を費やす。粘ってるとNAOKIんがヒット!しかしバレてしまう。そして日が高くなるにつれ徐々にシーバスのライズが減り厳しい状況に。でもこの景観だけでボクらは満足しており、藤谷さんがガイドしてくれてなかったらここで釣りを楽しむことは出来なかったし、ただただ感謝でしかない。


が、藤谷さんからしたら釣ってくれなきゃ心が落ち着かない事だろうなと少々焦るが近くのドライブインでひとまずランチタイム。食後に軽く道の駅などウロウロし車に戻ると「キンキンに冷えた飲み物ありますよ」と藤谷さんがクーラーで冷やしてたノンアルコールビールをくれ3人で炎天下の中で乾杯♪アルコールは入ってないが最高に旨い!


で、次なるポイントへ。




ここに必ず魚は居るすよ!と藤谷さん。だが反応は皆無で気温上昇に伴い魚の活性がすこぶる低いんだなと痛感。ベイトとなる鮎は豊富にいるのだが・・。




夕まずめ~ナイトゲームを視野に入れ次なるポイントへ。水が落ちる瀬からNAOKIんが先ほどバラした場所の対岸までウェーディングしていくのだが・・とにかく暑い!(笑)何もしてなくても全身から汗が吹き出す暑さ。それでも釣りを休む訳がない!






ここまでで何キャストしたかわからない。でも不思議と疲れはなく夕日が高揚感をもたらしてくれる。





上流から藤谷さん・ボク・NAOKIんと立ち込みキャストをし始めると間もなくボイルが始まり、今日の感触からima koume70のロイヤルコーラルピンクを投げ倒す。手持ちのルアーの中でサイズ・色・重さを考えるとコレしか考えられなかった。




アップクロスではなくダウンクロスの方がいいのでは?と考え、NAOKIんのルアーと被らないように投げ丁寧に誘ったらガツン!とシーバスだとわかる感触!!


よっしゃー!喰ったー!



と二人に知らせ愛竿ima shibumiが綺麗にアーチを描く!もうね、心臓バッフバフです(笑)なるべく跳ねさせないようにロッドを寝かせ背中からランディングネットを外し無事ランディング!


Rod / ima shibumi IS-96ML
Reel / shimano 16ヴァンキッシュ 4000XG
Lure / ima koume70
Line / Yamatoyo Strong8 1号
Leader / Yamatoyo Super Shock Leader20LB



すっげー気が楽になった一尾!
嬉しくてヘロヘロで当初の目標だった「ランディングネットにシーバスを入れた写真を撮る」「水中でシーバスを撮る」という事がすっかり頭から抜けておりあっさりリリースしてしまった。心を落ち着かせる為にもリーダーを組み直し、もう一匹と再び腰までウェーディング。


すると藤谷さんがバラし、直後にNAOKIんの目の前でボイル発生!すぐにキターとロッドを曲げるがシーバス特有のエラ洗い(跳ねて頭を振ること)がない。遠くから見てて「ありゃシーバスじゃねーな(笑)」と思ってたら





ニゴイ様!ボクらの釣旅のキッカケは「地元じゃ釣れない魚を釣る」という目標もあるのでこれはこれでいいのだ。ニゴイが暴れて針が指に刺さってたくせに満面の笑顔なんだもんわかって貰えるでしょ(笑)


いいなー俺もニゴイ釣りたいなーと思い狙いをボトム付近に切り替えたらヒット!来たー!ニゴイー!とか騒いで雑に寄せて来たら跳ねるシーバス。雑に扱ったせいで目の前でフックアウト・・。勿体ないことしたなと思ったら次のキャストでニゴイ登場。





その後、2本もシーバスをバラしてしまうが理由は明白でボトム付近で喰ってきたやつらは目の前にルアーが落ちてきたからただ喰っただけで本気ではないのだ。この違いがわかっただけでも勉強になったし、学べたのもコウメと藤谷さんのお陰。


その後、メインとなるはずのナイトゲームが何故か沈黙。ベイトも姿を消してしまい本日の釣りは終了。


藤谷さんとお別れしNAOKIんと「秋田運河でシーバス狙うか?」という話にもなったが2人とも暑さと疲れでヘロヘロだったことからナイトゲームやっちゃうと明日の朝まずめは不可能と判断し納竿。潔く宿に向かう事にした。


宿はユーランドホテル八橋。
疲れてるくせに思い出のパチスロがあったのでやってみると・・





どうやら今日のボクはツイてたみたいでした(笑)さて、明日はどうなることやら♪







2日目に続く
新シリーズ

山鱸 編!





個人的にゃ釣果よりロケーションを楽しんだり“人との繋がり”がメインです^^ 欲を言えばいい魚に会いたいけどね(笑)


今夜青函フェリーにて旅立ちます。








届かないかも知れないけど北海道の小さな街からエールを送ります。




ボクはアナタの笑顔をまた見たいです。乗り越えて帰ってくる日を待ってます^^ きっと沢山の笑顔が待ってますよ






鈴木

収録DAY!

2017/07/17



tailwalkのmade in Japan。
いい仕事するわ^^


来月の釣りバカZは「夏のイカ&ブリ」!お楽しみに!





夏バテ鈴木
仕事のボクは関係ない(笑)




花火は角度を変えれば様相が全然違うんだよな~そんなことを思いながら帰路に眺める^^


釣りばっかりしてないで、少しは夏らしいこともしないとね(笑)






鈴木
釣り仲間のよっぴーくん。連日青物をキャッチしてますが・・


ima 魚道110MD


またもima 魚道110MD


次はima フレイミングダート95S


全てに共通するのはグリーン系カラーってのとレンジがやや下気味ということ♪迷える人達の為に・・^^





よっぴーの娘ちゃん!
めんけー子なんだよな~父親に似ずw






鈴木

遊漁船 STEEL

2017/07/14

福島町で2017年よりスタートした遊漁船「STEEL」。新しい遊漁船が出来たと噂は耳にしていたが、個人的に気になるのは釣りの内容や船の装備などではなく「船長の人柄」


釣果に関しては、そりゃ釣れるに越したことはないが自然相手の遊びだし釣り人のスキルも関係してくる所なのであまり気にしない^^ とにかく気持ち良く釣りが出来ればいいので船長の人柄ってのは凄く大事なファクター。




だからボクは「あの船はスゲー釣れるから乗りたい!」って気持ちは沸かないのだ。それより「あの船長めちゃくちゃ面白いぞ!」って言われた方が行きたくなっちゃう(笑)全ては巡り合わせだからね^^


そんなこんなな話を踏まえ本題。


実はちょっと取り組みたい事もあってSTEELの菊池船長に連絡してみよーかなぁって思ってたら本日YGに来店!あちこちのお店に挨拶に回ってたんだろうが、自分が出勤してる日にハマるとは縁があるんだろうなと感じたのさ!んで船長から


マグロを探し出す自信はあります!


との力強い言葉!


ボクはスポ根とか好きなので、グラッと来ちゃいました(笑)こりゃー乗りに行かねばなりませんな♪8月が一番熱いとのことなので・・来月ガチ釣りは自粛するつもりだったがそうもいかなくなりそうだ。



マグロチャレンジしたい方、是非ご連絡下さいまし^^







鈴木

PS.しかしキラPの足みじけーなw

Nightop!

2017/07/13

函館には旧盆という一般的なお盆とは違った文化があります。と、昔も書いたような気がするので函館湾へ^^


公私共にイライラモヤモヤする時は釣りに集中するのが一番♪


イワシやアジを求めてあちこち行ってみると、水面を割ってバチャバチャ騒がしくなってる場所を発見!下のレンジで黒ソイをキャッチするがサイズも微妙だし、これじゃ心が痺れない(笑)なのでトップゲームでしょ^^とワームにネイルフロートを付けて水面で誘う。


1匹釣れたら止めようと思うがなかなか針掛かりせず時間だけが過ぎて行く。ただ神経を研ぎ澄ますかのような釣りだったので少し気を抜いたらバチャン!と飛び出して来てくれた♪



こりゃなかなかのサイズだと思ったらハチガラさん。

ROD / tailwalk LIGHT GAMER S66UL
REEL / DAIWA 月下美人AIR 2002H
LINE / Yamatoyo アジングフロロ 0.3号
LURE / deps デスアダー4(グロー)
HANDOL / Gcraft



少し目がショボショボしてきたが、それから海タナゴを狙って見るもチェイスはあるが全然口を使わない。これから寝苦しくなる夜が続くので、暇みてまめに通って見ることにしま~す♪


■ ライトゲーマーTZ


今年リリースされたtailwalkのマルチライトゲーム用ロッドのLIGHT GAMER TZ。ターゲットに捕らわれず高水準で自由な釣りを楽しませてくれるいいロッド。


http://www.tailwalk.jp/salt/lightgamertz/


当初はアジング用にと思っていたが、昨年アジに混じって良型の根魚が出ることも多くマルチに使えるようにとこのロッドを選んだのだが思ったより汎用性が高い。使用しているラインは3LBだがそこそこの根魚でも難なくキャッチ出来ると感じる^^


しかし、今年のアジの少なさには参ってしまうね(笑)完全に肩すかしを食らった気分。YGでもアジはどうですか?らなどの問い合わせも多く口にしないけどみんなガッカリしていることでしょう。でも従来は7月の魚だったのでね♪諦めず調査は続けますよ(笑)








鈴木
本日YGに一人の少年が。


「イナダ釣ったので記念写真撮ってもらっていいですか?^^」


とのこと。店に何度か来てた子でいつもジグとかルアーを購入してくれてたので気にかかってたんだが青物狙ってたとはね♪




写真を撮って思う。


自分も小さい頃はどんな魚でも相手してくれるのが嬉しかったし、釣具店ってのはワンダーランドだったこと。今は亡き親父に初めての釣具店「函館釣り教室」に連れてってもらい自分用の竿を購入したのを鮮明に思い出した^^ 釣具店ってのは夢を与える仕事なんだと改めて感じた。


そして子供ながらに釣具店にいる人は“スゲー釣りに詳しい人”で言わば先生みたいな存在だったことも。最近遠方での新鮮味のある釣りに心を奪われ地元の釣りが疎かになってたなとも^^; 面白いし自分に嘘はつけないからしゃーないっちゃしゃーないんだが少し心を改めないとね。


彼に少し学んだ気がする。


だが、おじさんが中学生のころはこんな魚は沖で釣るものだったのでね・・中学生から青物の引きに魅了されてしまったらと思うと親御さんはこれから苦労するでしょうね(笑)何はともあれ駿くんおめでとう!そしてありがとう!^^


■ 告知だよーん


釣り仲間の山ちゃんのお店「CRAFTBEER BAR JUN」イベントのご案内です♪
当日は牡蠣も販売したりするみたいなので興味ある方は是非!ボクは牡蠣食べれませんが時間に余裕があったら駆け付ける予定です^^







鈴木
ちょうど1ヶ月前。


家でテレビのチャンネルをボチボチしてたらNCV「釣りバカZ」がやってたので見たんだが「俺すげー太ったな(笑)」と感じこっそりとダイエットを開始。お気に入りの服も小さく感じ始めてた頃だったので決意は固く1ヶ月で8キロちょいの減量^^



青いラインが目標体重で、右肩下がりで順調に推移。しかし昨夜程々飲んだので体重が気になってたんだがリバウンドは無しで一安心。だが真っ黒な便が出て「身体に負担かかってて胃でも出血したんだろうか?」と少し不安になったが、スマホのアルバムを見て思い出す!


犯人はお前だ!w


そう犯人とは函館海鮮料理「海寿」のオリジナルメニュー【イカブラック】!




イカスミスープの中にイカが入っていて、それを普通に食べるだけでも旨いしご飯を入れてリゾット風にしても旨い!それを支えているのは特製スープ^^ ひさしぶりに毎日でも食べたいと思わせてくれる一品♪


ただ次の日ウ☆コが真っ黒になるので要注意(笑)しかーし!懲りずに2ヶ月目の記念日に食べに行くぜ!







鈴木
秋田から戻り数時間後。


今度は来函していたAnglers Design代表の上田さんに北海道トラウトを釣ってもらうべくガイド^^ 正直かなり身体がキツい!が頑張るのである♪

今回はガイド役に徹しようと「ロッド持って行きません!」と発言してたのだが「いやいや一緒に釣りしようよ」と言われ持って行ったのが運の尽き。




上田さんはフライフィッシング。フライで流した後をルアーでタラタラと撃って行ったのだが開始早々にやっちまう(笑)



ROD / tailwalk Troutia 43L/C
REEL / shimano カルコン51 Avail ver.
LURE / ima issen45S MAX
LINE / Yamatoyo レジンシェラー1号
LEADER / Yamatoyo フロロリーダー12LB



この他にもボクには頻繁に小さなヤマメやブラウンが相手してくれるがドライフライではなかなか出ない。そもそも虫が殆ど居ないのでコレじゃ厳しい。今回は釣ってもらうのがミッションなので場所移動!


60upのブラウンと50クラスのレインボーを目視!早速上田さんに狙って貰うがワンチャンスをモノに出来ず。ちょっと難しい場所だったのでガイドとは色々考えないとダメだなと改めてまた移動。


フライはやりにくいポイント。でも必ず大きいの居ますから!とやってもらう。で、大場所で遂にビッグトラウトがヒットするも上田さん油断しててラインブレイク^^; あちゃ~と思ってたが・・


ホントに居るんだね!


と目をキラキラさせている(笑)どうやら道南のような細い川で大きなトラウトが居るのが信じられなかったらしい。しかしやっぱりフライではやりにくい河川なので少しやりやすい場所へ。


ここからサイズは大きくないがポンポンと魚が出るので見てるこっちまで楽しくなる^^ フライはもう17年触れてないが、やろうかなと思っちゃったもんね(笑)





そして夕まずめが近付いた最終ポイント。個人的に少々焦りを感じ流れるフライを見ながら「出ろ!出ろ!」と願う。虫が飛び回ってるのにライズする個体が全然おらず魚は居ないのか?と思ってissenを入れるとちゃんと魚は反応する。




時期がマッチしてなかったんだな~とあきらめかけてた時にヒット!「綺麗な朱点だねぇ♪」とカメラを取り出す上田さん^^





終盤だったので実は二人とも足がフラフラし始めており、この1匹が色んな面で助けてくれたのかなと^^


移動の車中でもADの新製品の話、釣り業界の話などで会話は途切れることなくずーっと喋っておりクタクタなはずなのに「飯行きますか」と。一度帰宅しシャワー入ってから再合流!上田さんが泊まってるホテルより程近いBAYエリアの「函館海鮮料理 海寿」へ。





(第二明治館の向かい側)



実はここのオーナーとは遊漁船彩貴丸に乗船した際に何度か会ってるし同級生の友人ということもありこの店にしたのだが・・


残念ながら不在(笑)


するともう一人船内で見たことある顔が^^ この店の店長らしい。着席しお疲れモードの二人は「適当に刺身盛り合わせで」とオーダー。すると店長が来て「サービスです!」と・・




豪華過ぎやん!(笑)


これはこれで他に沢山頼まなきゃダメじゃ・・と、このお店オススメのイカブラックを注文。これめちゃくちゃ旨い!!知床地鶏もスゲー旨い!




気温30℃を越える日に朝から夕方まで渓流遊びしてたから沢山汗をかいてただけにビールが進む進む。アルコールが周り始めた頃に





また店長が!(笑)
「そんなにしてもらったら悪いから!」と言うと「オーナーから手厚くするようにと指示が(笑)」ですと。逆に何だか申し訳ない。


で上田さんが日本酒を飲み始めたらまた店長が登場!「日本酒飲んでるじゃないっすか~^^ つまみにして下さい(笑)」とシシャモ・ホヤの塩辛・甘エビの塩辛を。






サービスして貰ったから書く訳じゃないと先に言っておくがこの店の料理は基本的に全て旨い!上田さんも絶賛しておりまた函館に来たときは必ず来ると言ってた程。釣りのガイドは微妙だったが、食のガイドは大成功(笑)


店内は水槽だらけといっていいような感じで、あちこちに生きた魚やカニや和崎船長が釣ったヒラメが居たりします(笑)


※手は入れないように



終わり良ければ全て良し!
超楽しい1日となりました♪
またのお越しお待ちしております^^


また海寿の皆さんもホントにありがとうございましたm(_ _)m







鈴木
AM3時起床。


睡眠不足と前日の日焼けと、黙々とルアーを投げまくったお陰で身体はパキパキ。まだ見ぬ一匹を求め、NAGAさんの船が停めてある場所に向かう。予定としてはバーチカルジギングをやってからシーバスをやるとのこと^^ 久しぶりの乗船なので場所がわからず朝からNAOKIんとウロウロしたが無事到着。カレンダーを受け取りお土産を渡し出船!メンバーはボク・NAOKIん・NAGAさん・NAGAさん友人の4名。




朝だからシーバスちょっとやってみましょ!となったがNAOKIんのソゲ一枚のみで何もなく・・沖に走ることにする。が波風があったので酔い止めを飲んでたボクに強烈な睡魔が^^; 気がつけば寝ており目を覚ました頃には塩瀬埼沖でNAGAさんがガシラをヒットしたところだった。急いで準備をしスロージグを投入。




下から15~20mくらいのところでガガガっとバイトがあり巻き上げてくるんだが、上のレンジに来ても引き抵抗があり何の魚なのか全くわからない。そのドキドキ感が遠征の醍醐味でありたまらない瞬間!そしてNAGAさんのご友人も同時にヒット♪


これがキジハタじゃ~い!
記念にパチリ♪




いや、同時にNAOKIんもヒットしてたが超小さい黒メバルだったのでNAGAさんもカウントせずw


んで、そこから苦戦。
というのも二日前に秋田では大雨が降り大型河川が3つもあると川から降りた真水が海に押し寄せ海の状況が一変するのだそうだ。因みに今回訪れた塩瀬埼は秋田でも超一級ポイントらしいが・・近くにいた遊漁船は完全ノーバイトとのこと。現に凄く綺麗だと事前に聞いてた塩瀬埼沖は八郎潟と濁りと変わらない水色^^;


NAGAさんが・・


「釣らせてあげたいけど、どこに行ってもダメかと。遊介さん・・辛いっす!」



と、言うので「今回はNAGAさんに会うのが目的だったし、キジハタ釣れたから全然いいですよ(笑)」と返すと「戻ってシーバスやりますか」と秋田運河へ。で、ここからも前日同様にスピンブレードが炸裂!(因みにボクは持ってないw)NAOKIんとNAGAさんの友人はキッチリとキャッチしたがボクは残念ながらシーバスを手にすることは出来なかった。





この頃午後1時半過ぎ。午後5時半には青森フェリー乗り場についてなければならないので釣り終了!足早に片付けリベンジの約束をし秋田を後にする^^




■ 2days tackle date
~ジギング~
ROD / tailwalk SSD SPJ 633
REEL / Daiwa キャタリナBJ 200SHL
LINE / Yamatoyo ジギング8ブレイドPE 2号
~キャスティング~
ROD / ima Shibumi bait 710MLC
REEL / shimano 13エクスセンスDC left
LINE / Yamatoyo ストロング8PE 1号



帰り道は今回の釣りの反省会♪
まぁ内容的にガチンコの釣りではなかったが、やっぱりあの状況でスピンブレード無しでも釣りたかったしね^^




〆は変な味のソフトクリーム。
暑いから喰いたくなったけど、暑くても旨く感じないってのも有る意味思い出だわ(笑)



そして・・







翌日に続く。

※当日のNAGAさんのブログはこちらからhttp://srv.naturum.ne.jp/e2950178.html
シーバスを狙いに秋田にGO!


というのは嘘。


NAOKIんと秋田県のNAGAさんの所に頼んでた「釣りキチ三平」のカレンダーを取りに行くのが本来の目的^^ ずるずる延びて7月になっちゃったけどね(笑)




珍しく目的が釣りではなくアバウトな感じ。取り敢えずシーバスタックルとオフショアジギングの準備だけして秋田を目指す。





ノープランの土曜日。時間に余裕があるので八郎潟でも見ていこうと立ち寄ってみたらウズウズ!ちょっとやってみんべ♪と手持ちのソルトルアーで遊んでみたらNAOKIんがナマズ!ボクは雷魚^^ やっぱこの釣りは痺れる(笑)




んで「日中にシーバスなんて簡単に釣れないしょ~」とNAOKIんが観光モードに入りババヘラアイスを食べ始め・・




うどん・そばの自動販売機に立ち寄り「旅の醍醐味は食ですからね~(笑)」と食いまくる。




で、本腰を入れて釣り場をウロウロしてるとキス釣りの光景が目に入り釣り人らと話し込むと日中にシーバスが釣れるとすれば秋田運河に行けばいいとのこと。





秋田運河ぁ?


となればまずは地形確認する。
秋田のタワーに登り・・









あそこらへんかな?って場所に行くと釣り人がちょうどサビキでセイゴを釣り上げた所で、話を聞くと大きいのはあっちがいいよ^^と教えてもらい行ってみたら7~8台の車が。


おぉ!ここがメッカなのか♪と思ってたら一人の釣り人が70cmくらいのシーバスを釣り上げ・・スイッチオン!!




ライジャケなんか着ていられないぐらい暑い(笑)けど何とか陸っぱりから一匹ぐらい釣ろうと頑張る!周囲には餌釣りの方も含め10人程度で、先釣者から「スピンブレードがいいよ」と聞くが持ってきてない。


取り敢えずバイブレーションを主体にあれこれやってると周りがザワザワしはじめスピンブレードを使ってたNAOKIんがヒットし無事キャッチ。その直後にima koume60でボクにもヒット!が、バラしてしまう・・。




日中にこんな感じなら夜になったら炸裂するんじゃね?




と話してたが何故か夕方から全く反応がなくなり、周囲も一人、また一人と帰って行き・・





これぞシーバス!って場所に移動したりするも何もナシ。翌日は3時起床でNAGAさんの船に乗るので、早めに宿に行って就寝。



なんかダラダラした感じで書いてるけどメリハリのあるストイックな釣りも面白いが、行き当たりばったりで人に触れる釣りもまた面白いんだよね^^ 秋田弁・・ハマっちゃいそ♪







翌日に続く

七夕。

2017/07/07

職場で「願い事書いて(笑)」と短冊を渡され今日が七夕ってことを思い出す。




願わくば残り半年いい魚に沢山巡り合わせてもらいたいものです(笑)ということで行ってきます♪






鈴木
久しぶりの渓流。


めちゃくちゃ大好きな釣りだが、熊の存在を考えると余程スイッチが入らない限りなかなか一人では行けないもの。で、今回はスイッチが入ってたので行ってみた。




今回は魚の反応を見る事の他に“渓流ベイトにおけるPEの使用感”“ウェットゲーターで寒くないか”の検証もしたいところ。あ、そうそう悩みに悩んだ挙げ句ラインは評判のいいYamatoyoのレジンシェラーを巻いた。


AM 5時30分入渓^^
ウェットゲーターでも寒くない。




ima issen45S MAXのイワナカラーを中心に釣り上がる。が、開始早々からサイズはともかく魚がポンポン釣れる^^






これはこれで楽しいのだが、今日は「工房 遊喜」さんに作ってもらったビッグサイズのランディングネットを背負ってたので・・





しょっぱい絵ばかり(笑)


で、日が差し込んで来るようになったのでissenをイワナカラーから珍しくスプーンにチェンジしてみる。スプーンはあまり好きではないのだが、ちょっと試してみたい事もあったしね。するとヤマメが釣れ始め・・




こんなサイズがポロポロ釣れるならissenもヤマメカラーがいいんじゃね?とチェンジ。すると直ぐに・・





共食いか!w


など面白い感じが続き大場所の登場。すぐにキャストせず少し間を置いてピンポイントでカバー下にissenをブッ込むと大きいのがノソッと姿を現した直後に違う方向からもう一匹が飛び出しルアーを引ったくりやがった(泣)





まずまずだけど、最初に姿を見せた奴の方がふた周りは大きかっただけに・・ね。と、ここで強烈な腹痛に襲われ「トイレに行きたいが目の前にはおいしそうな場所あるし」と少し我慢してみるがコレはヤバい波だと気付き勇気ある撤退(笑)

ROD / tailwalk Troutia 43L/C
REEL / shimano カルコン51 Avail ver.
LURE / ima issen45S MAX
LINE / Yamatoyo レジンシェラー1号
LEADER / Yamatoyo フロロリーダー12LB



結局トイレ後に渓流に戻ってしまうと10時からの打ち合わせには間に合わなくなってしまうので後ろ髪を惹かれる思いで渓を後にした。


■ 渓流PE


今回カルコンに巻いて行ったのはヤマトヨテグスのレジンシェラー。




今まではナイロンやフロロの8LB~16LBを使っていたのだが、今回PEを使い・・実は目から鱗が落ちるぐらいの衝撃だった。どうも「PE=景観にそぐわない。環境によろしくない」ってイメージが強くただの食わず嫌いだったんだが・・使ってみるもんだね(笑)どんなに適当にキャストしてもバックラッシュはせず寧ろ「なんでいままで使わなかったんだろう」とさえ感じた。


但しベイトフィネス用じゃない純正のリールを使ってる方はより快適に釣りするには専用スプールへの交換をオススメします。シマノやabuやtailwalkだとアベイルのスプール。ダイワだと・・知らん(笑)キャスティングに自信がない方でもアベイルスプールにするだけで激的にキャスティングが上手くなること間違いなしですから^^


思い出してたら・・また渓流に行きたくてウズウズして来たのでおやすみなさい!(笑)








鈴木
愛用しているエルドラドのネックレス。



事の経緯はこちらから↓
http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2661.html


2016年個人的ベストアイテムにしたいぐらいのお気に入り。日頃していると「今してるやつがエルドラドのやつか!でもHP見たけど高くてなかなか手を出せないんだよな~」などの声を貰うことが。覚えてくれただけ感謝なのである。


ただ、一つだけ意見を言わせてもらうならば「シルバーは高くなきゃ!」ということ。安く誰にでも手に出来る物ってのは思い入れも薄いし特別感がない。釣りに対する想いをどこまで表現出来るか・・そう感じて欲しいなと。まぁ、自分も昔からシルバーが大好きでA&G・ゴローズ・クロムハーツなど愛用し様々な質感に魅了されてきたがエルドラドも同じ匂いがするんだよね^^


だから迷ってる方には触れて貰いたい。


なかなかそんな機会は無かったが、この度札幌の釣具店「ノースキャスト」さんでエルドラドのネックレスを取り扱ってくれることになったのだ♪

http://eldorado.red/?p=2727


高い!ってのもわかる。
でも高い理由もある。
それは触って貰えたらわかること!
是非札幌に行った際はノースキャストにお立ち寄り下さいな♪





こんな陽気なおっさんおりますからw






鈴木
7月4日と言われればいつも「7月4日に生まれて」というトムクルーズ主演の映画を思い出す。


7月4日に生まれて(wiki)


思えば昔はアホみたいに映画を見てたが最近は釣りばかりで全然見ていない。少し前に見て面白かったのが・・まさかのゾンビものw




見たい映画はあれど、釣りや釣りの準備、釣具のメンテナンスに終われる日々。やっぱ最近感じてるんだけどアレコレ色んな魚を対象に釣りやるのはダメだね!(笑)大変過ぎるw


地元のシーズンに合わせての釣りが、気がつけば地元の魚以外の旬も追っかけてるし。かと言って全て面白いので削れるもの無いんだよな~





鈴木



冴えない空模様。


それもそのはずAnglers-Designのウェットゲーターが発売延期になったもの!今年、渓流用に購入しようとしてたらコレだもの(^^; んでリアスコクワ親父さんが函館に来たので「ADのゲーター発売延期になったのでリアスさんのゲーター買おうと思ってるんですが在庫あります?」と聞いたら「今年どこのメーカーも延期になってるんですよ・・」とのこと。



え?・・まさがよw


って感じ。余所からの話によるとリトルプレゼンツも遅れてるそうで、順調にリリースされたのはRBBやリバレイでお馴染みの双進だけらしい。


何の釣具に関しても言えることだけど無いとなるとめちゃくちゃ欲しくてたまらなくなる(笑)でも無いもんはしゃーないよなぁ。黙ってリバレイのゲーターにするしかないのかな!





ボヤキ鈴木

渓流の糸。

2017/07/02

ここの所オフショアとナイトゲームばかり(ナイトはupしてないけどね)だったが、そろそろ渓流をやりたい気分♪で、準備をしてた時にふと「渓流にPEを使うのは毛嫌いしてたが、実際どうなんだろう」と考えてしまった。


自分は渓流ベイトに基本的にナイロンの太糸を使用してきた。渓流というよりブラックバスの釣りに近いスタイル^^ それでも魚は応えてくれたし不自由を感じたことがなかったので変える必要はないのだろうが、唯一あるとすればアベイルを筆頭にベイトフィネスのスプールは溝が浅いので太糸を沢山巻けない点。




試さないであーだこーだ言うのは間違ってるなと、渓流PEデビューしてみることにすると決めた♪と、なれば今度は何を巻くのか悩む訳で・・


渓流ベイトで評判のいいレジンシェラーか




スピニングで愛用しているストロング8か・・




視認性にも優れているし楕円形ではないので、いいんじゃないかと思ったがストロング8は8本縒りなので擦れに弱いようなイメージがあるので・・と思い付いたのが今年発売したストロング4♪




オフショアで最近使っているストロング4。コストパフォーマンスに優れ業界でも安値ランキング上位ではないだろうか。YGでも取り扱っているがストロング4のエコパッケージモデルは200mでも1700円前後とかなりお買い得^^


ラインが単色だと偏光レンズの色、天候、ラインの色がマッチしないと最悪1日中やりにくい釣りになってしまうがレンジマーキングだと必ずどれかのカラーが見えやすく映るだろうと踏んだ訳だ。ただ魚への影響はどっちに転ぶかわからんけどね(笑)


と、まぁダラダラと書いたけど何が言いたいかというと食わず嫌いじゃなくPE試して来るぜ!って話でした。







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail