YGのお客様にここ数ヶ月ハイペースでタックルを購入してくれてるWさん。ある時はタックルを落とし水没させてしまうし、ある時はロッドが折れたと駆け付ける。来る度に思わず・・



「今日はどうしたんです!?」


と、声を掛けてしまうほど(笑)


そして先日、鮭用に購入したダイワのリール「レブロス」が回らなくなったと新しいリールを購入。「どうせ捨てるつもりならボクに預けてみませんか?」とお預かり^^ 多少はいじれる方だと思うので出来ることなら回るようにしてサブ機になればいいなと手をかけてみる。


but....




浸水しとるやんけ(笑)こりゃ~手強い。しかしせめて回るようにしようと夜な夜な洗浄・研磨を繰り返し何とか回るようになったので来たら渡せるように店に持ってきてギュイーン♪





というのは嘘!

ガラガラガラガラと酷い音(笑)回るには回るけど・・ワンウェイクラッチが錆きってしまいどうにもなりまへん。交換すべきパーツは3つでトータル5000円近くかかる。スプールの傷(交換箇所には入ってない)なども考慮すると修理代かけてまで直す必要もないのかなと^^;


残念だけど。
そして何だか寂しい気持ち。
蘇らせてやりたいけどな~無念じゃ!







鈴木


Twitter友の会の@shunくんがブラースティックの記事を書いてくれたのでご紹介^^
【ふぃっしんぐっど】
https://fishingoood.com/fishing/rod-impre-2/

今、函館で1番売れてるロッドといってもいいかも知れん(笑)問屋さんも「函館で何が起きてるんですか?」と驚いてるぐらいだからね♪とは言え、ボクも立場上フジワラ製品ばかり取り上げるということも出来ないので、このように書いてくれるのは嬉しい限り。

一人でも多くの人に愛されることを切に願います!購入してくれた方、興味漏ってくれた方、ほんと感謝です!ありがとうございますm(_ _)m






鈴木
サーモンダービーも残すところ後一ヶ月^^ ここ1週間で目まぐるしく順位が入れ替わっており、例年サイズがやっと現れたかと安堵してます。



現在の1位は89センチ!


因みに『そこまでやるぅ?』という意見は置いといて優勝をストイックに狙うなら釣り場での神経〆とクーラーボックスでの持ち込みをお薦めします。店頭に鮭を持ち込まれる大半の方は鮭を袋に入れて持ってくるのですが、それだと骨が曲がったまま死後硬直してしまうので釣り場で計測した時より2~3センチ縮んでしまうんです。


まぁ、鮭が釣れた直後にいちいち神経〆なんかしてられるか!と思うのもわかるのですけどね(笑)これから船鮭も始まるので残り一ヶ月どうなるか!楽しみです♪





鈴木

PS.雌鮭くれたしおけんありがとう!笑
imaスタッフの武さんが来函。
夜な夜なNAOKINと3人でミーティング^^




武さんは釣りに対し、とても真摯なのでついつい熱くなってしまい本気の釣りトーク。ノンアルコールのNAOKINも呆れてマグロのカマを食ってやがる(笑)





年も近いし考え方も似てるので、話は尽きず結局軽くメシでも・・って話だったのにテッペンまで行ってしまう(笑)まぁでも楽しかったから良し!来年がまた面白くなりそう♪




「昨日はこの店混んでて入れなかったんだよなぁ」とボヤくNAOKIN。クリスマスが近くなり恋路に忙しいようです(笑)




鈴木

修業ちう。

2018/10/27



新たな釣りを修業ちうです。

北海道で馴染みのないルアーを試すのは対象魚が違うので骨が折れるけど、楽しいっちゃ楽しいのであります。常に新しい事に挑戦したくなる性格なんでしょうな(笑)


形になるかわからないけどトライ&エラーを繰り返し藻掻いてみます♪








鈴木
マルチアングラーのボクとしては最近「何を釣ろうか」と日々頭を悩ませてます。

・ヒラメ
・サケ
・イカ全般
・ロックフィッシュ
・渓流トラウト
・カジカ
・タカノハガレイ
・ブリ

狙いたい魚種も多い上に、やりたい釣りも多岐に及ぶので全てこなすには時間が足りません。例えばロックフィッシュだってワーム・プラグ・ライトプラグと3つの狙い方があり全て楽しいので消去法で消していけない所なんです^^; 挙げ句、磯・堤防・サーフと場所の楽しさも混ぜると何通りもあるわけで・・。オフショアも行きたいし。


でもマチャマチャしてると海鱒も始まるので悩んでる時間が勿体ない!(笑)



じゃ、やりたいこと減らせばいいと思うかも知れないが飽き性なので一つの釣りに専念出来ないのです。専念してしまうと、やり切った時にその釣りを完全に止めかねないし(笑)だから迷い無く没頭出来る人って凄いなって心底思う。


様々な釣りのハイシーズンを迎えておりますが、皆様どうか怪我や事故は起こさず元気に2019年を迎えましょうね!せば!








鈴木
ブラーを巧みに扱い毎度のようにタカノハガレイを釣り上げる事から〝タカノハ先生〟と呼ばれているタックハーシーさん。ブラースティックが入荷したと伝えた所、迷い無く2タイプ両方を購入し釣りへ。



タックハーシーさんは3~5グラムのブラーを使うことが多様するので使用ロッドはタイプA!早速バンバン釣果を叩き出し、使用感を伝えてくれます。










「タイプAのチューブラートップは魚が餌を咥えた時に違和感に気付いてないと思います」とのこと。ボクはフジワラのフィールドスタッフに席を置かせてもらってる身ですが、こういう人のほうが適任じゃないかといつも思います^^


他の小売店さんの状況は知りませんが、YG金堀店においてはお陰様でブラースティックの売れ行きは上々♪ブラースティックがあると聞きつけ竿を見て触ると、皆さん納得してもらえてるのかなと。ロックフィッシュアングラーの方が手に取ってる姿を見ると何だか嬉しくなるもんです^^


ただ、数に限りがあります故なやんでる方はご希望に添えなくなる場合もあり得ますので・・お早めのアクション宜しくお願い致しますm(_ _)m





■ イカどこ行った!?



仕事が終わると駐車場にNAOKINがおり・・「行きたくない!」と駄々をこねるが「イカが待ってる!」と有無を言わさずまさかの二夜連続釣行^^; 人の話を聞きゃーしません。





函館港湾の鉄板ポイントをいくつか回るが反応ナシ!風が落ちればまだ何とかなるかも知れないが、まともに釣りにならんような状況なのに「週末天気崩れるから今しかねーんだど!」と何かに取り憑かれているようだ。



結局、イカの姿は拝めず「だから言ったべよ!」と言っても「函館は捨てて足を伸ばすしかないな」と血迷った発言(笑)何事も冷静にだよ!w






鈴木
「今夜風が落ちるな!プラグ縛りでヒラメ釣りに行くぞ!」とNAOKINとナイトサーフゲーム。




風は落ちたけど波は落ちてません(笑)
結局往路2時間の無駄遣い。プラグじゃブレイクの奥を攻めれないもんな^^; でも折角来たんだから手ぶらじゃイヤだと駄々こねてプラグでのロックフィッシュ!





しかし、アレだな。

昔はima sasuke裂波で適当にやってもボコボコ釣れたもんだが、近年はちゃんとやらないと釣れなくなって来ている感じがする。魚が賢くなったのか個体数が減ったのか魚のサイズが落ちたのかわからんけどさ!


タフになった方がゲーム性増して面白いと思う反面、少し寂しく思えてくるなー。








鈴木
YG金堀店にこのロッドがあったことをご存知でしょうか?




ダイワ トーナメント バリスティックサーフという名のロッドなんだけど輸出専用モデルなのでカタログなどにも載ってません。YGでは3種類のバリスティックサーフが入荷しひっそり陳列してたんですけどね・・


実はかなりお買い得だったんです♪


ロッドを見てもらえばわかるんですが、クオリティがかなり高い。ロッドのグリップにはちゃんと滑り止めテープが巻いてあったりガイドはアルコナイトを使用。




ちゃんとロッドケースも標準装備。




実はこれ4万円ぐらいするんです(笑)それがビックリプライスで陳列してたもんだから皆さん「カタログに乗ってないしチープなモデルだろ」と思ってたんじゃないですかね^^ 投げ釣りやらんし・・とスルーしてた方も居たんですが鮭釣りやショアジギングにも使えるスペック。


因みに同サイズのロッドケースに








の値段で販売しておりました。気付いた方はビックリした表情で「この値段であってるんですか?」と(笑)たまにこういうサプライズもありますので、暇な時は足を運んで頂けたらなと思います^^ 因みに現状としては9フィート(ルアーウェイト負荷MAX112g)のみ残っております。お早めにどーぞ!








鈴木
imaスタッフのヌッキーくんに作ってもらったmebaCALMとコレット45などを持ってNAOKINと仕事終了後にライトゲームへ^^




函館港でいいかと思ったが「サバが五月蠅すぎるんじゃないか?」とサバを避け少し足を伸ばしてみる事に。場所という場所を選ばず片っ端からmebaCALMのチャートカラーとコレット45を投げ倒していく。


チャートカラーの必要性。それはサーチ能力だと思う^^ そこに魚が居るのか?と思った時に手が伸びる存在。またプラグにこだわるのは遠投性と上のレンジを狙える所♪ボトム探るならワームやバイブでいいもんね!


#########################

まずは最初の漁港。




蝦夷メバルが小さい!と移動。次!



どっかの漁港。
黒ソイ!微妙!次!



適当な地磯!蝦夷メバル釣れ過ぎ!次!



次の漁港の船道でまずまず。次!



・・と思ったら車のクラクションの後に悲鳴みたいな声。NAOKINと咄嗟に顔を見合わせ「今の何だ??」と釣りを中断。声の有った方を遠目に眺めてると反対方向からまた文字に出来ないような声が聞こえ「ヤギか?鹿か?子熊か?」と車で向かってみると・・







容疑者発見!!(笑)


というか、車を走らせるのも危ないと思うぐらいエゾシカが沢山^^; NAOKINと「これだけ居るなら駆除も大変だわなぁ・・」とボヤいてると反対車線をなかなかのスピードで走る車。鹿だらけだと教えてあげられないのが歯痒いわ!!!^^;


次の漁港。到着するなり猫がミャーミャー近付いて来て「今日は何だ!動物だらけじゃん!」と笑いながら釣り開始したら即エゾメバルをキャッチ。


ここまで全ての場所で1~2投で魚が反応。小さな個体が多い場所では、好奇心旺盛なのですぐ反応があり魚が少ない場所ではそれなりのサイズの個体が真っ先に反応してくる傾向がある


漠然ながらイメージが掴めて来たのでサイズが望めそうなポイントに向かう。当然道中には鹿が多いので恐る恐るだけど(笑)


########################

次なる漁港。風がべらぼうに強く釣りにならない^^; でも折角来たんだからと無理して投げて見ると・・



食いっぷりはいいんだけど小さい(笑)ということで納竿!


my tackle
ROD / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66L
REEL / DAIWA 月下美人AIR 2002H
LINE / Yamatoyo ライトゲームフロロ 3LB
LURE / ima mebaCALM・コレット45(プロトモデル)・mebaコスケ(プロトモデル)



今回の釣行でフックのシングル化も考えた方がいいなとも思ったけど・・トレブルの必要性もわかってるだけに判断が難しい。ただ、釣りを始めたばかりの人にとっては簡単に釣れるしチャートはアリなんじゃないかな~と思うんだよなぁ。




ま、難しい話は抜きとしてエゾシカ沢山見れたし良しとするか♪(笑)








鈴木



ライフジャケットが有り難いと思える気温になってきました。そんな中、imaから新しいライフジャケット「ミニマリストベスト」が発売♪ざっくり簡単に説明すると、あんまり道具が必要じゃない釣り用の軽量ライフジャケットって感じです^^


自分の釣りで言うと「エギング」「ライトゲーム」「磯ロックプラッキング」なんかではとても重宝する。桜鱒やヒラメなどといったメタルジグをある程度持って行く場合は重量がある分、従来のima オリジナルライフジャケットX-0の方がいいんだけどライフジャケット自体が若干重めなのであまり道具を持ち込まない時は正直しんどいと感じてたので自動膨張式ライフジャケットにしてたんだが・・


それだとバックを持ち歩かねばならなかったり晩秋だと寒かったり、思い起こせば歯がゆかったので今回の新しいライフジャケットは渡りに船♪



因みにミニマリストベストにメタルジグを沢山詰め込んで着用すると、従来のX-0ライフジャケットより重く感じます。要は「使い分け」が重要ってことですね^^


ima ミニマリストベスト
サイズ フリー
カラー ブラック、ブラック×グリーン
価格 19,800円(税抜)

※最寄りの釣具店にお問い合わせ下さい





そして発売直後にima開発ヌッキーくんに頼んでたmebaカームのチャートカラーが到着!



ついでにとimaコレット45のチャートカラーも作ってくれた♪




過去の経験からサーチベイトとしてチャートは絶対必要と感じ、自分で色を吹いて作ったりしてたが本職が手掛けた物はクオリティが断然高いだけではなく新たな提案として複数送ってくるあたり・・やられた感が(笑)


春先が一番使いたい時期ではあるものの、晩秋のライトゲームも捨てたもんじゃないので夜な夜なエギングと交互に楽しみますか♪







鈴木
ハンバーガーボーイズの〝たらこの歌〟を聞きながら鮭を見て・・





絶対みんな通ってるはずなのに、行ってないであろう場所「縄文文化交流センター」にせっかくなので立ち寄ってみた。大船の道の駅といえばわかりやすいかな?



土器見てもドキドキしません。



国宝だと思ったらレプリカでした。
(12月末まで本物はフランス)


戦国時代のお話は大好きだけど、縄文時代は正直ピンと来ない。けど立ち寄って良かった♪空間の作り方はとても勉強になったもん^^ 是非みなさまもお立ち寄り下さいまし!



からの・・収録。



テーマはエギング^^
来月中旬オンエア予定です!







鈴木
北斗市に社を構える株式会社フジワラ。




1967年に創業、主に釣り用のオモリ・漁業用のオモリを手掛けその他にも多岐にわたり釣具の製造を行っている。今年で言うとザムス(軽比重合金)という新素材を取り入れたジグ「ZAMS リリック」や鮭釣り用スプーンの「鮭勝」やロックフィッシュ用の多面体シンカー「ボトコン」など沢山の製品をリリース。


だがFujiwaraと言えばやはり「ブラー」


【URL】http://fishing-fujiwara.com/fa_buler/



老若男女問わず沢山の方に愛され認知度は全国区。文句ナシの看板商品。2018年秋、このブラーの相棒とも言える製品「ブラースティック」という2タイプのロッドが発売となるのでご紹介しようと思う。



■ Fujiwara BULER STICK



基本スペック
タイプA
全長2.1m 自重115g
適合ブラーウエイト3~10g
適合ライン3~8LB

タイプB
全長2.1g 自重116g
適合ブラーウエイト5~15g
適合ライン4~10LB

共通スペック
Fujiリールシート・Fujiハードガイド・穂先カーボンソリッド・フジワラオリジナルグリップエンド・専用竿袋



写真では伝わり憎いがブランクは藍色に近く、贔屓目ナシで格好いい色合い。ワールドカップ2018サッカー日本代表のユニフォームの色に似ているかな^^





リールシート・グリップエンドにFujiwaraのロゴ。細部にまで拘ってるのが良くわかる。


■ 使用感

両タイプ(スピニングモデルです)共にチューブラートップなので、巻き合わせや聞き合わせがやりやすい。簡単に言うと軽いブラーを使うならタイプA、若干重めのブラーを使うならタイプB。ブラーやワーミングの釣りならタイプBをオススメするが、既に釣具展示会などでは御披露目されておりタイプAをライトエギングに使いたいという声も集まっているのでマルチにライトゲームをやりたいならタイプAがオススメ。


■ 監修

そして一番の肝は、このロッドに携わったのはFujiwaraの営業マンT氏ということ。T氏は昔、某竿屋で働いてたので「下手な竿作ったら昔の同僚に笑われる」とコスパは落とさず良質の物を作るということにこだわったそうだ。ブラーというのは「釣りをやってみたい」といった入門アイテムという位置付けなこともあり、高価なロッドだとちょっとスタンス的にも違うし絶妙な落とし所だと感じた。


■ プライス

気になるお値段!!お店によって違うので何とも言いにくい所ですが恐らく税込み8000円~9000円といった感じかと思います^^


■ 完全限定生産

最後に一番大事な事を書きます。

このFujiwaraブラースティックは各モデル限定100本ずつの生産でして、追加生産の予定はないとのこと。またこのロッドは北海道限定発売となっておりますので、この記事を読み購入したいと思ってくれた本州の方は北海道の釣具店から購入するか・・またはお近くの釣具店から北海道の問屋さんにお問い合わせしてもらわなければ購入出来ませんのでご注意下さいm(_ _)m 北海道にお住みの方はお近くの釣具店にて取り寄せ可能ですので宜しくお願い致します。



http://fishing-fujiwara.com


因みにYG金堀店には入荷しておりますので、現物を見たい方は是非お待ちしております♪11月中旬放送予定のNCV「釣りバカZ」でも改まった紹介VTRはありませんが使用しております。ブラーの収録の際に改まった紹介はする予定ですけど・・その頃に果たしてロッドが残ってるのかな?と疑問ですが(笑)








鈴木
宿泊先を出て、目指す先は青森県中泊町?五所川原市?の十三湖。




過去に訪れた事はあるものの、その時はブラックバスを狙いに近くを通っただけ。シーバスが狙えると知ってからいつかは行きたいと思ってたフィールドなので風邪気味のNAOKINに「ここから確か一時間ぐらいだぞ」と言葉を濁し二時間の旅に出る(笑)そもそも風邪気味なのに半袖の意味わからんしw


道中でリンゴと岩木山がお出迎え。




ただねぇ・・道中なーんもないの(笑)するとNAOKINが「つまらん!」とゴネ始めたので遠回りして十三湖の道の駅に立ち寄る事にする。すると展望台を発見!!しかも展望台に長い滑り台がついてる♪




テンションの上がった(熱あったんだろうな)NAOKINは満喫しリフレッシュ!




△光学35倍ズームで撮影(笑)


おっさんがハッスルした所で、十三湖を目指す・・と、十三湖名物の「しじみ汁」が食べられるエリアを発見。




5軒ほど立ち並ぶお店を覗きに行くと、どこも「しじみ汁」はあるものの、「しじみの味噌汁」はない。しじみの味噌汁が飲みたいんや!と言うと、小倉屋のおねいさんが「じゃ作ってあげる!味の保証はしないけど(笑)」と作ってくれる事に。これがまたノリがいいおねいさんで、NAOKINと意気投合。NAOKINにおにぎりを作ってくれたり・・春が訪れたようですw




肝心の味噌汁がまた旨いんだわ^^
おねいさんが喋りすぎて焼きオニギリ焦げたけどな!(笑)




寄り道が長くなったので、後ろ髪引かれまくりのNAOKINの首根っ子を捕まえて十三湖にGO!初めてこの地に足を踏み入れたけど、めちゃくちゃいいロケーション!シーバスを狙うのに必要な要素が満載だし、どことなく雰囲気が秋田県の雄物川に似ている。




次から次へとシーバス狙いの釣り人が入れ替わりで入ってくるも釣れてる様子はない。2人は高揚感を抑えきれずロッドを振り始めること数分・・なかなかの大雨がやってきた(泣)寄り道が長いせいだな^^; ただ、ここは来年必ず来る。間違いなく痺れさせてくれるフィールドだなと言うと、「当たり前だよ!おねいさんに会えるし!」とNAOKIN(笑)


そして雨から逃げるように野池巡り。






△鴎じゃなくて白鳥なのだ!



結局、観光ばかりしてしまったような1日だったけど・・この後、青森市内でちゃんと仕事をして2018年東北遠征シリーズは終了となった(陸奥湾真鯛は遠征とは呼ばないので、こっちはまだ続く)。


東北に移住したいと思わせてくれるほど秋田県と青森県に惹かれており来年も必ずまた来る事でしょう。こんなポスターに目を奪われちゃったぐらいだもんなぁ~(笑)



まぁでもこっちでの仕事貰えないとなかなか来れないんだけどね^^; 現地で良くしてくれた皆様に感謝し,今度は気持ちを切り替えて函館で暴れまくるぞー!



NAOKINお疲れ様!
風邪引いてるんだから、少しゆっくり休みなさい!次のミッション詰まってるけどな(笑)







鈴木
AM6時半とゆっくり目な起床。
ティップラン中止だもん仕方ない。


船の揺れと疲れで身体はバキバキ(笑)でもせっかく来てるんだもの起き上がらずには居られないとNAOKINを叩き起こし、二日目のスタート。まずはimaスタッフの武さんに連絡し仕事のお話をし、シーバスの状況を聞くもやはり浮かない返事。ならばと八郎潟にブラックバスを狙いに行く。




天気はいいのだが、風が強い。そして運転席のNAOKINも風邪っぽい(笑)


ポイントに到着し水を見るも死んでる感じで、期待薄かなぁ・・と思いながらdeps コリガンのSRとMRを巻き倒す。コリガンには絶対的な信頼があるので、カラーローテーションをさせながら粘っているとガツンと好バイト!


水辺に寄せて口に手を入れようとするもバスが暴れ、なかなか手を入れられない。が、昨日ずっこけるし秋のバスは個人的に難しいので絶対キャッチしたい!との思いから力でねじ伏せ辛うじて成功^^




体高あるナイスバス!!
感無量で御座います(笑)


my tackle
ROD / tailwalk Namazon C62M/G
REEL / shimano カルカッタXT 101
SPOOL / Avail マイクロキャストスプール
LINE / Yamatoyo ナイロンアディクト 16LB
LURE / deps コリガンSR ・コリガンMR・B-カスタム・ミニブロス等



この一本で十分。
あとはNAOKINに釣ってもらいたい所だが逆に今日は不発!目の前でバラしちゃうなんて・・昨日と立場が入れ替わったみたい(笑)とはいえ昨年のサヨリパターン・シーバスが忘れられない二人は早めにケリをつけベイトとなるサヨリを探しに海に向かう。


夕暮れの日本海はとても美しかったが、ベラボーに寒い^^; 何とかサヨリは探し当てたもののそれを補食するシーバスが居ない。粘るか・・移動するか・・協議の結果青森県のシーバスを探そう!と意気投合し、手頃な宿がある弘前市に車を走らせる。行き当たりばったり感が否めないけど、本来のプランが崩れてしまった以上仕方ない♪


今年最後の秋田県。
ちょっとモヤモヤしつつも二人で一礼し、また来るからなとリベンジを誓うのでした^^


そして青森県弘前市に夜10時に到着。




八郎潟は真っ暗だったのでネオンが眩しいす(笑)けど、コタコタだったので早めに就寝し明日に備えます。



おやすみなさい。








鈴木
AM 3時半。


青函フェリーにて青森に到着。NAOKINと共に藤谷さん(カハラジャパン・フィールドスタッフ)の待つ秋田マリーナに車を走らせる。今回は1日目と2日目に秋田沖でアオリイカを狙うのだが、釣り方は「ティップラン」と呼ばれる釣り。本州ではメジャーとなった釣りだが、北海道のボクらはチンプンカンプン(笑)ならば体験するしかないでしょと今回向かってる訳だが・・まぁ正直そんな簡単に釣れないだろうなと。


と、色々話していたら




超絶美しい朝焼け。

だったはずなのに、秋田市に到着した頃はなかなかの雨(笑)しかも気温が低く、道民のボクらでも寒いなと感じた程。コンビニ寄ってトイレ行って着替えて・・とかやってたら晴れてきたので藤谷号で出港!!







そもそもティップランなんてやったことないので、ティップラン用のエギのシャクリ方や基本的なこと何も知らない。一応、下調べはしたけどそれは机上論でしかないのでアジャストさせるまでには時間がかかるだろうなぁ・・



と思ってたらイカ師NAOKINがサクッと釣り上げる(笑)




とりあえず藤谷さんの見よう見まねで頑張るも、全く反応がなくNAOKINはポコポコと釣り上げ「んぁ~?いつものエギングと同じ感覚でやってるだけだぞ」と言うのでエギが悪いんじゃないかとNAOKINと交換(笑)その間にも藤谷さんが釣る。




ようわからん!

と半ば匙を投げ掛けてた頃にNAOKINにデカいのがヒット!すかさずロッド片手にネットを用意してた時、自分のエギにも来た!!がバラしてしまう。



NAOKINのは藤谷さんの地元目線で見てかなり大きいらしい。そして大きいのでイカ墨も銃弾のように凄くて少し怖い(笑)何で俺だけ釣れないんや・・と思ってた頃にスコールのような雨がやってきて踏んだり蹴ったり(笑)そして「明日は時化るので船出せそうにないから、今日とことんツッパリましょう」と、藤谷さんから全ツッパ発言!


わたくしパンツまでビショビショなので、寒くてたまらんのですが(笑)


そこから小さなアオリイカは2ハイ釣るもNAOKINのあのサイズを見たら写真撮る気にもならず、ひたすらレジェンドサイズを狙い続けるが日が落ちて暗くなってきたので断念。帰るかと思いきや「これから秋田港でシーバスやるっす(笑)」と藤谷さん。


天気予報で寒いとか雨とかなかったので防寒は全く用意しておらず激寒コンディションの中、夜の部へ突入!途中でマリーナに寄りせめてビチャビチャになった靴だけでも履き替えさせてと懇願し、再度沖へ。ただ今年の秋田シーバスは秋になっても壊滅的で「幻の魚になりつつある(笑)」とのこと。




そしてNAOKINがまたやりおる^^;



そしてボクはバラしまくる!
この差は何なんや!(笑)




結局、それから下船し宿に到着したのは0時を回っており過去を振り返ってもこんなに長く船に乗っていたのは初めて(笑)陸に上がっても「地震じゃね?」というぐらい常に揺れていたもんねw 身体もバキバキ。初日のメニューではないぐらい濃かった1日。明日は沖が中止になったので・・どのようなメニューになるのか!



my tackle
ROD / ima shibumi IS-86ML
REEL / shimano ステラ3000XG
LINE / Yamatoyo ストロング8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 12LB
EGI / yamashita エギ王TR 3号




おやすみなさい。







鈴木

15の夜。

2018/10/15

仕事終わりから・・


青函フェリーに乗り込み函館を脱出しようとすると、フェリー乗り場にて「チーム・シードラゴン」のO澤さん御一行と「チーム・O2スナッパーズ」の仁&umeちゃん御一行と遭遇(笑)

真鯛狙いで熱が凄い^^


ボクとNAOKIN
①アオリイカ
②シーバス
③ブラックバス


の三本立て♪

今年最後となる青森秋田シリーズ。
牛さんと一緒に出発です^^








鈴木
13日の夜のお話。


先日YGに来店したイカ専門のお客様が「この前コウイカ釣ったでぇ(笑)」と来店。以前にコウイカを釣って食べたら、とても美味しかったのを覚えているもののコウイカのことを詳しく知らないのでググッてみた。


https://tsurihack.com/470


高級食材!?


ついついこの文字に釣られてしまい、ならば狙わずには居られないとNAOKIN隊長に出動要請!夜な夜なコウイカを求めてパトロールの開始♪とりあえず水深があるポイントの方がいいとのことなので、普段は行かない漁港に行ってみると電気ウキが綺麗に並んでおる!!


ちょっとやってみようかとも思ったが、まぁ餌師の間に入ってやるのも野暮だなと移動を繰り返しパトロール。様々な条件を考慮し「釣れるとすればココだな」とポイントを決めてエギング開始。まずはyamashita ナオリーRH 1.5B(ホロイワシ)からスタートするも全く反応ナッシング。



しばらく間が空いた時NAOKIN隊長がヤリイカをゲット。「ピンクにしたら一発よ(驚)」と言うのでナオリー1.8B(P490)にチェンジしたら一発でヤリイカ!!



二発目はスルメイカ!!




と連荘モードに突入しキャッキャキャッキャとやってると、





お久しぶりの豆イカ様♪
君に会いたかったよぉ~マジで!NAOKINなんて「豆イカ!?」と走ってエギ取りに行ってたもんね(笑)



そして頭の中に「別にベーシックじゃなくてディープで釣れるんじゃなイカ??」と思い始める。1.8Bの沈下速度は3.0~3.5秒/mで、1.5Dの沈下速度は2.5~3.0秒/mと大差がないしシルエットをコンパクトにする分、飛距離が出て広範囲を探れるからね^^ 向かい風だし。



と、手に取ったのは1.5D(オールオレンジ)。



そしてここから豆ラッシュが到来するも目の前で落としまくり嘆いてたが・・急展開が訪れる!!キャストしアクションを加えながらネチネチやってると・・トン!とエギを持って行ったやつがなんと・・







高級食材コウイカ様!!


大の大人が釣り場で声を発してしまいました^^; そのぐらい嬉しい1匹♪あとミズイカを釣ればグランドスラム達成となるんだけど風が冷たく風邪を引いてもしゃーないと泣く泣く納竿。結局3人でヤリイカ中心に50杯オーバーとまずまず^^


my tackle
ROD / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66L
REEL / DAIWA 月下美人AIR 2002H
LINE / Yamatoyo ライトゲームフロロ 3LB
EGI / Yamashita ナオリーRH 各種




豆イカが釣れた事で加速しかねないエギング釣行。ここまで来たら・・次は狙うしかないよねイカの王様を♪特訓開始だな(笑)



今日も自然の恵みに感謝です。
甘みがあり非常に美味で御座いました!



■ 気になる事




函館沖で竜巻が発生。

それだけじゃなく、ここ数日でアジ・サワラ・アオリイカ・カサゴなどの本来いないはずの魚が頻繁に釣れたりしており何が起きてるんじゃ?と思う今日この頃。それでいて東北でも同様かというとそうでもないらしい。函館港のマイワシだって尋常じゃないだけ入り込んでるもんね^^;


ターゲットが増えるというのは釣り人目線では嬉しい悲鳴なのかも知れないが、どーもしっくりこないんだよなぁ。何かの前触れとかじゃないといいんだけど。






鈴木
13日 AM 4時 起床。


身支度を整えてライフジャケットだけを持ちテクテク歩き出す。




この身軽さは港街の特権だなぁなんて思いながらよしくんが待つ船に乗りこむ。今日は所要があり釣りが出来る時間は実質二時間^^; 限られた時間内でヒラメを狙う♪


が、本日はルアーではなく餌釣り。


5時に出港しまず餌となるイワシをサビキで釣って生け簀に確保するのだが、肝心のイワシが全然釣れない(笑)魚探は真っ赤に染まりイワシが沢山いるよと教えてくれるし、海面をバシャバシャとイワシが姿を見せているにも関わらず全然口を使わない!こうなるとムキになってしまい6時までイワシを追いかけ回してしまうんだなーバカだから(笑)


「よしくん!ある程度イワシ溜まったし時間がないから沖に出るぞ!」と港湾を出てヒラメの実績あるポイントへ。




よしくんは右舷でヒラメを釣り、ボクは左舷で巨大イワシを狙う。サビキはハヤブサの「これ一番・金袖ハゲ皮8号」。勿論、竿はよしくんのもの(YGでリールとロッドがセットになった1980円のやつw)




右舷でヒラメの準備をしてるよしくんを後目にサビキを落とすとボトム到着後にゴゴン!とヒット♪「早速来たでや~(笑)」と笑ってると途中で引かなくなり重さだけが伝わってくる。



あれ?


まさか?


まさか?






サビキでヒラメGeeeet!(笑)


しかもヒラメサイズ♪流石のよしくんも苦笑い。10分ほどイワシを落とし込みアタリを待つが反応はなく、移動しようかと考えてるとオイカー海賊船が現れ「あっちでバカみたいに釣れてるぞ!」と言われ、教えてもらった場所に向かうも祭りのあと。





よしくんは「あの野郎、騙しやがったな!」と御立腹し始めたので終了(笑)でも釣りあげたヒラメをあげたら、いつもの優しいよしくんに戻ったのでめでたしめでたし♪イワシに専念しなきゃお祭りに間に合ったのに・・まだまだサビキ王になるには遠いのぉ(笑)








鈴木

早飲早寝。

2018/10/12

明日はプチオフショア釣行!なので大人しく早めに寝たい所だが、そうも言ってられない。仕事の話もあり・・




飲んでまう(笑)でも中途半端に酔わない程度に飲むって疲れるねぇ^^; 時計とにらめっこしながら早めに帰宅。



何かと忙しい秋が来たな~(汗)







鈴木
今年の鮭はサイズがいまいち!
でも・・

PA0808618.jpg
△初釣行で2本ゲット!!

PA080864.jpg
△体が大きいから鮭小さく見える人w

PA090866.jpg
△2本キャッチもタモ壊れた人(笑)

PA110868.jpg
△浮きナシのルアー単体で2本ゲット!


複数キャッチしてダービーの計測に持ち込む人が例年に比べて圧倒的に多い!サイズが似たような感じだからってのもあるかも知れないけど今年は数釣り出来てるようですね♪


そして汗臭いヤツが来店し・・



〝ルアーで5本キャッチ!〟


と、ドヤ顔しております。未だに鮭バットで叩く人が居ないのが不思議です(笑)今年のダービーは目新しい人も多く、新しい交流が出来てるみたいなので・・このような老害は鮭バットでぶないでやることをオススメしますw


まぁ、冗談は置いといて(汗臭いのはホントだよ!)今年はホント数釣りが楽しめるみたいなのでやってみたいって方にはピッタリなシーズンだと思います。当店スタッフサトーさんも連日4本という好釣果ですからね♪人気の鮭勝・ノースX・ゲットサーモン等のルアー関係から、ソルティストAK・レラカムイ・ケイソンなどロッド等も充実しております。お時間あれば是非お立ち寄り下さいませ!



また、サーモンダービー参加者への労いの気持ちを込めシーズン終了後にサトーさんが音頭を取り「佐藤会」なるものを企画するそうです♪ダービー参加者の皆さんは要チェックですよ!!








鈴木

The Hangover!

2018/10/10

なかなかのハングオーバー!




ゲーゲーしないものの、身体がかったるい!しかし今はお店がハイシーズンということもあり、そんな甘えたことは言ってられず仕事に従事。年なんだろうねぇ・・なかなかキッツイです(笑)


しばらく飲みたくないじゃ!








鈴木
(株)アムズデザイン五十嵐社長が函館へ。



「メシでも食うか」と連絡があり仕事終わりに真っ直ぐ居酒屋へ行き久しぶりの再会^^ 釣りの話・業界の話・会社の話と久しぶりにあったので話が尽きず・・はしご酒♪やはりこの人は話が合う。感覚がとても似ているので釣り抜きとしても話は尽きないタイプ(笑)





結局お互いに千鳥足になるほど飲んでしまい「いや~話があるっていうからクビになるのかと思いましたよ!」というと「そんなこと言う訳ないじゃん!ということで今日でサヨナラね(笑)」とキャッキャ笑うんだよね^^ 年上ながらめんこい人w


ルアートップブランドのima。沢山の苦悩を抱えてるのが言葉の節々で痛いぐらい伝わるんだが、それでも「あと20年は頑張りたい」と。あの時の目の輝きは忘れられないな。





20年後に自分が80歳って自覚してないみたいだけど(笑)



ご馳走様でした!m(_ _)m
さ、頑張りますか♪







鈴木
今日はのんびりサビキ!
台風の影響で濁りが酷いけど、サバやマイワシがこれでもかというぐらいに釣れる。



合間合間に仕事の電話等が入り、竿を置いておくと浮きが沈んでるという「これはこれでとてもハードな釣り」な訳(笑)バッタバタ動いてたもんねw


するとどこからともなく沖で釣れるようなサイズのマイカが2杯水面を泳いでる訳さ!一匹は片目が赤いので〝赤兜〟と名付け様子を見てると目の前をグルグルと回って釣って下さいと言わんばかりの行動!しかしエギは持ってきてない^^; めちゃくちゃ歯痒いところ。そこでフッと閃く。


台風で外海が荒れたからマイカは港内に逃げ込んで来たのではないか?


と。そう考えると今夜は激熱だべと思ってた頃にNAOKINよしくんから連絡があり、今夜赤兜狩りだと伝え用事を足しにバタバタと移動。



正直、エギングに行きたくないぐらい疲れたのだが・・やはり赤兜は釣っておきたいと無理して19時半から3人でエギングスタート!




・・が、全然釣れねぇ(笑)



ヤリイカも小さいマイカも釣れない。エギに反応してくるのはロックフィッシュやサバばかり。するとNAOKINが良型のスルメイカを発見しキャストするも、全くエギには反応しなかったとのこと。間違いなく港湾にヤツは居る!と気を取り直し再トライしてみるも・・





午後23時にNAOKINが1パイ、ボクが1パイを目の前でノッコンしたのみ(笑)台風の影響でナーバスになってるのか・・それとも抜けてしまったのかわからないが、こうも状況変わってしまうものかと落胆の色は隠せなかった。



しばらくNAOKINに任せて静観しようじゃなイカ!w










鈴木
朝から晩まで・・終始品出しに追われ、合間にはずっと喋りっぱなしの1日でした^^;

83がエナジードリンクを差し入れてなかったらヘロヘロだったと思う(笑)感謝感謝!




ここ最近、ロッドが折れたと持ち込まれる方が非常に多い!別にそれ自体は直せばいいだけなので問題ないのですが、気をつけて欲しいのは修理までに要する時間。平均的に1ヶ月で、早いメーカーだと一週間・遅いメーカーで2ヵ月なんてこともあるので今が旬の鮭やロックフィッシュなどの釣りでは十分気をつけて欲しいなと思うばかりです。直って来た頃には対象魚がいないってなるしね^^;


安全面だけではなく様々な所に気を配って楽しんで下さいませ!^^ では、おやすみなさい(笑)







鈴木

なぬっ?

2018/10/06



Fujiwaraで何を撮影したんでしょ♪
間もなく発売になるブラーロッドのことについてかな?


NCVおじゃマップにて放送するみたいなので要チェックです!ただマキやんだけにはモザイクいれて欲しいなぁ(笑)









鈴木
YGにNAOKINが来店。何やら話があったようだが、釣具店は今がハイシーズン&本日はポイント2倍デーなのであまり話すことも出来ずにいると「今夜エギングしながらミーティングするべ」と言い残し去っていった。エギングを強要されたボク・・パワハラで訴えたい所だけど眼鏡のおっさん怖いからなぁ(笑)


△こんなノリで言うんだもん!



と、仕事終わりに合流し九時半にエギングスタート♪話があるとのことなのにお互いにランガンしてしまい話にならん!YamashitaナオリーRHの1.5B(ブルーバック夜光)でボトム付近をシャクリーノ。するとあっさり先制点♪




まだ、シーズン始まったばかりだしどうせ数は伸びないだろうとリリースし再度狙ったらまた釣れた。




すると遠くにいたNAOKINが「バケツ持ってくる!」と車に走っていき、持ってきてくれた途端に「ヤリイカだっけさ!!」だと。サイズが小さいから豆イカだろうと、ちゃんと見てなかったんだけどよく見るとヤリイカ(笑)「目玉見ればわかるべ!」と怒られるが、今日はそんなガチエギングなのか?と苦笑いw



で、同じエギでやってても面白くないのでローテーションしナオリーRH1.8B(ホロイワシ)で明確なバイト!すると・・




スルメイカ光臨(笑)

こうなると面白くなってしまい「あちこち調査に行くべ!」と函館港をランガン♪アップじゃなくてダウンかクロスじゃないとダメだなぁとエギについて語り、結局19対9のダブルスコアで勝利w




ティップが入る瞬間を見逃さずバシっと合わせるのは気持ちいいなんてもんじゃないね!やっぱエギングは楽しいわ♪


my tackle
ROD / tailwalk LIGHTGAMER TZ S66L
REEL / DAIWA 月下美人AIR 2002H
LINE / Yamatoyo ライトゲームフロロ 3LB
EGI / Yamashita ナオリーRH 各種



結局話という話もせず、雨が降るまでエギングに夢中になってしまうという展開だったがまぁ楽しめたので良しでしょう(笑)これから豆イカも混ざってくるだろうし、NAOKINが釣ったヤリイカはなかなかサイズ良かったので寝不足必至だなぁ^^;





取りあえず台風過ぎるのを待たなきゃならんけどね(笑)









鈴木
「恵山沖ヒラメ凄いですよ」


と、数日前にYGへ来てたお客様から聞いた。その数時間後にこれまた常連様のふるさんが来店し同じ様な事を言うので「次いつ行くんですか?4日ならボク行けるので!」と半ば強引にアプローチすると「昼過ぎならいいですよー^^磯舟でも良かったら」と快くOKしてくれ、本日無事に出港することになった。もう一人ぐらい誘ってもいいよとの事だったが、誘った友人らは悉くタイミングが合わず結局一人ぼっち(笑)

AKONの『Mr.ロンリー』を聞きながら恵山町へ。夕まずめも迫って来る時間だったので到着してすぐ出港!





恵山沖でのジギングは正直あまりやったことがなく今回は手探り感が強い。だからこそテンションも上がる♪遊漁船やいつも乗せてもらってる船は魚探がついてるので魚の居る場所にどうアプローチするかが鍵なんだけど、今日はその魚が居る場所を探す事から始まる。



ターゲットはヒラメ!!



乗船から日没までは3時間弱なので、僅かな時間で何かを掴みキャッチしなければならない。釣れない釣りが好きなのでこのようにハードルが高い時こそ燃える(笑)


ふるさんはインチク・ボクはジグでスタートするがショートバイトはあるものの・・本命も外道も姿を現さない。自分の頭の中では恵山沖ならアイナメを筆頭としたロックフィッシュがジグにすぐジャレてくるだろうと思い描いていたのだが予想が外れる出だし(笑)



すると、突如何の前触れもなくふるさんにタカノハガレイ46cmがヒット!ヒラメもいいがタカノハガレイもまた魅力的な魚の一つ。





そこでジグのテールにタコベイトをつけたりワームを使ってみたりと足掻いて見るも反応してくるのはミズクサガレイ。ミズクサガレイは食べて美味しいので嫌いではないんだけど・・・ね(笑)場所を変え品を変え、割とインチクの方が反応いいんじゃないかと思い始め「ベイトはイカなんじゃなイカ?」と閃く。


そこでACQUAのスナッピー60g(アオリイカ)にチェンジ。




スナッピーは真鯛でもサクラマスでも割と小難しいターゲットが相手の時に活躍してくれるジグ。シルエットだけじゃなくフロントウエイトが効果的なんだろう。ふるさんがミズクサガレイを釣り上げた頃、シャクるのを止め、スライド系アクションに切り替えた瞬間にドン!と好バイト♪


ドラグをチリチリ鳴らした相手は本命!!




小ぶりだが本命なのでホッとした(笑)


それから間もなくふるさんもゲット!(照れ屋さんらしく写真はナシw)地元の漁師さんたちの話では今朝全然ダメだったらしいので2人して安堵した瞬間^^



次はサイズアップや!と狙うも反応が乏しくなりジグをBOZLESのトウキチロウ80g(グリーンゴールド)にチェンジし縦の釣りではなく横の釣りをイメージしてラインをかなり送り出し巻き巻きしてるとドン!とまたもいいバイト♪


「かなり上のレンジで食ったから多分青物でしょ~(笑)」と笑ってたらあまり引かずもしかしたらと思ったら・・





もしかした(笑)


しかもちゃんと狙い通りのリアフック掛かり♪今日一番サイズ!




トウキチロウの60gやアカキンも持ってきておくべきだったなーと思いながらまた巻き巻きしてたらブルルン♪




そして日没迫りタイムアップ。




my tackle
ROD / tailwalk SSD L-JIGGING C63ML 10th Anv.
REEL / shimano オシアカルカッタ301HG
LINE / Yamatoyo PE JIGGIG ブレイド 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 30LB
LURE / BOZLES トウキチロウ、ACQUA スナッピー、ima GUN吉、タックルハウス タイジグ、Fujiwara オフショアサーバント(プロトモデル)等




最初のタカノハガレイで出落ちかと思ったが終わってみれば短時間でまずまず楽しめたし何よりふるさんが「またいつでも声かけて」って言ってくれたのが嬉しかったな^^ アイナメもそろそろシーズン始まるだろうし、今回で色々とこっちのイメージも掴めたので次回に期待!






ふるさんありがとうございました!
また宜しくです♪









鈴木
イカの季節ですな!




毎年自分の中の面白いと思う釣りが変化。昔は躍起になって早起きした鮭釣りも今はさほど興味もなく、あれだけ回数こなしたロックフィッシュも今は全然燃えず、あっちふらふらこっちふらふらしてるボクですがエギングだけは毎年この時期必ずやるんだよね^^


エギング自体が面白いってのもあるんだけど、特に豆イカは止められない♪ポツポツと話を聞くようになってきたので準備しないとね^^







鈴木
最近、釣りと同じくらい写真を撮るのが楽しかったりする。










思えば釣りって朝まずめや夕まずめなど景色が綺麗な時間を過ごしてる事が多い。ある種の特権みたいなものだ^^ そして写真を撮ってる時間は釣りの張り詰めた気持ちを一瞬だけど緩和してくれる。


一息つく。


釣りをしてるとこれがなかなか出来ない(笑)釣りが好き過ぎるからなんだろうな^^; だから自分にとってカメラの登場はいい影響を及ぼしてる気がする。写真ばっか撮ってるから釣果には恵まれないけどねw








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ