【2017 秋】秋田釣行1日目。

2017/10/16

AM 1:30 青函フェリーにて青森到着。


といっても、何度来てるのかわからないので感動も興奮もない(笑)近場の釣りと変わらぬテンションで秋田県に向かおうとするが少しでも新鮮味が欲しいなとNAOKIんと話し時間の縛りも無いため高速ではなく一般道で秋田県を目指す。


東北も気温が低く峠などでは気温が2℃となっており、今年もあと少しだなと寂しさも感じる道中。暖かさが欲しくなり途中のコンビニで買ったコレ・・かなり旨い♪





秋田県に向かう途中で、馴染みの八郎潟を通る。やっぱりスルー出来ないでしょ!とシーバス用のタックルでブラックバスを狙って見たものの水が死んでおり釣れる気がしない。お互いワンバイトあったものの活性の低さが容易に伝わり「釣れてもエキサイティングな感じじゃねーな」とすぐさま男鹿半島へ。





波戸には大量の墨跡がありアオリイカに期待出来そう!だが誰も釣っておらず現地のエギンガーと話しても「一日頑張って1杯釣れるかどうか」といった感じらしいがイカ大好きNAOKIくん頑張る。ボクは昨年にアオリイカのしんどさが身に染みていたのでエギは持ってきておらずダラっとしたシーバス狙い。



・・。



あまりに釣れずウロウロ。
どうやら墨跡は少し前のものらしい(苦笑)





どこに行っても魚やイカの気配がないのだが、関心するほど釣り人が多い。月曜日だと言うのにどこに行っても沢山の釣り人!でも全然釣れていない(笑)


これはあかん!!



と、ダレてしまっていた2人は夕まずめはちゃんとやろうと大幅に場所を移動し潟上市へ。昨年転倒し腰椎横突起骨折した苦い思い出の詰まったポイントに行くことにする。釣り場につくとボコボコと跳ねる魚!!テンションアゲアゲで急いで用意し海辺に急ぐと・・











「え~・・犯人はボラです」


と、死んだ目で訴えかけるNAOKIん。100匹跳ね魚のうち1匹はシーバスかも知れないべ!と強制連行(笑)先行者に話しかけると「昨日までは結構釣れてたんだけど今日は全然ダメ」と。シーバスは風向きが非常に重要なファクターなので納得するも、折角来たんだからと釣りを開始するとすぐさまNAOKIがミノーでバイトがあったらしくスイッチON!!ヒラメ、チーバス(セイゴ)と立て続けにキャッチしやがる^^;



するとima koume70を投げていた回収時にデカいシーバスのチェイスが!心臓バフバフだが・・食わず。意気消沈しつつスピンガルフにルアーチェンジしたら即ヒラメ。




君じゃあないんだよ今日は。





頭からガップリ食ったけど・・今日は君じゃない。



で、ナイトゲームの時間に突入したので移動し河川の橋脚下で明暗部を狙う。フィールディングタイムなのかアジが狂喜乱舞してるけどシーバスの気配ナシ。まぁ本番は明日だからなぁ~と話をしていたら明日ガイドしてくれる予定の秋田在住ふじふじより「仕事でトラブルがあり明日厳しい!」と連絡が入る。



困った(笑)



仕事だからしょうがないし責めるつもりはない。だが、プランの見直しをせねばならず何かいい話はないかと【釣具の館 秋田店】に足を運ぶ。そこでスタッフの奈良ちゃんに相談した結果・・


今回シーバスは諦めて男鹿半島の渡船で磯に乗りアオリイカを狙おう!とプラン変更。というのもコロッケサイズじゃないアオリイカを釣ってみたいって気持ちはあるし昨年は地磯で撃沈したのでリベンジって形。何より磯に渡してもらうこと自体が初めてなので新鮮♪お店でエギを購入し明日に備えてユーランドホテル八橋へ。





秋田に来てるのに秋田美人を拝むことなくストイックに釣りをするアラフォーの2人!アホというか変態だわな!しかもパッとしない状況だったので眠気と疲労感が酷く本日はヘロヘロで就寝。






二日目に続く
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

name : yusuke suzuki
-----------------------------------

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」の運営者。ルアーフィッシングだけではなく様々な釣りに挑戦中!

ID / tsurizaru
name / 鈴木 遊介

Contract Manufacturer
NCV Fishing TV
釣りバカ月誌&釣りバカZ
facebook公式アカウント!
----------------------------------------
Support Media
Support company
月別アーカイブ
RSSリンク
最近記事のRSS
mail