エギング「糸」の話。

2018/11/18

函館近郊で今のシーズン楽しめるのがエギング。ターゲットはスルメイカ(マイカ)、ヤリイカ、豆イカ、コウイカ(正確にはエゾハリイカらしい)と種類は豊富。でも釣り業界的には「ライトエギング」というジャンルに該当し発売されてるロッドも沢山ある。




が、しかし・・

どこのメーカーのロッドも7F~8Fが多い。外洋に面するライトエギングなら話はわかるが、函館港湾のエギングにおいて7F?イラネ!と個人的に感じる。5F~6Fで十分。そして【ライトエギング=PE】にも首を傾げてしまう。※あくまで函館港湾ならではの話です。


では何故【ライトエギング≠PE】だと思うかと言うと・・

・風の影響を受けやすい
・リーダーを組むのが手間
・飛距離がさほど必要ではない


という点。イカの釣れるこのシーズンは風が強い事が多いし、寒くて手が動かなくなるのに細糸のリーダーなんて組む気にならないし、すぐ目の前で釣れるし・・自分は無風で僅かなバイトを感じなければ釣れないようなシビアな時じゃないと絶対PEは使わない。



ずばりナイロンやフロロカーボンの1号で十分なのだ。出来ることなら視認性のいい色がついたしなやかなフロロカーボンがベストなんだけど、色がついたのはなかなか無いので今はコレで落ち着いている。



△ヤマトヨ フロロライトゲーム


けど雪が降ってくるようになるとフロロが厳しくなってくるので、今後は視認性のよいナイロンラインを使用する予定。迷ってる方の何かの参考になれば幸いです。





可愛いこいつらが待ってますよ!








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ