シーバスの旅。

2015/09/27




27日。


NAOKIさんと青函フェリーに乗り込み秋田県に向かう。自身、十代の頃に北陸で餌釣りの外道としてシーバスを釣ったことはあるもののルアーで釣ったことはなく、今回は何としても結果を出したい所。

------------------------------------------------
☆おさらい記事
・2015秋田遠征編①
・2015秋田遠征編②
------------------------------------------------


今回は天候に恵まれたので午前9時に秋田県の釣友NAGAさんが船を出してくれる予定。午前3時半に青森到着。ご当地名物の「工藤パン」の新作イギリスフレンチトーストを食べながら秋田に車を走らせるのだが、これがめちゃくちゃ美味しくてUターンしたい勢い。


△名物イギリストーストより200キロカロリーも低いが旨い。


5時に秋田県に突入し、出船まで時間があるのでウォーミングアップとして八郎潟でブラックバスを狙う。前回はクランキングの早い釣りでいい思いが出来たので今回も巻きまくるが反応ナシ(笑)でもNAOKIさんはパターンを掴みきっちり結果を出す。


△バス釣り2年目とは思えない成長っぷりのNAOKI。


ボクはノーフィッシュ、NAOKIさんは4匹と彼の好調ぶりに嫌な予感を残しつつ八郎潟を後にして秋田県雄物川へ向かう。途中で秋田市の「釣り具の館」で氷と足りない釣り具を購入。スタッフの方に最近の釣果を尋ねると、シーバス情報は殆ど無いらしく、また嫌な予感。そして雄物川でNAGAさんと合流すると早朝に船を出してたらしいが四人でシーバス1本のみとのこと。あまりの貧果ゆえ遊漁船もお休みしてるとの話まで出て来て・・・またまたまた嫌な予感(笑)


地元のアングラーが厳しい思いをしてるのに素人のボクらに釣れるのか?という思いはあったが、せっかく来たのだからとことんやり込もう!と開き直りいざ乗船。


△2014 ima オフィシャルブロガー NAGAさん

------------------------------------------------


「まずは何を選べばいいだろう?」


そんな事を考え始めた矢先(船が動き始めてから30秒くらい)にNAGAさんが「はい、やってみてクダサーイ!」と言うので2人は「えぇ!?もう!?」と急いで準備。先に準備を終えたNAOKIさんに「先投げてていいよ~」と言うと「いきなり釣れたらウケるよね~(笑)」・・・・






「いきなりキター!」
と。ノッてる男は怖い。内心、この変な展開にネガティブになり今日はダメな日になりそうと覚悟したんだ。でも反対にNAGAさんは安心したことでしょう(笑)


△彼と知り合って八年になるが、こんな笑顔は見たことがない(笑)


ボクは最初からimaの新作「iBORN 98f」のボラカラーを投げ倒す。そして少しずつボートで川を下り、河口が近くなった所でカラーをグリーンゴールドに変えキャスト。目の前までルアーを巻いてきたところルアーの下に八郎潟の野鯉のようなデカい魚影が現れ静かにUターン。・・!?あれ?もしかしてあれがシーバスか?と気付くのに5秒くらい要した。でも、不思議と次で食ってくるようか気がして再度同じコースを流せるようきキャストするとドン!!!そしてiBORNをハーモニカ食いしたシーバスが・・


バババ!!と水面でヘッドシェイク!

「遊介くん!ランカーだよ!」とNAGAさんがネットを持ってサポートしてくれ内心バフバフ(笑)心を落ち着かせバレないようにバレないように慎重にやりとりして・・






念願のシーバスをget!!


△82cm 3400g!感無量すぎる一匹はiBORNで!


NAGAさんとがっちり握手を交わし、込み上げる思い!シーバスたまらん!(笑)と、ここで肩の荷が降り第2の目標でもある「北海道にはいない魚を釣る」のミッションを果たすべく沖合へ。しかし西風が強く船が流されるのが早い。キジハタを狙おうとするも・・なかなかボクらには釣れずNAGAさんがやるとキジハタ×2、ガシラ×1。


△ハゴトコみたいなカラーのソイ?と聞きたくなるガシラ。


そして風が強くなり、沖の空には竜巻が出来そうな竜の尻尾の姿。なので川に戻るが反応もなく撤収!NAGAさんも「風さえ無ければいい場所に連れて行けるのに」と「釣らせよう!」って気持ちが凄く伝わってホントありがたい。周囲で全然連れてない中、この結果は出来すぎなくらいだし気分よく終われた。


そして3人で秋田の重鎮アングラーの篤さんの会社にお邪魔する。


△やっぱり篤さんは温かい人!しかも日本酒貰っちゃった♪


様々な秋田の釣り話を聞かせてもらい、これから夜釣りを計画してると話すといくつかポイントを教えてくれたり次回ウェーディングシーバスのガイドの確約も。そしてここで解散となり函館組は夜のシーバスへ。


△ロケーションだけで、何だか胸いっぱいでした。


地元の餌師の方はクロダイの浮き釣りをやっており、北海道との違いを目の当たりにしダメもとでルアーやワームで狙って見るもノーフィッシュ!明日もあるしと温泉施設に向かい、就寝するのであった。


△また今回も「釣りキチ三平」を読み始め2分持たずダウン(笑)



様々な出逢いに感謝。
とても充実した一日でした。
皆さんありがとうございました!


☆Hit tackle
Rod / tailwalk NorthernRock S76ML
Reel / shimano エクスセンスBB 4000HS改
Lure / ima iBORN 98f
Line / Yamatoyo レジンシェラー 1号



続き→■シーバスの帰り道 編




鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail