渓流の糸。

2017/07/02

ここの所オフショアとナイトゲームばかり(ナイトはupしてないけどね)だったが、そろそろ渓流をやりたい気分♪で、準備をしてた時にふと「渓流にPEを使うのは毛嫌いしてたが、実際どうなんだろう」と考えてしまった。


自分は渓流ベイトに基本的にナイロンの太糸を使用してきた。渓流というよりブラックバスの釣りに近いスタイル^^ それでも魚は応えてくれたし不自由を感じたことがなかったので変える必要はないのだろうが、唯一あるとすればアベイルを筆頭にベイトフィネスのスプールは溝が浅いので太糸を沢山巻けない点。




試さないであーだこーだ言うのは間違ってるなと、渓流PEデビューしてみることにすると決めた♪と、なれば今度は何を巻くのか悩む訳で・・


渓流ベイトで評判のいいレジンシェラーか




スピニングで愛用しているストロング8か・・




視認性にも優れているし楕円形ではないので、いいんじゃないかと思ったがストロング8は8本縒りなので擦れに弱いようなイメージがあるので・・と思い付いたのが今年発売したストロング4♪




オフショアで最近使っているストロング4。コストパフォーマンスに優れ業界でも安値ランキング上位ではないだろうか。YGでも取り扱っているがストロング4のエコパッケージモデルは200mでも1700円前後とかなりお買い得^^


ラインが単色だと偏光レンズの色、天候、ラインの色がマッチしないと最悪1日中やりにくい釣りになってしまうがレンジマーキングだと必ずどれかのカラーが見えやすく映るだろうと踏んだ訳だ。ただ魚への影響はどっちに転ぶかわからんけどね(笑)


と、まぁダラダラと書いたけど何が言いたいかというと食わず嫌いじゃなくPE試して来るぜ!って話でした。







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ