半分。

2012/10/13

10月12日。


おっさんトリオは噴火湾へ。

釣り場に到着すると既に数台の車が停まっており海を見ると真っ暗な中、既に釣りをしてる人が一名と場所取りしてる人が一人。一人が車の方に向かって歩いてきたので挨拶すると


「釣猿の人ですよね?スーさんNAOKIさん・・・」とエディさんの名前が出てこない(笑)


「おはようございます。半分です。」との一言にビックリ。僕ら彼の泥酔姿しか知らないのでね(笑)状況やらどこらへんがいいかなどを聞き早々と着替えることに。その最中エディさんは「俺存在感薄いのかな?」とブツブツブツブツ(笑)明るくなるまで海辺にたって待機してると、鮭釣りお化けことカッツくん登場。


「鮭は居るよ」


彼が言うと何とも頼もしい。彼は友人と爆釣を求め奥へ奥へと歩いて消えていった。やっぱ彼ぐらいになると一本ぐらいじゃ満足しないんだろうなーとかいいつつ、三人は「ここでも一人三本くらいイケんじゃね?」と浮き足立ったまま釣り開始することに。


開始15分ぐらいで、釣り人の視線がボクのほうに集まる。なんだろう?と思ってたらボクの横にある川に鮭が遡上開始(笑)少し感動したが釣りの方は全然反応がない。鮭はいる。けど釣れない。今年は何度このパターンに泣いたことか。


スレきってる鮭にどうやったら口を使わせることが出来るか。そう考え取り出したのはスプーンのテールの部分に目玉シールを二つ貼ったやつ。何の釣りか忘れたが、目玉は魚に火をつける!とゆう話が頭の片隅にあったのを思いだし今朝、急遽貼り付けたのた。


テロテロ~っと巻いてたらコツコツと来ていきなり持ってった!!「イエス!!!」と声高らかに一番鮭を難なく寄せる♪もう大丈夫だべとゆうところまでずりあげ気を抜いた瞬間にバレた(笑)波打ち際で悶える鮭をエディさんが走って取りに行ってくれたが間に合わず^^; 気を取り直してまた投げようとしたら目玉が一つ無くなってるし。もうやる気メーターが下がってきて周りを見たら半分くんがこっちを見ながら・・



「次、これ使っていいですよ」とタモを指しほくそ笑んでた!明らかに目が笑ってたもの!w


ま、楽しんで貰えたらいいんだけどさ♪そしてその後、跳ねやモジリは多少あるも全然ダメ。みんなより一足先に帰路へ。「ここで運使ったらダメなんだよ!」と意味深発言を残し、次回に続く!!




鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ