夏枯れ大作戦

2007/07/22

50cmオーバーのアブラコを狙い続けるも最近うだつの上がらない釣果に悩まされる浜スーは改めて自分達を振り返る為に先日エリアごとの釣果確率を弾き出し、夏場だが大物が狙える場所を茅部方面だと心に決め今回は茅部に向かう事にした。

峠に差し掛かるとまたしても濃霧。先日の大澗戦を思い出させるような天気に浜ちゃんが『今日のアジア杯の遠藤は許せねぇ!』と息が荒い(笑)

茅部町木直漁港に到着すると、まず釣り人がおらず漁港がとても汚い。海草や靴や折れた竿等が散乱する盛況ぶり。横からの強い風に少し悩んだが開始することに。

竿を準備中、1本投げては1本準備とやっていたらいきなりリンリンタイム!しかし食いが浅い。スーに至ってはシメサバを塩で絞めてみた初挑戦の餌。酢臭がいいのか魚信が絶えない。

いきなりやってきましたドンコタイム(; ;)しかも良型連打(笑)もう投げたらすぐドンコ!って感じなので投げ竿を巻き、放置するスー。

強風でワームもやれずにつまらない時間が過ぎると浜崎が…
『朝まで寝る!』
と体力温存作戦(笑)スーは車に向かう浜ちゃんを見送り、 『さて、どう勝負しよう』と頭をフル回転。取り合えずワームでソイ等を狙おうと風を背に向けるようにして港内でキャスト。サクッと1本のチビだけ。やはり風に負けずにやるべきだなと防波堤先端の上からキャスト。風で全然飛ばないがキャストするとすぐに28cmの黒ソイ。

『30up出るかぁ?』

とかニマニマしながらキャストを繰り返すこと27本…やはり28cm止まり(笑)気合いを入れようと空をみると明るくなってきた。ので投げ竿を再準備し浜ちゃんを起こす。すると寝ぼけ顔MAXの浜ちゃんも竿を準備し1本投げて1本を置いてた時にまたも木直神は浜崎に微笑む。


¨リリリリン¨

投げた直後の竿に激しいアタリが!合わせると手前の根にかかったんだろうか痛恨の魚付き根がかり!(その間、スーはガヤとドンコに悩まされてた)

『やんやー』浜ちゃんの声が茅部に響く。もう1本の竿を持ち上げるとガガガッと竿が刺さる浜崎!






『こりゃでけぇ!』と浜ちゃん(笑)


そりゃ40cmoverのアブラコを5m上から引っこ抜けばデカいと思うだ ろうとスーさん苦笑い(笑)
44cmのデブラコが上がるや否や…

水深1mくらいのとこだぞ?仕掛けが海面に入ってたのも知らなかったもん(笑)

とさすが『ごっつぁんゴール王』全くミラクル精度だけはピカイチだ。
チャンスタイムを確信したスーは防波堤下のテトラまで下り、最近始めた本格的ロックフィッシュを開始。

キャストし、リフトフォールを繰り返すといきなりゴン!ゴゴゴと刺さる。1投目だけに慌てたが吃驚したのはデカさ。

ス『ヾ( ゚д゚)人( ゚д゚)ノ゙ キター』
竿は見事な曲線

浜『何かかった?』
しなる竿を驚く浜崎。

ス『アブラコじゃい!』
浜『何のワームだ?』
ス『ツイスターホッグ!こりゃでけぇ』

気付けばホッグ系のワームを装着してる浜(笑)


等と話しながら寄せてくると手前に潮で渦が出来てて巻き込まれると、引きは倍の重たさに。ラインは大丈夫だが先日ショックリーダーを入れたんだけどその結び目に自信がなく強引に引き上げられない!とか思っているとラインが突っ張った。

潜られた?とか思うこと約15秒ゴゴッ!と刺さるとフワーっと…



やっちまった(×_×)
バレた!とか騒いでると
『やると思ったでぇ(笑)』とデビル浜崎。 その後、投げ竿にもアタリもなくワームにもアタリすらないことから早めの6時に納竿。

帰りの車中でデビル浜崎先生の『アブラコの釣り方講座』を聞かされたのはゆうまでもない(笑)






追伸・敗因はフッキングの甘さだった気がします。だって1投目だったから慌てちゃったんですもの°・(ノД`)・°・
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ