大澗伝説

2008/07/07

先日クリッパくんが釣ったモンスター。

(6/24の日記)

このアブラコを釣りあげた時、足が震えたとのこと。

それを聞いて「魚釣って足って震えるもんか?」と疑問を抱いていたスー。(クリッパくん批判じゃないよ♪)しかしそれを体験することになろうとは・・。


早朝に密かに川釣りでニジマス狙いに行こうと企んでいたら・・大雨。大人しく仕事をしていたら爆釣王ことバクから「軽くロック行かね?」とオファーがあり、仕事を終えてから合流し・・何となく大澗に行くかとの話になり出陣。

目指すは60(笑)


漁港左岸防波堤エリアをバクが探り、漁港中央部をスーが探る。
約1時間・・ノーバイト。ホッケやボラが回遊してるのは目撃出来たが全くバイトがない。

気付くとバクの姿が見当たらない。多分防波堤裏のテトラ上にいるな・・と左岸側にランガンしながら向って行く。何気なく漁組前の時計に目をやるスー。


ooma2.jpg


時計の下に・・デッドしたカラス?
コエーΣ(゚Д゚)!!

でも・・多分カラスの被害が凄いからなんでしょうね。まぁ模型かも確認してないんですが。ヘタレなんで近づけませんでした。



んで左岸に向うと、「あ!外はサーフ&ゴロタだったな?」と閃き、一番手元側のテトラに乗り奇跡に近いヒラメを狙う。水深30cmくらいなんで表層スイミングだな♪とゴミが浮いてるのでジグヘッドじゃなく7gシンカーでテキサス・ゲリヤマの何とかグラブで探る。


ノーバイト(笑)でちょこっと移動してテトラが変わる(3角テトラ→多角形テトラ)場所にてGパル・ホヤカラーで再度スイミング。3投目、ワームが目の前5?7mくらい前に来たときスーの乗ってる隣のテトラの下から凄い勢いで何かが飛び出して来た!

と思ったらガン!とっさにフッキング!乗った!しかもデケー!
間違いなく50upはある!

ホドるスー!ドラグを出され少し寄せてもう少しのとこで魚体がはっきり見えたら膝が笑い始めたのよねん(笑)しかも何故かテンパって走られた時にサミング!(笑)



プツン・・とラインは切られアブラコはテトラの奥に消えて行った・・。
でもニヤけるスー♪モンスターをかけただけでも充実してしまった。


それからは上の空で時間がきてタイムアップ。

結果だけで見れば40cmのアブラコ1本だけだったんだけど面白い釣行だったなと今は振りかえれる。だって何故あそこでサミングしてしまったのか・・自分の未熟さにまた頑張ろうと力が入るようになりましたとさ♪

ooma.jpg

↑事件があったのはこのハシゴの裏です♪



鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ