★ヒラメがいたとゆう事実。

2009/07/07

7月4日(土曜日)+α
18時半?19時半 in 函館市



早くベイトフィッシュ入って来ないかな?と仕事終わりにシャローエリアのサーフを見に行く。ぼーっと眺めてるとカモメが一ヶ所に集まっており、確かあそこらへんは…!と名探偵コナンばりに閃きロッドを振ってみることに♪

D_20090710150156.jpg
△tailwalk Hi-TIDEサーフ用で使いやすい♪△


気になるポイントまで40mくらいなのでima・sasukeなら届くだろうとキャスト。あまり回数は撃たずにルアーローテーションし、もう少し沖から探ろうと魚道heavy sulfer90を投入した時のこと、キャスト→着低→ルアーを転がし→少しリフト→を繰り返してたが飽きて早巻き回収時に目の前までヒラメがチェイス!サイズは大きくなく30cmくらいだろうが・・・いた!目前で消えたとは言え、ヒラメは来てたのだ♪これで鈴木のやる気は120%モード!



いない魚を追いかけるには強靭なるハートが必要だが、魚が居るなら・・と思ってたら車のクラクションがなり「ここ釣りやったらダメだぁ?(笑)」と叫ぶようちゃん。ヒラメのことを告げると6フィートちょっとのロック用のロッドを持ってサーフに降りてきたw


そんな短い竿で何をするのかと尋ねると、「目の前で居なくなったならまだそこらへんに居るべ!」と。昔から思ってたが彼のそうゆうシンプルな性格を心底羨ましく思う(笑)それから30分くらいすると引いた波がキラキラ光ってるので見ると2センチくらいの小魚。手に取って見たいが次から次へと波が来て流されてしまう。何となく小さい魚を見た後だったので、ima・GUN吉20gをリグって遠投。遠投。遠投。


撃沈。


翌々日の早朝に一人でリベンジ。ジップベイツのザブラミノーの赤金でギリギリソゲだろうか・・とゆうサイズをかけるも波打ち際でバラしてしまう。


撃沈。


その夜、どうしても魚に触れたくナイトゲームでソイに癒してもらおうと大将くんと楽園に遊びに行ったら数十年ぶりのハゼが釣れたw本命のソイはパッとせず・・。


ダメダメだなー。見慣れた市内ゲームに飽きて来てるのか自分で気付く程に集中力が足りない。こんなんじゃ夏枯れの煽りを思いっきりくらいそう(笑)そろそろ気分転換も兼ねて流れを変えるべく遠征でもしますかな・・南へ♪


■タックル■
ロッド / tailwalk Hi-TIDE 100MLR“BIG CURRENT”
リール / okuma INSPILA IA-30
ライン / P-Line SPEXTREX 10lb


■使用ルアー■
ima・GUN吉
ima・sasuke裂波120
ima・Komomo SF-120







鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ