13カルカッタ401 改造への道②

2017年08月30日12:03  釣具関連ネタ 写真あり

13カルカッタのカスタムに使う道具第一弾が到着^^


まずはリブレのハンドル「フォルテ」。


http://www.livre-megatech.com/products/knob/f/index.html


堅牢性とデザイン重視。使い勝手も大事だけどベイトリールはなるべくカッコ良く仕上げたいからね(笑)


そしてリールを固定するボルトをマイナス型から六角型のボルトに交換。マイナス型だとリールいじりした時にドライバーを滑らせてボディに傷ついたりするからね。ただ・・1本300円近くするので3本使用しているカル401だと1000円前後。ちょっと高いよなぁ~^^;


http://www.hedgehog-studio.com/phone/product/3759


あとAvailの「12カルカッタ100&200用スタードラグ」。




これは100や200には装置可能みたいだが、300・400シリーズに装置出来るか未知だったので人柱になるつもりで購入。取り付ける際にドキドキしたが無事ライドオン♪




ただ、若干カタカタとブレるので内部に極薄のアルミテープを咬ませてフィット感を追求。構造上?100・200シリーズならジャストフィットするんだろか?と疑問に思ったが該当するリールを持ってないのでどうしようもない。



で、次はスプール。



カルカッタ400は何故かスプールにベアリングが着いておらず白いカラーが装置されている。あとシャフトピンも何故か片側しか出ていない。それは購入前に【コチラ】のブログにて拝見してたので換えてやるだけ。ヘッジホッグスタジオでベアリングリムーバーをレンタルで借りてベアリングをぶち込み新しいシャフトピンを刺す。






ただ、気にかかるのはカラーからベアリングに交換するとスプールの自重が増してしまいキャスティングに影響が出るであろう点。今回のカスタマイズのテーマは「堅牢性」なので頑丈に超したことはないが快適な釣りが出来ないようであれば元に戻す事も有り得る。



はい!今回のリールいじりはここまで^^




だいぶワイルドな感じになってきた♪
次はレベルワインドをいじりまっせ!



今回必要な部品は全てヘッジホッグスタジオさんで揃いました^^ リールパーツをお探しの方にオススメです♪



http://www.hedgehog-studio.com/phone/








鈴木
前の記事 次の記事