引き出しを増やす旅。

2018/04/27

新たなるパターンを模索すべくNAOKINと朝チョコ♪日本海側は大時化の予報なので津軽海峡で挑む。27日はサッカー日本代表のハリルホジッチ前監督の会見に注目だと思っていたらまさかのTOKIO山口メンバーの事件。お酒は怖いよな~・・




そんな話をしてたらあっという間に釣り場に到着!先に来られていた方に挨拶し、サクサクッと準備をしてサーフへ^^ imaの鉄板バイブシュナイダー 18の“メタルシャッド”で釣りスタート。縦の誘いではなく横のイメージでルアーを泳がせること2投目にあっさりと海アメマス♪




流石にエリア・天候含めサクラマスは厳しいだろうが、何とか釣りたいな~とヒタスランガン(笑)NAOKINが黒豆ぐらいに見える距離までランガンしてると、何となく目の前の海の雰囲気がいい。またも朝と同じパターンで同サイズのアメマスを追加し、ルアーを大きくすれば大きいアメマス出るんじゃね?と思いima 魚道110MDにチェンジ。


キャスト~ジャーク~ジャーク~ストップ~ジャーク~からのステイ(2秒弱)・・

で・・ゴン!!


あまりにも綺麗に決まりビックリ!^^;
若干波が高かったので久しぶりに心の底から「バレんなよ~バレんなよ~」と祈り、揉まれたけどなんとか無事キャッチ^^




自分でココ!というタイミングを作り出し、それに魚が答えてくれるとたまりませんな♪こうなると更なる大きなアメマスかサクラマスを釣りたいワタシ(笑)少々欲張りモードでルアーをima kosuke110F(color・ウルメイワシ)にチェンジ。


https://www.ima-ams.co.jp/products/kosuke


このウルメイワシってカラー、どことなくチカにも似てる色なので好きで使うのだが結果が付いて来ないやつ。他にもアカキンやブラック&ブラックなど手堅いカラーも持ってきていたが何故か自然に手が伸び、今日はこやつがドラマを引き起こしてくれるのだった^^


潮流の境目にキャスト。


立ち位置を変え似たような所へ黙々と撃ち込む。フルキャスト後、トゥイッチ~トゥイッチ~ストップ~トゥイッチ~ストップ~




で、ゴン!!




の直後にジーーー!とドラグが出され「ん?!青物!?」と感じさせてくれる走り方。ドラグは緩くないのでサイズのいいサクラマスじゃ?と思ったらキラリと見える魚体。フックの位置は悪くなさそうなのでゆっくり焦らず攻防し、波打ち際でズリ上げるタイミング見計らってたら不意の大波来て揉まれてフックアウト(泣)逃がした魚は大きいとはよく言うが間違いなく60upの3kg前後の個体だっただけに悔やまれる。



でNAOKINにこっちのほうがいいと電話。





そこから再度2人で本気モードで撃つもノーバイト。近くに入ってきた方がジグミノーで50センチ前後のサクラマスをキャッチしたのを見て移動!時間が残り少ないのでチャチャチャとやってNAOKINがアメマス一本キャッチで終了。


my tackle
ROD / tailwalk MOONWALKER S106M-ti SURF
REEL / shimano エクスセンス 4000MXG
LINE / Yamatoyo レジンシェラー 1号
LEADER / Yamatoyo 耐摩耗ショックリーダー 20LB
LURE / ima kosuke110F・シュナイダー18・koume70・koume80・koume90・魚道110MD・魚道130MD



実は今取り組んでいる事があり、テスト中心の釣行になってしまっています。そんな中で別枠で新たに芽生えた「もしかしたら釣り糸で釣果は変わるのかも?」という疑問。とあるパイオニアの言葉とリンクさせた時もしかしたら・・と思う節も。でもそれはまた次回にでも!



へば、ゴールデンウイークはぶっ続けで仕事頑張ります。








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ