TAI GAME。

2015/06/17

引き続き青森ネタです。


あちこちから青函交流戦の質問があるので、タックルについて説明させて頂きます。陸奥湾のジギングにおいてボクが使用しているのはtailwalk ソルティーシェイプの「TAI GAME」のノーススピンというモデル。このロッドはご当地用に作られたモデルで○○用を流用するのとはちょっとテイストが違います。


船用の竿か!と突っ込みたくなるほどティップがしなやかなのにも関わらず重たいジグも使用可能。で、ここからが本題。真鯛用テンヤもジグも鯛ラバも一本でこなしたいって方には胸張ってこの竿をお勧めします。(鯛ラバは出来ればベイトタイプのほうがいいけど。あくまで出来ればの話)


△tailwalkのWEBページには書いてませんがティップのみ赤くなってます^^


タイゲームの中でもテンヤ用は数種類あり、ぶっちゃけ行くエリアによって使うテンヤのウエイトが2号の時もあれば30号の時もあります。特に大物狙いにシフトすると深いところに向かうので。


今回の青函交流戦でも函館チームの行った場所と青森チームの行った場所では潮の流れが全然違い、同じ陸奥湾と言えども状況は全く違う訳で・・そうなればジグ用のノーススピン(MAX 80~100g)を押さえておけば問題なし。繊細なティップのお陰でジグでもテンヤでも鯛ラバでもマルチにこなせる訳だ^^ テンヤ用を先に買ってしまったらジグを扱うのは正直しんどいしね。


ただ、あくまで一本でこなすならの話。


細分化されてるには理由があるわけで、3本買う余裕があるなら揃えるにこしたことはないからね。まぁ、ピンとこない人もいるかと思います。そんな時は気軽に連絡下さい^^


竿に触れたら力説してる意図がはっきりわかるはずですから♪


と、長々書いたけど「真鯛なんてそんなに行けないし」と思う人が多いでしょう。じゃ何故書いたかと言うとこのロッドは繊細なティップのおかげで船カレイや噴火湾ジギングなどにも向いてるので持ってて損はないのです♪






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail