カジカ。

2015/01/11

『カジカ鍋食べたい』


エディさんより連絡が入り、時間を合わせて函館下海岸へ向かうことに。今日は北風→北西風ということでカジカの数釣りが出来る噴火湾を避け一発大物狙いで下海岸をチョイスしたのだが・・。




移動中、街の気温を表示する電光掲示板を見ると3℃。車内は暖かいが北風を考慮するとさぞかし寒いだろうなと暖まるお菓子を食べながら釣り場に向かう。


△ダイエット中なのでお昼ご飯です(笑)


辛いお菓子にヒーヒー言いながら車内トークは弾み約40分で到着。今日はエディさんの奥様も一緒なのでハードな場所ではなく漁港を中心にランガンする予定。車内から降りて準備してると先行者がちょうどアイナメを1尾釣り上げたばかりで話しかけると渋い中での1尾だったそう。気合いを入れて(寒いからね)、ランガン開始!!


個人的にロックフィッシュで圧倒的な釣果を誇る鉄板ワーム『depsスパイニークロー』のテキサスリグで丹念に探るも反応は皆無。3人とも完全ノーバイトで次なる場所に移動。




移動した先にも先行者。


撃たれた後だから厳しいかな?と思いつつランガン開始。船道からの駆け上がりを狙うつもりでキャストしボトムをズル引いてくる。するとリンリンリン!!と向かいの投釣師の竿にあたりがあり「お?魚おるんやね~」とか思いズル引きからリフト&フォールに変えた途端スコーン!!と気持ちのいいバイトでナイスサイズのカジカを釣り上げる^^


Rod / tailwalk TRINIS C662MH
Reel / shimano スコマグ Avail tune
Lure / deps スパイニークロー3.5inc
Line / Yamatoyo フロロブラスト 10lb



しかし、後にも先にもこのバイトしか無くまた移動。この頃より指先の感覚が無くなる(笑)




次なる場所ではエディさんが1匹釣り、長居は無用!と移動する。すると途中で人だかりを発見。装備を見るからにイカ釣りのようで『エギ持ってるぞ!』とやる気満々のエディさん。そこに偶然登場したほてさん!準備が手早く気がつけばいなくなってたぐらい。最早イカ師だね!(笑)ボクはベイトタックルだがAvailスプールを搭載してるので投げる分には問題ないだろうし・・と挑戦!





犯人は豆イカでMHのベイトタックルじゃ全然面白くないが何とか1パイずつ釣り上げる。(隣のお兄ちゃんは1キャスト1ヒット!ラインを細く、エギを小さくすると吉!)豆イカなら20パイくらい無いと調理のしがいも無いのだが・・あまりの寒さに撤収!(笑)



いやー正直、夜釣りはしんどいですね^^; やっぱそろそろ海鱒でしょう!乞うご期待!では!






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ