★遠征 2日目。

2010/10/15

10月15日(金曜日)




眠たい目をこすり4時起床。


4時半にはホテルを出て釣り場へ向かうが外は雨。待ってました!とテンションアゲアゲで先日ミーティングして決めていた場所に向かいカッパを着て撃ち始める。すると前日と違い水の動きがあり・・アシ際に撃ち込んだdeps・リアライザーで遂にヒット!しかしバラしてしまう。(その頃、ニオイくんは鯉をスレ掛りで釣ってらっしゃるw)

画像 081 画像 083


良さげな雰囲気の場所をことごとく撃つがやはり巻き物系は厳しいようだ。


「もうカバー撃ちしかねー」と二人でランガン開始。雨も上がり帰りの時間を意識し始めた昼過ぎ良さそうなアシがある場所に入りカバー撃ちしてるとニオイくんがモンスタークラスをばらす。やはりカバーしかない!そう心に決め歩いてると「ガポン!!」とバスが逃げる音。気配を消しよーく見ると50upクラスのバスがまったりしてやがる!!!ワームをナチュラルな動きで誘うと食うのでは?とバックを見るとワームボックスが紛失!(笑)


ポケットに入ってたデスアダーホッグ3インチの腕をカットしバスの頭を目掛けてキャスト。フォール中にココン!と反応があるが合わせずにラインを見てるとラインが走る♪んでサックリ合わせると軽い・・?

suu1.jpg

釣れたのはビッグバスではなく何故かノーマルサイズのバス(笑)その後も2本バスをかけるもバラシてしまう。食いが浅いのか?自問自答を繰り返しながら次なる場所に出向きニオイくんと離れ離れになり探って駄目っぽいのでニオイくんの様子を見に行くと・・

bass1.jpg


巻き物(クランク)で47cm!!か・・完敗!w


旅を振り返り、結果的に見るとニオイくん5本キャッチでボクは1本。結果・内容ともに惨敗(笑)秋のバスはホント難しい、でも難しいからこそ燃えるのも事実。今回も最高に楽しい釣りをさせてもらった事に変わりはなく・・「バス最高!」って感じ♪


■タックル■
ロッド / tailwalk DELSOL 662M
リール / shimano 05'カルカッタ51
ライン / DUEL HARDCORE 16LB



また来年、遠征するのは間違いない。が、来年までに習得せねばならない釣技があり課題は山積み。それまで北の魚と戦い精進しまっせ!



Dear Black Bass!マタアイマショウ。






鈴木
ブログ内検索
TSURIZARU
釣猿
プロフィール

yusuke suzuki

北海道函館市釣り情報サイト「釣猿」のダメ管理人。ルアーフィッシングと楽しいことが大好物!


Contract Manufacturer

***

***

***


NCV Fishing TV
函館発!釣りバカZ 公式サイト
Support Media

***

***


mail
RSSリンク
最近記事のRSS
月別アーカイブ