青森県艫作沖『ノドグロジギング』

2019/06/22

二年前の借りを返す日がやってきた。



http://tsurizaru.blog120.fc2.com/blog-entry-2605.html


と、ブログを見直すと三年前なんだよね(笑)一昨年だと思ってたのに・・年々記憶が曖昧になっていくな^^; そんなリベンジ釣行を振り返ります。



---------------------------------------------------------------
■ PM 11:00



店番を終えいつものように青函フェリーに乗り込む3人。メンバーはボクとNAOKINよしくん。到着したら青森のソウルメイトDAIくんが迎えに来てくれ遊漁船「光翔丸」のある北金ケ崎漁港に向かうという三年前と全く同じプランなのだが、一つ違うのは秋田県からimaスタッフの武さんが参戦するってところ。


高揚感で眠れないボクを後目にコヤツらはスマホいじった後・・すぐ爆睡(笑)




早く眠らないと船酔いするのでは?という自分の中での戦いが始まったが・・寝酒という武器のお陰で無事就寝。



---------------------------------------------------------------
■ AM 3:30


眠たい目をこすりながら青函フェリーを下船。DAIくんの車で拾ってもらいGOGO♪




函館と青森という海を隔てた環境なのに、彼と会うのは久し振りな気が全くしない(笑)話に花が咲き気がつけば漁港近くのコンビニ。ここで武さんと合流し光翔丸へ向かう。



---------------------------------------------------------------
■ AM 4:30


急いで準備し、船長に「おはようございます!今日は宜しくお願いしますー♪」と挨拶をすると「おぅ」とだけ。相変わらずのブッキラボー(笑)いや、悪口とかじゃなくて前回乗った時も口数が少ない人なのはわかってたのでね。そして乗船後約一時間ほど船を走らせる。




みんなワイワイ話てるのに・・その間、常に動いて準備をするNAOKIN。珍しく釣りたいオーラが半端ない!(笑)





するとポイントに到着。



水深は140m。白波が立つ程の風なのもあり潮の状況問わず探れるタングステンジグのBOZLES 太閤ヒデヨシ200gをチョイスしスタートフィッシング。


左からNAOKIN・ボク・よしくん・武さん・DAIくんと左舷に並び釣りを始めると、開始早々によしくんが「何だかよくわかんない潮案配ですね!」と。前回、ボクらも同じ様に感じてたから何だか懐かしい。するとファーストフィッシュはボクのミニカジカ!(写真は割愛w)今回も修行のような感じかな?と薄々感じてるとDAIくんがヒット!




本命じゃないけどね(笑)


そして続いて自分がソウハチガレイをキャッチ。魚種は違うが自分のリズムで魚が獲れてるのでNAOKINに・・







「今日はイケる気する!」







と宣言し、めげずに丁寧にシャクり続けてるとボトムから5m上ぐらいでガツンと食い上げるバイト!!すると隣でNAOKINもヒット!ノドグロは水圧の変化にもめげない奴なので140mを丁寧にバレないように巻き上げて来なきゃならんのだが、それがまぁハラハラドキドキよ!(笑)


まずは先にNAOKINがキャッチ♪んでボクも無事キャッチ♪






三年越しだからねぇ・・感無量ですよ。で、今年は群れが濃いのか一人がヒットするとバタバタと釣れ始める!よしくんも初挑戦のくせにサックリ釣るし面白くないわ~(笑)







ただ、この時に武さんだけはバレちゃったのさ。この期、苦しむとも知らずに(笑)





---------------------------------------------------------------
■ AM 8時~



どうやら朝のラッシュは終わってしまったようで、そこからは厳しい戦いが始まる。ポツポツとは釣れるが間が長い。


船長も餌で胴付き仕掛けを投入。


すると即釣れるがジグは釣れない。もしかして喰ってる物が小さいのかなとフックに細身のタコベイトを被せ、群れを演出する作戦。するとそれがドンピシャで一発!!




ただなぁ・・美しくない。


どっちかと言うとゲスっぽい(笑)案の定、BOZLESテスターの丸さんより「タコベイトって!w」と連絡が入り封印^^



そこからもポツポツ釣れるが・・武さんはノーフィッシュ。何故かと言うと自社製品のGUN吉にこだわってたのでね~(当然といえば当然)。自分も使ったりしてたけど今日は全然ハマってなかったので使うの止めたんだけど武さんも真面目だから貫き通してるんだもん(笑)ま、彼のこういうとこ好きなんだけど♪


すると・・


空気を読まずによしくんが武さんの隣でキロ越えのノドグロをキャッチ(笑)





超高級魚のノドグロ。


帰ってから食べるのが楽しみでならんのだが、やっぱり自分の中で武さんに釣って欲しい気持ちもあり「武さん!こだわりは捨てなはれ!」と口を挟む。言ってから気付いたけど、何の釣りでも自分もダメな時ってこだわりが強すぎるんだよね(笑)まぁ日頃そこまで釣果にこだわってないからどうでもいいんだが、今日だけは何としても釣りたかったもんな~^^;



んでポツポツ拾い続け気がつけば竿頭。


BOZLESジグの強さを痛感したな。で、武さんに使う?と聞いた直後に武さんにヒット!みんなでヤッター!と騒ぎ無事キャッチ。




全員キャッチし盛り上がった所で「何のジグで釣りました?」と聞くと「他社のを使ったら一発でした(照)」ですとw 決してGUN吉がダメなんじゃかく、やっぱその日によってパターンが違う訳で今日はハマらなかっただけってこと。自分も何か気づかされたなーと感じた。



そして終わって見れば船中で20本オーバー。




その他に大きな真鱈・ホッケ・カジカ・スルメイカ・フグ・ソウハチガレイ・ミズクサガレイ等、様々な魚に恵まれ凄く楽しめた1日だった。まぁ一番楽しかったのは途中から船長がよく喋るようになったことかな(笑)船長も気分がよくなるような釣れっぷりだったんだろうねw



my tackle
ROD / tailwalk ソルティーシェイプダッシュ SPJ633
REEL / shimano オシアジガー 1501HG
LINE / Yamatoyo ジギングブレイドPE 1.5号
LEADER / 耐摩耗ショックリーダー25LB
LURE / BOZLES 太閤ヒデヨシ、ima GUN吉
HOOK / エゾハチ ささらさる






---------------------------------------------------------------
■ PM 1:30




帰港。どう足掻いても14時発の函館行きフェリーには間に合わないのでみんなでご飯を食べに行くが・・




夜にノドグロを食べたいからお昼は抜き!(笑)全員キャッチで気分がいいのもあり御満悦でビールを流し込みここで武さんと解散。その際に非常に素晴らしいお土産を頂いたんだが、それはまた後日にでも♪



道の駅に寄ったり釣具店に寄ったりしながら18時発の便に乗るべく青函フェリーターミナルへ。ここでDAIくんとおさらば。毎回毎回ホント感謝だわm(_ _)m






んでクーラーがめちゃめちゃ重いので二人掛かりでフェリーに持ち込む図(笑)




勿論、ヘロヘロなのですぐ爆睡して気がつけば函館に到着。下船準備をしているとO船長にバッタリ会い「アラ釣れませんでした?こないだノドグロ行った時に8キロのアラとか出てたよ~」と新たなるスイッチが押された気がw


アラとは・・https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%82%A2%E3%83%A9


ま、とりあえず今夜はノドグロじゃ♪
参加した皆さんお疲れ様でした!








★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

俺も挑戦したい!って方は・・
http://www.koushoumaru.com
まで!日々ブログ更新中!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★











鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ