ついに来たXデー。

2009/06/11

キャッチ&リリース。



HPを管理する側にとって、正直「ついにこの日が来たか・・」とゆう心境です。結末から最初に言ってしまうと、一生かかっても解決しない問題でしょう。釣った魚を食おうが逃がそうが個人の自由だし、大きい小さいだって個人の見解はバラバラ。魚が釣れるうちは絶対に答えは出ないでしょう。だから個人的にこの話はHPが荒れる原因だとタブー視してきました。けどこれだけ火が着いたなら見てみぬふりは出来ない。批判覚悟で自分なりの意見を書いてみようと思う。


鈴木は昔からキャッチ&リリース派。キャッチ&リリースするのは「魚が食えない」「車が臭くなる」「泳いで帰る姿が好き」の理由からで、つい最近までは将来のこととか微塵も考えた事が無かったっす。だから小さいのを爆釣して全てキャッチしてる人を見かけても自身でキャッチ&リリースを訴える事はありませんでした。動機が不順だしね。で、今後もそのスタンスを変える気はないっす。魚を食えないやつにキャッチ&リリース訴えられたらムカつくもん(笑)


でも現状に危機感を持って訴えてる方々の考えは支持して行きます。このままじゃダメになるから変えよう!って言ってる人って相当な「釣りバカ」でしょ??ボクは釣りバカが大好きなんです。寝ても覚めても釣りばっかり考えて、このままじゃヤバイ!って危機感持てるって凄い事っすよ♪釣り愛がハンパじゃねーっす。努力してる人を足蹴には出来ないっしょ普通は。



個人的にキャッチ&リリースは一生かかっても答えは出ないし具現化するのは不可能だと思ってます。が、キャッチ&リリースについて語り合う事にはそれ以上に意味があるんじゃないかなって今はそう思います。


100匹釣った人が、そうゆう議論を覚えててくれて1匹だけ気持ちリリースしてくれりゃ鈴木&釣猿は嬉しいっすわ^^




追伸・キャッチ&リリース支持者だって考えを押し付けてる訳じゃないんす。繊細な問題だからそれを訴えたくても文字に出来ないんですよ^^言葉を文字にするのはデラックス難しいんでそこらへんはわかってあげて下さいねm(__)m






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ