地震からの大停電。

2018/09/06

AM3時頃、北海道胆振地方に震度7の大地震があり直後に停電。





街がこんなに真っ暗なのは生まれて初めて見た。函館は震度4?5?くらいだったので、我が家は大きな被害もなく「朝になったら電気は戻ってるだろ」と正直楽観視してたのだが朝方になっても電気は復旧しておらず・・


さて、仕事はどうなるだろ?


と思いながら信号のつかない道を出勤。YGに到着すると店頭には既に開店待ちをしてるお客様の姿。勿論、店長は「店を開ける」と。ただレジは使えないし手打ちとなるのでハードな1日を覚悟(釣具館は終日閉館)。通常オープンより早くに店を開けると・・正直ビックリした。テレビで見た事のある被災地のあの状況なのだ。




そこで自分の中でもスイッチが入ったというのが正直なところ。どこか「まぁ大丈夫だろう」と甘えた考えがあったんだけど、あの光景を目の当たりにすると背筋を張らずには居られなかった。


電気がつかない店内にも関わらず電池、懐中電灯、ラジオ、ポリタンク、ガスコンロ、ガスボンベ、カップラーメンなど恐ろしい勢いで無くなって行く。


※閉店後に撮影。


休憩なんて取れる訳もなく、お客様への案内や品出しに終われてるとわざわざ「大丈夫でしたか?」と訪ねて来てくれた方も。あれは嬉しかったな~^^ こんな時に人の安否も気遣えるって凄いよ!自分もこうならないとなとひっきりなしに動き周りクタクタ(笑)空調も効かないので汗びっちょりになるまで働き、僅かな時間にスマホを見るとあちこちから安否確認の連絡が。


本州の方ではテレビで北海道の映像が沢山流れてるらしく、停電してるこっちではわからない情報とかも沢山教えてもらった。スマホが生きてるだけでこうも違うんだなと考えさせられたな~。特に東北大震災で被災したリアスコクワ親父さんなんかは震災の辛さを良く知ってるからか執拗なまでのメールが届いており目頭が熱くなった。



16時過ぎ、店のほとんどの関連商品が無くなり閉店。今日という日が例えば無給であったとしても別にいいやと思えるぐらい貴重な体験をさせてもらった。



さて、ここで釣りの話。

東北大震災の時に地震直後の釣りに対するスタンスが大いに取り上げられ業界で問題になった。今回もどうやらSNSなどで「釣り=不謹慎」みたいな話があったらしい。個人的に感じるのは危機感が生じるのも釣りをするのも自由だと思う。釣りをして事故を起こし迷惑をかけるのはダメだと思うが、少し釣りをしたぐらいで目くじら立てて怒る事でもないんじゃないかなと。むしろこんな時こそ笑顔で居て欲しいと思う人もいる。


考えを押し付けるつもりはさらさらないし、煽るつもりも毛頭ない。勿論、今回被災に合われた方々へのご冥福を踏まえての話。


ただ、何でもかんでも揚げ足とって気が付けば生きにくい世界になってるんじゃない?とも感じるよ。今日1日店にいて心がけたこと、それは「笑顔」や「明るく振る舞う」事でありこんな時だからこそどんな形であれ明るく居られること、それが一番だと私は思う。




まだまだ大変な事は沢山あると思うけど、下を向かず頑張りましょう^^








鈴木

PS.電気復旧した皆様!羨ましいなコンニャロー(笑)
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ