短時間勝負。

2016/03/31

気が滅入りそうなことばかり続くので、用事がてら出向いた場所の帰りに「40分くらいなら出来るかな?」と少しだけ寄り道。





先日発売されたima issen45S MAXの使用感を試すべく渓流に向かったのだが当然ウェーダーを着用してる時間がないのでやれそうなところだけにしようとベイトタックルを持ってピンポイントで入渓。


第1投目からやる気のあるアメマスがお出迎え。渓流魚の綺麗な魚体でホント癒されます^^




この場所だけでサイズは様々だが十匹近くのアメマスがおり、パターンを見つけてから順調に釣果が上がる。従来のissenのクオリティに疑いはないので今回使用したnew issenも信じて投げ続けられる。


反応が乏しくなりイワナカラーに変えて対岸の際に落としてやり少し深めをふんわり巻いてくると2匹のアメマスがチェイス。どっちが食ってくる~?とニマニマしてたら左脇にあった木の下から猛烈な勢いで60cm前後くらいのグリーンの魚がルアーを引ったくる!!


予想外の出来事にテンパった!(笑)


あまりの暴れっぷりにフロントフックは外れリアフック1本だけだが口にガッチリ掛かっている模様。キャッチしやすい所に誘導してやるが流石に5フィートのロッドで簡単にいなせる相手でもなくどうしようかと考えた瞬間に魚は身をグリン!とひねりフックアウト。ご丁寧にフックも伸ばされてましたわ^^;



強度を求めたissen MAXで願ってたビックフィッシュをせっかく掛けたのに体をひねって逃げやがるとは。issen Maxは純正でトリプルフックが着いてるけど今回シングルに交換した訳。だがそのフック自体の強度を甘く考えてたかも。セッティングの見直ししなきゃならんな。

------------------------------------------------

その後・・


粘りたいが時間がなくゲームセット。
必ず仕留めてやるからなっ!


■ Tackle Deta
Rod / tailwalk KEISON Runsbuck C510M
Reel / tailwalk ELAN PG 81L
Lure / ima issen45S Max
Line / Yamatoyo ナイロンアディクト10lb



まぁ少し癒されたから良しとしましょ♪







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail