「DIVE TO BLUE」

2015/06/03

釣り。


それは殆ど妄想の世界。
リアクションバイトなのか補食バイトなのか実際の所、真実は魚しか知らない。実際、魚たちがどんな所に潜みどのように生活しているのかその鱗片を少しでも覗いてみたいと思い、今年スキューバダイビングに挑戦したいと思う。


話は遡ること数日前。
幼なじみでスキューバダイビングを愛するノリに会った時、社交辞令的な感じで「俺にも潜らせろ(笑)」と言うと満面の笑みで「面白いぞ」と言ってくれた。だが、道具も何もないので「レンタル高いだろ?」と聞き返すと「問題ないから行くぞ(笑)」とのこと。何だか知らない間に頼もしくなっていて任せてみようという気になったのだ。


△数年前の江差沖の1枚。


△鯛も居るんだってね。


釣り目線で考えるボクとしては出来ることなら上から誰かジグを落として貰いたいけどね(笑)実際、ジグがどんな動きをするのか見てみたいし。どうやって魚が反応するのかも見てみたい。様々な角度から釣りを見直すのも釣果に繋がる一つの道なのでは・・と思うのでした。






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ