何か久々な気がする。

2009/01/31

最近、ホッケとカジカとハゴトコしか拝んでない鈴木です。


忙しくて若干HPも放置気味になっててすみません。
2009年になってから海外ドラマ≪LOST≫を見てるんですが、簡単に説明すると「飛行機がとある無人島っぽい島に墜落。そこで色んな不可解な謎が・・」みたいな展開。そこで思い出すのが釣り雑誌≪ソルト&ストリーム≫の「生きてくための3本のルアー」みたいな企画があったのを思い出した。


生きてく為に魚を釣り続けて行かなければならない。しかし、ルアーは3本まで。これに様々なプロフェッショナルな方が「俺なら?」とルアーを紹介したりしてたんだが、LOSTを見て自分もちょっと考えてみようと思ったんで皆さんも暇な時でも考えてみて下さい・・・意外と深??いっすから(笑)


本州とかならオールシーズン、シーバスが釣れるわけだからメインは当然シーバス系ルアーとなる。しかし北海道だからシーバスは期待出来ない。オールシーズン狙えてサイズも考慮できるのはアイナメくらいでしょ?だからアイナメ用に1本は決定。残り二本は無難に・・・マルチなメタルジグとミノーだろう。オーシャントラウトやフラットフィッシュを狙うならやっぱこの2本になる。




ここからが問題。
何処の何のルアーにするかってこと。


ミノーはimaの魚道。
image_heavysurfer90.jpg



メタルジグはタックルハウスのP-BOY。・・・両者、迷いはない。
pjsub_20090201190237.jpg




アイナメがほんとーに難しい。ボトムフィッシュなだけにロストが怖い。けどロストを恐れては獲れるものも獲れない。恐らく一番出番が多いルアーだけに耐久性も問われる。(すぐ塗装ハゲが出来るのはNG)色々考えたんだが・・・ルアーとゆうくくりを考えれば邪道かも知れないが、やっぱブラーだね(笑)塗装ハゲてもあまり影響はないし何もをつけなくてもけっこー釣れる。ガッチリとラインシステムを組めばロストも殆どない。穴釣りも出来るし万能な1本。

buler_01.gif


改めてコレを作ってる株式会社フジワラが、地場産業ってことが嬉しく思えてくる。正に道南のスターですね♪北島三郎・GLAY・フジワラと言っても過言じゃないです(笑)



何か書いてたら久々にブラーフィッシングしたくなりました★誰か今度、ブラー縛りで一緒に釣り行きましょ(笑)








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ