つまり、釣れる。

2017/03/20

函館市湯の川「遊漁船・彩貴丸」に乗船しオフショアジギング^^ 目指す海域は津軽海峡の大間沖でターゲットはマゾイなどの根魚と反応次第でサクラマスを狙うプラン。


三連休最終日と言うこともあり、11名が乗船し餌師7名・ジギング4名。彩貴丸の和崎船長は昨日も出船していたが貧果だったのもあり少し元気がないので釣果で応えたいところ。




------------------------------------------------
■ 5時30分出港!


まずは大間に向かう。
船長もかなり頭を悩ませ大間に決めたらしいが、実はこの連休に入ってから遊漁船やプレジャーボートが散々な結果となっており原因としては【潮まわりと海獣】だと推測。現にイルカやオットセイなどの姿が多々目撃されている。


とは言え、釣りバカとしてはそんな状況でも「何だかんだボウズは無いべ」と思うものだが開始からしばらくジグ組・餌組ともに静かな立ち上がりで凄く嫌な予感。いくつかポイントを回って何となくBOZLESジグの使い方がわかり始め・・





小さくても貴重な1匹!!


ボクの両隣はスロージグを使っており、スロージグで出ない状況で魚を出せた事で自分の中でスイッチが入る。





コレを見てくれてる方の中には「随分と小さい魚だなー(笑)」と思うかも知れないが同じ状況下に居たらこの2匹を出せた事が凄いと思えるくらい渋かったんですよホント。



ボウズレス=ボウズ無し!=つまり、釣れる。



タングステンジグはやっぱり高い。高いんだけど船でボウズは色々と痛いでしょ?船の釣りは金銭面、天気などのコンディション、船の空席など条件が揃わないと出来ない釣りなのでねボウズ逃れの最終兵器としてタックルボックスに忍ばせてた方がいいんじゃね?と思う次第です。


自慢とかじゃなく、この後もトウベツカジカやタコなども釣れ(タコは勿論リリース)何だかんだサイズには恵まれなかったが本日の竿頭を頂いた訳ですよ。餌組・ジグ組ともに半数がボウズという状況で結果を出せた事は今後大きくボクのジギングライフに影響をもたらすはず。


今日はホントいい勉強になりました^^


BOZLES
http://bozles.com/index.html











鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail