ないよ(7・14)

2007/07/14

先週の釣りでロックフィッシングに目覚め始めた浜崎は「最近釣りが楽しい」と投げ竿やらワーミングロッドやら様々な道具を購入。すると雨模様な一週間にも関わらず「どーしても釣りがしたい」と一通のメールが届き、仕方ねーなと釣行することに。

スーは投釣りはめんどくせーなぁと考えながらも釣り小屋から竿を出そうと釣りバックを空けると竿は丁寧に玉結びされた紐にくくられていた(笑)

そういえば先週投げ釣りは秋まで辞めようと封印してたなぁ…とか考えながら縛ってた紐を解き釣りの準備を済ませ仕事を片づける。



明日は台風。今日も函館は風速7?8m(笑)しかし元気な浜ちゃんはロック専門釣り具店にて、新しいワームなどを仕入れたりしてるぐらいにホドり状態。

仕事を片づけいざ出陣。
アブラコの50upを目指し風をかわす釣り場を求め下海岸へ。北海道ロックフィッシングトーナメントRFTで4位に輝いた「マキやん」から「山背泊漁港なら風かわすし水もあまり濁ってないんじゃないか?」とアドバイスがあったのもあり山背あたりに取りあえず向かうことにした。


が、大澗漁港の様子を見るべく立ち寄ると「函館海の会」のSさんが入釣していて談笑 し、Sさんいるしとゆうこともあり大澗で取りあえず軽く竿を出すことに。

浜スーはワームで巨ソイを探すが27cm止まりと言った感じの中、浜崎は投げ竿と三脚をセットしてやがる。

「本気なのか」と少し笑けて来たがスーも付き合いで軽く竿を出していると釣り人がゾロゾロ来る。


ほんとみんな釣りバカだなぁ


と思いましたね。台風近いし雨だし強風なのにさ(笑)しかも漁港の外海は大荒れ。濁りも半端じゃないくらいなのに。とか思っていたらワームで浜崎がカジカ35cmをゲット。全くカジカなんて予想してなく、しかもぽっこりボディ。

あれ?今日イイ感じ?

とか思ってたら気付けば漁港の片側の防波堤だけで釣り竿が20本近く出ている盛況ぶり。俄然、力が入るが雨と風が徐々に体温を奪っていく…更にカジカを追加した浜ちゃん。どうやら特定のワームにしか釣れずスーには全く釣れない。浜崎もそのワームが無くなったら釣れなくなった。


ここで皆さん予想通り。
心が折れてきました(笑)

ソイに飽きてきてたのです。
気付けば座り込み森町民のウエノに電話して天候状況を聞く浜崎。

どうやら天候は 悪くないようだ。既に竿を片づけ始めたスー。

「スーさんタモ!タモ!」と騒いでる浜崎。見ると半端じゃないサイズのタコ(笑)

魚じゃないし、かったりぃなぁ…
とか思ってタモを用意し近づくと吃驚した。「これタモに入んねーから」サイズ。
タモは直径50cmでタコの頭しか入らない。広げてた足が中央に集まった瞬間、無理くりタモのへりを両手で持ち上げ引き上げる。タコは無事ゲットしたもののタモはあまりの重さに壊れてしまった。


「デケー!」と喜ぶ浜崎。
逃げようとするタコ。

ここで問題が。
どうしていいかわからないのである(笑)
過去に何度かタコを釣った事はあるもののここまでデカいのは見たことがなかった。
すると、騒いでた浜崎の声に近くの釣り人が来て「ひっくり返せばいいんだよ」とアドバイスしてくれたが二人にはチンプンカンプン。
すると釣り仲間を呼んで来てくれて頭の皮をペロッとひっくり返してくれた(笑)

「後は袋とかに入れて密閉しとけばいいよ。密閉しないと小さな隙間から逃げるからね」とタコ先生。

丁度、大きな袋を持っていたスーが浜ちゃんに袋を手渡すと「スーさん頼む」とほざく始末。「イヤだ」と反論。 頭がひっくり返っておとなしくなっていたタコがじわりじわり逃げようとする。

「俺、椎茸とかタコとか触れないんだ」

と浜ちゃん(笑)「なぜここで椎茸なんだ?」と思ったがパニクってたのがわかり袋に入れてやることに。全く女みたいな奴だ(笑)

みんなにお礼にとジュースを買ってきて振る舞う浜崎。そしたら竿に餌付けて更に続行する気らしい…よほど嬉しかったんだろう(笑)

今日購入したばかりのクーラーボックスはタコ1匹だけで満杯なのにまだ釣りたいみたいだ。

しかし朝が来て中型のマガレイとアブラコを1匹ずつ追加したが、ぜんぜんと言っていい程にアタリが無くなったので納竿。



スーはソイとドンコばかりだった。
一方、浜ちゃんはタコ、ソイ、アブラコ、カレイ、カジカと種に富んだ浜ちゃんデーとなった1日であった。
夏枯れなのに今頃ノって来たのかと帰りに笑う釣りとなったのはゆうまでもない。




《あとがき》
触れないのに持ち帰ったタコはどうなったのかは後日またお知らせしたい。
タコにかかった費用、タモ1000円 ジュース1000円、その時落としたバークレーのワーム600円…赤字な気はするけど(笑)


鈴木



※2009 05/10追記 タコは地域により捕獲すると密漁となりますのでご注意下さい
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ