なぜ故・・

2016/12/11

もりりんくんのとこでima・魚道110MDのライブカタクチをゲット♪しかも驚異的プライスの500円!買わないはず無いじゃんね(笑)




持ってた人は何で手放したんだろ?

本気でそう思った。金欠で手放したのか、それともいい魚に出逢えなかったのか・・。桜鱒の話もチラホラ上がりはじめたのに勿体ないなぁと思いつつも、まぁ自分の物になったし良しとするか♪


さて、ここから魚道のお話。
110の後ろにMDと表記されてるんだけどMD=ミッドダイバーの略かと認識してる方が多いかと思います。潜行レンジがMax150cmなので間違いではないんだがミッドダイバーとして捉えるよりサスペンドモデルとして認識してくれたほうが釣果に結びつくんです。
(※ヒラメ用ミノーですが、今回はトラウトでの使い方として書いてます)


というのも道南の大概の場所で使用してきましたが、これからの時期の水温・水質などを考慮しても「サスペンドまたは超スローなシンキングorフローティング」なのです。よくわからんぞ?って方の為に書きますが水温によりルアーの浮き沈みは変わります。プラスチック素材とバルサ素材でも変わります。極端な話をすると水温が0度とかならフローティングミノーでも沈む事もあるってことね^^ あくまで極端な話だけど(笑)


それを踏まえ今回は道南の冬に使用した場合の話。殆どの場所で魚道はリトリーブを止めた場合ピタッとそこに留まるのである。ルアーの後ろに鱒がチェイスしてくるのを感じ取れるのに食いに結びつかないといった状況だったら、サスペンドモデルってのは止めるって事で最大の武器になるときがあるんです。また、巻かずに少し深いレンジをトゥイッチのみで魚を誘う事も可能。河口などで使う場合はドリフトなども可能。



素晴らしいでしょ!


と胸張って言えるミノーなんです魚道110MDって。ブログやインプレを見て釣れてるミノーに走ることに否定はしませんが、どうやったらこのミノーで釣れるんだろうと答えを導く事により、今よりもっと魚は釣れるようになります。一つのルアーと深く付き合うことで見えてくるもの・・そこに気付くと絶対世界は変わります。




魚のスレまくった管理釣り場。
ただルアー投げて巻いてくるじゃなきゃ釣れませんが、パターンを掴むと爆釣ってのもよくある話。ルアー達に不合格の捺印を押すのではなく、自分の腕を不合格をしストイック向き合う。面倒だけどそれがルアーマンじゃないっすかねぇ^^;考えて導き出すのが楽しいんだけどな。




釣るだけなら餌でいいでしょ?




書いてみて思ったがこりゃ変態の言い分だな(笑)あまりのめり込むと人生ダメになるので程々にw







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail