懲りない男たち。

2019/06/10

「納得が行かん!!」


先日のネイティヴ合宿を終えての感想。ならば納得行くまでやり切るしかないので・・夜10時にNAOKINと合流し北上♪因みにこの時点でNAOKINは【渓流→仕事→青森真鯛→ネイティヴ釣行】というスケジュールなのでヘロヘロしている(笑)




止水系の釣りはホントに修行。
ダムなどもリザーバーより湖の方が遥かに〝難しい〟というか、広い分だけ魚を探し出すのが難しいんだよね^^; でも簡単に釣れる釣りより難しい釣りの方が燃えるのも事実!懲りずに挑むのであります。


ただ道中でオシャマンベを〝ながまんべ〟と言う彼は相当疲れてる模様(笑)到着して45分の僅かな仮眠を取り水辺へ。




ヘロヘロでもクタクタでも一匹釣れれば全てが吹き飛ぶ。これはそんな釣り。その一瞬の感動の為に今日もロッドを振り始める!


すると開始2投目にNAOKINが「今、ジグミノー巻いてたらドーンって当たった!!」と声を荒げたので、ボクもミノーからジグミノーにチェンジ。表層では当たらないのでレンジをドンドン下げて行くと・・「ヌンッ♪」としたナイロン特有のバイト!サイズは小さいけど・・




「チップ(姫鱒)だ!!」


と、ネットにランディング。




・・・ん?


これ山女魚やん(笑)尺越えだけどやけに細いし・・何だかモヤッと。パーマークも消えてるし綺麗だけど、何だかモヤッと。なので再びロッドを振る。





気がつけばNAOKINはノックダウンしたみたいで爆睡中。心は折れているが起こすのも可哀想なのでとことんロッドを振る。




スプーン・ミノー・シンペン・ジグミノー・ポッパー・蝉・ペンシル・スピンブレード、兎に角ありとあらゆる手を使ったが跳ねも含めトラウトの姿は皆無(笑)先週とは打って変わって静かなもの。


△水中写真って難しい!




んで、結局なーんもなく終了。
往路5時間はキッツイなぁ(笑)


my tackle
ROD / tailwalk KEISON Runsbuck specN S90MH
REEL / shimano Twin Power C3000HG
LINE / Yamatoyo FAMELL スーパーソフト 8LB
LURE / 色々使いまくり
NET / 工房遊喜 トラウトBIG NET




この釣りはしばらくお休みです(笑)








鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ