tailwalk サクラマスジグ SSD。

2020/01/17

能書きの神様が舞い降りたので、今日は今年二月に発売となるtailwalk サクラマスジグ SSDについて少し熱く書いて見ようと思う。能書きアレルギーの方はUターンしてパズドラにでもログインすることを推奨します(笑)


盛り上がる桜鱒ジギング


ここ数年、爆発的に釣り人を魅了している桜鱒ジギング。かく言う自分も魅了されている一人。北海道のジギングにおいて中層魚のターゲットと言えばブリぐらいなもので【ジギング=根魚】感が強かった。しかし桜鱒の登場により中層の釣りの楽しさ、海面までチェイスしてくる綺麗な魚体、まだまだ確率されていない奥深さ、隣の釣り人との釣果の差が生む競争感・・等々が釣り人のハートを鷲掴みしのめり込んでしまうんだろう。


△桜鱒はホント美しいんだよな~♪



そしてルアーもタックルも皆が試行錯誤を始め、ポツポツと各社から専用ロッドなどが発売されるようになり【聖地】に住む僕らからしたら挑まないのは損なんじゃないかと思うんだ。一昔前はバケ釣りが主流だったけど、今やジギングが凌駕する勢いだし初めて聞いたならこのブログをキッカケに始めて欲しいなと思う次第。



今までの話


自分も昨年まではtailwalk SSD SPJ633、SPJ632tailwalk SSD Light JiggingBOZLES 三日月勝英B633などで桜鱒ジギングをやってたのだが、ベイトタイプのロッドだとしゃくり方によってラインがガイドに絡むという事も多々あったんだよね。不快になるレベルではないのだが、絡まない方がより集中して釣りが出来るのでしゃくり方に制限かけられてた感じがしてたんだ。


そういう歯痒い所に手が届いたのが、スパイラルガイドの存在。


スパイラルガイドってなんや?と思う人の為に書くけど、通常のベイトタイプのロッドだとトップガイドのリングは上に向いて着いているのだが、スパイラルガイドだとトップガイドのリングは下に着いている。ようはリールから出るラインが捻れる形になるのね。説明するの難しいな(笑)ベイトなのにスピニングタックルのように下向きでラインが落ちていくってこと。・・ま、画像で汲み取って下さい^^;


△タイラバなどでは多様されてる。




メリット・デメリット


知っておかなきゃならないのは桜鱒ジギングにおけるスパイラルガイドのメリットとデメリット。メリットとしては・・

・バイトを絡め取り易い
・魚をバラしにくい
・違和感を与えにくい
・ライントラブルの減少



ではデメリットは何があるかと言うと・・

・ガイドの倒れ込む向き


の1点のみだと思う。陸っぱりの釣りなら飛距離が・・って声も出るかと思うけどオフショアだからキャスティングはほぼ無縁。ではガイドの向きとは何ぞや?と思うでしょ?それはレベルワインダーが連動型のリールの場合、ガイドの倒れる向きが重要になる。ガイドの倒れる向きによりラインが偏って巻き取ることになることも無きにしもあらずなのでデメリットとして書いているが・・レベルワインダー非搭載のオシアジガーやソルティガSJなど全く関係ない話なので気にするレベルの話じゃないわな。




さて、本題です


前置きが長くなった(笑)


今年発売になるサクラマスジグSSDはスパイラルガイドを搭載したジギングロッド。実はこれ専用ロッドとしてリリースされた中では初めてなんじゃないだろうか。



https://www.tailwalk.jp/product/sakuramasu-jig-ssd/


トラウトってコルクのイメージが強いのでグリップにコルクがあるのはNICE♪ラインナップを見ても充実してし満足だけど個人的にはC653は使う機会ないだろうな。メインジグウェイトが80~150gぐらいだしね^^


こうやって書いてるとオススメのメタルジグなど気になる方もいるかも知れない。便利サイトなどではアフィリエイトを絡めてオススメジグ一覧など載せるのかも知れないが、そこまで手の込んだことは出来ないのでジグに関してはまた日を改めて書きたいと思います。





誰かの参考になれば幸いですわ。











鈴木

PS.一番の悩みは遊漁船の少なさなんだけどねw
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ