お見舞いと釣り②

2018/03/17

AM4時 起床。


とりあえず酔い覚ましを兼ねてシャワーに入る。そこまで残ってないなと確認し、準備するがNAOKINはなかなか起きて来ない(笑)するとDAIくんが宿まで迎えに来てくれて慌てて出発!


外は寒くないんだが、風が強いので若干不安だが乗船場所の野牛漁港に行くとビックリ!既に沢山の船と沢山の釣り人50人ほどがスタンバイしており、サクラマスジギングの熱を感じる!ここでひらし~と合流し乗船!



ボクが左舷の大トモに陣取って準備してる一方、朝から船室内で青森風俗誌を見るNAOKIN!若いよね~(笑)


と言ってる間に出船したのだが・・早々にNAOKINの顔が白くなり寝始めた!それもそのはず今回乗った船はとても大きく多少の波風では中止にならないんだそう。それでもボクらからしたら今日の天候はかなりキツい^^; 立っては居たがスマホで写真を撮る余裕もない程の揺れ。それがポイントに到着するまでの二時間弱続く訳(笑)




ポイントに付いてスタートした頃にNAOKINが起き上がり、ボクもジグを落として見るが・・ただただ気持ち悪い。 ジグチェンジもフック交換も下を向くことさえも出来ない状況!すると・・















ピッコロ大魔王の卵を産むシーンかの如く吐きそうになる(笑)それでも「ここは尻屋崎だぞ!4キロのサクラマスが狙える場所だぞ!」と言い聞かせ頑張るが12人乗ってて誰もサクラマスをキャッチした雰囲気がない。そんな時に船の排気ガスが左舷に流れ込み鈴木くんノックダウン。(思い出して書いてるだけでも気持ち悪くなってますw)



起きたらスッキリした11時前。





船室から出て「スッキリした!もう大丈夫だ!」とパンを食べながら状況を聞くとひらし~が1本バラしたのみで船中5本とのこと。サイズもいまいちらしいがやったるぜ!と思ってた頃にまた・・





完全ノックダウン(笑)
次に目覚めたのは出発した漁港に戻ってきた15時半でした^^; 久しぶりに船酔いをしてしまったお陰で船、怖い!という感情を取り戻す事が出来ましたね(照)ルアーのテスト云々言ってられない状況、宝くじで3億円当たるより酔わない身体が欲しいと心底思った尻屋崎。忘れる事が出来ない体験でしたw




陸に降りても揺れていて具合が悪いのだが、帰らねばならない。DAIくん良かれと青森で有名なドーナツ屋さんやソフトクリーム屋に立ち寄ってくれ相変わらずいい奴なんだ。



でも今じゃない!(笑)


船酔いを体験した方はわかると思うけど、船酔いって二日酔いより遥かにキツいからね!むつ市から青森市までの二時間の移動もなかなか酷なのよ(笑)そんな中「ドーナツ何個食べれるかやろ!俺最高14個なんで!」とか言うんだもん怖い奴だわ^^;




まぁ何だかんだと寄り道しながら無事に青函フェリーターミナルに送ってもらい今回の旅は幕を閉じた。




凄く楽しい2日間だったけどね、全然釣り出来てないんだよな(笑)しばらくは大人しく陸っぱりに精出すことにしますわ^^;



青森のみんなありがとね!
また陸奥湾の釣りは行くけど外洋は懲り懲りだわ!(笑)







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ