真相解明2015!

2015/05/22

「蝦夷メバルにはワームよりプラグのほうが好釣果(サイズ)に恵まれるのではないか」という自己論。真相を追求すべく仕事を終えた後、NAOKIさんと釣り場に向かう。


車内で来月のバス遠征の話し合いをしてたらテンションも上がるので一石二鳥^^到着してみると海には誰もいない。二人して首を傾げながら釣りを準備し、先に撃たせてもらうが何の反応もないのでワームにチェンジしてみる。


ははーん。
スレまくってるのね。


と、ここでNAOKIさんが撃ち始めるとポコポコ釣りおる。ボクが何度も通したところで釣るので使用してるルアーを見せてもらうとトラウト用みたいなミノー。ここで何となく閃く。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
①スレまくってるのでワームには反応しない。反応しても小物。(実際、ワームではカジカと黒ソイしか釣れなかった)

②スローシンキングまたはスローに浮いてくるクランクが効く。また頻繁にバイトはあるがあまりにも針掛かりが悪いので補食ではなく背中などを使った威嚇行為だと推測される。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■


上記から考察するにスレてるが故に、プラグに反応(縄張り的な排除や威嚇かなと)するのだろう。魚たちは毎日釣り人に狙われてるだろうし、恐らくほとんどがワーム。大きい個体ほどスレるのが早いはずなので、そう考えると補食じゃないのであれば「プラグ=大物」というのはあながち間違った考えではないと思う。ただ、あくまで基本はスローなのかなと。今回は4gから21gまでのバイブやミノーを試したが、早い動きのものは完全にリアクションでしか反応が得られなかったから。


と、能書きが長くなってしまったがキーポイントが「スロー」とわかってからは順調に釣果が出てきた。




ROD / tailwalk Muddy C632M
LURE / ima 魚道50 etc,,,
LINE / Yamatoyo SOLTWATER 8lb



途中から爆風になったので、スローに落ちるルアーを遠くに飛ばせるようになる。いわば、スレてないポイントに鉄板メソッドを撃ち込むことが出来るわけで・・爆釣モード♪ナイスサイズのシマゾイまで出迎えてくれ、ホントは名残惜しかったがあまりの寒さに納竿。因みにNAOKIさんもキッチリ尺メバも釣り上げていた。


ただ、偉そうに書いておいて何だが・・まだ釈然としない要素はある。次の釣行でちゃんとした形にしたいものだ。






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail