札幌から。

2016/01/30

わざわざ札幌からスーさんに会いたい!とS夫妻が御来店。


今までは「スーさんってどこで釣りしてるの?」「何の仕事してるの?」などミステリアスな存在だと言われて来てたけどYG釣具館に勤める事になり、このようなリアクションもあるんだなと嬉しい限りです。実際、新しい出会いも増えているので毎日が新鮮ですからね^^


そしてS夫妻のご主人からお土産だとNorth ima foxtail 30g フロリダピンクを頂いてしまった^^; フロリダピンクは欠品してるので実に有り難い!


△テスターとして如何なものかとは思うけどね(クスクス)

------------------------------------------------


そして問題はここから。


S夫妻はひょんなことから知り合った「蝦谷の主」こと松さんと後日一緒に釣りをするそうだ!松さんのマシンガントークと「ホッキ貝のヒモ使わないと!」というホッキ推しで疲労困憊になり帰り道に事故・・とならなければいいのだが(笑)


△そういや最近会ってないなぁ~。元気なのかな♪


S奥様にも「一緒に行きませんか?」と誘われたが先日の転倒により右肩が負傷したままなので、まだロッドを振りかぶる事が出来ない状態。数日は桜鱒も見送りしなきゃならんし、早く回復させなきゃね。兎も角2人が函館を満喫してくれることを願うばかりです^^

------------------------------------------------


今年は桜鱒が好調なのもあり、専用ロッドtailwalk KEISON 海Sakuramasuの問合わせや店頭でも手に取ったり購入する方の姿が見受けられます。なので、少しここでロッドのご紹介を。





ボク自身、S90ML、S100M、S110M、C106Mと所有していますが「何が一番いいだろう?」と考えている方に少しでも参考になればと思い書いてみます。

■ S90ML ■
シリーズの中で一番軽量で柔らかく扱いやすいロッドです。飛距離という面では他のラインナップには劣りますが、ロッドが柔らかい為にミノーや小型ジグもロッドにノセて飛ばす事が出来、ショートレングス故に操作性もバツグンです。

■ S100M ■
90と110を2で割ったような感じで一番汎用性があるロッドです。

■ S110M ■
飛距離重視な方にはオススメです。ただ、ややティップが堅めだし長めなのでミノーを扱う時にはやりにくいといった感じを受けるかも知れません。ただ魚が遠くにいるのがわかりジグやジグミノーがメインの場合、一番重宝するでしょう。

■ S116MH ■
鮭も桜鱒も一本でこないしたいという欲張りな方にオススメです。ただ、小さな桜鱒が掛かった時には面白くないと感じる事でしょう。

■ C106M ■
日中、または四月以降の桜鱒にオススメです。特にミノーを使用する際、アクションがつけやすいのが特徴的。冬の朝方などはベイトタックルで挑むと指が凍傷になってしまう可能性もありますのでご注意を(笑)



これを踏まえた上で、この道南でオススメするのはS90ML(※ジグMAX30~35g推奨)とS100M(※ジグMAX35~40g推奨)の二つ。他の地域と違い、魚が比較的近くを回遊するので長いレングスのロッドはそこまで出番がないかと。ただし45g~60gのジグを使うような方はそれより長いレングスのロッドをオススメします。


意外とあるようで無かった海桜鱒専用のロッド。一度手に取って触って頂けたら色々感じることが出来るはずでっせ♪
YG釣具館ではスピニングモデルは全てSOLD OUTなので只今取り寄せ中ですけどね(笑)



はい論破♪







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail