エゾメバルのプラッキング。

2018/05/10

仕事終わりからNAOKINとエゾメバル狙いで出撃♪手堅いポイントに行くか、新規開拓をするか悩んだが手堅いポイントは風が強かったので適当にランガン。今日は初心に戻る意味合いも込めてベイトタックル!だがどこも風が強くバックラッシュの嵐(笑)そりゃ~3gだの4gだの軽いプラグ&強風だもん避けられないわな^^;


ima B-太70のマットチャートを使うと表層で黒ソイが暇しない程度に釣れるがエゾメバルとなると巻きではあまり反応しない。




すると良型のメバルをキャッチしたNAOKIN!巻き?フォール?と聞くと

『ドリフト!』

と変態みたいな事を言いやがる(笑)ならばと軽いプラグで潮に乗せ3Dを意識してやると・・



△ North ima 魚道サバイバー50


あっさり釣れた(笑)が、小さいのは釣れるが大きい個体は出ない。沖に居るのか?と鉄板バイブを遠投して威嚇バイトを狙うも反応なし。寒いのでやめようかという話になり車までB-太70でランガンしてると、ピックアップの際に水面を割って飛び出して来た!(笑)




プラグをブリブリ泳がせても反応はなく、全て泳ぐか泳がないかの微妙な感じの時ばかりバイトが出たので活性は高くないと判断したのに最後の最後で水面割って出てくるとは・・改めてこの釣りは面白いなと^^


my tackle
ROD / tailwalk DELSOL C632ML(めだかカスタム)
REEL / tailwalk ELAN PG81L
SPOOL / Avail ELAN用マイクロキャストスプール
LINE / Yamatoyo ナイロンブラスト 2号
LURE / ima B-太70・シュナイダー13・koume40・魚道サバイバー50


こういう釣りは大体一回行った程度でアジャスト出来ることが少ないので、今度は色々持ってランガンしないとね♪エゾメバル・・かなり癒されたわぁ(笑)






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ