テリジギ2019!

2019/01/04

昨日チームオーシャンⅡの面々は沖に出てたみたいだが、釣れたのかどうだかの話は一切しない。連絡が来ないのでボクは悶々と仕事してた訳ですよ。そのくせによしくん船長から唐突に「明日6時半出航!」と連絡が入る。オフショアジギングで事前情報がないと困るんだよね~ジグウエイトとか何気に重要じゃん!(笑)まさか30g~250gまで全部持って行くなんてキツすぎるし^^;


「気楽な感じでやるか」


と、気持ちを切り替えジグ10本程度を用意し就寝。早朝6時にNAOKINGが迎えに来て船へ。すると久し振りに札幌在住のMASAKINGの姿が♪「久し振りにやっつけてやる!」と出発!





昨日は深場のジギングでポツポツとウスメバル(テリ)が釣れたらしい。なので今日は浅場の調査からスタート!





□ フォーメーション


右舷後方 よしくん船長(餌釣)


左舷後方 MASAKING(餌釣)


左舷前方 NAOKING(ジギング)


船首 スーさん(ジギング)



スタート直後から後方の餌部隊はポツポツとボトムで魚の反応がある模様!しかしなかなかジギングではスイッチが入らないみたいので上のレンジをシャクってるとホッケ様♪まさかのゲスト登場でノリノリかと思われたが、全く続かずクランキーでかろうじて一匹。うん!サイズは悪くない!





NAOKINGはフグの猛攻に弄ばれており、次第に餌部隊も沈黙してきたので深場に移動。ジグもタックルもライト用しか持ってきてないので通用しないようなら船室で寝ようと密かに企む。


だって寒みーんだもん!w


とりあえずタングステンジグなら潮の影響受けにくいし軽いのでも何とかなるんじゃないかとBOZLESのノブナガ100g(アカキン)で挑みここから鈴木くんの無想転生が始まる!!w




潮や風の向きを計算し軽くキャスト。理想の場所にジグを落とし込んで行くつもりが、バシバシとハマり爆釣♪






連発っていう連発に気分を良くしたのは最初だけ。釣れすぎると萎えてくる性格なので敢えて色とタイプを変えてみる(笑)ボトム付近で明らかに違う魚だとわかるバイト!はやる気持ちを押さえながらゆっくり巻き上げてくると・・



YES !! マンジャモ!(ケムシカジカ)


嬉しい再会♪マンジャモの恐竜テイストな見た目がすげー大好き!優しくリリースし何匹かテリを追加するもNAOKINGは沈黙を続け「わかった!自分の中で引っかかってたものがこれで解消されるはずだ!」とジグを交換し再びフグラッシュ(笑)昨年は根ボッケやらアオリイカやら毎度やらかしてくれてたからとても気分がいいw


そんな頃、クソ寒いのにMASAKINGは魚を釣ってはグローブを外して写真を取りインスタ女子ばりに忙しそうにしとる(笑)


△仕込んで来てるんだもんなぁw



するとよしくん船長が「フグしか釣れないから帰港します」と言うが、帰りがてらのポイントで寄り道してもらいimaオフショアGUN吉100gで婚姻色バリバリのアイナメを追加して終了♪



my tackle
ROD / tailwalk SSD LIGHTJIGGING C63ML 10th Anniversary Limited
REEL / tailwalk ELAN PG81L
LINE / Yamatoyo レジンシェラー 1号 (オレンジ)
LEADER / Yamamoto 耐摩耗ショックリーダー 20LB
LURE / BOZLES トウキチロウ・ノブナガ、ACQUA スナッピー、ima GUN吉等



「つまり釣れる」がキャッチフレーズのBOZLESジグ。ホント良く釣らせてくれますわ♪2019年も楽しいジギングライフが送れそうな予感。皆さんお疲れ様でした!


残念ながらエディさん山PRjくんは都合が合わなかったので今度チームOCEANⅡみんなでやりたいもんですな!










鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ