往年の名作「P-BOY」。

2017/12/28

先日、売り場でふと気付いた。




「P-BOY全然売れてないな」と。海鱒全般のショアジギングのパイオニアと言っても過言ではない存在。まぁ普通に釣れるし皆はもう飽きてるんだろうな~と思ってたんだが・・



もしかして知らないんじゃね?



と思った訳さ!ここ数年で海アメ・海サクラマスの釣りを始めた人からすれば知らなくても当然。というのもここ最近のメタルジグは海外生産で格安に作られる為、市場には600~800円で出回っている。一方このP-BOYジグは35gで定価1280円と今となってみれば高級な部類なのでなかなか手が伸びないんだろう。手が伸びないということは、使う機会がない。ということは釣れるかどうかもわからない。


最初は「ま、別にいいや」と思ったのね。正直に言うと自分が店に仕入れた訳じゃないし個人的にはジグよりミノーで釣る方が好きだからね。・・・でも何か引っかかる。自分に嘘がつけない性格なのでモヤモヤモヤモヤ。結局それは変な使命感(笑)後世の釣り人たちの為にも伝えて行く事も必要なんじゃないかと思ってしまった訳さ^^;



で、どうすればいいか悩んで・・







閃いた♪パッケージも煤けてきてるし上司に「P-BOYを安く販売したい」と提案すると上司もP-BOY世代なのもあってか快く了承してもらい、限界値の35g→980円・25g→880円にて期間限定で販売することになった^^





「25g?」と思う人もいるかも知れないけど、この道南では実際25gで十分釣れるし飛距離も申し分ない。そりゃ向かい風の爆風だと厳しいけど、向かい風に喜んで立ち向かう人少ないじゃん?(笑)何だかんだ皆さん風から逃げる訳で。(※コアな人は別w)



実際この値段で売れてもお店としての利益なんて無いようなもの。なのでお正月期間中のみの販売となりますので、「よっしゃ!試して見るか!」と言う方は是非宜しくお願い致します。後世へバトンを渡すという気持ちを汲んで頂けたら幸いです♪



ま、好きな色は早速4本買ったけどね!(^w^)


自分の為に安くしたのではないので誤解せぬよう合わせて宜しくお願い致します(笑)









あ゛!!






余談ですがP-BOYジグには他モデルの「スタンダード」というのもあります。



因みにこちらは「彼が現れると魚が居なくなる」という逸話をお持ちの“死神”hataさんお気に入りのジグとなってますのでお間違いのないよう宜しくお願い致します。いや、スタンダードも釣れるんですが、hataさんが使ってるだけに縁起が悪いかと思いまして・・(笑)








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ