ティップラン遠征1日目。

2018/10/16

AM 3時半。


青函フェリーにて青森に到着。NAOKINと共に藤谷さん(カハラジャパン・フィールドスタッフ)の待つ秋田マリーナに車を走らせる。今回は1日目と2日目に秋田沖でアオリイカを狙うのだが、釣り方は「ティップラン」と呼ばれる釣り。本州ではメジャーとなった釣りだが、北海道のボクらはチンプンカンプン(笑)ならば体験するしかないでしょと今回向かってる訳だが・・まぁ正直そんな簡単に釣れないだろうなと。


と、色々話していたら




超絶美しい朝焼け。

だったはずなのに、秋田市に到着した頃はなかなかの雨(笑)しかも気温が低く、道民のボクらでも寒いなと感じた程。コンビニ寄ってトイレ行って着替えて・・とかやってたら晴れてきたので藤谷号で出港!!







そもそもティップランなんてやったことないので、ティップラン用のエギのシャクリ方や基本的なこと何も知らない。一応、下調べはしたけどそれは机上論でしかないのでアジャストさせるまでには時間がかかるだろうなぁ・・



と思ってたらイカ師NAOKINがサクッと釣り上げる(笑)




とりあえず藤谷さんの見よう見まねで頑張るも、全く反応がなくNAOKINはポコポコと釣り上げ「んぁ~?いつものエギングと同じ感覚でやってるだけだぞ」と言うのでエギが悪いんじゃないかとNAOKINと交換(笑)その間にも藤谷さんが釣る。




ようわからん!

と半ば匙を投げ掛けてた頃にNAOKINにデカいのがヒット!すかさずロッド片手にネットを用意してた時、自分のエギにも来た!!がバラしてしまう。



NAOKINのは藤谷さんの地元目線で見てかなり大きいらしい。そして大きいのでイカ墨も銃弾のように凄くて少し怖い(笑)何で俺だけ釣れないんや・・と思ってた頃にスコールのような雨がやってきて踏んだり蹴ったり(笑)そして「明日は時化るので船出せそうにないから、今日とことんツッパリましょう」と、藤谷さんから全ツッパ発言!


わたくしパンツまでビショビショなので、寒くてたまらんのですが(笑)


そこから小さなアオリイカは2ハイ釣るもNAOKINのあのサイズを見たら写真撮る気にもならず、ひたすらレジェンドサイズを狙い続けるが日が落ちて暗くなってきたので断念。帰るかと思いきや「これから秋田港でシーバスやるっす(笑)」と藤谷さん。


天気予報で寒いとか雨とかなかったので防寒は全く用意しておらず激寒コンディションの中、夜の部へ突入!途中でマリーナに寄りせめてビチャビチャになった靴だけでも履き替えさせてと懇願し、再度沖へ。ただ今年の秋田シーバスは秋になっても壊滅的で「幻の魚になりつつある(笑)」とのこと。




そしてNAOKINがまたやりおる^^;



そしてボクはバラしまくる!
この差は何なんや!(笑)




結局、それから下船し宿に到着したのは0時を回っており過去を振り返ってもこんなに長く船に乗っていたのは初めて(笑)陸に上がっても「地震じゃね?」というぐらい常に揺れていたもんねw 身体もバキバキ。初日のメニューではないぐらい濃かった1日。明日は沖が中止になったので・・どのようなメニューになるのか!



my tackle
ROD / ima shibumi IS-86ML
REEL / shimano ステラ3000XG
LINE / Yamatoyo ストロング8PE 1号
LEADER / Yamatoyo 耐磨耗ショックリーダー 12LB
EGI / yamashita エギ王TR 3号




おやすみなさい。







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ