道産子バサー2日目。

2016/05/24

AM 2時半。



Vさんのいびきで目覚める。が、再度ウトウトするとNさんのアラームで目覚める(笑)そしてみんなを叩き起こし二日目の始まり。


AM4時。


ポイントに到着し、釣りを開始しようにもみんな身体がガタガタ。基本的に水曜会ツアーは睡眠時間が乏しく3時間程度な上に一日中キャストしてる日が続くので思ってる以上に身体に負担がかかっているのだ。





しかし来たからにはやり切らねば♪
金農パンぽを食べていざ!!


と準備をしてると急に水門が開き水が動き始めた!!バスは水が動くと活発化するのでチャンスとばかりに皆思い思いの場所に移動し・・


皆ノーヒットでダメかもと思いかけた頃にdeps B-カスタムで念願のナイスバスをゲットーー!!


■ tackle
Rod / tailwalk FULLRANGE C65M
Reel / shimano scorpionMG 改
Lure / deps B-custom
Line / Yamatoyo Fulolo addict 14lb


かーらーのー!
みんなで雷魚・雷魚・雷魚・雷魚(笑)何故か今年は雷魚だらけ。NAOKIんにバスを釣らせたる!とVさんとN氏も方々に調査しにいくが・・何処も厳しい模様。なのでスパッと八郎潟に見切りをつけて青森県へ大幅に移動!


N氏もとことん付き合ってくれるらしく、野池ランガンのスタート。


















サイズは小さいが、バスが丁重に出迎えてくれる。バスフィッシングやったことない人にはわからないだろうが、こんな小さなバスでもアジング用のジグヘッドとか一発でフック曲げやがる程トルクあるからたまらないのだ!そして彼に満面の笑顔が^^






その後、みんなで飯食って時計を見ると若干余裕があったので『一時間だけ近くの公園行くべ!』となり・・小バス選手権で盛り上がり終了~♪







ここからは慌ただしく・・
急いで青函フェリーに向かい解散となったのだが、帰り際は毎度のことながら失恋したような胸の痛みと、疲労度マックスの身体の痛みに包まれたとさ!


そして帰りのフェリーで目を閉じた瞬間、そこは函館でした(笑)函館は大好きだがこの時だけはいつも帰りたくない気持ちでいっぱいなんだよねぇ・・。




おしまい。


------------------------------------------------
■ あとがき


バス釣りをやってみたい。


その想いに賛同してくれた仲間達。気がつけば6?7年も続く毎年恒例のイベントとなっており、お金もかかるし時間を作るのも大変なので付き合ってくれるだけで頭か下がる。しかし時折飛び切りの笑顔を見せてくれるコヤツラには感謝と脅威を感じます(笑)





今回は珍しく天気に恵まれたが釣りに関して言えば惨敗。悔しくて悔しくて・・絶対またバスボートのリベンジしたるからな!と。結局、お蔵入りは免れたが再取材みたいだしね。じゃないとこんなに詳しくブログに書けないもん、皆さんお見通しだったかな?(笑)







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail